ザ・ワン

ザ・ワンの画像・ジャケット写真

ザ・ワン / ジェット・リー

全体の平均評価点:(5点満点)

71

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「ザ・ワン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

この宇宙全体には125のパラレルワールドが存在し、その均衡を守るため多次元宇宙捜査局=MVAが監視に当たっていた。が、捜査官の一人ユーロウがその特権を利用して、他世界の自分を次々と殺し始めた。ユーロウは一人殺すたびにそのエネルギーを吸収するかのように超人化していく――。ロサンゼルス。アメリカ大統領をゴアが務める世界。留置場から出てきた男ロウレスをユーロウが襲い殺してしまう。そしてこの時、ユーロウの標的はついに、ブッシュが大統領を務める世界に住む、ロサンゼルス郡保安官ゲイブひとりとなった……。

「ザ・ワン」 の作品情報

作品情報

製作年:

2001年

製作国:

アメリカ

原題:

THE ONE

「ザ・ワン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル シーズン3

ジャングル・フィーバー

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇

デス・レース

ユーザーレビュー:71件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全71件

結構楽しめました。

投稿日:2005/05/29 レビュアー:JUCE

ジェット・リー主演のSF映画ってどんな感じだろうと
ワクワクしてました。
「ザ・ワン」というタイトルからなんとなく、
「ハイランダー」の「残るのはひとり・・・」というセリフを
連想していました。

「パラレルワールド」や「タイムとラベル」物は深く突っ込むと
様々な矛盾が出てきますので純粋に娯楽として愉しみましょう。
すごくインパクトのある映画ではありませんが、そこそこには
愉しめる映画だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

悪者ジェットがステキです

投稿日:2006/01/25 レビュアー:勝王

「自分対自分」というのはどうやって撮るのでしょうね。クンフーのような動きの速いものだと、難しそうです。しかし、どうしてクンフー・スターは「自分がたくさん出てくる」映画を撮りたがるのでしょうね。ジャッキー・チェンの「ツイン・ドラゴン」、ジャン・クロード・ヴァンダムの「ダブル・インパクト」と双子ものは「オレ様だけ撮っていればいい!客がオレ様が見たいんだ!」という強烈な主張を感じたものですが、「オレ様」がこの映画のようにたくさん出てくると、もうコスプレ大会みたいであります。それでも、ターミネーターみたいな悪役ジェットはかなり迫力があって面白いですね。「超人的な力を得た」人間を生身で演じられるのですから、やっぱりジェットは超人です。クンフーを細かく変えて演じ分けているところなども、さすがジェットです。宣伝などを見たときは、125人のジェット、などとあったので、「うわー、125通りのジェットが見られるんだ」とワクワクしたのですが、好きなものにはどうしてこうバカになってしまうのか、よく考えれば1人につき1分しか登場シーンがないとしてもそれだけで125分かかってしまうわけで、123人はもうやられた後で、ほとんど出てこないというのは当たり前なのでした。「ザ・グリード」という映画のときも、うろ覚えですが、「3000人が食い殺される!」みたいなキャッチコピーがあって、「うわー、3000人分のスプラッター場面が見られるんだ、すげー」と思って見に行ったら、すでに2990人くらいが食われた後から話が始まっており、よく考えたら3000人が食われるのに1人1分としても3000分もかかるわけで、どうしてこう自分の頭がバカなのかといつも思うのですが、性懲りもなく勘違いして劇場へダッシュしてしまうのでした。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

ジェット・リーはかっこいい でもなにかとビミョーな映画

投稿日:2004/11/24 レビュアー:iuiu

パラレル・ワールドものだとわかっていながら、ジェット・リーその1とその2の区別がつかなくてしばらく混乱した。パラレルワールドを行き来する仕組が、なんだか小学生の考えたSF漫画みたいです。
割と冒頭の、ジェット・リー百面相というか百変化が見もの。「ここは笑うとこだよね…?」とビミョーでしたが。
物語の収拾は「それでええんか!?ホンマにええんか!?」と思う人も多いかも知れません。

特典は予告編。
吹替えは、井上和彦、田中敦子、池田勝、諸角憲一他。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

125人のジェット・リー!って、3人ほどしか出てこうへんやんけ! ネタバレ

投稿日:2011/02/06 レビュアー:ぶわつ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

■なぜか、時折無性に観たくなるのがジェット・リー。ま、これ観たのは昨年末、なんですけど(^_^;)

 リー・リン・チェイがジェット・リーとしてハリウッドに進出したのは1998年の『リーサル・ウェポン4』、その後『ロミオ・マスト・ダイ』でハリウッド初主演を果たし、本作は主演2作目。おそらくは、1人で何役もこなすことで、いろいろなジェット・リーを見せようと意気込んでいたにちがいないと思うのですが、残念ながら作品としてはショボイものになってしまいました。

 まず、125あるパラレルワールドのそれぞれのジェット・リーといっても実際に演じたのは3人分で、しかもその1人はすぐに殺されるから実質一人二役。それも、善いモンと悪モンという枠組みから一歩も出ていないので演技の幅も、いろいろなジェット・リーも何もあったもんじゃない。
 アクションも基本洋式なので、彼の少林寺拳法を土台とした素晴らしいアクションは望むべくもなく、ところどころにその片鱗が感じられる程度。
 それに、どなたかもレビューで仰ってたような気がしますが、最後、悪モンの方が監獄世界へ放逐されるのですが・・・悲嘆に暮れるどころか、水を得たように生き生きと暴れまわってるやん。まあ、善いも悪いもどちらもジェット・リーなんで、これはこれでいいのかもしれませんが。ま、いいや。

 ジェイソン・ステイサムが出ていたというのはちょっとした驚きやったけどね〜。

■原題:The One
■2001年■アメリカ■87分
■監督:ジェームズ・ウォン
■脚本:グレン・モーガン/ジェームズ・ウォン
■出演:ジェット・リー/カーラ・クギーノ/デルロイ・リンドー/ジェイソン・ステイサム 他

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

突き抜けてるね!久々の爽快感

投稿日:2007/03/16 レビュアー:spider

こりゃいい。
最近、ハズレの作品ばかり見てて少々疲れ気味だったけど
自分の中では久々のクリーンヒット。

ジェット・リーのSFものということで、どうかなと思ったけど
何か彼、すごく楽しそうに演技してますね。
善と悪の一人二役なんだけど、
どうみても「悪役」やってる時の顔が楽しそう。

この作品、百何十あるパラレルワールドの「自分」を殺して
パワーを手に入れるという途方もなく荒唐無稽な話なんだけど

そんな話にぴったりのスピーディーな展開と
切れのいいアクションの連続で、あっという間に時間が過ぎます。

この手の作品は、細かいアラを探してもしようがないわけで
あまりに荒唐無稽な展開に、唖然としたり爆笑したりしながら、
流れに身を任せて楽しむのがヨロシイかと思います。

ラストの粋な計らいにニヤリとして、やれやれこれで終わりか
と思ったら、どっこい最後にすごい場面が残ってました。
完全に一本とられましたね。脱帽です。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全71件

ザ・ワン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:71件

結構楽しめました。

投稿日

2005/05/29

レビュアー

JUCE

ジェット・リー主演のSF映画ってどんな感じだろうと
ワクワクしてました。
「ザ・ワン」というタイトルからなんとなく、
「ハイランダー」の「残るのはひとり・・・」というセリフを
連想していました。

「パラレルワールド」や「タイムとラベル」物は深く突っ込むと
様々な矛盾が出てきますので純粋に娯楽として愉しみましょう。
すごくインパクトのある映画ではありませんが、そこそこには
愉しめる映画だと思います。

悪者ジェットがステキです

投稿日

2006/01/25

レビュアー

勝王

「自分対自分」というのはどうやって撮るのでしょうね。クンフーのような動きの速いものだと、難しそうです。しかし、どうしてクンフー・スターは「自分がたくさん出てくる」映画を撮りたがるのでしょうね。ジャッキー・チェンの「ツイン・ドラゴン」、ジャン・クロード・ヴァンダムの「ダブル・インパクト」と双子ものは「オレ様だけ撮っていればいい!客がオレ様が見たいんだ!」という強烈な主張を感じたものですが、「オレ様」がこの映画のようにたくさん出てくると、もうコスプレ大会みたいであります。それでも、ターミネーターみたいな悪役ジェットはかなり迫力があって面白いですね。「超人的な力を得た」人間を生身で演じられるのですから、やっぱりジェットは超人です。クンフーを細かく変えて演じ分けているところなども、さすがジェットです。宣伝などを見たときは、125人のジェット、などとあったので、「うわー、125通りのジェットが見られるんだ」とワクワクしたのですが、好きなものにはどうしてこうバカになってしまうのか、よく考えれば1人につき1分しか登場シーンがないとしてもそれだけで125分かかってしまうわけで、123人はもうやられた後で、ほとんど出てこないというのは当たり前なのでした。「ザ・グリード」という映画のときも、うろ覚えですが、「3000人が食い殺される!」みたいなキャッチコピーがあって、「うわー、3000人分のスプラッター場面が見られるんだ、すげー」と思って見に行ったら、すでに2990人くらいが食われた後から話が始まっており、よく考えたら3000人が食われるのに1人1分としても3000分もかかるわけで、どうしてこう自分の頭がバカなのかといつも思うのですが、性懲りもなく勘違いして劇場へダッシュしてしまうのでした。

ジェット・リーはかっこいい でもなにかとビミョーな映画

投稿日

2004/11/24

レビュアー

iuiu

パラレル・ワールドものだとわかっていながら、ジェット・リーその1とその2の区別がつかなくてしばらく混乱した。パラレルワールドを行き来する仕組が、なんだか小学生の考えたSF漫画みたいです。
割と冒頭の、ジェット・リー百面相というか百変化が見もの。「ここは笑うとこだよね…?」とビミョーでしたが。
物語の収拾は「それでええんか!?ホンマにええんか!?」と思う人も多いかも知れません。

特典は予告編。
吹替えは、井上和彦、田中敦子、池田勝、諸角憲一他。

125人のジェット・リー!って、3人ほどしか出てこうへんやんけ!

投稿日

2011/02/06

レビュアー

ぶわつ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

■なぜか、時折無性に観たくなるのがジェット・リー。ま、これ観たのは昨年末、なんですけど(^_^;)

 リー・リン・チェイがジェット・リーとしてハリウッドに進出したのは1998年の『リーサル・ウェポン4』、その後『ロミオ・マスト・ダイ』でハリウッド初主演を果たし、本作は主演2作目。おそらくは、1人で何役もこなすことで、いろいろなジェット・リーを見せようと意気込んでいたにちがいないと思うのですが、残念ながら作品としてはショボイものになってしまいました。

 まず、125あるパラレルワールドのそれぞれのジェット・リーといっても実際に演じたのは3人分で、しかもその1人はすぐに殺されるから実質一人二役。それも、善いモンと悪モンという枠組みから一歩も出ていないので演技の幅も、いろいろなジェット・リーも何もあったもんじゃない。
 アクションも基本洋式なので、彼の少林寺拳法を土台とした素晴らしいアクションは望むべくもなく、ところどころにその片鱗が感じられる程度。
 それに、どなたかもレビューで仰ってたような気がしますが、最後、悪モンの方が監獄世界へ放逐されるのですが・・・悲嘆に暮れるどころか、水を得たように生き生きと暴れまわってるやん。まあ、善いも悪いもどちらもジェット・リーなんで、これはこれでいいのかもしれませんが。ま、いいや。

 ジェイソン・ステイサムが出ていたというのはちょっとした驚きやったけどね〜。

■原題:The One
■2001年■アメリカ■87分
■監督:ジェームズ・ウォン
■脚本:グレン・モーガン/ジェームズ・ウォン
■出演:ジェット・リー/カーラ・クギーノ/デルロイ・リンドー/ジェイソン・ステイサム 他

突き抜けてるね!久々の爽快感

投稿日

2007/03/16

レビュアー

spider

こりゃいい。
最近、ハズレの作品ばかり見てて少々疲れ気味だったけど
自分の中では久々のクリーンヒット。

ジェット・リーのSFものということで、どうかなと思ったけど
何か彼、すごく楽しそうに演技してますね。
善と悪の一人二役なんだけど、
どうみても「悪役」やってる時の顔が楽しそう。

この作品、百何十あるパラレルワールドの「自分」を殺して
パワーを手に入れるという途方もなく荒唐無稽な話なんだけど

そんな話にぴったりのスピーディーな展開と
切れのいいアクションの連続で、あっという間に時間が過ぎます。

この手の作品は、細かいアラを探してもしようがないわけで
あまりに荒唐無稽な展開に、唖然としたり爆笑したりしながら、
流れに身を任せて楽しむのがヨロシイかと思います。

ラストの粋な計らいにニヤリとして、やれやれこれで終わりか
と思ったら、どっこい最後にすごい場面が残ってました。
完全に一本とられましたね。脱帽です。

1〜 5件 / 全71件