サベイランス 監視の画像・ジャケット写真

サベイランス 監視 / ライアン・フィリップ

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「サベイランス 監視」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

青年マイロは天才的なプログラマー。親友で同じく天才プログラマーのテディらとともにベンチャー企業との契約が目前となっていた。その頃、コンピュータ業界に君臨する巨大企業ナーヴ社社長ゲーリーは新システム“シナプス”の発表を行っていた。それが完成すれば、動画や音声情報を瞬時に全世界に発信できるという画期的なもの。ナーヴ社ではシステムのソースを非公開にし独占を目論んでいた。そんなある日、マイロのもとにゲーリー本人からシナプス開発チームへの勧誘がある。悩んだ末にオファーを受けたマイロだったが……。

「サベイランス 監視」 の作品情報

作品情報

製作年:

2001年

製作国:

アメリカ

原題:

ANTITRUST

「サベイランス 監視」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アメリカを売った男

シュア・シング

ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀

ゴスフォード・パーク

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全51件

小気味の良い映画。

投稿日:2006/11/24 レビュアー:JUCE

多分にご都合主義的な展開ではあるけど、テンポも良く娯楽作品としてはまずまずの出来。

MSのアンチトラストを題材にしているので、時期を逸したかというとそうでも無く現在でも十分リアリティを持った題材です。現実に今はMS,google,yahoo!が動画の検索技術を巡って覇権を争う構図になっているが、この戦いの行方あるいはこの映画の題材にもなっているデジタル・コンバージェンスの競争の行方によって業界地図は大きく変わってしまうことは容易に想像がつく。その背景にあるM&Aや優秀な人材の確保。決してクリーンな部分ばかりではないだろう。こうした実は重いお話をハリウッド映画としてうまく娯楽作品に纏め上げた脚本と演出に拍手。

すっきり後味の良い映画です。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

アンチトラスト訴訟に悩むMSをエンターテイメントで楽しむ

投稿日:2003/10/18 レビュアー:maskin

マイクロソフトが独占禁止法(米アンチトラスト法)の問題で訴訟が起きていることを知っている人なら、原題「アンチトラスト」には興味をそそられただろう。そういう意味からすれば、シリコンバレーとシアトル(MS)の攻防の概要が理解できるし、この結末も多くのIT業界人の賛同を得ることができるだろう。しかし、実際の邦題「サベイランス」じゃ、単なる三流サスペンスに過ぎない。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

それでもボクはコピペが出来ない

投稿日:2007/02/25 レビュアー:裸足のラヴァース

今日は黒沢清の「叫び」を観てきました 冒頭殺人シーンがすぐに起こって お 普通にクライム・サスペンスかと思いきやまったくぶっ飛んだシネマです 「隠された記憶」のように忘れていた悪行が不気味に回帰してくるのですが メイン・テーマより 黒沢はまさか「Gガール」は見てないのですが 葉月里緒奈がウマ・サーマンのように空は飛ぶは コンクリの壁はぶち破るは 最後は天井から急降下攻撃までしてきます たまげたなあ必見

さて興奮して熱さましには丁度よかろうと だらんこ見てた「サベイランス」を見終わりました しばらく前まで山の上のホテルでバイトをしてたのですが シーズンになるとひと月に45日働くことになると聞き話が違うのでやめました わちきはこんな雑用の仕事なのに マイロ君は司法省とビル・ゲイツみたいな人物の両方から就職依頼が来るんだから 雲泥の差です 関係ないか

ボクチンは別にする必要もないので コピペが出来ないのですが やたらにキーボードを叩きまくるこの種の映画は ボクら猿同然に機械がちんぷんかんぷんの観客にも 何かをやったのを ああやったんだとわかってないのに納得させるとゆう ばかばかしくも難しい劇作をやらなければなりません それでそんなわかりやすい反撃があってなるほど気持ちがいいなあざまみろ それで敵も味方も最後は逆転劇あったりして まあ面白かったですよ

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

あり得る話でしょうね ネタバレ

投稿日:2009/11/22 レビュアー:AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


普通にそこそこ楽しめるサスペンス映画です。
ティムロビンスの悪役って結構はまってますね。
個人的に彼の顔は悪役顔と以前から思ってたのもあって、すんなり彼の悪漢ぶりを受け入れてしまいましたが(笑)

物語の展開は有る程度予想通りに進み過ぎて、中盤までは退屈モードで気を抜いて観てましたが、”誰が敵で味方なのか推理しなさい!”のサスペンスモードに突入してからは再度画面に集中し直しました。

最後は予想外の人間が味方になってくれる「火サス」状態でしたが、勧善懲悪のすっきりしたオチにこちらも溜飲を下げることが出来たのと、○○ゲイツのそっくりさんレベルにまで頑張って役作りしたティムロビンスに免じて粗探しは止めときます(笑)

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

素直に面白い

投稿日:2003/06/12 レビュアー:SKY MESSAGE

ITサスペンスです。パソコンとかインターネットを使っている人は、こういう映画が好きだと思います。個人的に『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンスのイメージが抜けきらないので違和感があります。ハラハラ、ドキドキする場面が多いですが、最後はスカッとしますよ。

AntiTrust
独占禁止法のこと

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全51件

サベイランス 監視

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

小気味の良い映画。

投稿日

2006/11/24

レビュアー

JUCE

多分にご都合主義的な展開ではあるけど、テンポも良く娯楽作品としてはまずまずの出来。

MSのアンチトラストを題材にしているので、時期を逸したかというとそうでも無く現在でも十分リアリティを持った題材です。現実に今はMS,google,yahoo!が動画の検索技術を巡って覇権を争う構図になっているが、この戦いの行方あるいはこの映画の題材にもなっているデジタル・コンバージェンスの競争の行方によって業界地図は大きく変わってしまうことは容易に想像がつく。その背景にあるM&Aや優秀な人材の確保。決してクリーンな部分ばかりではないだろう。こうした実は重いお話をハリウッド映画としてうまく娯楽作品に纏め上げた脚本と演出に拍手。

すっきり後味の良い映画です。

アンチトラスト訴訟に悩むMSをエンターテイメントで楽しむ

投稿日

2003/10/18

レビュアー

maskin

マイクロソフトが独占禁止法(米アンチトラスト法)の問題で訴訟が起きていることを知っている人なら、原題「アンチトラスト」には興味をそそられただろう。そういう意味からすれば、シリコンバレーとシアトル(MS)の攻防の概要が理解できるし、この結末も多くのIT業界人の賛同を得ることができるだろう。しかし、実際の邦題「サベイランス」じゃ、単なる三流サスペンスに過ぎない。

それでもボクはコピペが出来ない

投稿日

2007/02/25

レビュアー

裸足のラヴァース

今日は黒沢清の「叫び」を観てきました 冒頭殺人シーンがすぐに起こって お 普通にクライム・サスペンスかと思いきやまったくぶっ飛んだシネマです 「隠された記憶」のように忘れていた悪行が不気味に回帰してくるのですが メイン・テーマより 黒沢はまさか「Gガール」は見てないのですが 葉月里緒奈がウマ・サーマンのように空は飛ぶは コンクリの壁はぶち破るは 最後は天井から急降下攻撃までしてきます たまげたなあ必見

さて興奮して熱さましには丁度よかろうと だらんこ見てた「サベイランス」を見終わりました しばらく前まで山の上のホテルでバイトをしてたのですが シーズンになるとひと月に45日働くことになると聞き話が違うのでやめました わちきはこんな雑用の仕事なのに マイロ君は司法省とビル・ゲイツみたいな人物の両方から就職依頼が来るんだから 雲泥の差です 関係ないか

ボクチンは別にする必要もないので コピペが出来ないのですが やたらにキーボードを叩きまくるこの種の映画は ボクら猿同然に機械がちんぷんかんぷんの観客にも 何かをやったのを ああやったんだとわかってないのに納得させるとゆう ばかばかしくも難しい劇作をやらなければなりません それでそんなわかりやすい反撃があってなるほど気持ちがいいなあざまみろ それで敵も味方も最後は逆転劇あったりして まあ面白かったですよ

あり得る話でしょうね

投稿日

2009/11/22

レビュアー

AVANZSUR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


普通にそこそこ楽しめるサスペンス映画です。
ティムロビンスの悪役って結構はまってますね。
個人的に彼の顔は悪役顔と以前から思ってたのもあって、すんなり彼の悪漢ぶりを受け入れてしまいましたが(笑)

物語の展開は有る程度予想通りに進み過ぎて、中盤までは退屈モードで気を抜いて観てましたが、”誰が敵で味方なのか推理しなさい!”のサスペンスモードに突入してからは再度画面に集中し直しました。

最後は予想外の人間が味方になってくれる「火サス」状態でしたが、勧善懲悪のすっきりしたオチにこちらも溜飲を下げることが出来たのと、○○ゲイツのそっくりさんレベルにまで頑張って役作りしたティムロビンスに免じて粗探しは止めときます(笑)

素直に面白い

投稿日

2003/06/12

レビュアー

SKY MESSAGE

ITサスペンスです。パソコンとかインターネットを使っている人は、こういう映画が好きだと思います。個人的に『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンスのイメージが抜けきらないので違和感があります。ハラハラ、ドキドキする場面が多いですが、最後はスカッとしますよ。

AntiTrust
独占禁止法のこと

1〜 5件 / 全51件