東京マリーゴールド

東京マリーゴールドの画像・ジャケット写真
東京マリーゴールド / 田中麗奈
全体の平均評価点:
(5点満点)

26

  • DVD
ジャンル:

「東京マリーゴールド」 の解説・あらすじ・ストーリー

味の素のCMで息の合ったところを見せた田中麗奈と樹木希林を主演に、林真理子の短編小説「一年ののち」を市川準が描いた、一年限りの恋物語。つきあっていた彼と別れたばかりのエリコは気分転換にと転職しては見たものの、その退屈な日々は以前とあまり変わらなかった。そんなある日、エリートサラリーマンとの合コンに出かけたエリコは不思議な雰囲気を漂わすタムラという男に興味を持つようになる。数日後、エリコからのデートの誘いに快く応じたタムラだったが、タムラはデートの最中にアメリカに留学中の恋人がいることを告白する……。

「東京マリーゴールド」 の作品情報

製作年: 2001年
製作国: 日本

「東京マリーゴールド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

東京マリーゴールドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
97分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0717 2004年11月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

男と女で見方や評価が絶対に変化する作品。いいのか悪いのか・・。

投稿日:2004/12/01 レビュアー:RUSH

「ほんだし」発売30周年記念作品。「ほんだし」のCMから企画された作品。DVDには今まで公開されたCM全てが収録されている。本編を見るよりこっちを見た方が充実感を感じたのは私だけだろうか?(笑)。市川監督らしい綺麗な映像はうっとりする。特に薄暗い居酒屋やおでん屋など室内の映像や夕暮れの風景などはとても美しかったがそれだけだったような気がした。

1年という期間限定の恋の話の行く末は誰にでもわかるもの。しかも男には海外に留学中の彼女がいる設定とあっては結末が自ずとわかるはずである。期間限定の恋などケツの青いガキのすること。ただ、興味があったのは期日が迫ってくる時の主人公を演じる田中麗奈がどういう演技をして見る者を楽しませてくれるのかという一点だった。その点は予想通りというか期待通りの演技でさすがと思わせる。相方の田村を演じた小澤氏の演技も悪くはなかった。なのに何故作品全体を考えた時に満足感を得られなかったのかという疑問が残る。

私は見始めて数分で見るのをやめようとした。映像は綺麗でBGMもいい雰囲気だったがありきたりな展開を先読み出来るストーリーに閉口したのである。しかし、私は田中麗奈のファンなので彼女の演技だけを見るつもりで頑張って最後まで見た(^^ゞ。

この作品は見る人間が男か女かでずいぶんと変わってきそうな作品であると思う。男の私としては、1年という期間限定恋愛を女の方から持ちかけてきて期限間際になって「彼女と別れて私と付き合って」と強引に言い寄る主人公には正直むかついた。「期間限定を行ってきたのは女の方であるはずなのに自己中心的にもほどがある」そう感じたのである。でもそこが可愛いと思う事もあるのだが(笑)。これが女であれば「彼女がいるのに他の女とつきあうなんて男、例え期限付きでも許せない」そう感じるかもしれない。また、主人公の恋愛による成長を描きたかったのであれば、ラストのバスの中でのシーンは必要なかったのでないか?自分の出演したCMのビデオを見て表情が変わっていくと共に踏ん切りがつくというエンディングでよかったのではないかと思う。このシーンを女が見れば「あぁ〜スッキリした!」ということになるのだろう(笑)。男と女で見方や感じ方が割れる作品と感じたのはそういうことである。

個人的にはおもしろさを感じられなかった作品。とにかく暗い、寝ちゃうよ(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

映像としては良いのに・・・

投稿日:2009/05/08 レビュアー:こんちゃん

 最初にことわっておきますが、私は林真理子が嫌いです(笑)
 「半落ち」のレビューで、直木賞候補になった「半落ち」に対して難癖をつけた林真理子を非難する意見を書きましたけど、彼女の書くものに関しては「女性」「男性」と言う視点がゆがんでいると思うんですよね。
 悪い意味で「おんな」としての視点しか持てない人なんだと思うんですよ。
 同じようなスタンスで小池真理子がいますけど、彼女の場合「おんな」でありながら「女性」「男性」を俯瞰して見られる客観性があると思うのです。
 どっちも男が読むと腹が立つ小説が多いんですが(笑)

 なので、この作品もストーリーとしては陳腐と言うかお粗末です。
 そりゃあ、男って馬鹿ですよ。つまらないことを引きずって、割り切れずにいたりもするし、みっともない部分もたくさんあります。女のほうがスッパリ思い切れる点で優れているとは思いますけど、この原作は男をまったくわかろうとせずに、貶めて喜んでいるだけにしか思えんのです。
 せっかくCMの天才・市川準がソフィスティケイトで秀逸な映像を作り、若き田中麗奈が鬱屈した女性心理をうまく演じても、ストーリーそのものに厚みが無いので、鼻白んでしまうのです。
 そもそも初デートで、彼女自慢をするばかものはいませんって。手口だとするとやり方が稚拙です。
 私は、スナックやクラブで自分のかみさんを褒めます。
「馬鹿女房とか言うヤツがいるけど、自分の選んだ女をくさすなんて、自分がどんなに馬鹿なのかを宣伝しているようなもんだ」
と言いつつ、
「うちのかみさんは最高。俺にはもったいないくらいだ(いつ、捨てられるか不安だ・・笑)」
と言うもんで、お水のお姉ちゃんたちの間では好感度が高いのです。しかし、これはお姉ちゃんを口説くつもりもないからであって、なんとか口説き落としたいと思っていれば、その話題は避けますよ(いや、そんな経験は無いですけどね・・・汗)
 「おんな」から見た「理想的な馬鹿男」であって、リアリティがねえです。まあ、そんな人物を小沢征悦はがんばって演じてますけどね。
 これ、演出している市川準も演じている小沢征悦もつらかったと思います。

 ラストの余韻はなかなかいいなと思うんですが、基本的な展開もありきたりでしょ。「一年限定の恋人」って、そんな簡単に終われるわけも無いので、まあ予想通りの展開になるわけです。
 私も、昔ハチャメチャな生活をしていた頃(女房がいて、常に彼女もいましたね)に、
「俺は家庭をこわす気は無いけど、君の事は好きだからつきあおう」
と言ってつきあい始めたって、終わるときにはそれなりに情も移るので簡単ではなかったのです(修羅場ってのは、ほとんど無かったですけど)
「やっぱり、私は愛人には向いてない。奥さんと別れて」
なんて言われて、
「約束が違うだろう」
と思いつつ、そんな簡単に突き放せるわけも無いのです。この作品の場合は更に、
「一年間限定って、君から言い出したんだろ!」
と言うこともありますが・・・(笑)

 まあ、どっちにしろ彼女はダメ男と決別して、「子供の恋愛ごっこ」から卒業し、成長していくと言う話を、田中麗奈はうまく演じているのですが、そういうダメ男とのつきあいすら糧にしてしまうのが、賢い女のしたたかさなのです。

 かつて私と付き合った女性は、今ではみんな幸せになってます。
「だから、一時でも俺と付き合うと必ず幸せになれるんだよ」
と、ある女性に言ったら、
「それって・・・あなたと別れたから幸せになれたんじゃないの?」

 ぐぁぁぁぁ〜、俺は天下一のダメ男だったのか〜?


このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

淡々とした日常を自然な音楽と映像で魅せる

投稿日:2005/03/31 レビュアー:ディープインパクト

「大阪物語」では大阪を、今作では東京を、的確にわかりやすくそれでいて綺麗に映像化されている。
市川監督の世界を見せてもらった。
男とは長続きしないエリコ、期間限定だからこそ長続きしたし本気で男を好きにもなった、悪く言えば不倫をする愛人タイプなのだろう。

ラスト以降、エリコはどう行動するのか?

こういう映画は真面目に見ないと良さがわからないだろう。
起承転結、特に転や結を過剰に求める人には薦められません。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「ざわゎざわゎざわゎ〜」の口笛印象に残ります。ネタバレ

投稿日:2008/01/03 レビュアー:所ジョージの歌が好き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

合コンで付き合い始めると、ありがちな展開?
「恋愛は自由」当り前のその基本が、自分は受け入れられる人間なのか?そこは実際に恋愛をしてみないと分からないものです…。
身勝手に映る男と女の言動は、痛いほど心に染みて切ない気持に…。

字幕を付けて観ていたら、挿入歌の歌詞が出ていたのが新鮮でした!

遅く帰ってきた娘に、母親が「味噌汁が今日は美味く出来たんだ!良かったら温めて食べて」というセリフが好き、私もこういう言い方をしますから…。

不思議な雰囲気の作品です、嫌いじゃないけど、話がリアルなので、もう観たくないです。重かったのかな?これが送られて来て2週間は経ってるのにぃ〜。

女「私の中で貴方の事が大きな存在になってしまって、驚いてるの」
男「脅迫みたいだね、何か…」
そういうものなんだけどね、恋愛経験が少ないと、吹っ切れるまでが長いって事なんだな……。

ラスト良いですね!
バッカでぇ〜!って感じで!
ヒロインは新しい恋に出合う事でしょう!
めでたしめでたし!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私はすきだな。

投稿日:2005/10/20 レビュアー:こー

何年か前から気になっていたのでレンタルしてみた。
賛否両論の映画だけど
私は好きだな。
痛いほど一生懸命に
「期間限定・彼女アリ男」との恋愛に挑むエリコ
約束の期限一年が近づくにつれて
疲れはてて、つらそうになっていく姿に
妙に共感してしまった。


この映画に出てくる
優柔不断で自分勝手な男子って
現実にもいるよな。

でも、そんな男にエリコが惹かれるのもなんとなく解った。


ラストのどんでん返しでちょっと安心しつつ、
その後どうなったかを知りたくなった。
なんだか考える映画だったなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全26件

東京マリーゴールド

月額課金で借りる

都度課金で借りる