アイス・ストーム

アイス・ストームの画像・ジャケット写真
アイス・ストーム / シガニー・ウィーバー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

11

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「アイス・ストーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

70年代アメリカの小さな町を舞台に、家族が崩壊していく様を描いたヒューマンドラマ。恵まれた環境に暮らすカーバー家とフッド家は、家族ぐるみの付き合いをしていたが…。“デリシャス・チョイス 第3弾”。※2008年2月29日までの期間限定出荷

「アイス・ストーム」 の作品情報

製作年: 1997年
製作国: アメリカ
原題: THE ICE STORM
受賞記録: 1997年 カンヌ国際映画祭 脚本賞

「アイス・ストーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アイス・ストームの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 英:ドルビーステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GAYR1557 2007年12月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

なかなか考えさせられる!

投稿日:2008/02/19 レビュアー:エロエロ大魔神

家族の崩壊・不倫・子供たちまでセックスにふける!家族とはなにか?

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マイ・フェイバリット・ムービー

投稿日:2014/10/30 レビュアー:カマンベール

とても好きな映画。私の好きな5本の映画に入ります。
アン・リー監督のマイ・ベスト。
配役が良い。脚本が良い。ケビン・クラインの暮らす家が好き。
(リビングがガラス張りで庭が見渡せて、白樺が覆っている)
子供(クリスティーナ・リッチ)も大人たち(ケビンが浮気している
燐家の主婦シガニー・ウィーバー。ケビンの妻で夫の浮気相手に薄々、気付いて居る
ジョアン・アレン)も一応にくたびれ果てて居る。
ベトナム戦争末期のどうしようもない苛立ち、無力感、倦怠。
大人たちは慣れてもいないキーパーティーを嵐の夜(アイスストーム)
開く。それは籠の中に、運転して来た車のキーを入れて、女性(人妻たち)が
自由にキーを選ぶ。選んだキーの持ち主と一夜を過ごす・・・というゲームだ。
浮気相手のシガニー・ウィーバーに無視されたケビン・クラインは飲み潰れる。

目が覚めて帰り道、凍り着いた道路に倒れる隣家の息子イライジャ・ウッドの
変わり果てた姿を発見し、隣家のウッドの母シガニー・ウィーバーの元に
運んでゆく。
それはまるでベトナム戦争の罪を庶民被されたかのようでもあり、
キーパーティーや浮気に鬱積した時代の憂さ晴らしをする大人たちへの
神の復讐のようでもある。

シガニー・ウィーバーの虚無。美しさ、冷酷さが悪事のように、際立って出色である。

ラストは列車に閉じ込められていたケビンの息子、トビー・マグワイアを
駅に迎えに行き、息子の無事を安堵と幸福感で抱きしめむせび泣くケビンに
(仕方ない、時代が、抗えないエネルギーで飲み込んだのだと・・・)
何故か新しい朝が、一つの時代の終わったことを感じさせて、終わる。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「奥深い」んだろうけど・・・

投稿日:2008/06/27 レビュアー:ひぃ

なんだろう、決っしてつまらないわけじゃないし、最後まで見入っていたんだけど、なんだか、腑に落ちないというか、残らない。

なんとなーく気分が重たくなって終了。

あまり好きじゃないかな・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アイス・ストームは描かれた家族の状態

投稿日:2017/11/22 レビュアー:趣味は洋画

「アイス・ストーム」(1997年アメリカ、カラー126分)
直訳すれば、‘凍える吹雪’といったところでしょうか。
アメリカでは‘着氷性の雨を伴った天候’ということのようですが、実際、この映画の中でも、凍結したレールや、アイスバーン状態の道路などが、寒々しく描かれています。

話は1973年のコネティカット州に住む2組の中流家庭の内幕。
夫婦間、親子間、ともに冷え冷え状態で、愛情あふれる温かい家庭とはほど遠い状態です。
つまり、タイトルの「The Ice Storm」は、この2組の家族の状態を表しているのではないかと感じました。

<フッド家> 夫ベン(ケヴィン・クライン)と妻エレン(ジョアン・アレン)、長男ポール(トビー・マグワイア)、長女ウェンディ(クリスティーナ・リッチ)の4人家族。

<カーヴァー家> 夫ジム(ジェイミー・シェリダン)、妻ジェイニー(シガニー・ウィーヴァー)、長男マイキー(イライジャ・ウッド)、次男サンディ(アダム・アン=ハード)の4人家族。

フッド家とカーヴァー家は隣同士です。
いくら冷めた夫婦関係とはいえ、隣同士の夫婦(ベンとジェイニー)が浮気をする...ちょっと考えられませんね。アメリカではフツーなんでしょうか??
親も親なら子も子で、ウェンディはわざと反抗的な態度をとり(思春期なら頷けるものの)、ことあるごとに隣家の兄弟にチョッカイを出します。
(このときのクリスティーナ・リッチは17歳ですが、独特の目力があります)

さらに‘キー・パーティー’なるものが登場、これまたビックリですが、自由の国アメリカではごく普通に行われているのでしょうか。だとしたら、そのほうが‘凍える寒さ’を感じます。

ジョアン・アレンの夫に対する寒々とした表情、氷のように冷たい視線、これが印象に残りました。
「氷」もいつかは融けるもので、ラストシーン、フッド家の4人が乗った車の中が、救われました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★2

投稿日:2009/07/18 レビュアー:TOM

結局言わんとするところは「親がしっかりしなきゃ、こうなっちゃうよ」ってことなんでしょうか?
つかみ所のないまま、ラストシーンまできちゃったという印象でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

アイス・ストーム

月額課金で借りる

都度課金で借りる