X−MEN

X−MENの画像・ジャケット写真
X−MEN / ヒュー・ジャックマン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

129

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「X−MEN」 の解説・あらすじ・ストーリー

200X年。人類は新たな「差別法案」の立法化を目指していた。それはDNAの突然変異により超人的なパワーを持つ“進化した人類=ミュータント”を社会から合法的に迫害するものだった。人類との共存を目指すプロフェッサーX率いるミュータント集団X-MENは、人類の滅亡をもくろみテロ活動を企てるマグニートーたちと全面対決に突入していく!<BR>

「X−MEN」 の作品情報

製作年: 2000年
原題: X−MEN

「X−MEN」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

X-MENの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語・英語・日本語吹替え用 :ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR19942 2002年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
109枚 8人 4人

【Blu-ray】X-MEN(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR19942*B 2009年12月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
30枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:129件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全129件

まあ悪くはないんだけど

投稿日:2004/02/17 レビュアー:裸足のラヴァース

ねえ もう一歩がこの人も踏み出せないんだねえ
悪の水戸黄門ユウジョアル〜なんとかもちょっと気取りがめだってまぬけな設定があるし
Xmenはこのサイボーグ達の出自にかなしいものがあるのか
それを表すために やたらに拘束されていたり 空中で停止したりといった運動感を欠く展開をブライアンは選択している
演出がもたついてるのではないのね それがうまく映画的に機能してないのが最大の問題ね ダークなバット・マンはこういった選択の成功例だ もう少し勉強してねブライアン

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメコミ映画化では一番!!

投稿日:2006/09/19 レビュアー:MonPetit

アメコミの映画化は多数ありますがX−MENが一番。
FINALも見ましたが、思わず1から観直しました。

大枠で言っちゃうとミュータントと人間の争いなんですけど
そんな単純なものでもないし、ストーリー的にも深いものが
感じられます。人間とX−MEN、人間とブラザーフット、
X−MENとブラザーフット、どの関係も微妙です。
本質的には同じだと思うんだけど、おかれている立場や
思想で複雑に絡み合うところが絶妙です。

ヒュージャックマンが一応、主役(!?)なのでしょうか。
ソードフィッシュの彼とはかなり違った雰囲気でいわゆる
ハマリ役ですね。ハルベリーも他の出演者もハマリまくってます。

3作一気に観ると最高に面白いでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりハル・ベリーはキャットウーマンよりストームの方がいい

投稿日:2005/05/07 レビュアー:RUSH


この作品を初めて見た時、僕はストーム役をハル・ベリーが演じているとは気がつかなかった、というかハル・ベリーという女優さん自体知らなかったのです(^^ゞ。でも彼女のこの美しさは僕に強烈な印象を残し、ストーリーのおもしろさと相まって満足感が得られた一本となっています。正直、ハル・ベリーはキャットウーマンよりストームの方がはまり役だと思います。僕はアメコミにはそれほど興味がありませんがX−MENがミュータントの活躍を描いた漫画である事ぐらい走っていました。キャラクターもある程度知っていました。その原作のイメージそのまま活かされている感じがしたのです。特にウルヴァリン、ストーム、サイクロプス、ミスティーク、特殊メイクもVFXもいい感じで仕上がっていました。キャラクターの中ではやはり、ウルヴァリン、ストーム、ミスティークが最高でしたね。ウルヴァリンは野性的で格好いいし、ストームは綺麗だし、ミスティークは不気味だけどとてもセクシーと個性が際だっているからです。この作品の良さはCG処理などのVFXの出来映えと実写のバランスがとれていて違和感が少ない事とストーリーのおもしろさ、つまり脚本の出来映えの良さだと思います。

この作品には続編「X−MEN2」がありますが、エンディングを見るとこの作品の製作段階で続編の計画があったのではないかと思わせます。作品的には登場人物紹介的なオープニングで始まり、今作品の重要人物となるローグを守るX−MEN達を描きます。ただ、ウルヴァリンは自分の過去を探し求めているのでX−MENの仲間には一時的に加わっているという形をとっています。これは続編を見る上で押さえておきたいポイントの一つです。彼には色々な謎があります。彼の体に移植されているアダマンチウムという破壊不能金属の骨格は誰に施されたのか?また何の目的でそうされたのかという謎が残りますがこの辺は続編で謎が解けるようになっています。このウルヴァリンの謎を残しつつも同じミュータントであり、プロフェッサーXの友人でもあったマグニートーとの戦いを描いていきます。人間の消滅。排除を目指すマグニートーと人間とミュータントの共存を願うプロフェッサーXとの戦いをローグの能力をキーアイテムにスリリングに描いています。

まず続編を見たいならこの作品を必ず見ておくべきです。より続編を楽しめる事請け合いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なにかと謎は残るものの面白いネタバレ

投稿日:2005/01/15 レビュアー:iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

実際にミュータントが誕生したら、やはりケリー議員のような強行排除派が現れるのだろうか。
ミュータントがいなくても民族主義、民族浄化という思想があるくらいだから、おそらく現れるのだろう。
そんな胸糞悪いケリー議員にとって、死ぬよりつらいのは自身ミュータントになることで、あまりいい趣味とはいえないが溜飲を下げつつ一連のシーンを見守った。
冒頭のポーランドの強制収容所で超能力を発揮した少年はだれなのかと思えばマグニートーなのね。エンディングクレジット見るまでわからなかった。
そして、だれとも関わり合いにならないように各地を放浪するローグ。ろくに物も食べられない日々を送っている。まともそうな親がいたのに、どうなったのだろうか。

以前、なにを思ったのかいきなりX-MEN2を見て、わかったようなわからなかったような結果になったので、今回はきちんと1を見てみた。ちょっとわからないところは残るものの面白かった。
TVでやっていたアニメを一回だけ見たことがあって、そのときはサイクロップスがやたらとかっこよかったのだが、映画ではなんかすかしたにーちゃんになっていてがっかりした。と思ったら、だれかと思えばジェームズ・マーズデン君ではないか。3日前別な映画で見たばかりだ。
ヒュー・ジャックマンはむちゃくちゃかっこいい。あの胸毛、何%が本物かしら。プロフェッサーの白い胸毛もなかなかよ〜。って胸毛マニアか私は。みんながかっこいいという俳優をかっこいいと思えるということは、まだまだ大丈夫と思ったりして。
ファムケ・ヤンセン。「アイ・スパイ」よりかなり美人に見える。スコットより年上って・・・ちょっとやそっとの年上じゃないぞ。うらやましい。
ハル・ベリー。相変わらずナイスバディーで。廊下を小走りに去っていく後姿のロングショット、みたいなさりげないシーンでもそのバディーは輝いている。ストームだけにヅラが風で取れないか心配したが無事だった。
さあこれで遠慮なく2を再見できる。
特典はとくになし。これはちょっと監督の解説欲しかったな。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

レオポルド様よりaiai様

投稿日:2006/09/04 レビュアー:パープルローズ

ヒュー・ジャックマンは「ニューヨークの恋人」のレオポルド様役でものすごくはまりまして、当時私の回り(といっても2,3人)ではちょっとしたレオポルド様ブームでした。
そのあとでこの映画をみたので、狼男&はさみ男みたいなジャックマンは、あまりにもショックで、ストーリーなんかほとんど頭にはいらず。

今回地上波でみて、ストーリーはだいぶわかったのですが、地上波はダメですね。カットは多い、CMで中断されるで、なんかあまり楽しめなかった。皆さん、地上波の映画はやめましょう。

aiaiさん、このレビューのタイトルはどうでしょうか?「スーパーマンリターンズ」はまだみてません。B・シンガー監督、X-manファイナルを断って、スーパーマンの方にいっちゃったんですよね。ケビン・スペイシーの悪役も、まるでDr.Evilみたいでおもしろそう。楽しみにしてますよ!

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全129件

X−MEN