ごくせん

ごくせんの画像・ジャケット写真

ごくせん / 仲間由紀恵

全体の平均評価点:(5点満点)

76

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ごくせん」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

不良だらけの悪名高き男子校に、新米教師・山口久美子(通称ヤンクミ)がやって来た。彼女は荒くれ者の生徒たちの脅しにピクリともしない。なぜなら、彼女の実家は泣く子も黙る任侠・大江戸一家だったのだ!ようやく夢だった教師になった久美子は家業をひた隠しにするが、心の中には仁侠に裏付けられた熱い正義感と幼い頃から叩き込まれた喧嘩強さで、次々と起こる事件を豪快に正していく。 JAN:4988021170598

「ごくせん」 の作品情報

作品情報

製作年: 2002年
製作国: 日本

「ごくせん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

湾岸ミッドナイト

下妻物語

医師たちの恋愛事情

24HOUR TELEVISION スペシャルドラマ2008 みゅうの足パパにあげる

ユーザーレビュー:76件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全76件

不満

投稿日:2008/07/23 レビュアー:チャーリー

 聴覚障がい者のものであり、懐かしいごくせんを見ようと思ったら、日本語字幕付が出てこないので楽しみが一瞬減ったように感じた。今後はみたいビデオにも全て日本語字幕付をつけるべきではないでしょうか?私だけではなく、生まれてきた子供達(聞こえない人)も安心して見られるのが楽しみの1つだと思います。前向きに検討してくれるとありがたく思います!

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

ひねりが、ゼロです。 ネタバレ

投稿日:2006/07/30 レビュアー:となりのポニョ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

パート2も放映されたらしいですが、初めて見ました。
いやあ、3話中の1話目で「もう、いいよ!」って感じでした。
何でこんなお話が人気だったのでしょうかね?

仲間由紀恵が任侠の世界の隠語を口走っては、「しまった!」とばかりに修正するパターンの繰り返しが一番癇にさわりました。
松本潤と小栗旬の二人って、どこかでセットで見かけたなと思い出したら“花より男子”でしたね。コレも犬の卒倒。
伊東美咲…蹴りたい背中でした、はい。
予約リストのシリーズ予約を、あわてて削除したのは言うまでも無いです。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

みんなの心が目覚めさせられていく

投稿日:2010/03/03 レビュアー:蒼生


1巻〜4巻を通してのレビューです。

先に第2シリーズを観てしまったので
ついこっちが後のような錯覚に、ときどき陥りつつ観ました。
シリーズの中の流れが第2シリーズと似てるなーとか。
第2シリーズがこっちと似てるのに。

ヤンクミの格闘シーンが2と比べて圧倒的に少ないんですね。

沢村一輝は仕事抜け出しすぎじゃないの?

絶対に刑事ドラマ観すぎの同僚といつも一緒だし、非番じゃないよな〜
学校が終わってないような時間に来られるとは思えないけど。


なんてことも思いましたが、
やっぱり一話一話感動しますし、ほんと気持ちいいです。
もちろん、最終回は大感動です。

最終回で一応締まってるんですが、
ほんとうの最終話は『スペシャル』です。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

原作まで買っちゃいました(^_^;)

投稿日:2004/06/05 レビュアー:きゃら

良いですねぇ〜。
正直、仲間由紀恵がこれ程の役者だとは思ってもみませんでした。
ストーリー的には昔ながらの先生と教師の対立。
でも、時代の流れでストーリーテンポも取り入れている問題も今風で見応えが有りました。
んでもって、原作を読みたくなり、早速購入して読んだのですが、私には珍しく原作よりもこの実写版の方がすんなりと入ってきました。
今迄は原作を知ればやはり原作の方が詳細に表現されている事しか無かったので、こんな経験は初めてです!
「日本のドラマも捨てたもんじゃないなぁ」って久し振りに思い起こさせてくれた貴重な逸品です。
蛇足ですが、原作をドラマにすると、どうして原作に出ていない登場人物や原作と全然違うストーリー展開になるんでしょうかね?
皆さん、どう思われます?

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

ヤンクミパワーで元気をもらう!

投稿日:2008/04/07 レビュアー:飛べない魔女

単純明快、ばかばかしいほどのお話、水戸黄門的なお決まりの時間帯でのお決まりの台詞、もうどれをとっても私のすきーなタイプのドラマなんです。
シリーズ1−2、見逃してませんぞ。
もうすぐシリーズ3が始まるということで、このシリーズ1も再放送とかしてましたね。
改めてみたら、小栗旬クンとかウッチー役で出てたんですね。
今や旬の俳優になっちまいましたね。
シリーズ3もまたいつもの大江戸一家の面々と、先生方の登場でヤンクミパワーもより炸裂することでしょう。
またまた元気下さい!期待してまっせ!

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全76件

ごくせん

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:76件

不満

投稿日

2008/07/23

レビュアー

チャーリー

 聴覚障がい者のものであり、懐かしいごくせんを見ようと思ったら、日本語字幕付が出てこないので楽しみが一瞬減ったように感じた。今後はみたいビデオにも全て日本語字幕付をつけるべきではないでしょうか?私だけではなく、生まれてきた子供達(聞こえない人)も安心して見られるのが楽しみの1つだと思います。前向きに検討してくれるとありがたく思います!

ひねりが、ゼロです。

投稿日

2006/07/30

レビュアー

となりのポニョ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

パート2も放映されたらしいですが、初めて見ました。
いやあ、3話中の1話目で「もう、いいよ!」って感じでした。
何でこんなお話が人気だったのでしょうかね?

仲間由紀恵が任侠の世界の隠語を口走っては、「しまった!」とばかりに修正するパターンの繰り返しが一番癇にさわりました。
松本潤と小栗旬の二人って、どこかでセットで見かけたなと思い出したら“花より男子”でしたね。コレも犬の卒倒。
伊東美咲…蹴りたい背中でした、はい。
予約リストのシリーズ予約を、あわてて削除したのは言うまでも無いです。

みんなの心が目覚めさせられていく

投稿日

2010/03/03

レビュアー

蒼生


1巻〜4巻を通してのレビューです。

先に第2シリーズを観てしまったので
ついこっちが後のような錯覚に、ときどき陥りつつ観ました。
シリーズの中の流れが第2シリーズと似てるなーとか。
第2シリーズがこっちと似てるのに。

ヤンクミの格闘シーンが2と比べて圧倒的に少ないんですね。

沢村一輝は仕事抜け出しすぎじゃないの?

絶対に刑事ドラマ観すぎの同僚といつも一緒だし、非番じゃないよな〜
学校が終わってないような時間に来られるとは思えないけど。


なんてことも思いましたが、
やっぱり一話一話感動しますし、ほんと気持ちいいです。
もちろん、最終回は大感動です。

最終回で一応締まってるんですが、
ほんとうの最終話は『スペシャル』です。

原作まで買っちゃいました(^_^;)

投稿日

2004/06/05

レビュアー

きゃら

良いですねぇ〜。
正直、仲間由紀恵がこれ程の役者だとは思ってもみませんでした。
ストーリー的には昔ながらの先生と教師の対立。
でも、時代の流れでストーリーテンポも取り入れている問題も今風で見応えが有りました。
んでもって、原作を読みたくなり、早速購入して読んだのですが、私には珍しく原作よりもこの実写版の方がすんなりと入ってきました。
今迄は原作を知ればやはり原作の方が詳細に表現されている事しか無かったので、こんな経験は初めてです!
「日本のドラマも捨てたもんじゃないなぁ」って久し振りに思い起こさせてくれた貴重な逸品です。
蛇足ですが、原作をドラマにすると、どうして原作に出ていない登場人物や原作と全然違うストーリー展開になるんでしょうかね?
皆さん、どう思われます?

ヤンクミパワーで元気をもらう!

投稿日

2008/04/07

レビュアー

飛べない魔女

単純明快、ばかばかしいほどのお話、水戸黄門的なお決まりの時間帯でのお決まりの台詞、もうどれをとっても私のすきーなタイプのドラマなんです。
シリーズ1−2、見逃してませんぞ。
もうすぐシリーズ3が始まるということで、このシリーズ1も再放送とかしてましたね。
改めてみたら、小栗旬クンとかウッチー役で出てたんですね。
今や旬の俳優になっちまいましたね。
シリーズ3もまたいつもの大江戸一家の面々と、先生方の登場でヤンクミパワーもより炸裂することでしょう。
またまた元気下さい!期待してまっせ!

1〜 5件 / 全76件

同シリーズ作品を借りる