ボルケーノ

ボルケーノの画像・ジャケット写真
ボルケーノ / トミー・リー・ジョーンズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

50

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ボルケーノ」 の解説・あらすじ・ストーリー

大都市L.A.の中心部に突如出現した火山と、それに立ち向かう人々の姿をSFXを駆使して描いたパニック映画。中度の地震が続く中、地下鉄工事現場で作業員が事故死する事件が発生。死因は蒸気によるものだとされたが、市の危機監理局(Office of Emergenxy Management)局長であるマイク・ロークはこの街に忍び寄る未曾有の恐怖を感じていた。

「ボルケーノ」 の作品情報

製作年: 1997年
製作国: アメリカ
原題: VOLCANO

「ボルケーノ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ボルケーノの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語・英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR6039 2002年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全50件

けっこうやるじゃん、トミー・リー・ジョーンズネタバレ

投稿日:2007/08/06 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冷徹な捜査官役などが多い気がするトミー・リー・ジョーンズですが、このボルケーノでは、仕事人間ながらもなかなかいいパパぶりを見せてくれます。

ロスの公園で突然溶岩が噴出してくる・・・
こんなこと、実際には有りえるのかな?
西海岸にはセント・へレンズ火山など有名な火山もあるから
なくもない、といったところなのでしょうか?

街中で溶岩・・ちょっと見には綺麗な映像ですが
全てを熱で溶かしていく様子は怖いですね。

シリアスなパニックムービーなのですが
CMでのトミー・リー・ジョーンズを知ってしまってると
クスっと笑いたくなってしまいます。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あっちぃ〜!見てるこっちがやけどしそうだよぉ〜!

投稿日:2004/10/17 レビュアー:RUSH

私は自然災害パニック映画が大好きです。「ダンテズ・ピーク」や「デイ・アフター・トゥモロー」なんかも大好きです。この作品もこれらの作品に負けず、いい仕上がりを見せています。

パニックものの何らかの異常を学者が声を大にして叫ぶが誰も聞き入れてくれないというお決まりのセオリーはこの作品でも活きています(笑)。「ダンテズ・ピーク」や「デイ・アフター・トゥモロー」のように通常はその異常を唱える学者が主人公になる事が多いのですが、この作品は危機管理局長が主役で、この辺がちょっと他のパニックものと違う点でしょうか。

その主役の局長をトミー・リー・ジョーンズが演じます。彼は悪役だとかあくの強い役が多いのですが、今回は責任の重い局長の役ですが、とてもいい演技をしています。彼が早口で大きな声で叫ぶと緊迫感が異常に盛り上がります。とにかく仕事一途でバツイチの局長を演じます。そして良きパートナーとなる地質学者にはアン・ヘッシュが演じます。彼女は綺麗ですね(^^ゞ。顔が真っ黒になっても綺麗です。彼女の演技も緊迫感を盛り上げます。

この作品には色々な要素があっちこっちに盛り込まれているので飽きません。地質学者が調査中に死亡するシーン、地下鉄からの乗客救助作業、黒人差別警官と差別を受ける黒人のエピソード、ビル爆破時の隊員の自己犠牲など色々なエピソードが盛り込まれているので楽しさ倍増です(^○^)。

ダンテズ・ピークでは火山の麓の町が舞台でしたが、この作品ではなんとロサンゼルスという大都会が舞台です。大都会の真ん中で噴火が起こるとどうなるのか?を描いた作品です。道路を流れる溶岩は誰もが考えるところですが私は地下鉄を流れる溶岩までは想像出来ませんでした。ここが都会での噴火の特徴と言えるのではないでしょうか。もし、東京や大阪や名古屋や福岡などでこのような噴火が起こったらどうなるのでしょうか?考えただけで寒気がしてきます(^^ゞ。

とにかくテンポ良く次から次へ色々な事が起こっていくので絶対に楽しめると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

赤く静かな危機ネタバレ

投稿日:2010/06/24 レビュアー:蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


いくつもの自己犠牲があります。
同僚を助け、溶岩に溶かされる消防士。
ビル爆破作戦を中断させないために死を覚悟で
「準備はできた」と返事をさせる技師。

そんな中、病院で救助活動を行うアジア系女性の彼氏に腹が立ちます。
何度も「(怪我人を)放っておいて逃げろ」と電話をかけてきて
作業の邪魔をした挙句、
現場にまで来て、傷ついた人たちの目の前で
「関係ないだろ!」と怒鳴る。
彼女を愛してて心配してるんだろうけど、
彼女を理解してない。それに人でなしです。
彼女はもう二度と彼に会わないでしょうね。
結婚なんてことになる前に本性がわかってよかった。

そして、みんなでがんばって準備して前述の技師が命まで賭けた
ビル爆破遂行中に、そこに娘がいるのを見て
「作戦中止!作戦中止!」と叫ぶ主人公。
最高にカッコワルイ。
でも、私が同じ立場だったら同じこと叫んでると思います。
正しいも正しくないもありません。
たとえ何千人だろうが何万人だろうが、
瞬間的に自分の子どもの命と引き換えにできる親は、
いるかもしれないけど、
もうそんな人、絶対偉人か聖人だし、
彼も条件反射的に叫んで飛び出してるのであって、
冷静な発言でも行動でもないことはわかります。

恭兵さんの昔のドラマの主題歌を思い出してしまいました。
「カッコわるいのがカッコいいんだぜ」

つい話がそれましたが、
私的にはパニックものとして中の上くらいと感じました。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

・・・・

投稿日:2010/02/12 レビュアー:エロエロ大魔神

地下鉄で溶岩が流入して列車に近づくシーンで乗員を救おうと飛び乗ったはいいが、帰りが溶岩にのまれて帰れない!?やくなく素足で溶岩の川を渡ろうとしたが、あえなく・・・まるでターミネ―ター2のラストシーン見たいに徐々に体が溶けて燃える?まさにそれでした!おまけに町のど真ん中に噴火?しかもビルを破壊して堤防を作る?しかも爆薬を設置した技師が名誉の殉職!?まあ〜ありえない事ばかりで少しは楽しめたが・・・75点です

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最近CMでお馴染みのトミー・リー・ジョーンズネタバレ

投稿日:2007/05/22 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

彼が、市の危機管理局の局長。
何故かパニック映画には、妙に楽天的な人物や聞き分けのない娘などが登場する。
ここでも御多分に洩れず、局長の娘が足手まといな存在。
都会の真中で火山が噴火し溶岩が流れ出す中、危機管理局の局長として陣頭指揮を取らなければいけないのに、彼は娘を抱きかかえ、車のボンネットからボンネットへと飛び移る!
どう見ても、身軽そうには見えないけれど、これも火事場の馬鹿力!?
印象に残ったのが、立ち往生している地下鉄の救助場面。
倒れている地下鉄の運転手(だったかな?)を背負い、一歩一歩、歩む男の足元が・・・!!
触れるものを溶かし焼き尽くしながら、ドロドロと押し寄せてくる赤黒い溶岩は、まさに地球の内部を思わせる。
私たちはあの溶岩の上に暮らしているのだと、改めて思い知らされる。
(パニック物が好きな方には、一見の価値はあるかと思います。)


このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全50件

ボルケーノ

月額課金で借りる

都度課金で借りる