映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士の画像・ジャケット写真

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士 / 大山のぶ代

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

「ドラえもん」劇場版シリーズの第16弾。ドラえもんが出してくれた“気ままに夢見る機”で自分の好きな夢をみて夢中になるのび太。ある日彼は、謎の男から“夢幻三剣士”の夢をみることをすすめられる。しかし彼が見た夢は、妖霊大帝オドロームによってユミルメ国が支配されているところだった。ユミルメ国を悪の手から守るため、のび太は白銀の騎士・ノビタニヤンとなって、ドラえもん、ジャイアン、スネオたちと共に立ち上がる。

「映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士」 の作品情報

作品情報

製作年: 1994年
製作国: 日本

「映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

シャンプー王子

ちびまる子ちゃんアニメ化30周年記念企画「夏のお楽しみまつり」 おとぎ編

みつばちマーヤの冒険

新 ど根性ガエル

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

夢が現実になるとき。

投稿日:2006/01/27 レビュアー:頑固煎餅

正直な話を申し上げると、コレ以降のドラえもんは急速にストーリーの盛り上がり、ネタと共にクオリティが落ちていった映画でした。3本立てになってからは特にひどく、ネタ詰まりが印象的で、芸能人が声優をやったり、どこぞの歌手ともしれない輩がオープニングを歌ったりなどして話題作りが多々見受けられ(きゃぁーひどい貶しよう)とてつもなく悲しい思いをしたものでした。
とはいえ、面白い部分もちゃんとあります。
それというのは、夢と現実という新しいネタです。これを使ってのネタが面白かった。特にママの中途のナイスアシストが楽しかった。
あとはシズカールでしょうか。(笑)これが楽しくって。
が、、、、。
しかしであります。ドラえもん。
夢と現実というネタをもっと使って欲しかった。
それとなく思わせてくれるところもあってそこはいいのですが、少しダレ、盛り上がりに欠けます。また、一番問題なのは、、、ラストです。
ラストが、、、、。あっけなさすぎです。
前作、ブリキでは、意外なことにドラえもんが○○○になったことがワタシにとってよかったわけでもあるのですが、それぐらいのインパクトが今作にも欲しかったところでした。 (泣)
それにしても、、、。
かむば〜く!!大山さん〜〜〜〜!!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

子供とみれました

投稿日:2005/04/25 レビュアー:レビュアー名未設定

ドラえもんの映画は結構感動して、泣いちゃうから、(笑)すきです。

声も変わっちゃったし、なんだか、すでに懐かしい、みたいな感じ。

やはり、ドラえもんと、他のメンバーはこれだろっ!なんて、みながらうなずきました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

個性

投稿日:2005/04/12 レビュアー:ぢぃあ

のび太らの個性が光る作品です。設定がしっかりしているのもいいし、この先どうなるのだろうというわくわく感がありました。途中のエピソードでいい意味でも悪い意味でものび太らしい裏切りがあり、最後まではらはら楽しく見ることができました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

微妙 ネタバレ

投稿日:2009/07/21 レビュアー:スフレ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『夢幻三剣士』というストーリーにそって、冒険させられているよね?という感じ。謎の男の行動も意味不明。オドロームのスパイなのは判ったが、購入前の現実に出てくるのは『夢幻三剣士』がそういう仕様なのか、欠陥があるのか?オドロームは、のび太を夢の世界に来させたくないのに、スパイがなんで『夢幻三剣士』を勧めるの?とか。
今回、夢と日常が交互でいまいち盛り上がれなかった。一番盛り上がるべきピンチのところで、急に夢から覚めてピンチから逃れました。というのはちょっと……。
ジャイアン・スネオは、まさかの途中退場もびっくり。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

白銀の騎士ってか?のび太!

投稿日:2007/05/16 レビュアー:Shohei


白銀の騎士ってか?のび太!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

夢が現実になるとき。

投稿日

2006/01/27

レビュアー

頑固煎餅

正直な話を申し上げると、コレ以降のドラえもんは急速にストーリーの盛り上がり、ネタと共にクオリティが落ちていった映画でした。3本立てになってからは特にひどく、ネタ詰まりが印象的で、芸能人が声優をやったり、どこぞの歌手ともしれない輩がオープニングを歌ったりなどして話題作りが多々見受けられ(きゃぁーひどい貶しよう)とてつもなく悲しい思いをしたものでした。
とはいえ、面白い部分もちゃんとあります。
それというのは、夢と現実という新しいネタです。これを使ってのネタが面白かった。特にママの中途のナイスアシストが楽しかった。
あとはシズカールでしょうか。(笑)これが楽しくって。
が、、、、。
しかしであります。ドラえもん。
夢と現実というネタをもっと使って欲しかった。
それとなく思わせてくれるところもあってそこはいいのですが、少しダレ、盛り上がりに欠けます。また、一番問題なのは、、、ラストです。
ラストが、、、、。あっけなさすぎです。
前作、ブリキでは、意外なことにドラえもんが○○○になったことがワタシにとってよかったわけでもあるのですが、それぐらいのインパクトが今作にも欲しかったところでした。 (泣)
それにしても、、、。
かむば〜く!!大山さん〜〜〜〜!!

子供とみれました

投稿日

2005/04/25

レビュアー

レビュアー名未設定

ドラえもんの映画は結構感動して、泣いちゃうから、(笑)すきです。

声も変わっちゃったし、なんだか、すでに懐かしい、みたいな感じ。

やはり、ドラえもんと、他のメンバーはこれだろっ!なんて、みながらうなずきました。

個性

投稿日

2005/04/12

レビュアー

ぢぃあ

のび太らの個性が光る作品です。設定がしっかりしているのもいいし、この先どうなるのだろうというわくわく感がありました。途中のエピソードでいい意味でも悪い意味でものび太らしい裏切りがあり、最後まではらはら楽しく見ることができました。

微妙

投稿日

2009/07/21

レビュアー

スフレ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『夢幻三剣士』というストーリーにそって、冒険させられているよね?という感じ。謎の男の行動も意味不明。オドロームのスパイなのは判ったが、購入前の現実に出てくるのは『夢幻三剣士』がそういう仕様なのか、欠陥があるのか?オドロームは、のび太を夢の世界に来させたくないのに、スパイがなんで『夢幻三剣士』を勧めるの?とか。
今回、夢と日常が交互でいまいち盛り上がれなかった。一番盛り上がるべきピンチのところで、急に夢から覚めてピンチから逃れました。というのはちょっと……。
ジャイアン・スネオは、まさかの途中退場もびっくり。

白銀の騎士ってか?のび太!

投稿日

2007/05/16

レビュアー

Shohei


白銀の騎士ってか?のび太!

1〜 5件 / 全6件

同シリーズ作品を借りる