1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ホラーのDVDレンタル
  5. TATARI タタリ

TATARI タタリ

TATARI タタリの画像・ジャケット写真

TATARI タタリ / ジェフリー・ラッシュ

全体の平均評価点:(5点満点)

39

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「TATARI タタリ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

1958年のホラー「地獄へつゞく部屋」のリメイク。忌まわしい過去を持つ元精神病院を舞台に、そこで一夜を過ごす事になった男女の恐怖を描く。斬新なVFX映像や効果音、そして凝った美術セットで迫力の恐怖描写を演出。ジェフリー・ラッシュ主演。ロバート・ゼメキス&ジョエル・シルバーが設立したホラー映画専門製作会社、ダークキャッスル第1回作品。“無事一晩過ごせたら1億円”のキャッチフレーズで招待された男女数人。だがそこは、かつて人体実験が行われていた精神病院だった……。

「TATARI タタリ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

原題:

HOUSE ON HAUNTED HILL

「TATARI タタリ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

フェリスはある朝突然に

エリザベス:ゴールデン・エイジ

ディラン・ドッグ デッド・オブ・ナイト

クリープショー Season2

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全39件

ウィリアム・キャッスルはすげえ面白い

投稿日:2004/02/05 レビュアー:裸足のラヴァース

なのにこれはだめ ゼメキスさんよ ダーク・キャッスルなんて
マニア泣かせの会社作っちゃって あたしゃ泣いたね
けどこれじゃ^な 部分的にいい場面あるんだけど それ第二班が撮ってたりして かなりトホホ
ゼメキスよあんた ホワット・ライズ・ビニ って傑作を作ったんだから まずアンタがとって頂戴よ この会社の作品として
それにしても そろそろキャッスルの回顧上映あっていいんじゃねえの

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

50点(凡作) ネタバレ

投稿日:2013/01/28 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

な〜んとなくコメディ風味?

色んな仕掛けでオフザケをしてくれそう。
そんな期待を持たすオープニングはオモロい。

でもその後はこれと言った仕掛けも恐怖も無かった・・
何か起こりそうで何も起こらず魅せないパターン。
エンドクレジット直後に夫婦の正体が明かされるが、だから何?

リメイク大失敗。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

某ゲームの映像と似てる!?

投稿日:2003/10/14 レビュアー:しゃれこうべ

薄気味悪い、人体実験を行っていたかつての精神病院の映像は、
人気ゲームソフト『かまいたちの夜2』の映像とよく似てるなぁと思って観てました。
きっとゲームの方は、多少なりともこの映画の映像の影響を受けているのではないかな…と。

ストーリーとしては、もうひとひねりあってもいいんじゃないか…と思ったりもしたんです。
が、最後まで飽きることなく観ることはできました。
観ていると、ちょっと伊丹十三監督の『スウィート・ホーム』を思い出したりもしましたが。

あと、映画の本編以外にもこのDVDには色々な舞台裏の話や未公開映像なども収録されていて、これも結構面白かった。
監督の話や、オリジナル版の話など、たいへん興味深かったです。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

壮大な夫婦喧嘩の果てに見たものは、祟りだったのか。。。

投稿日:2013/11/09 レビュアー:伝衛門

意外にも犬神憑きの手法だけは真面目にやってのけた『犬神の悪霊(たたり)』を直前に鑑賞したのが災いしてか、”たたり”具合が物足りない。(・・。)ゞ

まぁ、間違いなく”TATARI”なんですけどね。。。

ホラー映画は好きだけど、実際にスリルを味わうのは苦手。
ジェットコースターに乗ると歯を食いしばってひたすら耐える系の私には、冒頭のアトラクションのシーンが一番の山場。(・・。)ゞ

それ以降は、フツ〜の悪霊系作品といったレベルで、トロマ作品の『トロメオ&ジュリエット』を彷彿させるセリフが少しツボな程度。

アリ・ラーター、ファムケ・ヤンセンといった美形女優を配したキャスティングだけは良いですね。
ファムケ・ヤンセンがヒロインを務めた『ザ・グリード』もDISCASさん、取り扱ってくれたらいいなぁ〜(*^.^*)

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

質の悪い贋作しか作れない監督は排斥すべきだ! ネタバレ

投稿日:2006/03/06 レビュアー:みなさん(退会)

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウィリアム・マローン監督と知って嫌な予感はしていたが、当たってしまいました。(笑)

だいたいこの監督は、ニセモノの作品ばかり撮っている。二十数年前、『エイリアン』やクローネンバーグを模した作品を恥ずかし気もなく発表した男だ。幼稚で厚顔無恥と言っていい。(『リング』の亜流も作ってたな)

本作もまた、意味のない、脈絡のない虚仮威しのオブジェを配し、幽霊屋敷=廃病院の雰囲気を台無しにしている。地下に続く階段にある不気味な馬や胎児(?)のオブジェは何の意味がある? こういう幼稚なセット作りは、監督の精神年齢の低さを現していて、不愉快極まりない。

J.シルバーとR.ゼメキスの製作だから予算だって結構ついたろうし、この程度の使い方しか出来ない監督なんか二度と起用すべきではない。J.ラッシュとファムケ・ヤンセンの出演料に大金を払っていたとしても十分な予算だったはずだ。実際、この後の『13ゴースト』の監督にはスティーブ・ベックを起用していることからも、この作品への評価が低いことが分かる。

邦題が同じ『たたり('63)』という映画があるが、こちらは名匠ロバート・ワイズ監督の名作。ヤン・デ・ポン監督『ホーンティング』のオリジナルだ。
邦題は監督の責任ではないが、この紛らわしさがW.マローンの宿命なのだろう。あくまでも質の悪い贋作した作れない監督ってことだな。だから、観るのなら『たたり』の方をどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全39件

TATARI タタリ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:39件

ウィリアム・キャッスルはすげえ面白い

投稿日

2004/02/05

レビュアー

裸足のラヴァース

なのにこれはだめ ゼメキスさんよ ダーク・キャッスルなんて
マニア泣かせの会社作っちゃって あたしゃ泣いたね
けどこれじゃ^な 部分的にいい場面あるんだけど それ第二班が撮ってたりして かなりトホホ
ゼメキスよあんた ホワット・ライズ・ビニ って傑作を作ったんだから まずアンタがとって頂戴よ この会社の作品として
それにしても そろそろキャッスルの回顧上映あっていいんじゃねえの

50点(凡作)

投稿日

2013/01/28

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

な〜んとなくコメディ風味?

色んな仕掛けでオフザケをしてくれそう。
そんな期待を持たすオープニングはオモロい。

でもその後はこれと言った仕掛けも恐怖も無かった・・
何か起こりそうで何も起こらず魅せないパターン。
エンドクレジット直後に夫婦の正体が明かされるが、だから何?

リメイク大失敗。

某ゲームの映像と似てる!?

投稿日

2003/10/14

レビュアー

しゃれこうべ

薄気味悪い、人体実験を行っていたかつての精神病院の映像は、
人気ゲームソフト『かまいたちの夜2』の映像とよく似てるなぁと思って観てました。
きっとゲームの方は、多少なりともこの映画の映像の影響を受けているのではないかな…と。

ストーリーとしては、もうひとひねりあってもいいんじゃないか…と思ったりもしたんです。
が、最後まで飽きることなく観ることはできました。
観ていると、ちょっと伊丹十三監督の『スウィート・ホーム』を思い出したりもしましたが。

あと、映画の本編以外にもこのDVDには色々な舞台裏の話や未公開映像なども収録されていて、これも結構面白かった。
監督の話や、オリジナル版の話など、たいへん興味深かったです。

壮大な夫婦喧嘩の果てに見たものは、祟りだったのか。。。

投稿日

2013/11/09

レビュアー

伝衛門

意外にも犬神憑きの手法だけは真面目にやってのけた『犬神の悪霊(たたり)』を直前に鑑賞したのが災いしてか、”たたり”具合が物足りない。(・・。)ゞ

まぁ、間違いなく”TATARI”なんですけどね。。。

ホラー映画は好きだけど、実際にスリルを味わうのは苦手。
ジェットコースターに乗ると歯を食いしばってひたすら耐える系の私には、冒頭のアトラクションのシーンが一番の山場。(・・。)ゞ

それ以降は、フツ〜の悪霊系作品といったレベルで、トロマ作品の『トロメオ&ジュリエット』を彷彿させるセリフが少しツボな程度。

アリ・ラーター、ファムケ・ヤンセンといった美形女優を配したキャスティングだけは良いですね。
ファムケ・ヤンセンがヒロインを務めた『ザ・グリード』もDISCASさん、取り扱ってくれたらいいなぁ〜(*^.^*)

質の悪い贋作しか作れない監督は排斥すべきだ!

投稿日

2006/03/06

レビュアー

みなさん(退会)

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウィリアム・マローン監督と知って嫌な予感はしていたが、当たってしまいました。(笑)

だいたいこの監督は、ニセモノの作品ばかり撮っている。二十数年前、『エイリアン』やクローネンバーグを模した作品を恥ずかし気もなく発表した男だ。幼稚で厚顔無恥と言っていい。(『リング』の亜流も作ってたな)

本作もまた、意味のない、脈絡のない虚仮威しのオブジェを配し、幽霊屋敷=廃病院の雰囲気を台無しにしている。地下に続く階段にある不気味な馬や胎児(?)のオブジェは何の意味がある? こういう幼稚なセット作りは、監督の精神年齢の低さを現していて、不愉快極まりない。

J.シルバーとR.ゼメキスの製作だから予算だって結構ついたろうし、この程度の使い方しか出来ない監督なんか二度と起用すべきではない。J.ラッシュとファムケ・ヤンセンの出演料に大金を払っていたとしても十分な予算だったはずだ。実際、この後の『13ゴースト』の監督にはスティーブ・ベックを起用していることからも、この作品への評価が低いことが分かる。

邦題が同じ『たたり('63)』という映画があるが、こちらは名匠ロバート・ワイズ監督の名作。ヤン・デ・ポン監督『ホーンティング』のオリジナルだ。
邦題は監督の責任ではないが、この紛らわしさがW.マローンの宿命なのだろう。あくまでも質の悪い贋作した作れない監督ってことだな。だから、観るのなら『たたり』の方をどうぞ。

1〜 5件 / 全39件