ダーク・ウィンドの画像・ジャケット写真

ダーク・ウィンド / ルー・ダイアモンド・フィリップス

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ダーク・ウィンド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

トニー・ヒラーマンの原作を映画化したサスペンス。インディアン居住地で起こった殺人事件に挑む刑事の姿を描く。“特別プライス・キャンペーン 2008”。

「ダーク・ウィンド」 の作品情報

作品情報

製作年:

1991年

製作国:

アメリカ

原題:

THE DARK WIND

「ダーク・ウィンド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

プロディガル・サン 殺人鬼の系譜 <シーズン2>

トレマーズ 2

殺人ドットコム

ロード・トリップ

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

ナバホ・ミステリー

投稿日:2014/09/15 レビュアー:趣味は洋画

トニー・ヒラーマン原作による「ナバホ・ミステリー」第5弾「黒い風」に基づく、社会派サスペンス。
刑事ジム・チー(ルー・ダイアモンド・フィリップス)は、ナバホ族警察のアリゾナ州事務所から不可解な事件捜査を命じられる。ホピの村の共同利用地での風車を破壊し続ける人物を探すこと、そしてナバホで発見された惨殺死体の身元を調べること...そして麻薬絡みの複雑な事件が展開する...
冒頭から何やら怪しい雰囲気で、インディアン居留地の異様な光景の連続描写だ。 しかし、特別ストーリー展開に起伏があるわけでもなく、刑事の捜査の進展具合とともにダラダラと進む流れ。
ラストに銃撃アクションがあるものの、以外は全体的におとなしく、サスペンスがあるわけでもない、どんでん返しがあるわけでもない。 こうなるとB級、いやC級作品といった感じ。
主演のL・D・フィリップスは1962年生まれのフィリピン人俳優で、88年「ヤングガン」の若きガンマンで注目された。以降、90年「ヤングガン2」、95年「ヒッチャー’95」、96年「戦火の勇気」などで存在感を発揮した俳優。
共演のフレッド・ウォードはメジャー俳優の仲間入りをし、上質作品への出演も多い。 残念なのはアーチー役を演じたランス・ベイカーで、本作撮影直後、31歳の若さで逝去、出演作品は本作1本のみである。
ロバート・レッドフォードが製作総指揮を担当しているものの、作品の印象度も薄い。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

ダーク・ウィンド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

ナバホ・ミステリー

投稿日

2014/09/15

レビュアー

趣味は洋画

トニー・ヒラーマン原作による「ナバホ・ミステリー」第5弾「黒い風」に基づく、社会派サスペンス。
刑事ジム・チー(ルー・ダイアモンド・フィリップス)は、ナバホ族警察のアリゾナ州事務所から不可解な事件捜査を命じられる。ホピの村の共同利用地での風車を破壊し続ける人物を探すこと、そしてナバホで発見された惨殺死体の身元を調べること...そして麻薬絡みの複雑な事件が展開する...
冒頭から何やら怪しい雰囲気で、インディアン居留地の異様な光景の連続描写だ。 しかし、特別ストーリー展開に起伏があるわけでもなく、刑事の捜査の進展具合とともにダラダラと進む流れ。
ラストに銃撃アクションがあるものの、以外は全体的におとなしく、サスペンスがあるわけでもない、どんでん返しがあるわけでもない。 こうなるとB級、いやC級作品といった感じ。
主演のL・D・フィリップスは1962年生まれのフィリピン人俳優で、88年「ヤングガン」の若きガンマンで注目された。以降、90年「ヤングガン2」、95年「ヒッチャー’95」、96年「戦火の勇気」などで存在感を発揮した俳優。
共演のフレッド・ウォードはメジャー俳優の仲間入りをし、上質作品への出演も多い。 残念なのはアーチー役を演じたランス・ベイカーで、本作撮影直後、31歳の若さで逝去、出演作品は本作1本のみである。
ロバート・レッドフォードが製作総指揮を担当しているものの、作品の印象度も薄い。

1〜 1件 / 全1件