ワンダフルライフ

ワンダフルライフの画像・ジャケット写真
ワンダフルライフ / 井浦新
全体の平均評価点:
(5点満点)

78

  • DVD
ジャンル:

「ワンダフルライフ」 の解説・あらすじ・ストーリー

死んだ人が天国へ辿り着くまでの7日間に最も大切な思い出をひとつだけ選ぶ、という設定を通して人生の意味について見つめ直した物語。監督は「幻の光」の是枝裕和。天国の入り口にやって来た22人の老若男女。彼らはこれから7日間の間に大切な思い出をひとつだけ選ばなければならない。人はその思い出だけを持って天国に向かう。思い出は職員の手により撮影され、最終日に上映会が開かれることになっていた。さっそく職員たちは死者たちから思い出を聞き出し、撮影のための準備を進めるが…。

「ワンダフルライフ」 の作品情報

製作年: 1999年
製作国: 日本

「ワンダフルライフ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ワンダフルライフの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0049 2003年04月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 3人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:78件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全78件

イマイチかもネタバレ

投稿日:2006/01/06 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

死んだ人が「向こう」に行く前に生前の一番の想い出を一週間以内に一つだけ選び再現フィルムに残し、それを見て一番幸せな気持ちになった瞬間にその気持ちだけを心に残し「向こう」に行くという不思議な設定の映画。物語は死んだ人達がどの想い出を再現フィルムにするのかを助ける「サポーター」達の働く姿を中心に描いてるんだけど、「サポーター」は一番の想い出を選べなかったが故に「向こう」に行けないままでいる、やっぱり死んだ人らしい。「死んだ人達」は由利徹のような俳優もいれば、どう見ても素人と感じられるような人もいて、特にこの素人と思わしき人達の素人振り、つまり自然さが凄くいい感じだし、たった一つだけ想い出を選ぶという設定もそれはそれでいい感じなんだけど、作品自体は今ひとつだった。
前作「幻の光」が余りに素晴らしかったので余計にそう感じるのだろうが、例によって物語や人間ドラマの強度が映画(画面)の強度を損なっているように思う。最初の頃の、「今週の死んだ人」達が、自己紹介やらを語る全て正面からのバストショットで取られているシーンは、上述の通り素人らしい自然ぽさがとてもいい感じだったんだけど、後半以降、物語が進むにつれ画面やシーンの緊張感が薄らいでしまった。残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

しみじみと自分の人生を考えたい人には絶対お奨め

投稿日:2006/04/16 レビュアー:吟遊旅人

 古い学校のような建物といい、机などの什器といい、とても古ぼけている。電話だって黒いダイヤル式だ。机の上にはパソコンなんてないし、スタッフが暮らす個室は30年ぐらい前のアパートの部屋を彷彿させるような作り。学校(?)の中庭の景色も掠れた絵柄がなんともいえずわびしく美しい。人生が終わったあと、こんな場所で静かに一週間暮らしてあの世へ旅立つのかぁ。なんだか素敵かも。

 思い出を選んだ人たちのその思い出の場面を再現するくだりもとてもいい。映画作りの舞台裏を見せて、この不思議なファンタジーにリアリティを与えているのだ。

 大勢の登場人物の中に必ず誰か、感情移入できるキャラクターがあるだろう。そしてこの映画は、見終わった後に観客がこう問わずにはいられないようになっている。「わたしはどんな思い出だけを選んであの世へいくのだろう?」

 生きたことのあかしと生きることの意味を問わずにはいられない作品だ。それも、淡々と静かに、微笑ましく、そして悲しく。老夫婦が選んだ「たった一つの思い出」をそれぞれに再現したラスト間近のシーンには切ない感動があった。役者より素人の登場場面の方が心に染みるという妙な映画だけれど、とてもいい。しみじみと自分の人生を考えたい人には絶対お奨め。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実に、実に惜しい

投稿日:2003/06/05 レビュアー:guiyh

好きなんですよ、こういうテーマの作品。たとえば、最近では「の生きる道」なんか、思い切りハマって観ていました。

で、もうオープニングの「あなたはお亡くなりになりました。」から、もう期待ははちきれんばかりだったんです。望月やしおりのそれぞれの事情や二人の微妙な関係など、見せ所満載って感じで。

が、その満載がいけなかったんでしょうか、2時間以上もあるのにどれもまったく消化も昇華もされていない。確かに簡単じゃないことくらいはわかっています。ただ、自分のストライクゾーンど真ん中の作品だっただけに、ファールチップに終わってしまっているのがもうもったいなくてもったいなくて、思わず「く〜うっ」って声が漏れてしまいました。

何か予告編の最後の雑誌とかのコメントも、すげー皮相的で「どうよ、それ?」って思ってしまったし。

同じ設定、同じキャストで1クール分TVドラマを作ってほしいな。望月旅立ち以前という設定で。しおりについても、もっと語ってほしい気がするし。

この作品だけで終わりにしてほしくない『物語』だと思います。ぜひ多くの人に観てほしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

非現実的なストーリーなのに、とっても現実感があるのがすごい

投稿日:2011/12/22 レビュアー:蒼生



原ひさ子さんだー。
鳥のさえずりが日本一似合う人だと私は思います。
存在そのものが春。
もう、久しぶりに拝しただけで和みまくりました。

ストーリーがこうでなければドキュメンタリーかと思うような撮りかた・雰囲気・情景。
そして、出演している方々の演戯が自然で、
どこかの劇団の俳優さんなのかとも思いましたが、
映画撮影と知らされず、素で話してる一般の人と言われたほうがしっくりするくらいです。
“映像”を撮るスタッフ役の方々も同じく。
舞台も、近くにありそうな古い役場か学校みたいだし。

そして淡々と進む物語を、淡々と観て、このまま淡々と終るのだろうと、油断してたら、
やられました。

選べない心情
選ばないという選択
選ばれていた愛


この作品、序盤では、自分は何を選ぼうかと考えてしまうのではないでしょうか。
ひとつだけしか選べなくて、他は持っていけない、忘れてしまう、なんて酷です。
嫌なことだってあったけど、いいこともひとつやふたつじゃないですから、
嫌なことを忘れてしまえるのは嬉しいけど、
いい思い出はありったけ持って行きたいのに。

私は何を。
選べない。困りました。

でも、気づいたんです。
私、まだ生きてる。
そのひとつはこれからの中にあるのかもしれないって。

あるといいなー。
今までのはいいかって思えるくらいのが。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

みずみずしい思い出

投稿日:2007/07/10 レビュアー:sautet

「あなたの人生の中から
大切な思い出を
ひとつだけ 選んでください」

あなたが亡くなったとして
天国の入り口があったとして
そこでそう告げられたら
あなたは何を選びますか?

天国の入り口にいるスタッフが
選んだその思い出を
再現ドラマにして上映してくれます

その思い出は とっておき でないといけない

あなたはそれを観ているトキ
ふっと 幸せな気持ちになって昇華し
それによってのみ天国へと旅立つことができるのです

天国へ行くために
人生で一番 とっておきの 思い出を
見つけないといけない
それが 最後のシゴトなのです

天国までの7日間
その間に できる 最後のシゴト

天国の入り口は
間の場所
生きている世界と天国との中間地点
振り返り 悩み 思い出に浸ることのできる
最後の場所

この映画を観ている間
瞬きするたび まぶたの奥に
覚えておきたい記憶がちらついて離れなかった
そうか 私にとって今はこれが
とっておき なんだなぁ、と思った

そういう思い出があったのだなぁと
嬉しく思えた

けれど 思い出は積み重なる
また 違う景色を選ぶかもしれない
その瞬間に 年を重ねた分だけの人生のページをめくって
また 違う思い出をみつけるかもしれない

不思議な映画だった

舞台が天国の入り口なのに
宗教的な香りがまったくしない
一部 ノンフィクションが交錯し
リアリティすら感じられる

思い出を選んでいく過程を
その人の
人生の振り返りを通して垣間見る

モノにあふれ
記憶にあふれ
喜怒哀楽にあふれた人生で
たった一つは難しい

けれど 
その一つは 間違いなく 
思い出として風化せず生き生きと輝いてはいないか

新鮮な思い出 
人の中にはきっと
時間がたっても風化しない
とっておきの そういう記憶が確かに
あるような気がした

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全78件

ワンダフルライフ

月額課金で借りる

都度課金で借りる