ジア 裸のスーパーモデル<完全ノーカット版>

ジア 裸のスーパーモデル<完全ノーカット版>の画像・ジャケット写真
ジア 裸のスーパーモデル<完全ノーカット版> / アンジェリーナ・ジョリー
全体の平均評価点:
(5点満点)

94

  • DVD
ジャンル:

「ジア 裸のスーパーモデル<完全ノーカット版>」 の解説・あらすじ・ストーリー

『トゥームレイダー』のアンジェリーナ・ジョリー主演で、実在のスーパーモデルの人生を描くエロティックドラマ。17歳でトップモデルとなって、26歳でこの世を去ったジアの愛、ドラッグ、セックスに溺れた陰のエピソードに迫った作品。

「ジア 裸のスーパーモデル<完全ノーカット版>」 の作品情報

製作年: 1998年
製作国: アメリカ
原題: GIA

「ジア 裸のスーパーモデル<完全ノーカット版>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ジア 裸のスーパーモデル <完全ノーカット版>の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR25034 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 2人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:94件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全94件

パスワードは“本能”?

投稿日:2008/01/29 レビュアー:モリカ

T A・ジョリーという女優を解読するには

 キーワードの一つに、間違いなく“本能”を挙げることができると思う。それは、本作の“ジア”はもちろん、「17才のカルテ」における“リサ”、ひいては「テイキング・ライブス」の“イリアナ”にも通底しているように見える。

 愛されたいと渇望しつつ、愛の拘束に対してでさえ虚勢を張る。その行動はだから概して衝動的で、自己防衛のための攻撃性や粗暴さに満ちている。また、ひとたび相手の自分に対する興味が本物と見るや、一転、慈愛や憐憫までをも含めたあらゆる形の“愛”を痛々しいまでに求めてしまう。

 そうした彼女たちは、二つの行動パターンを共有しているのが分かる。一つは、体内の動物的マグマに衝き動かされて噴出する奔放な振る舞い(または独自の価値観)であり、もう一つは貪(むさぼ)るセックスである。この両者の根はあるいは同じかも知れないのだが、いずれにせよ、命のベクトルが一方は身体の外へ向かい、他の一方は内へ向かいながら、共存し、せめぎ合っている、この生命的本能が、A・ジョリーという女優のベースに潜んで彼女を鳴動させているように思われてならない。

U A・ジョリーの性的吸引力について

 これは女性には理解しがたいかも知れない。「孤独や寂寞(せきばく)を男のペニスで埋めようと試みるかのようだ」と言おうか、「愛でなくペニスそのものを求めるかのようだ」と言おうか、もろに男性器の触覚に訴えてくる感じで、あの強引なまでの性への誘(いざな)いは、男をそそらせずにはおかないだろう。青少年(特に男の子)に有害と思う人がいるのも全くうなずける。(告白。私、男も終りかけた52才ですが、彼女のセックスシーンは、何度見ても下半身に来ます)

V 終わりにもう一つ、演技力について

 あんなにボロボロになれる女優も珍しい。ヤンキーな町娘→スーパーモデル→ヤク中→AIDS患者なんて、ストーリー的には普通にあり得るが、同一作品内で「並→美→醜・病」を全部リアルに演ずるところは並ではない。かつて私は「チェ・ジウ」を、最も“泣き顔が美しい女優”と評したことがあったが、A・ジョリーの場合、最も“ボロボロがキュートな女優”とでも言おうか。あの「美⇔醜」の落差は凄い。おそらくこの映画は、A・ジョリーでなければ“作品”にならなかったのではないか。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アンジェリーナを堪能

投稿日:2004/12/09 レビュアー:SwimMan

やはり、アンジェリーナは、存在感のある女優だ。ジアを演じているというよりも、それがアンジェリーナ自身のように見えてしまう。「トゥームレイダー」では、シャツの下に隠れて、見ることのできない、豊満なバストを、惜しげもなく見せてくれる。

本物のジアを堪能したい方は、下記のURLへ。雑誌の表紙を飾るジアが、すべて収録されている。
http://giamariecarangi.com/

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

隠れた名作

投稿日:2008/03/14 レビュアー:tyler

ワイルドで自由奔放なジア。持ち前の魅力で一気にスターモデルに。その生活の中でリンダと出会い充実した生活をおくるも、一方でドラッグに溺れていった。晩年はその副産物であるエイズとの闘病生活。そんな一人のスーパーモデルの波乱万丈人生録。

描き方も丁寧だし、時折ドキュメンタリーっぽく色々な人のジアの印象を語るシーンを入れていたのもよかった。周りの人々がどういう風に彼女を思っていたかわかるし、実際のジアとの違いをわかりやすくする。おかげで日記に書かれているようなジアをリンダ以外誰も理解していないことが浮き彫りになり、彼女の苦悩がよりはっきり表現されている。

アンジェリーナ・ジョリーは最近はハリウッドの大作、主にアクション系に多く出演しているがこういうドラマタイプの作品に出演すべきだと思う。「17歳のカルテ」などでもいい演技をしていたように、そういう作品に出ているときのほうが印象的だ。アクションもやれるのはいいけどお世辞にもトゥームレイダーシリーズは良作とはいえないしね。これからはドラマ系、アート系での活躍を期待する。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

底なしの孤独ネタバレ

投稿日:2008/10/13 レビュアー:ゆみゆみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実在の人物ジアが、いかにスーパーモデルとして世界を魅了しトップに上り詰め、
そして全てを失い堕ちていったのかを描いた作品。

金髪のモデルが主流だった時代に、黒髪の彼女は最初こそ認めてもらえなかったけれど、
ひとたびその魅力を見出されたことで、瞬く間にトップに駆け上がるわけです。
肉感的で妖艶で危うい雰囲気のあるジアは、一際異彩を放ってたんでしょうねぇ。
野生的で、攻撃的で、ただ美しいだけのモデルぢゃないってのは、どこか惹かれる気がします。
ジアを演じたアンジェリーナ・ジョリーが鬼気迫るというか迫真の演技で、
当時のジアもそうだったのでしょうし、アンジー自身の魅力も異彩を放っていてハマリ役ですね。

愛する女性に依存し、母親に依存し、それでも寂しさを埋められない彼女は、
現実逃避のためにドラッグに溺れていく。
華やかに世界にいても、彼女は誰よりも悲惨な生活をしていたのかもしれません。
ドラックに手を出して身を滅ぼしていったのは自業自得だし、彼女が弱かったのかもしれないけど・・・
でも、ファッション界に貪りつくされ、使い捨てにされたって感じで可哀想でした。

最後はエイズを患い、26歳の若さでこの世を去るという現実。
彼女の底なしの孤独感がずしりと残りました。
やっぱり、幼少期の心の傷が原因だったのかぁ・・・
愛情に飢えて育ってきたジアの26年の短い人生を見てください。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実は教育映画だったのではネタバレ

投稿日:2008/08/28 レビュアー:totoro

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 アンジャリーナのファンでもあり、彼女の完成されたプロポーションが見たくて借りました。

あのアンバランスな顔の作りが時には絶世の美女に、ある時はブスに見える。でも、あの大きくて綺麗な眼がアンバランスな顔を一つにまとめ、彼女の美しさを物語っていると思う。

 最初はエロ・ビデオだ、「エロエロ大魔王」様が好きそうな映画だと思いつつ見ていました。惜しげもなくヌードになる彼女に「ピュー」と口笛を吹きながら「綺麗」と呟く。(決して私はあっち系ではありません。)

 話が進むにつれ、壮絶な内容になり最後の方では自分の生き方を後悔して同じ過ちを犯さないように後代の人に記録として残したという触りでは、やはりこれは教訓的な教育映画だと確信。

 18歳以下でも観ることができるように編集して、是非18歳以下の子供達にも観て欲しい作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全94件

ジア 裸のスーパーモデル<完全ノーカット版>

月額課金で借りる

都度課金で借りる