頭文字(イニシャル)Dの画像・ジャケット写真

頭文字(イニシャル)D / 三木眞一郎

全体の平均評価点: (5点満点)

47

頭文字(イニシャル)D /三木眞一郎

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「頭文字(イニシャル)D」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

白熱のドリフト・バトルが話題を呼んだ人気アニメ・シリーズを、5.1chサラウンド仕様で完全新編集して生まれ変わった、ファン待望のDVDシリーズの完結編。

「頭文字(イニシャル)D」 の作品情報

作品情報

製作年:

1998年

製作国:

日本

原題:

Initial D

「頭文字(イニシャル)D」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

モンハン日記 ぎりぎりアイルー村☆アイルー危機一髪☆

ムーミン谷の彗星

戦国BASARA Judge End

Fate/stay night

ハイスクールミステリー学園七不思議

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全47件

アニメ・CG・BGMを融合させた作品

投稿日:2004/06/21 レビュアー:RUSH

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

慎吾との決着がつき、いよいよ真子ちゃん登場! ネタバレ

投稿日:2004/09/11 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

15話「怒濤の激走!」16話「碓氷峠のエンジェル」17話「サドンデス・デスマッチ」18話「熱風!激走!碓氷峠」を収録しています。コミックでは4巻の54ページあたりから122ページあたりまでと5巻の138ページあたりから6巻の124ページあたりまでをカバーしています。

15話は、慎吾とのバトルの続きから始まります。慎吾の汚い手によって360度スピンを喫した拓海はとうとうプッツンキレてしまいます。キレた拓海は鬼のような激走で追走しますが・・。果たして拓海は勝てるのでしょうか・・?
【15話での一言(慎吾曰く)】「たとえ引き分けに持ち込んでもオレのメンツは保ってみせるぜ!・・このバトルの結末はダブルクラッシュといこうぜ!」な、なんということを(^^ゞ。

16話は、なんと池谷と真子ちゃんのラブロマンスです(笑)。笑ってやって下さいまし(^^ゞ。
【16話での一言(真子曰く)】「真子は池谷さんにバージンあげます!」っておひおひ、あげたりもらったりするもんじゃないでしょうが・・(^^ゞ。

17話は、拓海は池谷から依頼され碓氷峠でシルエイティとバトルすることになります。そこには色々な人たちの色々な思惑が交差し池谷は苦悩します。そしていよいよバトルが始まります。バトル形式はサドンデス方式。果たしてどんなバトルが繰り広げられるのでしょうか・・?
【17話での一言(拓海曰く)】「作戦というほどのことじゃないんですよ・・すげー単純な思いつきです」ってそんなんでシルエイティに勝てるのかよっ!(笑)。

18話は、拓海は池谷ほかみんなの反対を押し切り、後追いを選択しバトルが始まります。ところが拓海は初めて走るコースということもあり自分のリズムで走ることが出来ずに苦戦します。果たして拓海はこのバトルにどうやって戦うのでしょうか?また勝てるのでしょうか・・?
【18話での一言(拓海の親父曰く)】「心臓が縮みあがるような瞬間をいくつも飲み込みながら走り屋は成長していくもんだ。並はずれた集中力とセンス、鍛えこまれたドライビングテクニック、そして何よりも俺の手で熟成された足回りの完璧な仕上がりがあれば負けやしねーだろ」な、なんかとってもハードボイルド(笑)。

本来原作ではシルエイティとのバトルは涼介とのバトルの後ですがアニメでは先になっています。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

1st最後です。いよいよ涼介とのバトルで伝説がぁ・・。 ネタバレ

投稿日:2004/09/11 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

23話「雨のダウンヒルバトル」24話「赤城の白い彗星!」25話「決戦!ラストバトル」26話「新ダウンヒル伝説!」が収録されています。

23話は、拓海vs賢太のレインバトルのスタート直後から描かれます。スタート後拓海はあっという間に離されますが・・・。このバトルの行方はいかに・・?。
【23話での一言(イツキ曰く)】「うあああああああああ〜ぎゃぁぁぁぁぁぁ、オレはまだ死にたくないよォ〜!」可愛そうに・・(笑)。

24話は、涼介の白い彗星時代の過去があきらかに(笑)。涼介とのバトルまでの日々を細かなエピソードで描かれていきます。決戦当日ギャラリーが沢山集まりその中にはあのシルエイティも。レッドサンズが揃い、最後に拓海が登場し緊張感があたりを支配します。
【24話での一言(涼介曰く)】「今のオレはレッドサンズの高橋涼介じゃない。一匹狼だったころの赤城の白い彗星に戻った気分だぜ!」な、なんか気合い入ってますねぇ〜(^^ゞ。

25話は、いよいよ涼介vs拓海スタートです!!果たして二人はどんなバトルを繰り広げるのでしょうか?
【25話での二言(涼介&啓介曰く)】「やっぱりだ、ヤツは進化している。だがそれだけだ。オレの最速理論に揺るぎはない!」「今日のバトルは伝説になる!」とんでもないことになりそう(笑)。

26話は、涼介とのバトルに終止符が打たれます。拓海はバトルの経験不足と涼介からのプレッシャーでオーバースピードのミスを犯し抜かれてしまいます。果たして拓海は抜き返すことが出来るのでしょうか?
【26話での一言(涼介曰く)】「秋名の小さなステージに満足するなよ。広い世界に目を向けていけ!藤原拓海、お前は速かったよ。また会おう!」なんて格好いいセリフなんだろう・・・(^^ゞ。

23話で本来ならランエボが出てくるはずなんですが(^^ゞ。それからなんとあのドリキン土屋が声だけの出演をしています(笑)。設定はレーサーで拓海の親父の友達という事になっています(笑)。親父に電話をかけて来ます。お見逃しなきように(^^ゞ。とうとう1stStageが終わってしまいましたね。さてSecondStageはどうなるのでしょうか?楽しみですね(^○^)。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

シルエイティとのバトル終了、そして啓介vs中里。 ネタバレ

投稿日:2004/09/11 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

19話「決着!スーパードリフト」20話「ジ・エンド・オブ・サマー」21話「スーパースターからの挑戦状」22話「激闘!ヒルクライム」を収録しています。

19話は、シルエイティとのバトルの続きです。C121を攻めるところから始まります。そして決着が・・・。
【19話での一言(沙雪曰く)】「すごい、ちょっとヤバイぐらいすごい!・・・今の真子にはその余裕が全くない!」や、やべー!。

20話は、池谷と真子ちゃんのラブロマンスパート2(笑)。
【20話での一言(スタンド店長曰く)】「ホレるってのは何もかも全てひっくるめて飲み込んでやるってことなんだ!そういうのが愛とか恋というもんじゃねーか!」いいこと言いますねぇ〜(笑)。

21話は、イツキが夏休み中の拓海がこなしたバトルを数えながら回想します。そんな折、涼介から拓海に挑戦状が届きます。拓海はこれから先のことを色々考え始めますが、そんな拓海をイツキたちは女ボケだと勘違いします。そしていよいよ啓介vs中里のバトルの話が持ち上がります。
【21話での一言(イツキ曰く)】「走り屋に女はいりません!ネッ!池谷先輩!オレたちゃロンリードライバーですよぉ〜!」か、悲しい(笑)。

22話は、啓介vs中里のバトルが始まります。結果は見てのお楽しみとして、その直後、レッドサンズの中村賢太が拓海にレインバトルを強要します。拓海はその挑発に乗りバトルになりますが・・。このバトルの結果やいかに?(^^ゞ。
【22話での一言(イツキ曰く)】「だめだ、拓海のボケはマリアナ海溝より深いよ」ちょっと言い過ぎでしょ(笑)。

このVOLは涼介とのバトルまでの細かいエピソードがまとめて描かれています。原作では22話のレインバトルでセカンドステージに出てくるランエボが登場するんですけどね(^^ゞ。アニメってホントにうまくまとめちゃいますよねぇ〜(笑)。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

いよいよ啓介とのバトルです!(^○^)。 ネタバレ

投稿日:2004/09/10 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

3話「ダウンヒルスペシャリスト登場」4話「交流戦突入」5話「決着!ドッグファイト!」6話「新たなる挑戦者」を収録しています。コミックでは1巻の145ページあたりから2巻の141ページあたりをカバーしています。

3話は池谷の事故シーンから始まります。レッドサンズとの交流戦は本来自分が出るはずだったにも関わらず自分の事故による怪我で出れなくなってしまいます。困った池谷は拓海の親父に代わりに出てくれるよう頼み込みなんとかいい返事をもらいます。親父は親父で拓海を何とか交流戦に引っ張り出そうとある秘策を考えつきます。果たして拓海は親父のもくろみ通り交流戦にいくのでしょうか・・?
【3話での一言(拓海曰く)】「ガソリン満タンはめちゃくちゃグッとくる」(笑)。

4話は、いよいよレッドサンズとの交流戦のスタートが目前に迫ってきましたが拓海はまだ表れず、高橋兄弟もいらつき始めます。果たして拓海は来るのか?そしてバトルはどうなってしまうのでしょうか・・?
【4話での一言(中里曰く】「コーナーを立ち上がるあの後ろ姿はえもいわれぬ余韻がある。あのハチロクには強いオーラが出ていた」(笑)。

5話は、いよいよ始まった啓介vs拓海。ハチロクがあまりに速いのでレッドサンズのメンバー達やギャラリー、そしてスピードスターの面々も驚きを隠せません(笑)。拓海は秘技?を使い5連続ヘアピンで勝負をかけることを決意します。果たして拓海は勝てるのでしょうか・・?
【5話での一言(中里曰く)】「バカバカしいことだが、あんなことは誰にも絶対まねできねー」(笑)。

6話は、啓介とのバトルも終わり涼介と中里が接触し、中里の過去のエピソードが紹介されます。それから拓海がいかにしてドライビングテクニックを身につけてきたかも紹介されます。池谷は拓海に助手席に乗せてもらいドリフトを体感しようとしますが・・・。果たして池谷の運命は・・・?(笑)。
【6話での一言(イツキ曰く)】「ひぇ〜!私は見たぁ〜!断末魔の絶叫が秋名山にこだまする恐怖のダウンヒル!池谷先輩コーナー3つで失神事件!!」(笑)。

6話での中里のエピソードは原作にはありません。また途中でドリキン土屋のドリフトの実写も少し見ることが出来ます。ほんの少しですけど・・・(^^ゞ。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全47件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:47件

アニメ・CG・BGMを融合させた作品

投稿日

2004/06/21

レビュアー

RUSH

慎吾との決着がつき、いよいよ真子ちゃん登場!

投稿日

2004/09/11

レビュアー

RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

15話「怒濤の激走!」16話「碓氷峠のエンジェル」17話「サドンデス・デスマッチ」18話「熱風!激走!碓氷峠」を収録しています。コミックでは4巻の54ページあたりから122ページあたりまでと5巻の138ページあたりから6巻の124ページあたりまでをカバーしています。

15話は、慎吾とのバトルの続きから始まります。慎吾の汚い手によって360度スピンを喫した拓海はとうとうプッツンキレてしまいます。キレた拓海は鬼のような激走で追走しますが・・。果たして拓海は勝てるのでしょうか・・?
【15話での一言(慎吾曰く)】「たとえ引き分けに持ち込んでもオレのメンツは保ってみせるぜ!・・このバトルの結末はダブルクラッシュといこうぜ!」な、なんということを(^^ゞ。

16話は、なんと池谷と真子ちゃんのラブロマンスです(笑)。笑ってやって下さいまし(^^ゞ。
【16話での一言(真子曰く)】「真子は池谷さんにバージンあげます!」っておひおひ、あげたりもらったりするもんじゃないでしょうが・・(^^ゞ。

17話は、拓海は池谷から依頼され碓氷峠でシルエイティとバトルすることになります。そこには色々な人たちの色々な思惑が交差し池谷は苦悩します。そしていよいよバトルが始まります。バトル形式はサドンデス方式。果たしてどんなバトルが繰り広げられるのでしょうか・・?
【17話での一言(拓海曰く)】「作戦というほどのことじゃないんですよ・・すげー単純な思いつきです」ってそんなんでシルエイティに勝てるのかよっ!(笑)。

18話は、拓海は池谷ほかみんなの反対を押し切り、後追いを選択しバトルが始まります。ところが拓海は初めて走るコースということもあり自分のリズムで走ることが出来ずに苦戦します。果たして拓海はこのバトルにどうやって戦うのでしょうか?また勝てるのでしょうか・・?
【18話での一言(拓海の親父曰く)】「心臓が縮みあがるような瞬間をいくつも飲み込みながら走り屋は成長していくもんだ。並はずれた集中力とセンス、鍛えこまれたドライビングテクニック、そして何よりも俺の手で熟成された足回りの完璧な仕上がりがあれば負けやしねーだろ」な、なんかとってもハードボイルド(笑)。

本来原作ではシルエイティとのバトルは涼介とのバトルの後ですがアニメでは先になっています。

1st最後です。いよいよ涼介とのバトルで伝説がぁ・・。

投稿日

2004/09/11

レビュアー

RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

23話「雨のダウンヒルバトル」24話「赤城の白い彗星!」25話「決戦!ラストバトル」26話「新ダウンヒル伝説!」が収録されています。

23話は、拓海vs賢太のレインバトルのスタート直後から描かれます。スタート後拓海はあっという間に離されますが・・・。このバトルの行方はいかに・・?。
【23話での一言(イツキ曰く)】「うあああああああああ〜ぎゃぁぁぁぁぁぁ、オレはまだ死にたくないよォ〜!」可愛そうに・・(笑)。

24話は、涼介の白い彗星時代の過去があきらかに(笑)。涼介とのバトルまでの日々を細かなエピソードで描かれていきます。決戦当日ギャラリーが沢山集まりその中にはあのシルエイティも。レッドサンズが揃い、最後に拓海が登場し緊張感があたりを支配します。
【24話での一言(涼介曰く)】「今のオレはレッドサンズの高橋涼介じゃない。一匹狼だったころの赤城の白い彗星に戻った気分だぜ!」な、なんか気合い入ってますねぇ〜(^^ゞ。

25話は、いよいよ涼介vs拓海スタートです!!果たして二人はどんなバトルを繰り広げるのでしょうか?
【25話での二言(涼介&啓介曰く)】「やっぱりだ、ヤツは進化している。だがそれだけだ。オレの最速理論に揺るぎはない!」「今日のバトルは伝説になる!」とんでもないことになりそう(笑)。

26話は、涼介とのバトルに終止符が打たれます。拓海はバトルの経験不足と涼介からのプレッシャーでオーバースピードのミスを犯し抜かれてしまいます。果たして拓海は抜き返すことが出来るのでしょうか?
【26話での一言(涼介曰く)】「秋名の小さなステージに満足するなよ。広い世界に目を向けていけ!藤原拓海、お前は速かったよ。また会おう!」なんて格好いいセリフなんだろう・・・(^^ゞ。

23話で本来ならランエボが出てくるはずなんですが(^^ゞ。それからなんとあのドリキン土屋が声だけの出演をしています(笑)。設定はレーサーで拓海の親父の友達という事になっています(笑)。親父に電話をかけて来ます。お見逃しなきように(^^ゞ。とうとう1stStageが終わってしまいましたね。さてSecondStageはどうなるのでしょうか?楽しみですね(^○^)。

シルエイティとのバトル終了、そして啓介vs中里。

投稿日

2004/09/11

レビュアー

RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

19話「決着!スーパードリフト」20話「ジ・エンド・オブ・サマー」21話「スーパースターからの挑戦状」22話「激闘!ヒルクライム」を収録しています。

19話は、シルエイティとのバトルの続きです。C121を攻めるところから始まります。そして決着が・・・。
【19話での一言(沙雪曰く)】「すごい、ちょっとヤバイぐらいすごい!・・・今の真子にはその余裕が全くない!」や、やべー!。

20話は、池谷と真子ちゃんのラブロマンスパート2(笑)。
【20話での一言(スタンド店長曰く)】「ホレるってのは何もかも全てひっくるめて飲み込んでやるってことなんだ!そういうのが愛とか恋というもんじゃねーか!」いいこと言いますねぇ〜(笑)。

21話は、イツキが夏休み中の拓海がこなしたバトルを数えながら回想します。そんな折、涼介から拓海に挑戦状が届きます。拓海はこれから先のことを色々考え始めますが、そんな拓海をイツキたちは女ボケだと勘違いします。そしていよいよ啓介vs中里のバトルの話が持ち上がります。
【21話での一言(イツキ曰く)】「走り屋に女はいりません!ネッ!池谷先輩!オレたちゃロンリードライバーですよぉ〜!」か、悲しい(笑)。

22話は、啓介vs中里のバトルが始まります。結果は見てのお楽しみとして、その直後、レッドサンズの中村賢太が拓海にレインバトルを強要します。拓海はその挑発に乗りバトルになりますが・・。このバトルの結果やいかに?(^^ゞ。
【22話での一言(イツキ曰く)】「だめだ、拓海のボケはマリアナ海溝より深いよ」ちょっと言い過ぎでしょ(笑)。

このVOLは涼介とのバトルまでの細かいエピソードがまとめて描かれています。原作では22話のレインバトルでセカンドステージに出てくるランエボが登場するんですけどね(^^ゞ。アニメってホントにうまくまとめちゃいますよねぇ〜(笑)。

いよいよ啓介とのバトルです!(^○^)。

投稿日

2004/09/10

レビュアー

RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

3話「ダウンヒルスペシャリスト登場」4話「交流戦突入」5話「決着!ドッグファイト!」6話「新たなる挑戦者」を収録しています。コミックでは1巻の145ページあたりから2巻の141ページあたりをカバーしています。

3話は池谷の事故シーンから始まります。レッドサンズとの交流戦は本来自分が出るはずだったにも関わらず自分の事故による怪我で出れなくなってしまいます。困った池谷は拓海の親父に代わりに出てくれるよう頼み込みなんとかいい返事をもらいます。親父は親父で拓海を何とか交流戦に引っ張り出そうとある秘策を考えつきます。果たして拓海は親父のもくろみ通り交流戦にいくのでしょうか・・?
【3話での一言(拓海曰く)】「ガソリン満タンはめちゃくちゃグッとくる」(笑)。

4話は、いよいよレッドサンズとの交流戦のスタートが目前に迫ってきましたが拓海はまだ表れず、高橋兄弟もいらつき始めます。果たして拓海は来るのか?そしてバトルはどうなってしまうのでしょうか・・?
【4話での一言(中里曰く】「コーナーを立ち上がるあの後ろ姿はえもいわれぬ余韻がある。あのハチロクには強いオーラが出ていた」(笑)。

5話は、いよいよ始まった啓介vs拓海。ハチロクがあまりに速いのでレッドサンズのメンバー達やギャラリー、そしてスピードスターの面々も驚きを隠せません(笑)。拓海は秘技?を使い5連続ヘアピンで勝負をかけることを決意します。果たして拓海は勝てるのでしょうか・・?
【5話での一言(中里曰く)】「バカバカしいことだが、あんなことは誰にも絶対まねできねー」(笑)。

6話は、啓介とのバトルも終わり涼介と中里が接触し、中里の過去のエピソードが紹介されます。それから拓海がいかにしてドライビングテクニックを身につけてきたかも紹介されます。池谷は拓海に助手席に乗せてもらいドリフトを体感しようとしますが・・・。果たして池谷の運命は・・・?(笑)。
【6話での一言(イツキ曰く)】「ひぇ〜!私は見たぁ〜!断末魔の絶叫が秋名山にこだまする恐怖のダウンヒル!池谷先輩コーナー3つで失神事件!!」(笑)。

6話での中里のエピソードは原作にはありません。また途中でドリキン土屋のドリフトの実写も少し見ることが出来ます。ほんの少しですけど・・・(^^ゞ。

1〜 5件 / 全47件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

頭文字(イニシャル)D