花の恋人たち

花の恋人たちの画像・ジャケット写真

花の恋人たち / 吉永小百合

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「花の恋人たち」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

吉永小百合主演による青春ラブロマンス。国家試験に向けて猛勉強の日々を送る医学生・操。老いた母親を抱え、アルバイトをしながら勉学に励む彼女を、先輩医師の忠男は密かに支えるのだった。

「花の恋人たち」 の作品情報

作品情報

製作年: 1968年
製作国: 日本

「花の恋人たち」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

君は恋人

青春大全集

風と雲と虹と 完全版

愛と死の記録

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

題名がピンとこない

投稿日:2019/04/20 レビュアー:fumi

題名で損をしているのではないか。内容は、地に足のついた真面目な内容。題名から連想する華やかなものではない。ついでに斉藤チヤ子とは渋い配役、彼女は後に歌手になり、アメリカのポップス曲のカバー曲を歌いヒットをとばす。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

戦後の昭和 日本が真面目だった時代

投稿日:2018/12/05 レビュアー:fumi

昭和30年代・40年代の青春時代を、吉永小百合と共に送れたことはわが人生をどれほど豊かにしてくれたことか。あらためて感謝。画面の福島の映像がすべて良い。ロケの行われた病院はどこだろろう? 屋上からの周囲の景色などどこか見覚えがあるのだが。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

すごくいい映画でした。

投稿日:2010/10/06 レビュアー:ミッキー

6人の女子医学生の青春映画です。明るく前向きに生きている当時の学生の生活が恋愛を交えながら爽やかに描かれています。
見終わって、、見て良かった!と感動に慕りました。
奈良岡朋子さんのお母さんが素晴らしかった。子供を持つ親なら皆同じだと思いますが、自分と重なる部分もあり、涙してしまいました。娘を思う親心、親を思う娘の気持は、時代が代わっても、変わらないものだと思います。
嫌なニュースが多く流れる昨今ですが、現代でも、おおかたの人は、真面目に前向きに、思いやりやいたわりの心を持って生きていると思います。
友達の思いやりもすてきな友情が描かれていて、心が洗われる思いです。本当に素晴らしい作品です。
齋藤武市監督というお名前をどこかで目にしたことがあると思ったら・・・
年末時代劇の幕末作品を作られた監督さんだったんですね。
白虎隊、田原坂、五稜郭は心に残る感動のドラマでした。
お若いときにも、こんなに素晴らしい作品を作られていたのですね。
他の作品も探して観てみたくなりました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

青春

投稿日:2009/04/05 レビュアー:トレッキー

吉永小百合が苦学生を演じています。
日活スターオール出演、青春しているなあ、という感じがします。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

花の恋人たち

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

題名がピンとこない

投稿日

2019/04/20

レビュアー

fumi

題名で損をしているのではないか。内容は、地に足のついた真面目な内容。題名から連想する華やかなものではない。ついでに斉藤チヤ子とは渋い配役、彼女は後に歌手になり、アメリカのポップス曲のカバー曲を歌いヒットをとばす。

戦後の昭和 日本が真面目だった時代

投稿日

2018/12/05

レビュアー

fumi

昭和30年代・40年代の青春時代を、吉永小百合と共に送れたことはわが人生をどれほど豊かにしてくれたことか。あらためて感謝。画面の福島の映像がすべて良い。ロケの行われた病院はどこだろろう? 屋上からの周囲の景色などどこか見覚えがあるのだが。

すごくいい映画でした。

投稿日

2010/10/06

レビュアー

ミッキー

6人の女子医学生の青春映画です。明るく前向きに生きている当時の学生の生活が恋愛を交えながら爽やかに描かれています。
見終わって、、見て良かった!と感動に慕りました。
奈良岡朋子さんのお母さんが素晴らしかった。子供を持つ親なら皆同じだと思いますが、自分と重なる部分もあり、涙してしまいました。娘を思う親心、親を思う娘の気持は、時代が代わっても、変わらないものだと思います。
嫌なニュースが多く流れる昨今ですが、現代でも、おおかたの人は、真面目に前向きに、思いやりやいたわりの心を持って生きていると思います。
友達の思いやりもすてきな友情が描かれていて、心が洗われる思いです。本当に素晴らしい作品です。
齋藤武市監督というお名前をどこかで目にしたことがあると思ったら・・・
年末時代劇の幕末作品を作られた監督さんだったんですね。
白虎隊、田原坂、五稜郭は心に残る感動のドラマでした。
お若いときにも、こんなに素晴らしい作品を作られていたのですね。
他の作品も探して観てみたくなりました。

青春

投稿日

2009/04/05

レビュアー

トレッキー

吉永小百合が苦学生を演じています。
日活スターオール出演、青春しているなあ、という感じがします。

1〜 4件 / 全4件