モンテ・クリスト−巌窟王−

モンテ・クリスト−巌窟王−の画像・ジャケット写真
モンテ・クリスト−巌窟王− / ジム・カヴィーゼル
全体の平均評価点:
(5点満点)

42

  • DVD
ジャンル:

「モンテ・クリスト−巌窟王−」 の解説・あらすじ・ストーリー

1814年。港町マルセイユに住む航海士のエドモンは伯爵の子息フェルナンと幼馴染み。貧しいエドモンには裕福なフェルナンも羨む魅力的な婚約者メルセデスがいた。エドモンはやがて船長になり、晴れて結婚式を挙げることになった。しかしその矢先、エドモンは何者かの陰謀で罪人として牢獄に幽閉されてしまうのだった。やがて獄中でファリア司祭と出会い、彼のおかげで脱獄に成功したうえ巨額の財産を手にしたエドモンはモンテ・クリスト伯として社交界に華々しくデビューするのだった。この時、エドモンの真の目的に気づく者は誰一人居なかった。

「モンテ・クリスト−巌窟王−」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: イギリス/アイルランド
原題: THE COUNT OF MONTE CRISTO

「モンテ・クリスト−巌窟王−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

モンテ・クリスト −巌窟王−の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日本語・英語・日本語吹替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP70759 2003年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:42件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全42件

無実の罪で投獄された男の壮大な復讐劇!

投稿日:2005/01/23 レビュアー:RUSH

私はこの作品を知らなかった(^^ゞ。映画好きの私が何故かこの作品を知らなかった(^^ゞ。たまたまレンタルビデオ屋で物色していた時にこの作品と出会ってしまった(笑)。目に入ってきたのは「厳窟王」という言葉。厳窟王=古典=時代劇という図式が私の頭の中に広がったのである(笑)。時代劇には西洋・東洋を問わず目のない私が何故この作品を知らなかったのか今でも不思議だ。しかし、私は厳窟王なる話を一切知らない(笑)。物語の名前は聞いたことがある程度である。なんでも無実で投獄された男の復讐劇ということでおもしろそうなので見てみることにしたのであるが、これが予想以上におもしろかった。メイキングでこの作品の脚本家が原作と大きく違っていると自分から言っていたが、私は原作を知らなかったのでアクションアドベンチャー作品として多いに楽しめたのはラッキーだった(^○^)。

話は単純明快がいい(笑)。無実男の完全なる復讐劇、こんなにわかり易い勧善懲悪な話はないだろう(笑)。冒頭のナポレオンとの出逢い、恋人メルセデスとの仲の良さ、海運会社社長からの信望、これだけで主人公エドモン・ダンテス(後のモンテ・クリスト伯爵)の人柄、性格の良さが明確にされる。それだけにフェルナン・モンデーゴ(ガイ・ピアーズ)のねたみや嫉妬が大きい事も同時に明白になる。しかしこのフェルナンという人物は金持ちに多く見られる自己中心的で何でも自分が持っていないと気が済まない、自分にない物を他人が持っている事を絶対に許せない性格の最低男である。この男をガイ・ピアースがうまく演じていたと思う。彼がうまく憎まれ役を演じないと主役が全く目立たない事になる作品なので、その点からも彼ははまり役だったのではないだろうか。とても憎々しく主人公が哀れでしようがなかったのも彼の功績かもしれない。

前半の主人公の苦しみが嫌という程見せつけられているので後半の復讐劇は壮大かつ爽快な感じがしたのは私だけだろうか(^^ゞ。最後はスカッとした(^○^)。原作ではどんな復讐劇になっているのかは知らないが、この作品はハッピーエンドで終わるので理想的な終わり方というか視聴者が願うであろう終わり方をしているように私には感じられた作品だった。この作品のような壮大な復讐劇を一度は仕掛けてみたいと思わせるような作品だった(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

復讐は嫌い! でもいい!

投稿日:2005/09/09 レビュアー:100万回生きた猫

復讐というテーマが私は嫌いです。ただこの映画は何だかわからないけど、、、、いい!

ヒロインと息子が薄情というレビューもありましたが、ヒロインに関してはそれまでに随分辛い思いやひどい目に会わされています。フェルナンがある子爵と決闘して殺してしまうシーンなどから、そのことはうかがえます。
ただ息子に関してはたしかに薄情と言えます。もう少し筋書きを練ってほしかったですね。

それと、ラストの決闘はいかにもアメリカ人が喜びそうな、、、、という感じです。日本人が監督ならもっと平和的なエンディングを演出したのでは?、、、。

まぁそういうマイナス点を差し引いても、全体的には鑑賞者の心をうまくつかむ作品に仕上がっていてよかったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DVDならではの特典?

投稿日:2003/08/14 レビュアー:gomausagi

原作との違いの説明など、DVDならでは?の特典でメイキングを見ると、(もちろん映画を見終わった後に)「うんうん、なるほどなぁ」と撮影中での苦労話や裏話が妙に面白かった。最後のエドモンとフェルナンの決闘シーンは大迫力だ。何と言っても見事なのは、豪華な帆船。これらの帆船と港の背景が、より一層映画に高級感を出していると思う。悪役ガイ・ピアースも撮影時でのアクシデントについてのインタビューは彼のナイスガイぶりがうかがえる。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白い100パーセント

投稿日:2017/04/09 レビュアー:なんの因果

昔みておもしろかったので、もう一回借りたが、やはり面白かった。
こんなややこしい話をよく130分にまとめたものだと思う。
しかし、細かい事はわからなくとも、面白いのだ。
今回、感じたことは、ほほお、息子は実はダンテスの子供だったのか。
ダンテス不在ですぐその友人と結婚した、そこがダンテス怒りの元なのに。
女というヤツは本当に計算高いものだ。
もしダンテス現れなかったら、生涯その友人の子供として生きたのであろうな。
ダンテスが貧乏なままでもやはり。メルセデスよ、女性の鏡だよ。はい。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

予想外の面白さ。

投稿日:2009/11/29 レビュアー:みむさん

ガイピアース目当てで借りただけだったので、
内容はそんなに期待してなかったせいもあり・・・・

こんなに展開が気になるとは予想外でした。

男の復讐がベースですが
それに、裏切り・嫉妬・欲望・財産・出生の秘密など
ドロドロ劇にはもってこいのエッセンスが詰まっております。

原作や時代背景などを知らなくても十分楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全42件

モンテ・クリスト−巌窟王−

月額課金で借りる

都度課金で借りる