オデュッセイア/魔の海の大航海

オデュッセイア/魔の海の大航海の画像・ジャケット写真

オデュッセイア/魔の海の大航海 / アーマンド・アサンテ

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「オデュッセイア/魔の海の大航海」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮を務め、ホメロスの「オデュッセイア」を元に実写映画化したVFXアクション。古代ギリシャ。勇猛果敢な戦士・オデュッセウスは、トロイア軍との戦いのために、愛する妻と息子を残して王国を後にする。

「オデュッセイア/魔の海の大航海」 の作品情報

作品情報

製作年: 1997年
製作国: アメリカ
原題: THE ODYSSEY

「オデュッセイア/魔の海の大航海」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジグザグキッドの不思議な旅

エイジ・オブ・イノセンス

トップガンナー

バッド・トラップ

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

ホメロスの叙事詩

投稿日:2007/09/24 レビュアー:King Lear

これはテレビ用に作られた映画なので少し長めです。それにこのホメロスの「オデュッセイア」は長い叙事詩なので長くても仕方ありません。短くしようとしても無理です。これでもすべての話を映像化していません。
トロイア戦争の勝利に酔ってうぬぼれてしまったオデュッセウスは海の神ポセイドンの怒りをかってしまい帰郷への苦難の航海を強いられいろいろな困難に立ち向かっていく話は結構おもしろいです。今で言うアクション映画の元祖ともいうべく内容です。
プロダクションもテレビ映画にしては悪くないと思うし、出演者もまったくの無名の俳優の方々ではありません。
また西洋では古典文学の著名作品として読まれており、作家の阿刀田高さんもホメロスやギリシャ神話についての著作を出版されています。
PG-13ですから話の内容上必要な暴力描写や女性とのラブシーンもありますがそんなに過激なものではありません。
苦難の航海で知恵を身につけたオデュッセウスは愛する妻が待つ故郷に帰れるでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

星:2.5点 ネタバレ

投稿日:2007/02/02 レビュアー:Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なが〜〜〜い。。。「キング・コング」より。
それに明らかに予算不足気味。
まあ、ちゃんとした映画じゃなく、
日本の年末年始によくある
テレビの時代劇スペシャルみたいなものなんで、
ブラピの「トロイ」とかと比べるのは問題があるんですが。

ジュリア・ロバーツの兄とか
よく知らない役者さんしか出てないし、
作品としての出来もよくありません。

ただ、原書のストーリーを結構ちゃんと追ってるので、
手っ取り早く復習したいときなどには役に立ちます。

最後の最後。ようやくイタケに帰還したオデュッセウスが
老いた乞食になりすまして我が家に帰り、
堅すぎて誰も弦を張れなかった弓に軽々と弦を張るシーン:

  智謀に富むオデュッセウスは、大弓を手に取って点検し、
  すっかり調べ終ると、さながら竪琴と歌に堪能な男が、
  よく綯い合せた羊の腸線を両方にひき伸ばし、
  新しい糸巻に苦もなく弦を張る如く、
  オデュッセウスは事もなげに大弓を張り、
  右手で弾いて弦を試みると、
  弦はその指の下で燕の声にも似た響きを立てて、美しく鳴る。

は本でもテレビドラマでもいつでも最高です。
立ち並ぶ斧の柄の穴を一つだに射損じることなく射抜いちゃうんです。
カッチョイイ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

構成が不明 ネタバレ

投稿日:2009/05/25 レビュアー:カカリッタ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本DVDは前作と後作の2編に分かれている。前作が終了して、そのままにしておかないと後作にならない。せっかちな私も前作だけで終了してしまうところであった。前作のトロイア軍との戦いは飛ばしすぎで内容的に希薄になってしまっている。本題は後作の部分であり、結果としてこのような内容になっていることは分かるが少し何とかならないか。中途半端な感じになった。ナレーションで飛ばすなら飛ばしたほうが面白くなるのではないか。神との葛藤は面白い部分あるが、全体にだらだらしている感じである。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

すごく長い大航海でした。

投稿日:2007/06/03 レビュアー:ミカエル

大まかに言うと戦いの勝利に酔ってしまい、神の助けを忘れてしまい、邪魔されて故郷で待ってる妻のもとに帰れなくなってしまうという罪でした。映像も綺麗だし、いろんな神も出てきて とても面白かったです。ただ、神々達があれほど人間の前に出てくるのは少しやりすぎかなと思いました。でも全体的に面白かったので良かったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

思ったより長かった・・・

投稿日:2006/01/30 レビュアー:イサレイ

時代設定はブラピが頑張ったトロイのサイドストーリーのようだが、ギリシャ神話に偏っている。途中でエンディングのようなテロップが流れて、こんなところで終わり?と思い早送りするともう一本映画を見るぐらいのストーリーが続くので勘違いして途中で止めてしまった方も居られるのではないかと思うので御注意ください。
映像も頑張っているので、シンドバットなどの冒険物やギリシャ神話が好きな方にはお勧めです。でも、長いですよ・・・覚悟してみてください。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

オデュッセイア/魔の海の大航海

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

ホメロスの叙事詩

投稿日

2007/09/24

レビュアー

King Lear

これはテレビ用に作られた映画なので少し長めです。それにこのホメロスの「オデュッセイア」は長い叙事詩なので長くても仕方ありません。短くしようとしても無理です。これでもすべての話を映像化していません。
トロイア戦争の勝利に酔ってうぬぼれてしまったオデュッセウスは海の神ポセイドンの怒りをかってしまい帰郷への苦難の航海を強いられいろいろな困難に立ち向かっていく話は結構おもしろいです。今で言うアクション映画の元祖ともいうべく内容です。
プロダクションもテレビ映画にしては悪くないと思うし、出演者もまったくの無名の俳優の方々ではありません。
また西洋では古典文学の著名作品として読まれており、作家の阿刀田高さんもホメロスやギリシャ神話についての著作を出版されています。
PG-13ですから話の内容上必要な暴力描写や女性とのラブシーンもありますがそんなに過激なものではありません。
苦難の航海で知恵を身につけたオデュッセウスは愛する妻が待つ故郷に帰れるでしょうか?

星:2.5点

投稿日

2007/02/02

レビュアー

Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なが〜〜〜い。。。「キング・コング」より。
それに明らかに予算不足気味。
まあ、ちゃんとした映画じゃなく、
日本の年末年始によくある
テレビの時代劇スペシャルみたいなものなんで、
ブラピの「トロイ」とかと比べるのは問題があるんですが。

ジュリア・ロバーツの兄とか
よく知らない役者さんしか出てないし、
作品としての出来もよくありません。

ただ、原書のストーリーを結構ちゃんと追ってるので、
手っ取り早く復習したいときなどには役に立ちます。

最後の最後。ようやくイタケに帰還したオデュッセウスが
老いた乞食になりすまして我が家に帰り、
堅すぎて誰も弦を張れなかった弓に軽々と弦を張るシーン:

  智謀に富むオデュッセウスは、大弓を手に取って点検し、
  すっかり調べ終ると、さながら竪琴と歌に堪能な男が、
  よく綯い合せた羊の腸線を両方にひき伸ばし、
  新しい糸巻に苦もなく弦を張る如く、
  オデュッセウスは事もなげに大弓を張り、
  右手で弾いて弦を試みると、
  弦はその指の下で燕の声にも似た響きを立てて、美しく鳴る。

は本でもテレビドラマでもいつでも最高です。
立ち並ぶ斧の柄の穴を一つだに射損じることなく射抜いちゃうんです。
カッチョイイ。

構成が不明

投稿日

2009/05/25

レビュアー

カカリッタ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本DVDは前作と後作の2編に分かれている。前作が終了して、そのままにしておかないと後作にならない。せっかちな私も前作だけで終了してしまうところであった。前作のトロイア軍との戦いは飛ばしすぎで内容的に希薄になってしまっている。本題は後作の部分であり、結果としてこのような内容になっていることは分かるが少し何とかならないか。中途半端な感じになった。ナレーションで飛ばすなら飛ばしたほうが面白くなるのではないか。神との葛藤は面白い部分あるが、全体にだらだらしている感じである。

すごく長い大航海でした。

投稿日

2007/06/03

レビュアー

ミカエル

大まかに言うと戦いの勝利に酔ってしまい、神の助けを忘れてしまい、邪魔されて故郷で待ってる妻のもとに帰れなくなってしまうという罪でした。映像も綺麗だし、いろんな神も出てきて とても面白かったです。ただ、神々達があれほど人間の前に出てくるのは少しやりすぎかなと思いました。でも全体的に面白かったので良かったです。

思ったより長かった・・・

投稿日

2006/01/30

レビュアー

イサレイ

時代設定はブラピが頑張ったトロイのサイドストーリーのようだが、ギリシャ神話に偏っている。途中でエンディングのようなテロップが流れて、こんなところで終わり?と思い早送りするともう一本映画を見るぐらいのストーリーが続くので勘違いして途中で止めてしまった方も居られるのではないかと思うので御注意ください。
映像も頑張っているので、シンドバットなどの冒険物やギリシャ神話が好きな方にはお勧めです。でも、長いですよ・・・覚悟してみてください。

1〜 5件 / 全7件