ザ・エージェントの画像・ジャケット写真

ザ・エージェント / トム・クルーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

66

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「ザ・エージェント」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

スポーツ・エージェントのジェリーは、選手の年俸をつり上げるだけのやり方に疑問を持ち、会社に提言書を提出した。だがクビになってしまい、彼はただ一人共感してくれた会計係のドロシーと共に独立するが、クライアントは、落ち目になったアメリカン・フットボールの選手ロッドだけだった……。キューバ・グッディング・Jrが96年アカデミー賞助演男優賞を受賞している。

「ザ・エージェント」 の作品情報

作品情報

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

原題:

JERRY MAGUIRE

受賞記録:

1996年 アカデミー賞 助演男優賞
1996年 ゴールデン・グローブ 男優賞(コメディ/ミュージカル)

「ザ・エージェント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アントブリー 特別版

コールドマウンテン

代理人

ホワイト・オランダー

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全66件

子役ちゃんにメロメロ

投稿日:2007/03/30 レビュアー:飛べない魔女

レニーの息子役の子役ちゃんが超かわいい!
あんなにかわいい笑顔の子、見たことないよっていうくらい
すっごいステキな笑顔を見せてくれる。
最初やけに頭が大きくて顔がおっさんぽく、手足短くて、体小さいので、あれ??って思ったのだけれど、6歳にしていい演技してますよ。
あの子なら父親になってもいいかも。。って思えるの判る!
この映画の時に6歳ぐらいだから、今は16−17歳ぐらいになっているのね。

この映画のトムは決してかっこよくありません。
思いつきで書いた提案書のせいでクビになり、フィアンセには負け犬呼ばわりされ、あげくのはて彼女にブンなぐられて、会社を興したのものの、文無し状態。 あるのは元会社の憎たらしい同僚へ見返すことへのエネルギーのみ。だから恋も中途半端なままつっぱしってしまい、勢いで結婚もしちゃう。
でもね、こんなトムって、なんか一般ピープルっぽくて好きだな。ちょっと、オバーアクションが多いのは気になるけどね。
ヒロインのレニーには賛否両論あるようですが、私はすっごくいいと思う。尽くすタイプの女性を演じさせたらぴったりですよ。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

レニーも細いけど、トム・クルーズが痩せてる

投稿日:2008/01/12 レビュアー:ムーミンママ

レニー・ゼルウィガーとトム・クルーズが共演していたなんて
全然知りませんでした。
見るまで、この二人がパートナーというのはイメージに合わないような気がしていたのですが、思ったより似合ってるかも・・・

とにかくレニーの癒し系ぶりがいいですね。
ちょっと天然っぽいところもあるけれど、
意外と芯はしっかり、でも癒される・・・
そんな役どころにぴったりの女優さんですね。

ブリジット・ジョーンズに比べるとかなり細身。
顔はぽっちゃりしてるけど・・・
でも、レニーが細いことよりもトム・クルーズが
とっても若くて痩せているのにびっくり。
今でも別にデブになってるわけじゃないけれど
年とともにちょっとずつ太っていたことがよくわかります。
痩せているトムはやっぱりカッコいいです。
役柄としては、そんなにカッコいい役ではないんですけどね。

ストーリーもまぁまぁの感動もので、
映画としてもまぁ良かったんじゃないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

お仕事の話意外にもいろんな要素がバランスよく入って良質のドラマ。

投稿日:2011/09/15 レビュアー:MM3

ちょくちょく薦められていたものの、新作やら気になる映画を観るのに忙殺されて
あとあとにまわしていてやっと観ました。

これスポーツエージェントのお仕事的な話に絞った話かと思ったら
家族、恋愛、信念などなど
いやー、いろんな要素がバランスよく入ってて、しかもちゃんと後味よい、爽やかなドラマになってました。

トムクルーズが演じるのはジェリーというスポーツエージェント。
スポーツ好きな人なら当然知っている、スポーツ選手の交渉ごとの代理人のようなものです。
ジェリーは敏腕エージェントで、年俸やら移籍金をがっぽりもらえれば、
選手も自分も幸せ、しいてはそれがファンのためにもなると信じている男。

ですが、高価な年俸や移籍金と引換えに、家族を犠牲にしたりファンを離れさせてしまったのでは
と考え、そのやり方に悩むのです。

悩んだ末に理想にのっとった企画書を書き、会社をクビになり、契約している選手は離れていき・・・
はたしてジェリーはどん底から這い上がるのか???

ってことですが、そこに支えてくれる人がいるんですなー。
シングルマザーで会計係のドロシー(レニーゼルヴィガー)とその息子、
ジェリーと唯一契約している落ち目の選手ロッド(&その家族)
とか。

この支える人たちとのエピソードがいいんですな〜。
まあ、ベタなんですけどね、なんか悩みながらも支えたり
決していい状態じゃないのに、お互い信じあうことができたりね〜。

ちょっとドロシーとジェリーの恋愛の展開が速いかな?って気はするけど、
それでもまあいい話ですわー。

山アリ谷アリのジェリーとその仲間たち、最後はどうなるでしょうね・・・?

・・・ってサクセスストーリーですから、いいんです、予想通りでも(笑


これは、おススメされるのも納得の1本でした♪
ドラマ好きならおススメします!



あ、そうそう、レニーがすごくカワイイ、この映画!!!!

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

心温まりたいときにどうぞ ネタバレ

投稿日:2005/01/22 レビュアー:iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主人公が挫折を経て成功をつかむ話。単に仕事面のみならず恋愛面でも主人公の浮沈が描かれているので、単調にならない。ハッピーエンドが楽しめ、人気実力派俳優の演技が楽しめ、一粒で二度おいしい映画である。
私はどちらかというと2時間を越える作品には構えてしまうところがある。2時間以上を長い作品だと思っているので、そんなに長い時間かけてつまんないものを見せられたらどうしようという気分があるためつい構えてしまうのである。しかしこれは途中ダレることもなく最後まで楽しく見ることができた。
主役級3人は無論素晴らしい。トム・クルーズは吹替えがよかったせいもあって、ロッドと喧嘩するシーンの演技は最高だった。意外なことに「キレるトム・クルーズ」をあまり見かけた記憶がない。クルーズといえばいつもわかったような悟ったような顔で頷いているか困っているかどちらかの印象があった。今回はキレるシーンが最高。レニー・ゼルウィガーは「コールド・マウンテン」でしか見たことがなく「そんなにみんなが言うほどいいかなあ」と思っていたのであるが、こういう系統の可愛い役にはぴったりだと思った。キューバ・グッディングJrは本物のプロのスポーツマンらしい引き締まったお尻と、サングラスから目を覗かせるシーンがよかった。
そしてこの映画のいいところは脇役がみな素晴らしいところだ。まずレイ。子役はたいてい可愛いものだが、この子は心底可愛い。姿形だけではなく演技まで可愛い。あまりの可愛さにそれだけで涙が出てきそうになる天才的な可愛さである。それからローレル(ドロシーの姉)の悟りつつも愛情を持って妹を見守る視線、保父のチャドの間、ロッドの妻マーシーの大迫力。どれもみな素晴らしい。
キレ者エージェント同士の手に汗握る頭脳バトルの話かと思っていたが、そうではなく心温まる素朴ないい映画だった。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

レニーよりかわいいジョナサンくん

投稿日:2004/12/13 レビュアー:パープルローズ

スポーツのことはほとんど知らないし、興味もありません。従って、スポーツエージェントのジェリー・マグワイア(トム・クルーズ)には、ほとんど感情移入できないのですが、それにもかかわらず何度か観ているのは、単純に恋愛ものとして楽しめるからだと思います。
この映画のレニー・ゼルウイーガーはほんとにかわいいけど、それ以上にかわいいのは息子の役をやっているジョナサン・リプニッキ。こんなかわいい息子がいたら、そりゃジェリーも心が動くよね。この子がでてるところだけ、何度でもみてしまいます。「スチュアートリトル」もかわいいですよ。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全66件

ザ・エージェント

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:66件

子役ちゃんにメロメロ

投稿日

2007/03/30

レビュアー

飛べない魔女

レニーの息子役の子役ちゃんが超かわいい!
あんなにかわいい笑顔の子、見たことないよっていうくらい
すっごいステキな笑顔を見せてくれる。
最初やけに頭が大きくて顔がおっさんぽく、手足短くて、体小さいので、あれ??って思ったのだけれど、6歳にしていい演技してますよ。
あの子なら父親になってもいいかも。。って思えるの判る!
この映画の時に6歳ぐらいだから、今は16−17歳ぐらいになっているのね。

この映画のトムは決してかっこよくありません。
思いつきで書いた提案書のせいでクビになり、フィアンセには負け犬呼ばわりされ、あげくのはて彼女にブンなぐられて、会社を興したのものの、文無し状態。 あるのは元会社の憎たらしい同僚へ見返すことへのエネルギーのみ。だから恋も中途半端なままつっぱしってしまい、勢いで結婚もしちゃう。
でもね、こんなトムって、なんか一般ピープルっぽくて好きだな。ちょっと、オバーアクションが多いのは気になるけどね。
ヒロインのレニーには賛否両論あるようですが、私はすっごくいいと思う。尽くすタイプの女性を演じさせたらぴったりですよ。

レニーも細いけど、トム・クルーズが痩せてる

投稿日

2008/01/12

レビュアー

ムーミンママ

レニー・ゼルウィガーとトム・クルーズが共演していたなんて
全然知りませんでした。
見るまで、この二人がパートナーというのはイメージに合わないような気がしていたのですが、思ったより似合ってるかも・・・

とにかくレニーの癒し系ぶりがいいですね。
ちょっと天然っぽいところもあるけれど、
意外と芯はしっかり、でも癒される・・・
そんな役どころにぴったりの女優さんですね。

ブリジット・ジョーンズに比べるとかなり細身。
顔はぽっちゃりしてるけど・・・
でも、レニーが細いことよりもトム・クルーズが
とっても若くて痩せているのにびっくり。
今でも別にデブになってるわけじゃないけれど
年とともにちょっとずつ太っていたことがよくわかります。
痩せているトムはやっぱりカッコいいです。
役柄としては、そんなにカッコいい役ではないんですけどね。

ストーリーもまぁまぁの感動もので、
映画としてもまぁ良かったんじゃないでしょうか。

お仕事の話意外にもいろんな要素がバランスよく入って良質のドラマ。

投稿日

2011/09/15

レビュアー

MM3

ちょくちょく薦められていたものの、新作やら気になる映画を観るのに忙殺されて
あとあとにまわしていてやっと観ました。

これスポーツエージェントのお仕事的な話に絞った話かと思ったら
家族、恋愛、信念などなど
いやー、いろんな要素がバランスよく入ってて、しかもちゃんと後味よい、爽やかなドラマになってました。

トムクルーズが演じるのはジェリーというスポーツエージェント。
スポーツ好きな人なら当然知っている、スポーツ選手の交渉ごとの代理人のようなものです。
ジェリーは敏腕エージェントで、年俸やら移籍金をがっぽりもらえれば、
選手も自分も幸せ、しいてはそれがファンのためにもなると信じている男。

ですが、高価な年俸や移籍金と引換えに、家族を犠牲にしたりファンを離れさせてしまったのでは
と考え、そのやり方に悩むのです。

悩んだ末に理想にのっとった企画書を書き、会社をクビになり、契約している選手は離れていき・・・
はたしてジェリーはどん底から這い上がるのか???

ってことですが、そこに支えてくれる人がいるんですなー。
シングルマザーで会計係のドロシー(レニーゼルヴィガー)とその息子、
ジェリーと唯一契約している落ち目の選手ロッド(&その家族)
とか。

この支える人たちとのエピソードがいいんですな〜。
まあ、ベタなんですけどね、なんか悩みながらも支えたり
決していい状態じゃないのに、お互い信じあうことができたりね〜。

ちょっとドロシーとジェリーの恋愛の展開が速いかな?って気はするけど、
それでもまあいい話ですわー。

山アリ谷アリのジェリーとその仲間たち、最後はどうなるでしょうね・・・?

・・・ってサクセスストーリーですから、いいんです、予想通りでも(笑


これは、おススメされるのも納得の1本でした♪
ドラマ好きならおススメします!



あ、そうそう、レニーがすごくカワイイ、この映画!!!!

心温まりたいときにどうぞ

投稿日

2005/01/22

レビュアー

iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主人公が挫折を経て成功をつかむ話。単に仕事面のみならず恋愛面でも主人公の浮沈が描かれているので、単調にならない。ハッピーエンドが楽しめ、人気実力派俳優の演技が楽しめ、一粒で二度おいしい映画である。
私はどちらかというと2時間を越える作品には構えてしまうところがある。2時間以上を長い作品だと思っているので、そんなに長い時間かけてつまんないものを見せられたらどうしようという気分があるためつい構えてしまうのである。しかしこれは途中ダレることもなく最後まで楽しく見ることができた。
主役級3人は無論素晴らしい。トム・クルーズは吹替えがよかったせいもあって、ロッドと喧嘩するシーンの演技は最高だった。意外なことに「キレるトム・クルーズ」をあまり見かけた記憶がない。クルーズといえばいつもわかったような悟ったような顔で頷いているか困っているかどちらかの印象があった。今回はキレるシーンが最高。レニー・ゼルウィガーは「コールド・マウンテン」でしか見たことがなく「そんなにみんなが言うほどいいかなあ」と思っていたのであるが、こういう系統の可愛い役にはぴったりだと思った。キューバ・グッディングJrは本物のプロのスポーツマンらしい引き締まったお尻と、サングラスから目を覗かせるシーンがよかった。
そしてこの映画のいいところは脇役がみな素晴らしいところだ。まずレイ。子役はたいてい可愛いものだが、この子は心底可愛い。姿形だけではなく演技まで可愛い。あまりの可愛さにそれだけで涙が出てきそうになる天才的な可愛さである。それからローレル(ドロシーの姉)の悟りつつも愛情を持って妹を見守る視線、保父のチャドの間、ロッドの妻マーシーの大迫力。どれもみな素晴らしい。
キレ者エージェント同士の手に汗握る頭脳バトルの話かと思っていたが、そうではなく心温まる素朴ないい映画だった。

レニーよりかわいいジョナサンくん

投稿日

2004/12/13

レビュアー

パープルローズ

スポーツのことはほとんど知らないし、興味もありません。従って、スポーツエージェントのジェリー・マグワイア(トム・クルーズ)には、ほとんど感情移入できないのですが、それにもかかわらず何度か観ているのは、単純に恋愛ものとして楽しめるからだと思います。
この映画のレニー・ゼルウイーガーはほんとにかわいいけど、それ以上にかわいいのは息子の役をやっているジョナサン・リプニッキ。こんなかわいい息子がいたら、そりゃジェリーも心が動くよね。この子がでてるところだけ、何度でもみてしまいます。「スチュアートリトル」もかわいいですよ。

1〜 5件 / 全66件