1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. リトル・プリンセス 小公女

リトル・プリンセス 小公女

リトル・プリンセス 小公女の画像・ジャケット写真

リトル・プリンセス 小公女 / リーセル・マシューズ

全体の平均評価点: (5点満点)

21

リトル・プリンセス 小公女 /リーセル・マシューズ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「リトル・プリンセス 小公女」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

バーネットの不朽の名作『少公女』の映画化。母親を亡くし、父親のクルー大尉の深い愛情を受けて育った少女セーラは、父の任地であるインドで幸福に暮らしていた。しかし、父が戦地に赴くことになった為、彼女はニューヨークの厳格な寄宿学校に入学することになってしまう。最初はインドでのびのびと自由に暮らしてきた天真爛漫な性格の為、独裁者の様な女校長ミス・ミンチンや、クラスメートたちを戸惑わせていた彼女だったが、次第にその魅力で周囲とも打ち解けてきたその頃、彼女の元に父が戦地で死んだという知らせが届く……。

「リトル・プリンセス 小公女」 の作品情報

作品情報

製作年:

1995年

製作国:

アメリカ

原題:

A LITTLE PRINCESS

受賞記録:

1995年 LA批評家協会賞 美術賞

「リトル・プリンセス 小公女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ゴッド・クローン

ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐−後編−

スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還

ジェイン・オースティン・コレクション ノーサンガー・アベイ

日蔭のふたり

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全21件

女の子は誰でもお姫様♪

投稿日:2008/09/03 レビュアー:ムーミンママ

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

とてもいいおはなしです。 ネタバレ

投稿日:2007/03/15 レビュアー:干し草

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「ハリー・ポッター3」「トゥモロー・ワールド」と見てきて、アルフォンソ・キュアロン監督への興味が強まったもので、お借りすることにしました。

 いいですねえ。とても美しい映像で、ストーリーも引き締まっています。「小公女」は「小公子」や「王子とこじき」などとともに児童文学の定番中の定番で、世界中に愛読者がいる物語ですので、へたに筋をいじればそれだけでそっぽを向かれかねません。しかし当然、映画と小説では表現手法がまったく違いますので、原作をそのまま描いていては、原作ファン以外に魅力が伝わりません。アルフォンソ・キュアロンはこの作品でも背景や小道具を効果的に使い、カメラワークを工夫して、登場人物の心理を観客へ上手に投げかけてくれています。物語のエッセンスはがっちりつかんでみじんも動かさず、世相にあわせて周辺細部に工夫を凝らすのが、この監督の魅力なのだと思います。
 原作ファンは、細部まで変わらぬそのままの映像が欲しいもので、その気持ちは私にもよくわかります。ただ、小説は読者の想像力にたよって物語を進めているものですから、そのままを映画にすると、隙だらけ、穴だらけ、主張だらけになってしまいます。できるだけ目立たない、つまらない背景で画像を埋めるくらいなら、私はアルのように、観客の心理を読み、作品の核をつかんで、それを投影した画面構成に尽力する映画監督を買います。監督室を家捜ししたら、重い専門書のあいだから酒の小瓶が出てきたり、外の世界を知らない小間使いの少女がかくれて縫ったクッションには、彼女が限界まで想像を駆使して刺繍したのであろうヤシの木が描かれていたり。細かい部分まで手を抜かず、画面を見つめる観客の目を信じてこそつくりあげることができる、とても豊かな描写だとは思いませんか?

 レビューを読んでちょっと驚いたのですが、今では結構上の世代の方も原作をご存知ないんですね。有名なアニメシリーズにも同じ原作が用いられているのですが、大元はアメリカの小説家、バーネットの「A Little Princess(小公女)」です。原作は、アニメファンの方には少し淡白な物語かもしれませんね。
 ついでに言いますと、劇中セーラが話すラマ王子の物語はインドの神話的な叙事詩「ラーマーヤナ(ラーマのうた)」を子ども向きに構成しなおしたもので、劇中のアニメは、セーラが覚えている物語をさらに妹分たちにわかりやすく生き生きと話しているイメージを伝えているのです。きっとお父さんとの一番大切な時間が、“おはなし”だったのでしょうね。自分の顔を忘れてしまったお父さんに、『ラーマーヤナは!?』と叫ぶ姿が悲しく思い出されます。

 小学校中学年くらい、特に女の子にベストな物語ですが、親御さんもいっしょにごらんになると良いと思います。今晩から読み聞かせでもしてみようか、って気になってしまうかもしれませんよ?

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

なかなか良くできた話

投稿日:2005/11/06 レビュアー:麻冷

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

設定がロンドンからニューヨークに ネタバレ

投稿日:2021/05/08 レビュアー:hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 バーネットの原作は、子どもの頃大好きだった作品のひとつです。イギリスのテレビ映画版(ディスカスには無いようです)は観たことがあるのですが、このアメリカ版は初めて。場所だけではなくて、細かな設定が色々原作とは変更されています。特に、原作では父親はイギリスの旧植民地インドに住む成功したイギリス人の実業家で、成長した娘を母国イギリス、ロンドンの女子寄宿学校に入学させます。後に事業に失敗し破産して亡くなったという訃報が届くのですが、実際は父親の遺産は残されていて、弁護士がセーラを捜しており、偶然女学院の隣に住む紳士が彼女の父親の親友と判明してセーラとヴィッキーを引き取り、ふたりは幸せになるいう終り方です。

 今作では、父親は戦場に赴いて戦死し、財産は政府によって接収されたことになっています。(その戦場のリアルな場面から映画は始まっています。)後に、負傷して記憶喪失になっていると分かりますが、身元は不明のまま。ニューヨークにある女学院の隣に住むジョンは、たまたまセーラの父親と同じ部隊にいて、病院で再会した彼を自宅で療養させます。意地悪なミンチン院長のせいで警察に追われたセーラが、親切なジョンの屋敷に逃げ込んだことから、ようやくセーラは父親とめぐり会って、ヴィッキーと共に幸せにという結末です。

 学院長の姉の言いなりに使われている妹のアメリアを、セーラが仲介して、牛乳屋のフランシスと駆け落ちさせるというような面白い展開もあります。また、破産して雨漏りのする屋根裏部屋追いやられ、小間使いとして働くようになったセーラを、級友が苛めたりするシーンはなく、皆セーラに同情的で、協力してセーラのロケットを取り戻してくれたり、屋根裏部屋でセーラを囲んでお話し会をしたりと、女子生徒たちの温かな友愛が描かれています。

 セーラは、どんな境遇になろうと誰に対しても(ねずみにさえも!)いつも優しく、毅然としていて、「屋根裏部屋に住んでいても、ボロを着ていても、女の子はみんなプリンセスなんだ」と、貴賤で態度を変えるような卑劣なミンチン院長に向かって、堂々と宣言します。セーラの持つ少女らしい優雅さや真の優しさ、挫けることのない前向きさや誇り高さ、そういった原作の精神は、映画にもしっかり表現されいると思います。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

気高く生きた女の子 ネタバレ

投稿日:2009/01/21 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

子供の頃、何度も繰り返し読んだ物語とは、少し設定が違っていました。
もちろん、アニメも原作どおりではありません。
しかし、映画化されたこの作品は、現代に受け入れられるようアレンジされてはいますが、おおむねセーラの空想好きな面と凛とした言動がよく描かれていたと思います。
原作では、アニメのセーラのようにどこまでも心優しく謙虚でもありません。
セーラは怒りもすれば、ミンチン先生に対して辛らつな言葉も返します。
父が亡くなった理由も違いますし、セーラをどん底から救い出してくれたのは、父ではなく隣の老紳士だったと思うのですが・・・

でも、セーラ役の女の子(リーセル・マシューズ)が、とても可愛らしく清楚で、彼女の活き活きとした表情にひき込まれました。
父から言われた「女の子は誰でもお姫様なんだよ」を信じ続け、どんな境遇にあっても空想を友として、気高く思いやりにあふれたセーラや、彼女の周りに集まる少女たちの小さな冒険(ミンチン先生への小さな氾濫?)が楽しかったです。
セーラが語って聞かせるインドの物語も、その物語の登場人物も魅力的で、特に塔に閉じ込められたお姫さまの眼は、吸い込まれてしまいそうなくらい神秘的でした。
ラストでミンチン先生が、煙突掃除の少年に顎で使われているシーンは、ちょっと納得がいきませんでしたが・・・
納得がいかないと言えば、セーラの父が戦死した時に、全財産を政府に没収されて、セーラが無一文になった事。
セーラという娘がいて、彼女の所在は弁護士も知っているのに、この仕打ちはどうした事?と疑問です。
原作は、ちょっと古くさいかも知れないので、この作品でアニメとは違う「小公女」にふれてみるのは、いかがでしょう?
この作品の前に「テンプルちゃんの小公女」(1939年)というのがあるんですね。
そちらにも興味が湧いてきました!


このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全21件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

女の子は誰でもお姫様♪

投稿日

2008/09/03

レビュアー

ムーミンママ

とてもいいおはなしです。

投稿日

2007/03/15

レビュアー

干し草

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「ハリー・ポッター3」「トゥモロー・ワールド」と見てきて、アルフォンソ・キュアロン監督への興味が強まったもので、お借りすることにしました。

 いいですねえ。とても美しい映像で、ストーリーも引き締まっています。「小公女」は「小公子」や「王子とこじき」などとともに児童文学の定番中の定番で、世界中に愛読者がいる物語ですので、へたに筋をいじればそれだけでそっぽを向かれかねません。しかし当然、映画と小説では表現手法がまったく違いますので、原作をそのまま描いていては、原作ファン以外に魅力が伝わりません。アルフォンソ・キュアロンはこの作品でも背景や小道具を効果的に使い、カメラワークを工夫して、登場人物の心理を観客へ上手に投げかけてくれています。物語のエッセンスはがっちりつかんでみじんも動かさず、世相にあわせて周辺細部に工夫を凝らすのが、この監督の魅力なのだと思います。
 原作ファンは、細部まで変わらぬそのままの映像が欲しいもので、その気持ちは私にもよくわかります。ただ、小説は読者の想像力にたよって物語を進めているものですから、そのままを映画にすると、隙だらけ、穴だらけ、主張だらけになってしまいます。できるだけ目立たない、つまらない背景で画像を埋めるくらいなら、私はアルのように、観客の心理を読み、作品の核をつかんで、それを投影した画面構成に尽力する映画監督を買います。監督室を家捜ししたら、重い専門書のあいだから酒の小瓶が出てきたり、外の世界を知らない小間使いの少女がかくれて縫ったクッションには、彼女が限界まで想像を駆使して刺繍したのであろうヤシの木が描かれていたり。細かい部分まで手を抜かず、画面を見つめる観客の目を信じてこそつくりあげることができる、とても豊かな描写だとは思いませんか?

 レビューを読んでちょっと驚いたのですが、今では結構上の世代の方も原作をご存知ないんですね。有名なアニメシリーズにも同じ原作が用いられているのですが、大元はアメリカの小説家、バーネットの「A Little Princess(小公女)」です。原作は、アニメファンの方には少し淡白な物語かもしれませんね。
 ついでに言いますと、劇中セーラが話すラマ王子の物語はインドの神話的な叙事詩「ラーマーヤナ(ラーマのうた)」を子ども向きに構成しなおしたもので、劇中のアニメは、セーラが覚えている物語をさらに妹分たちにわかりやすく生き生きと話しているイメージを伝えているのです。きっとお父さんとの一番大切な時間が、“おはなし”だったのでしょうね。自分の顔を忘れてしまったお父さんに、『ラーマーヤナは!?』と叫ぶ姿が悲しく思い出されます。

 小学校中学年くらい、特に女の子にベストな物語ですが、親御さんもいっしょにごらんになると良いと思います。今晩から読み聞かせでもしてみようか、って気になってしまうかもしれませんよ?

なかなか良くできた話

投稿日

2005/11/06

レビュアー

麻冷

設定がロンドンからニューヨークに

投稿日

2021/05/08

レビュアー

hinakksk

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 バーネットの原作は、子どもの頃大好きだった作品のひとつです。イギリスのテレビ映画版(ディスカスには無いようです)は観たことがあるのですが、このアメリカ版は初めて。場所だけではなくて、細かな設定が色々原作とは変更されています。特に、原作では父親はイギリスの旧植民地インドに住む成功したイギリス人の実業家で、成長した娘を母国イギリス、ロンドンの女子寄宿学校に入学させます。後に事業に失敗し破産して亡くなったという訃報が届くのですが、実際は父親の遺産は残されていて、弁護士がセーラを捜しており、偶然女学院の隣に住む紳士が彼女の父親の親友と判明してセーラとヴィッキーを引き取り、ふたりは幸せになるいう終り方です。

 今作では、父親は戦場に赴いて戦死し、財産は政府によって接収されたことになっています。(その戦場のリアルな場面から映画は始まっています。)後に、負傷して記憶喪失になっていると分かりますが、身元は不明のまま。ニューヨークにある女学院の隣に住むジョンは、たまたまセーラの父親と同じ部隊にいて、病院で再会した彼を自宅で療養させます。意地悪なミンチン院長のせいで警察に追われたセーラが、親切なジョンの屋敷に逃げ込んだことから、ようやくセーラは父親とめぐり会って、ヴィッキーと共に幸せにという結末です。

 学院長の姉の言いなりに使われている妹のアメリアを、セーラが仲介して、牛乳屋のフランシスと駆け落ちさせるというような面白い展開もあります。また、破産して雨漏りのする屋根裏部屋追いやられ、小間使いとして働くようになったセーラを、級友が苛めたりするシーンはなく、皆セーラに同情的で、協力してセーラのロケットを取り戻してくれたり、屋根裏部屋でセーラを囲んでお話し会をしたりと、女子生徒たちの温かな友愛が描かれています。

 セーラは、どんな境遇になろうと誰に対しても(ねずみにさえも!)いつも優しく、毅然としていて、「屋根裏部屋に住んでいても、ボロを着ていても、女の子はみんなプリンセスなんだ」と、貴賤で態度を変えるような卑劣なミンチン院長に向かって、堂々と宣言します。セーラの持つ少女らしい優雅さや真の優しさ、挫けることのない前向きさや誇り高さ、そういった原作の精神は、映画にもしっかり表現されいると思います。

気高く生きた女の子

投稿日

2009/01/21

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

子供の頃、何度も繰り返し読んだ物語とは、少し設定が違っていました。
もちろん、アニメも原作どおりではありません。
しかし、映画化されたこの作品は、現代に受け入れられるようアレンジされてはいますが、おおむねセーラの空想好きな面と凛とした言動がよく描かれていたと思います。
原作では、アニメのセーラのようにどこまでも心優しく謙虚でもありません。
セーラは怒りもすれば、ミンチン先生に対して辛らつな言葉も返します。
父が亡くなった理由も違いますし、セーラをどん底から救い出してくれたのは、父ではなく隣の老紳士だったと思うのですが・・・

でも、セーラ役の女の子(リーセル・マシューズ)が、とても可愛らしく清楚で、彼女の活き活きとした表情にひき込まれました。
父から言われた「女の子は誰でもお姫様なんだよ」を信じ続け、どんな境遇にあっても空想を友として、気高く思いやりにあふれたセーラや、彼女の周りに集まる少女たちの小さな冒険(ミンチン先生への小さな氾濫?)が楽しかったです。
セーラが語って聞かせるインドの物語も、その物語の登場人物も魅力的で、特に塔に閉じ込められたお姫さまの眼は、吸い込まれてしまいそうなくらい神秘的でした。
ラストでミンチン先生が、煙突掃除の少年に顎で使われているシーンは、ちょっと納得がいきませんでしたが・・・
納得がいかないと言えば、セーラの父が戦死した時に、全財産を政府に没収されて、セーラが無一文になった事。
セーラという娘がいて、彼女の所在は弁護士も知っているのに、この仕打ちはどうした事?と疑問です。
原作は、ちょっと古くさいかも知れないので、この作品でアニメとは違う「小公女」にふれてみるのは、いかがでしょう?
この作品の前に「テンプルちゃんの小公女」(1939年)というのがあるんですね。
そちらにも興味が湧いてきました!


1〜 5件 / 全21件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

リトル・プリンセス 小公女