郡上一揆

郡上一揆の画像・ジャケット写真
郡上一揆 / 緒形直人
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「郡上一揆」 の解説・あらすじ・ストーリー

江戸時代、岐阜県・郡上(ぐじょう)の地で起きた大規模な一揆は足掛け5年にわたり、最終的に農民側の勝利に終わるという他に例を見ないもであった。この“郡上一揆”を岐阜県出身の神山征二郎監督が緒形直人主演で映画化。江戸時代中期・宝暦年間、美濃国郡上藩。郡上藩主・金森頼錦は、浪費を重ね、藩財政は悪化の一途を辿る。そのツケはさらなる重税策として農民たちに負わされていた。そして、追い詰められた農民たちはついに立ち上がった……。

「郡上一揆」 の作品情報

製作年: 2000年
製作国: 日本

「郡上一揆」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

郡上一揆の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SEMDR006 2003年12月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

追い詰められた農民の力

投稿日:2013/05/27 レビュアー:しづちゃん

この映画は実際にあった岐阜県での騒動を映画化した作品だそうです。
物語は年貢の納め方が定免法(毎年定額の年貢を納める)から検見取り(収穫高によって年貢高を決める)に変更になったことから「検見取りお断り」から始まります。
郡上藩領の農民たち(約3,000人)は立ち上がり、御蔵会所に殺到して「検見取りお断り」の強訴を行い、家老のお墨付きをもらったが、翌年同じ状態に。
藩曰く、殿様がまた発令したので、お墨付きは効果なしとなった。そこで農民たちは江戸の郡上藩邸に直訴することになったが…

出演者が凄い顔ぶれです。緒方直人、長島敏行、林隆三、加藤剛、前田吟、篠田三郎、林美智子、日色ともゑと他にもいらっしゃいますが、私の存じ上げない方々なのでパス。しかもこの映画は地元の方々がボランティアで参加されてらっしゃるそうです。その延べ人数は3,500人にも及ぶそうです。

この騒動は5年にも及んだそうです。結果、農民が勝訴し藩主金森はお家お取り潰し、領地召し上げ、南部藩に長くお預けと言う判決を言い渡され、投獄されていた農民たちは自分たちが勝ったと知り涙する。しかし、彼らはそれぞれに死刑。数名は獄門として首を郡上の刑場にさらされた。

悪いのは藩主なのに直訴した人達全員が死刑とはなんて理不尽で不公平な判決なのでしょう。直訴したら死刑と知りながら直訴した農民の方々、その中には元武士もいらしたと思う。農民あっての藩とは考えない日本の政は今も昔も変わっていないように思う。(資料はWikipediaより参照)

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

農民たちの怒り、力

投稿日:2019/10/06 レビュアー:じゃじゃまる

郡上藩主の浪費により、財政が圧迫され、定免法から「検見法」に変えようとすることに農民たちが立ち上がり、一揆をおこし、5年かかって勝利を勝ち取る話です
緒方直人、古田新太(うわぁ、痩せてる。。)加藤剛、林隆三、日色ともゑ(うひょう、懐かしい〜)
前田吟、山本圭、尾見としのり、篠田三郎など、結構豪華です
当時の強訴の様子や、当時の藩の横暴など、社会勉強にもなります

血判状や、灰色決着にして、検見法で年貢を取り立てようとする様子や、どの時代も弱いものが強いものにたたかれるんだ、とかちょっとやりきれない思いもありますね。。

たとえ勝っても強訴した人々すべてが処刑されるというのもやりきれないですね。

硬派な映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

郡上一揆

月額課金で借りる

都度課金で借りる