ブラス!

ブラス!の画像・ジャケット写真
ブラス! / ピート・ポスルスウェイト
全体の平均評価点:
(5点満点)

72

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ブラス!」 の解説・あらすじ・ストーリー

1917年に炭坑夫の余暇活動として結成されたバンド、グライムソープ・コリアリー・バンドの実話をヒントに映画化。崩壊してゆくコミュニティーを舞台に、音楽と共に生きる歓びと、友情に支えられた人生の素晴らしさを感動的に描く。ピート・ポスルスウェイト、ユアン・マクレガー出演。炭坑閉鎖に揺れる街。人々は生きる希望を失いかけていた。そんな時、彼らに勇気と希望を与えてくれたのが音楽だった。炭坑夫の仲間たちで結成された伝統あるバンドは、街と自分たちの誇りを賭けて全英大会に出場し、決勝大会が開催されるロイヤル・アルバートホールを目指す。

「ブラス!」 の作品情報

製作年: 1996年
製作国: イギリス
原題: BRASSED OFF

「ブラス!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ブラス!の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX5136 2003年04月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
40枚 4人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:72件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全72件

炭坑町映画萌え

投稿日:2010/11/30 レビュアー:JUCE

 舞台が鉱山の町の映画というと、「斜陽産業の街で生きる希望を失いそうになりながらも、懸命に生きる人々の姿を描く」というのが定番ですが、この映画も定番通りと言えば定番通り。しかし人の生き方はそれぞれなので、人の数だけ物語は生まれるのです。古くは『わが谷は緑なりき』、そして同じ英国映画『リトル・ダンサー』、また邦画では『フラガール』。『遠い空の向こうに』なども炭鉱物に含まれるでしょうか。それぞれに良い映画で炭鉱物はハズレが少ないように思います。そして一番新しいのが『信さん 炭坑町のセレナーデ 』でしょうか。これはまだ未見なので評価はわかりませんが。

 『ブラス!』は炭坑町に昔からあるブラスバンドを中心にしたお話です。特定の個人を主人公にしてというよりは、どちらというとブラスバンドのメンバーの群像劇といったほうが近いかもしれません。
そして感動ものというよりは少し社会風刺の色濃い作品という印象です。
 当時のサッチャーが衰退産業への支援を打ち切って、労組の影響力を排除する政策をとり、鉱山労組と激しいぶつかり合いになった事などが映画の中でしばしば語られます。ラストシーンの団長ダニーの挨拶の言葉が非常に印象的で、偽善的な博愛主義を猛烈に皮肉るその言葉は、今の世界、日本でも随所でも見られることです。

 映画自体はベタベタな展開で炭鉱物の中ではとび抜けて良い出来というわけではありませんが、やはり音楽の力は絶大です。観終わった後、人生を前向きに考えたくなる作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

音楽って何だろう?

投稿日:2013/03/31 レビュアー:ミルクチョコ

閉鎖寸前の炭坑町で暮らす炭坑夫たち。グライムソープ・コリアリー・バンドの実話に題材にした話なんですね。
グライムリー炭鉱に限らず、この時代の炭坑は「石炭の時代は終わった」ことを経営者は知り、図式は日本でも同じですよね。
ブラスバンドという音楽が加わることでそれだけで終わらない感動作でした。
素朴で、真面目な努力は実る。結果は分かっていても、心打たれるものはあるんですね。

「音楽は好きだけど、それだけでは生きていけないんだ」みたいなセリフ。
確かに音楽だけではご飯は食べられません。でも、ご飯を食べようとするパワーを生み出す源となるのは、彼らには音楽だったのかもしれません。
見所はなんといっても指揮者のダニーの入院先に炭鉱で使うヘルメットをかぶりライトを照らしてみんなで「ダニー・ボーイ」演奏するシーン!泣けます。一人だけ口笛のユアン・マクレガー!
ダニーの演説。何度観てもきます。ダニーのあの泣かせる演説の後ちゃっかり仲間がトロフィーを持ち帰るなど、ちゃんとユーモアも忘れていません。

同じイギリスの炭鉱町を描いた作品の「フルモンティ」も好きですが、たまにはうんとまともな映画で心を洗うのも気持ちの良いものです。見終わった時は、晴れ晴れします。最後の最後まできっちり締めてある映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

NO MUSIC NO LIFEネタバレ

投稿日:2009/02/03 レビュアー:ykk1976

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

音楽のない人生なんて、人生じゃない!
って訳であっているのかわからないけど。
つぶれる間際の炭鉱でその炭鉱の名前を冠にある
伝統あるブラスバンドの人間模様。
バンドの音楽もステキです。
洋画って日本人からすると、かっこいいというイメージが
あるけど、この映画はかっこいいイギリスはない。
ひたすら、底辺で生きる人たちを、音楽を通じて描いている。
だから、違う意味でもっとステキだ。
やっぱり、音楽がない人生なんて・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

音楽物の域を越えたヒューマンドラマ

投稿日:2003/08/08 レビュアー:サランヘ

その昔,イギリスのブラスバンドの音が好きでレコードを買いあさった時期がありました。個人的には50歳を越えた今でも地方の楽団でEuphoniumを吹いているブラス好きです。

ドラマは,「ブラス」の音を背景にして当時の英国の社会問題(炭鉱の閉鎖)を取り上げています。炭鉱が閉鎖されれば音楽どころではない。もうやめてしまおう。といった団員達の葛藤とそれを取り巻く社会や家族の問題を鮮やかに描いた秀作です。

単にブラスバンド好きが見る音楽物という域を越えて,感動のヒューマンドラマとしてマイクハーマン監督が見事に仕上げています。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

音楽は心をいっぱいにしてくれる

投稿日:2013/04/06 レビュアー:飛べない魔女

音楽でお腹がいっぱいになるわけではないけれど
音楽は心をいっぱいに満たしてくれる。
それは幸せな気持ちであったり
悲しい気持ちであったり
希望であったり
絶望のときもあるかもしれない。
でも音楽の力が心を救ってくれたことが何度もある。

だから、彼らはやめられない。
ましてや、チームで作り出す音は格別のもので
全員で力を合わせて作り出す音楽は
何物にも代え難いものだから。

生きていくことは、イバラの道をいくがごとく
いくつもの困難な壁にぶつかりながら
壁を避けることもまた人生
壁を打ち破っていく力もまた人生
どんな人生でも、音楽が気持ちを楽にしてくれる
それは抵抗することの出来ない事実なのだ。

だから、人生って素晴らしい!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全72件

ブラス!

月額課金で借りる

都度課金で借りる