ディレイルド 暴走超特急

ディレイルド 暴走超特急の画像・ジャケット写真

ディレイルド 暴走超特急 / ジャン・クロード・ヴァン・ダム

全体の平均評価点:(5点満点)

11

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ディレイルド 暴走超特急」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ある日、厳重に警備されているはずのスロバキアの研究施設から、強力な殺傷力を誇る生物兵器の入ったケースが盗まれた。犯人は国際的に名高い女泥棒ガリーナ。その頃[ATO工作員のジャックは家族でヨーロッパを旅行中だったが、上司からガリーナとそのケースをドイツまで護送せよとの命令を受け、彼女のもとへと向かった。そして、2人は唯一の脱出ルートである特急列車に潜り込み何とか国境越えに成功する。だが任務が無事完了したと思ったのも束の間、今度は彼女が盗んだ生物兵器を狙って凶悪なテロリスト集団が同じ列車に乗り込んでくるのだった…。

「ディレイルド 暴走超特急」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: アメリカ/ドイツ
原題: DERAILED/TERROR TRAIN

「ディレイルド 暴走超特急」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ユニバーサル・ソルジャー リジェネレーション

SEXエド チェリー先生の白熱性教育

死闘伝説 ベスト・オブ・アクション

シークレットサービス

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

男はつらいよ

投稿日:2007/06/10 レビュアー:だっさん

 嫁さんに、なんで休暇取られへんの、とさんざん言われながら、不本意にも仕事で彼は出かけます。護衛する女を見つけて一緒に列車に乗りますが、今度は自分の客室に嫁さんと子供が来て、女と一緒に居るところを見られてしまいます。なんてツカン男や。言い訳しても嫁さんは聞く耳持ちません。このときの彼の気持ちは、なんでお前らここにおんねん。かわいそうです。嫁さんは歳いってるみたいやけど別嬪さんです。この映画を観て、ストーリーとか関係無しに主人公のヴァン・ダムを応援したくなりました。
 アクション映画としてはイマイチかもしれませんが、私はこの映画好きです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

家族より任務優先、けれど活躍場面は少ないような…

投稿日:2021/02/06 レビュアー:hinakksk

 盗まれた恐るべき生物兵器をめぐる話なので、コロナ禍の今観るような映画なのか…と迷いながらも観てしまいました。対テロリストのアクション映画を基本にして、特急列車の暴走によるパニック要素を加味した映画。おまけに、列車が生物兵器に汚染され、巻き込まれた乗客たちの間で天然痘の感染まで起きて、ワクチン接種の経験のない子どもたちや若い人から為す術なくどんどん倒れていくという悲惨な状況になる。

 スロバニアにある警備の厳重な軍の研究施設から、致死性の凶悪な感染力のある生物兵器が盗み出され、休暇で家族旅行中のNATOの工作員ジャック・クリストフに、その犯人である悪名高い女泥棒ガリーナを特急列車でミュンヘンまで護送するようにと命令が下る。列車には別行動になったはずのジャックの家族まで乗っており、夫の任務を知らない妻のマデリーンは、夫とガリーナとの仲を誤解してしまう。その上、生物兵器を狙うテロリストグループまで乗り込んできて、彼らとジャックとの死闘が繰り広げられる。ところが、悪党たちは憎々しいほど強く、ジャックはやられてばかりという展開なので、すっきりしない。例えば、せっかく生物兵器を取り返しても、家族を人質にされ、何の工夫もなく、のこのこその場に行って、案の定再び生物兵器は悪党の手に。全然格好良くない。

 爆走する列車の上をバイクで走り抜け、列車から降りて、再び列車に戻ってくるというような、離れ業のシーンもあるにはあるのだが、演出やカメラワークが悪いせいなのか、凄さがダイレクトに伝わってこない。そんな酷いことにはならないでという観客の願いは、ことごとく裏切られ続け、列車同士の衝突炎上は起きてしまうし、主役は肝心なところで倒されてしまい、あげくのはて、NATOの上層部は停止しない列車に対し、乗客の命を犠牲にして、橋の上で爆破する指令まで出す始末。奇跡的な結末にもカタルシスはなく、むしろ悲劇に終った方が説得力があったのではと思えるぐらい。素材は悪くないのに、散漫なストーリーや演出の拙さが台無しにしている映画。 

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

迫力不足

投稿日:2006/04/23 レビュアー:Tsugu

有りがちな展開なのは良しとして、アクション、ストーリー、そしてヴァン・ダム自身の動きも迫力、切れが無くて正直面白くない。
CGの使い方も疑問、かっこ悪くて話にならん。
ヴァン・ダム主演の作品の中では3本の指に入る駄作としか言いようが無いね。
ローラ・エレナ・ハリング、きれいな女優さんですね、出演作品が少ないのが残念。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

どっかで見た事あるような…?

投稿日:2009/08/17 レビュアー:BEEFジャーキー

*目新しさの無いストーリーに、迫力不足のアクションシーンではありましたが、それなりに楽しめた娯楽映画でした。

 全体的に、どっかでみたことある様な…何と言うか、いろんな映画が混ざったみたいなストーリーでした。先の見えるお約束の展開なのですが、こういうベタな展開、嫌いじゃないです(笑)。

 できれば、もうちょっとジャン・クロード・ヴァン・ダムの格闘シーンをちゃんと見せてほしかったです。ぶつ切りで、しかもアップが多すぎて、全然わからなかったです… (-_-;)

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

少し残念・・・・・

投稿日:2004/06/15 レビュアー:tomo

街中での大爆破や走行中の列車を橋脚ごと吹き飛ばすなど、やってることは実際凄いんだけど、いまいち迫力が伝わらないのが少し残念・・・・・
後、個人的にローラ・エレナ・ハリングにもっと活躍してほしかった。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全11件

ディレイルド 暴走超特急

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:11件

男はつらいよ

投稿日

2007/06/10

レビュアー

だっさん

 嫁さんに、なんで休暇取られへんの、とさんざん言われながら、不本意にも仕事で彼は出かけます。護衛する女を見つけて一緒に列車に乗りますが、今度は自分の客室に嫁さんと子供が来て、女と一緒に居るところを見られてしまいます。なんてツカン男や。言い訳しても嫁さんは聞く耳持ちません。このときの彼の気持ちは、なんでお前らここにおんねん。かわいそうです。嫁さんは歳いってるみたいやけど別嬪さんです。この映画を観て、ストーリーとか関係無しに主人公のヴァン・ダムを応援したくなりました。
 アクション映画としてはイマイチかもしれませんが、私はこの映画好きです。

家族より任務優先、けれど活躍場面は少ないような…

投稿日

2021/02/06

レビュアー

hinakksk

 盗まれた恐るべき生物兵器をめぐる話なので、コロナ禍の今観るような映画なのか…と迷いながらも観てしまいました。対テロリストのアクション映画を基本にして、特急列車の暴走によるパニック要素を加味した映画。おまけに、列車が生物兵器に汚染され、巻き込まれた乗客たちの間で天然痘の感染まで起きて、ワクチン接種の経験のない子どもたちや若い人から為す術なくどんどん倒れていくという悲惨な状況になる。

 スロバニアにある警備の厳重な軍の研究施設から、致死性の凶悪な感染力のある生物兵器が盗み出され、休暇で家族旅行中のNATOの工作員ジャック・クリストフに、その犯人である悪名高い女泥棒ガリーナを特急列車でミュンヘンまで護送するようにと命令が下る。列車には別行動になったはずのジャックの家族まで乗っており、夫の任務を知らない妻のマデリーンは、夫とガリーナとの仲を誤解してしまう。その上、生物兵器を狙うテロリストグループまで乗り込んできて、彼らとジャックとの死闘が繰り広げられる。ところが、悪党たちは憎々しいほど強く、ジャックはやられてばかりという展開なので、すっきりしない。例えば、せっかく生物兵器を取り返しても、家族を人質にされ、何の工夫もなく、のこのこその場に行って、案の定再び生物兵器は悪党の手に。全然格好良くない。

 爆走する列車の上をバイクで走り抜け、列車から降りて、再び列車に戻ってくるというような、離れ業のシーンもあるにはあるのだが、演出やカメラワークが悪いせいなのか、凄さがダイレクトに伝わってこない。そんな酷いことにはならないでという観客の願いは、ことごとく裏切られ続け、列車同士の衝突炎上は起きてしまうし、主役は肝心なところで倒されてしまい、あげくのはて、NATOの上層部は停止しない列車に対し、乗客の命を犠牲にして、橋の上で爆破する指令まで出す始末。奇跡的な結末にもカタルシスはなく、むしろ悲劇に終った方が説得力があったのではと思えるぐらい。素材は悪くないのに、散漫なストーリーや演出の拙さが台無しにしている映画。 

迫力不足

投稿日

2006/04/23

レビュアー

Tsugu

有りがちな展開なのは良しとして、アクション、ストーリー、そしてヴァン・ダム自身の動きも迫力、切れが無くて正直面白くない。
CGの使い方も疑問、かっこ悪くて話にならん。
ヴァン・ダム主演の作品の中では3本の指に入る駄作としか言いようが無いね。
ローラ・エレナ・ハリング、きれいな女優さんですね、出演作品が少ないのが残念。

どっかで見た事あるような…?

投稿日

2009/08/17

レビュアー

BEEFジャーキー

*目新しさの無いストーリーに、迫力不足のアクションシーンではありましたが、それなりに楽しめた娯楽映画でした。

 全体的に、どっかでみたことある様な…何と言うか、いろんな映画が混ざったみたいなストーリーでした。先の見えるお約束の展開なのですが、こういうベタな展開、嫌いじゃないです(笑)。

 できれば、もうちょっとジャン・クロード・ヴァン・ダムの格闘シーンをちゃんと見せてほしかったです。ぶつ切りで、しかもアップが多すぎて、全然わからなかったです… (-_-;)

少し残念・・・・・

投稿日

2004/06/15

レビュアー

tomo

街中での大爆破や走行中の列車を橋脚ごと吹き飛ばすなど、やってることは実際凄いんだけど、いまいち迫力が伝わらないのが少し残念・・・・・
後、個人的にローラ・エレナ・ハリングにもっと活躍してほしかった。

1〜 5件 / 全11件