ワン・モア・キスの画像・ジャケット写真

ワン・モア・キス / ヴァレリー・エドモンド

全体の平均評価点:(5点満点)

9

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ワン・モア・キス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『オペラ座の怪人』のジェラルド・バトラー主演のラブストーリー。余命わずかの宣告をされたひとりの女・サラ。死を目前にして彼女はかつての恋人であり、今は妻を持つサムの下へ向かう。妻の前でサラから想いを打ち明けられたサムは心を揺さぶられ…。

「ワン・モア・キス」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

イギリス

原題:

ONE MORE KISS

「ワン・モア・キス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ベオウルフ

アメイジング・ワールド

サラマンダー

覇王伝アッティラ

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

ジェラルド・バトラー目当てで借りた ネタバレ

投稿日:2006/08/11 レビュアー:akira

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜ん、大失敗。

まず、主人公のサラに全く魅力を感じない。
「私は死んじゃうのよ〜!だから何やっても許してね〜!」と声高に叫んで回って、周りの人間に迷惑を掛けまくっているだけにしか見えない。
人間的な魅力も美徳も感じられないから、彼女の最期の言葉も、お葬式で流れたビデオも全然生きてこない。
死んでいく自分のことだけでなく、死んだ後に残される人のことをもっと考えて欲しかった。
ジェラルド・バトラーが演じたサムも、かな〜り不満。
サラに惹かれちゃうのは、まぁ仕方ないとしても、奥さんに対する誠意が、全編を通して感じられないのはどうかと思う。
奥さんに、サラと同じ物を買ってきて、それを何でもないことのようにばらしちゃうって、デリカシーがなさ過ぎないか?
優しさと、優柔不断さは全く違うものだということに気が付かずに、全てを無くした馬鹿な男にしか見えなかった。
あと、サムの奥さんもイマイチだね。
なんか、最初っから喚き散らしてるだけって気がする。
それじゃあサムだって、サラに乗り換えたくもなるよ。
どうせサラは死ぬんだから、一歩引いたところから観察してて、タイミングを見計らってよりを戻す位の狡猾さがあっても良かったんじゃないかと。
アッタマ悪い女だなぁ、としか思えなかった私って、人間的にマズいかなぁ。

そんな感じで、登場人物の誰にも魅力を感じなかった作品。
景色や映像が綺麗だったのが、唯一の救いかな?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

バトラーが若くて初々しい! ネタバレ

投稿日:2007/04/24 レビュアー:King Lear

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ハリウッド映画にはない雰囲気で、イギリス映画独特のあの淡々とした物語の進行が大変好きです。今の妻か前の彼女か選ぶことが大事でしょうか、バトラー演じるサムの心の動揺もよく現れていると思います。どちらかの女性を「選ぶ」ことは大事なことではなく、余生が短い元彼女の要望を聞いて一緒に過ごし最後の思い出をつくってあげるサムの気持ちの優しさです。死んでいった娘が残してくれたものを大切に受け継ぐサラの父親にも感動しました。ハリウッドのアクション映画しか見ない方にはこの作品の意図はわからないでしょう。それにしてもバトラーが細身で若く初々しくてよかったです。瞳がとってもきれいで!欲を言えば主役のサラをもう少し違う女優さんでもよかったかと。景色もすばらしく私は感動しました。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ほんとうの ”愛情” とは!?  ネタバレ

投稿日:2007/04/17 レビュアー:makochan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「オペラ座の怪人」でジェラルドバトラーに魅せられ、
彼の足跡を辿った先にあったのが、この一本でした
まだ細くて、若くて、繊細そうで、全く別人の様でした

この映画の役は、煮え切らない男です…
たとえ かつての恋人が死ぬとわかったとしても
妻の公認を望むのは 無謀なことでしょう
彼と彼の妻の前に現れた サラもサラだけれど
妻に懇願するサムも 腹立たしい男!
もし あなたが サムの立場になったら
どんな行動に出るでしょうか〜??

妻との幸せを捨てても構わないほどの ”衝動”に
駆られるでしょうか!?

そして もし私がサムの妻なら…???

スカーフの一件には あまりのデリカシーの無さに
唖然としてしまいました

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

最期にKISSしたい人かぁ ネタバレ

投稿日:2006/03/10 レビュアー:ゆ〜こん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

病気で死ぬことがわかったサラは、飛び出した田舎に戻って、最期を迎えることに。そして、かつての恋人に死ぬことを打ち明け、結婚していた彼の生活を崩壊させたり、自分のお葬式の出し方を親に指示したり、ほんとは「死ぬのが怖い!」って叫びたいのに、無理して過ごすサラが悲しかった。最期は、お父さんにプレゼントを残し、逝ってしまう・・・。なんといいますか、自分の最期の時がわかってから、やりたいことリストを作って、残された時間を自分らしく過ごすより、私は、いつでも自分らしく過ごしていたいと思った。だって、人間、いつ死ぬかわからないものね。そしてそして、みんなは最期にKISSしたいと思える人がいますか?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

レビュー

投稿日:2009/01/11 レビュアー:mm

少なすぎです!

ジェリーのラブストーリーは好きですよ。悲しくて、でも希望はある。

PSアイラヴユーは死んでしまう役でした。ワンモアキスはとにかく若いです。で、髪を伸ばすとくちゃくちゃなところがいいですね。

ぜひ見てください!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全9件

ワン・モア・キス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:9件

ジェラルド・バトラー目当てで借りた

投稿日

2006/08/11

レビュアー

akira

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜ん、大失敗。

まず、主人公のサラに全く魅力を感じない。
「私は死んじゃうのよ〜!だから何やっても許してね〜!」と声高に叫んで回って、周りの人間に迷惑を掛けまくっているだけにしか見えない。
人間的な魅力も美徳も感じられないから、彼女の最期の言葉も、お葬式で流れたビデオも全然生きてこない。
死んでいく自分のことだけでなく、死んだ後に残される人のことをもっと考えて欲しかった。
ジェラルド・バトラーが演じたサムも、かな〜り不満。
サラに惹かれちゃうのは、まぁ仕方ないとしても、奥さんに対する誠意が、全編を通して感じられないのはどうかと思う。
奥さんに、サラと同じ物を買ってきて、それを何でもないことのようにばらしちゃうって、デリカシーがなさ過ぎないか?
優しさと、優柔不断さは全く違うものだということに気が付かずに、全てを無くした馬鹿な男にしか見えなかった。
あと、サムの奥さんもイマイチだね。
なんか、最初っから喚き散らしてるだけって気がする。
それじゃあサムだって、サラに乗り換えたくもなるよ。
どうせサラは死ぬんだから、一歩引いたところから観察してて、タイミングを見計らってよりを戻す位の狡猾さがあっても良かったんじゃないかと。
アッタマ悪い女だなぁ、としか思えなかった私って、人間的にマズいかなぁ。

そんな感じで、登場人物の誰にも魅力を感じなかった作品。
景色や映像が綺麗だったのが、唯一の救いかな?

バトラーが若くて初々しい!

投稿日

2007/04/24

レビュアー

King Lear

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ハリウッド映画にはない雰囲気で、イギリス映画独特のあの淡々とした物語の進行が大変好きです。今の妻か前の彼女か選ぶことが大事でしょうか、バトラー演じるサムの心の動揺もよく現れていると思います。どちらかの女性を「選ぶ」ことは大事なことではなく、余生が短い元彼女の要望を聞いて一緒に過ごし最後の思い出をつくってあげるサムの気持ちの優しさです。死んでいった娘が残してくれたものを大切に受け継ぐサラの父親にも感動しました。ハリウッドのアクション映画しか見ない方にはこの作品の意図はわからないでしょう。それにしてもバトラーが細身で若く初々しくてよかったです。瞳がとってもきれいで!欲を言えば主役のサラをもう少し違う女優さんでもよかったかと。景色もすばらしく私は感動しました。

ほんとうの ”愛情” とは!? 

投稿日

2007/04/17

レビュアー

makochan

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「オペラ座の怪人」でジェラルドバトラーに魅せられ、
彼の足跡を辿った先にあったのが、この一本でした
まだ細くて、若くて、繊細そうで、全く別人の様でした

この映画の役は、煮え切らない男です…
たとえ かつての恋人が死ぬとわかったとしても
妻の公認を望むのは 無謀なことでしょう
彼と彼の妻の前に現れた サラもサラだけれど
妻に懇願するサムも 腹立たしい男!
もし あなたが サムの立場になったら
どんな行動に出るでしょうか〜??

妻との幸せを捨てても構わないほどの ”衝動”に
駆られるでしょうか!?

そして もし私がサムの妻なら…???

スカーフの一件には あまりのデリカシーの無さに
唖然としてしまいました

最期にKISSしたい人かぁ

投稿日

2006/03/10

レビュアー

ゆ〜こん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

病気で死ぬことがわかったサラは、飛び出した田舎に戻って、最期を迎えることに。そして、かつての恋人に死ぬことを打ち明け、結婚していた彼の生活を崩壊させたり、自分のお葬式の出し方を親に指示したり、ほんとは「死ぬのが怖い!」って叫びたいのに、無理して過ごすサラが悲しかった。最期は、お父さんにプレゼントを残し、逝ってしまう・・・。なんといいますか、自分の最期の時がわかってから、やりたいことリストを作って、残された時間を自分らしく過ごすより、私は、いつでも自分らしく過ごしていたいと思った。だって、人間、いつ死ぬかわからないものね。そしてそして、みんなは最期にKISSしたいと思える人がいますか?

レビュー

投稿日

2009/01/11

レビュアー

mm

少なすぎです!

ジェリーのラブストーリーは好きですよ。悲しくて、でも希望はある。

PSアイラヴユーは死んでしまう役でした。ワンモアキスはとにかく若いです。で、髪を伸ばすとくちゃくちゃなところがいいですね。

ぜひ見てください!

1〜 5件 / 全9件