第一の嘘

第一の嘘の画像・ジャケット写真

第一の嘘 / ウィリアム・ハート

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「第一の嘘」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『市民ケーン』のオーソン・ウェルズの原案を元に、『メイヤー・オブ・サンセット・ストリップ』のジョージ・ヒッケンルーパーが監督・脚本を務めたサスペンスドラマ。女性記者に付きまとわれたことをきっかけに、ペラリンは自分の過去を知ることに…。

「第一の嘘」 の作品情報

作品情報

製作年:

1999年

製作国:

アメリカ

原題:

THE BIG BRASS RING

「第一の嘘」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

バンテージ・ポイント

ロビイストの陰謀

運命の銃爪(ひきがね)

ラブストーリーズ コナーの涙

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

結局、なんだったんだろう。 ネタバレ

投稿日:2008/12/22 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大統領を狙える政治家がその足がかりに州知事に立候補するのだがスキャン
ダルの噂が浮上するというサスペンスもの。。。。だと思うのだが、本作はストー
リーの展開が非常に幼稚である。脚本として芯が通ってないせいか、新たな登
場人物がまるで問題を発生させている。問題があってそれに新たな登場人物が
からんでくるわけではない。つまり意図的すぎるのだ。しかも誰もが中途半端で
信念をもっていない。ベクトルの違う信念がぶつかりあってるわけではないのが
最大の敗因。ウィリアム・ハートは意外と熱演しているのだが、この脚本と演出
では浮いてしまうのがオチ。

消化不良どころか消化の息までも達していない作品だった、駄作。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

盛り上がりません

投稿日:2008/08/11 レビュアー:ダムダム

なんかイマイチでした。
州知事選挙の有力候補者の周りに野心家の女性記者やら縁遠くなった養父やら出てきてスキャンダルを匂わせたり、奥さんとギクシャクしたり対立候補とやりあったり、色々なことが起こりそうで結局何も起きない不思議な展開。それでいて何かが解決したかのようなラスト。唖然とします。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ウィリアムハート。いい!

投稿日:2007/10/25 レビュアー:ネコスケス

日本の政治や実業の世界では、とかく清濁併せのむ度量が理想の低さを容認と同義になってはいないか?
人情を解することが悪を容認することのように思われてはいないか?
清廉高潔であることは愚直と同義と思われてはいないか?

この映画のウィリアム演じるところの議員は人間味、人情味にあふれながら、剛腕にして高潔な理想によって政治を行っている。そこに感動できる映画である。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

第一の嘘?

投稿日:2005/07/16 レビュアー:はなはな

タイトルの意味がわかんな〜い。

この手の政治家の映画はもひとつですな。なんかリアルじゃない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

第一の嘘

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

結局、なんだったんだろう。

投稿日

2008/12/22

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大統領を狙える政治家がその足がかりに州知事に立候補するのだがスキャン
ダルの噂が浮上するというサスペンスもの。。。。だと思うのだが、本作はストー
リーの展開が非常に幼稚である。脚本として芯が通ってないせいか、新たな登
場人物がまるで問題を発生させている。問題があってそれに新たな登場人物が
からんでくるわけではない。つまり意図的すぎるのだ。しかも誰もが中途半端で
信念をもっていない。ベクトルの違う信念がぶつかりあってるわけではないのが
最大の敗因。ウィリアム・ハートは意外と熱演しているのだが、この脚本と演出
では浮いてしまうのがオチ。

消化不良どころか消化の息までも達していない作品だった、駄作。

盛り上がりません

投稿日

2008/08/11

レビュアー

ダムダム

なんかイマイチでした。
州知事選挙の有力候補者の周りに野心家の女性記者やら縁遠くなった養父やら出てきてスキャンダルを匂わせたり、奥さんとギクシャクしたり対立候補とやりあったり、色々なことが起こりそうで結局何も起きない不思議な展開。それでいて何かが解決したかのようなラスト。唖然とします。

ウィリアムハート。いい!

投稿日

2007/10/25

レビュアー

ネコスケス

日本の政治や実業の世界では、とかく清濁併せのむ度量が理想の低さを容認と同義になってはいないか?
人情を解することが悪を容認することのように思われてはいないか?
清廉高潔であることは愚直と同義と思われてはいないか?

この映画のウィリアム演じるところの議員は人間味、人情味にあふれながら、剛腕にして高潔な理想によって政治を行っている。そこに感動できる映画である。

第一の嘘?

投稿日

2005/07/16

レビュアー

はなはな

タイトルの意味がわかんな〜い。

この手の政治家の映画はもひとつですな。なんかリアルじゃない。

1〜 4件 / 全4件