シーズ・ソー・ラヴリー

シーズ・ソー・ラヴリーの画像・ジャケット写真
シーズ・ソー・ラヴリー / ショーン・ペン
全体の平均評価点:
(5点満点)

20

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「シーズ・ソー・ラヴリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

ジョン・カサヴェテスが遺したシナリオを、息子のニックが映画化した秀作ラブストーリー。破滅的な愛に生きる男女の姿を、カサヴェテス流の乾いたタッチで捉える。破天荒な主人公を演じた、ハマリ役のショーン・ペンが見もの。ロビン・ライト・ペン、ジョン・トラボルタ共演。無軌道だが、激しく愛し合うエディとモーリーン。ある日、自分の留守中にモーリーンが隣人に暴行されたことを聞いたエディは、怒りで我を忘れ、銃を片手に暴れ回り逮捕。施設に収容されてしまう。そして10年後、新しい家庭を築いている彼女の前に、退院したエディが姿を現すが・・・。

「シーズ・ソー・ラヴリー」 の作品情報

製作年: 1997年
製作国: アメリカ/フランス
原題: SHE’S SO LOVELY
受賞記録: 1997年 カンヌ国際映画祭 男優賞

「シーズ・ソー・ラヴリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

シーズ・ソー・ラヴリーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
97分 日本語 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AEBR10136 2002年10月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

恋に悩んだら…

投稿日:2004/09/30 レビュアー:モッチー

 ラストで手を叩いて大笑いしてしまった。よくやってくれた。こんなこと映画でしかなかなかできないぞ。
 ぶっ飛んだ男を演じるショーン・ペン。一途に彼を愛するロビン・ライト・ペン。ずぶ濡れの仔猫のような彼女の演技は哀しくらい魅力的だ。
 ショーン・ペンも、本来彼がどんな男なのか僕は全然知らないが、『デッドマンウォーキング』からこの作品を経て『アイアム・サム』へ発展したのだというのなら、その演技の系譜をここに見ることもできる。とはいえ、この作品の企画を彼が長年温めていたというのには驚かされた。面白い男じゃないか。
 男と女が愛し求め合うということの本来的なラディカルさがここには描かれている。そして時にはそれが呆れ返るくらい単純で空疎でさえあることまで見せてくれる。そして更には、求め争うような愛や恋なんて本当は夢に過ぎないという、恐ろしく爽快な一言半句に脳天をぶち抜かれもし、洗われもする。
 この映画の素晴らしさは、ラストシーンで見つめ合う二人の表情をどう理解するかに掛かっていると言えるだろう。さて、あなたはどう見るか?
 なお、映画を見終わった後に劇場用予告編を見ると、この映画がいかにこれまでの典型的文脈を踏み越えているか、いかに脚本を書いたジョン・カサヴェテスが卓越した変な男だったかがよく解る。言うまでもなくコメディ物か恋愛物かでは片付けられないし、それを考えてみるのも面白い。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

気持ちはわかっても実現できないラスト

投稿日:2006/05/05 レビュアー:ひらり

気持ちはわかっても実現できないラストでしょう。だから映画は面白い。

愛だけに全てを捨てるタイプ。
理屈がなくなり、本能だけ感じ、自分たちしか見えなくなるせつなくて苦しい、この感じ。
かなり激しく描かれているけれど、この生き方に感情移入できる人は何人いるのだろうか?
この映画のラストに手放しで拍手できる人は、あぶない愛を経験しています。
気を付けてください。
この後の2人に幸あれ。

影つきのキレたショーン・ペンがジャームス・ディーンとダブった。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ショーン・ペンが魅力的

投稿日:2006/04/16 レビュアー:飛べない魔女

いかれキャラなのに、魅力ある男性を演じています。
これほどに深く人を愛せたらそれだけで幸せなのかもしれません。
すべてを捨ててまでもこの男といたい、と思えるほどの激しい恋が出来る女性って、ある意味うらやましいな。
題名につけ方も、なんか納得。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アイノカタチ

投稿日:2005/02/22 レビュアー:KEE

内容もともかくタイトルが素敵。
ショーンとロビンの夫婦競演映画。

通常夫婦競演はともすれば、ウザイんだけど、これはそんなことを意識させません。

ラストは、え〜っっまじで〜??
って感じで、驚いてしまったが、これもあり。

彼らの愛は何に縛られてもいないのです。

アメリカでの評判は芳しくなかったですが、私は、これもありです!といいたい

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何も考えずに見てまえ!ネタバレ

投稿日:2009/10/30 レビュアー:ykk1976

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「愛にはいろんな形がある」という定義がありますが、
それを地でいく感じの映画。
だから、ストーリーとか意味とか考えたり、
常識に置き換えると、途中から見ていられなくなります(笑)

でも、わたしには、ハッピーエンドの映画でした。

俳優陣豪華すぎます。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全20件

シーズ・ソー・ラヴリー

月額課金で借りる

都度課金で借りる