フリークスも人間も

フリークスも人間もの画像・ジャケット写真

フリークスも人間も / セルゲイ・マコヴェツキー

全体の平均評価点:(5点満点)

9

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「フリークスも人間も」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

20世紀初頭のロシアを舞台に2つのブルジョア家庭が密かな欲望のために崩壊していくさまを、セピア色の映像で耽美で頽廃的なムードの中に描いた作品。20世紀初頭のサンクトペテルブルク。ヨハンはあらわになった女性のお尻を鞭打つエロティックな写真を専門に撮っていた。謎めいた魅力をもつヨハンは、やがて鉄道技師のラドロフと医師スターソフの平和な2つの家庭に接近し始める。そして、ラドロフの愛娘リーザに対し倒錯した愛情を抱くのだった……。

「フリークスも人間も」 の作品情報

作品情報

製作年: 1998年
製作国: ロシア
原題: OF FREAKS AND MEN/ПРО УРОЛОВ И ЛЮДЕЙ

「フリークスも人間も」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

あの頃エッフェル塔の下で

72M

12人の怒れる男

やさしい嘘

ユーザーレビュー:9件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全9件

お勧めしない作品

投稿日:2007/08/27 レビュアー:ひきむすび

一人の男の倒錯したフェティシズムこそが全てのはじまり。
男ヨハンが興味を示すのは 
剥き出しの尻に鞭を当てられ 羞恥に歪んだ表情。
それを顔色ひとつ変えることなく写真におさめていく。
乳房が映り込むことはない。

物語は このフランという男が移民局を経て
サンクトペテルブルクにやって来たところから始まる。
医師スターソフはシャム双生児の赤子を養子に迎え
鉄道技師ラドロフと妻は 娘リーザの写真をとってもらっている。

十年あまりの時を経て めぐり会い堕ちていく
フランと二組の夫婦の物語。
ひとり一人が不幸な縁で繋がりあい
逃れることのない罠。


作品中でひときわ嫌な空気を撒き散らす ヴィクトルが双子に向かって言う
「フリークス!」
奇形の方(失礼を承知で言います。ごめんなさい)を指す言葉ではあるのですが
一方で 「〜マニア」というような意味合いの言葉のようです。
この タイトルが指しているのは むしろ 屈折した愛に身を任せるもの。
自分を守ることのみに 一心なもの。アルコール浸りになって我が身を忘れてしまうもの
この世にある全て 恐らく純粋なもの、良心さえも金に置きかえるもの。
そんな人たちを指している言葉なのでしょう。皮肉を込めたタイトルなのでしょう。

後ろ暗い耽美。美意識さえも消し飛ぶような 悪趣味(双子の裸身、子供の前で
母親の下半身をさらす、児童ポルノを連想させる内容)で
誰にもお勧めしたくありません。
普通のエロを求める方にも お勧めする箇所は全くありません。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

背徳モノ・・・

投稿日:2006/03/20 レビュアー:チェブラーシカ

イントロダクションを読まずに観たら??になってしまうかも・・・ちょっと始めは意味が分からん感じですが、観終わってからもう一度始めの部分を観ることをお勧めします。
台詞も少なく解説的な部分もないので、なんで?ということが多々ありましたが、この映画においてそんなこと考えるのはきっと野暮なんだろうな。

なんだか物悲しい&暗い画像だけど決して暗い気分で終わるわけではないのは、リーザに未来が感じられるからでしょうか。

エロティックに分類されていますが、あえて「背徳モノ」と分類したいです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

何と言ったらいいのか・・・

投稿日:2003/11/18 レビュアー:macnn

まるで無声映画のような・・・ほとんど音楽と仕草のみで途中にカメラのフラッシュのように突然真っ白く画面が切り替わり説明文が少し画面に現れてある男の人生が淡々と流れていきます。
出だしのスパンキング(SMのお尻たたき)の写真のタイトルからすると
もう少しエロティックな映画かな?と思ったんですが、
物の見事に外れです。
最後は主人公の男は川の氷河の氷の上に乗り私達の前から遠ざかっていきますが、そこにレコードの絵が出てきてエンドです。
うーん、ロシア映画って難解なものが多いですね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ドキュメンタリー?

投稿日:2003/09/11 レビュアー:レビュアー名未設定

ロシアの小説にせよ、映画にせよ、「テーマは何なの?」問い掛けたくなるものが多い気がする。本作もそんな映画のひとつ。
主人公はたぶんヨハンなんだけど、それよりも、美声のシャム双生児コーリャとトーリャが良かった。題名の「フリークス」って、あんまり言い言葉じゃないけど、彼らのことでしょう?(ヴィクトールがそう呼んでいる場面がある)題名からして、主役なんだと思うのです。(私にしてみれば、ヨハンの方がフリークですが)
設定上、双子はモンゴルから養子に迎えられているので、どうみてもアジア系の顔立ちはそのせいです。最後の方で「Толя,втрой!(トーリャ、起きて)」って泣きながら言っているコーリャの声が耳に残ってる。
正直、人に勧めるのは難しい映画だけれど、セピアの画面はとても美しいです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

セピア色が新鮮だが・・・

投稿日:2006/05/30 レビュアー:ジョナサン

タイトルからして難しい、freaksってすぐ判る人多くないと思うね。シャム双生児みたいな子役(東洋系もロシアっぽいが)はCGなのか本物なのか考えながら見ていた。エロチックのジャンルにしているが、退廃的な感じこそするがエロ系とはいえないね。
見終わってウオッカでも飲まないとすっきりしなかった。重い!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全9件

フリークスも人間も

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:9件

お勧めしない作品

投稿日

2007/08/27

レビュアー

ひきむすび

一人の男の倒錯したフェティシズムこそが全てのはじまり。
男ヨハンが興味を示すのは 
剥き出しの尻に鞭を当てられ 羞恥に歪んだ表情。
それを顔色ひとつ変えることなく写真におさめていく。
乳房が映り込むことはない。

物語は このフランという男が移民局を経て
サンクトペテルブルクにやって来たところから始まる。
医師スターソフはシャム双生児の赤子を養子に迎え
鉄道技師ラドロフと妻は 娘リーザの写真をとってもらっている。

十年あまりの時を経て めぐり会い堕ちていく
フランと二組の夫婦の物語。
ひとり一人が不幸な縁で繋がりあい
逃れることのない罠。


作品中でひときわ嫌な空気を撒き散らす ヴィクトルが双子に向かって言う
「フリークス!」
奇形の方(失礼を承知で言います。ごめんなさい)を指す言葉ではあるのですが
一方で 「〜マニア」というような意味合いの言葉のようです。
この タイトルが指しているのは むしろ 屈折した愛に身を任せるもの。
自分を守ることのみに 一心なもの。アルコール浸りになって我が身を忘れてしまうもの
この世にある全て 恐らく純粋なもの、良心さえも金に置きかえるもの。
そんな人たちを指している言葉なのでしょう。皮肉を込めたタイトルなのでしょう。

後ろ暗い耽美。美意識さえも消し飛ぶような 悪趣味(双子の裸身、子供の前で
母親の下半身をさらす、児童ポルノを連想させる内容)で
誰にもお勧めしたくありません。
普通のエロを求める方にも お勧めする箇所は全くありません。

背徳モノ・・・

投稿日

2006/03/20

レビュアー

チェブラーシカ

イントロダクションを読まずに観たら??になってしまうかも・・・ちょっと始めは意味が分からん感じですが、観終わってからもう一度始めの部分を観ることをお勧めします。
台詞も少なく解説的な部分もないので、なんで?ということが多々ありましたが、この映画においてそんなこと考えるのはきっと野暮なんだろうな。

なんだか物悲しい&暗い画像だけど決して暗い気分で終わるわけではないのは、リーザに未来が感じられるからでしょうか。

エロティックに分類されていますが、あえて「背徳モノ」と分類したいです。

何と言ったらいいのか・・・

投稿日

2003/11/18

レビュアー

macnn

まるで無声映画のような・・・ほとんど音楽と仕草のみで途中にカメラのフラッシュのように突然真っ白く画面が切り替わり説明文が少し画面に現れてある男の人生が淡々と流れていきます。
出だしのスパンキング(SMのお尻たたき)の写真のタイトルからすると
もう少しエロティックな映画かな?と思ったんですが、
物の見事に外れです。
最後は主人公の男は川の氷河の氷の上に乗り私達の前から遠ざかっていきますが、そこにレコードの絵が出てきてエンドです。
うーん、ロシア映画って難解なものが多いですね。

ドキュメンタリー?

投稿日

2003/09/11

レビュアー

レビュアー名未設定

ロシアの小説にせよ、映画にせよ、「テーマは何なの?」問い掛けたくなるものが多い気がする。本作もそんな映画のひとつ。
主人公はたぶんヨハンなんだけど、それよりも、美声のシャム双生児コーリャとトーリャが良かった。題名の「フリークス」って、あんまり言い言葉じゃないけど、彼らのことでしょう?(ヴィクトールがそう呼んでいる場面がある)題名からして、主役なんだと思うのです。(私にしてみれば、ヨハンの方がフリークですが)
設定上、双子はモンゴルから養子に迎えられているので、どうみてもアジア系の顔立ちはそのせいです。最後の方で「Толя,втрой!(トーリャ、起きて)」って泣きながら言っているコーリャの声が耳に残ってる。
正直、人に勧めるのは難しい映画だけれど、セピアの画面はとても美しいです。

セピア色が新鮮だが・・・

投稿日

2006/05/30

レビュアー

ジョナサン

タイトルからして難しい、freaksってすぐ判る人多くないと思うね。シャム双生児みたいな子役(東洋系もロシアっぽいが)はCGなのか本物なのか考えながら見ていた。エロチックのジャンルにしているが、退廃的な感じこそするがエロ系とはいえないね。
見終わってウオッカでも飲まないとすっきりしなかった。重い!

1〜 5件 / 全9件