ドカベン

ドカベンの画像・ジャケット写真
ドカベン / 橋本三智弘
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
ジャンル:

「ドカベン」 の解説・あらすじ・ストーリー

 明訓高校に転校してきたドカベンこと山田太郎は、永遠のライバル・岩鬼や、ドカベンをなんとか名捕手に育て上げようと考える野球部キャプテンの長島らと出会う。だがドカベンは弱小の柔道部に入り、岩鬼も後を追って入部。二人の活躍もあって柔道部は活気を取り戻し、ついに関東高校柔道大会の決勝に勝ち進むのだが……。77年の東映GW用番組として『恐竜・怪鳥の伝説』『池沢さとしと世界のスーパーカー』と同時公開された。

「ドカベン」 の作品情報

製作年: 1977年
製作国: 日本

「ドカベン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ドカベンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRTD02726 2007年09月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

古き良き時代の作品

投稿日:2008/12/29 レビュアー:ナナメ歩き

この時代の漫画原作の実写版はこの作品だけではなく、キャラを似せる努力が伺えファンを大事にしようとしているのが好感が持てる
演技も熱く過剰気味で、正に漫画から飛び出た様な雰囲気である
内容としては原作の序盤部分だけなので、野球三昧と言う訳ではないが、コメディー調で今観ても楽しく観られ、今の邦画界に足りないものが見えてくるので、意外と勉強になるのでオススメである。

わたしたち世代には、当時のスーパーカーブームが思い出される同時上映の、池沢さとしと世界のスーパーカーがやたら気になる(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

捕〜れない ボールが あ〜るものか〜

投稿日:2009/04/04 レビュアー:ホントニ!?

観たい観たいと憶いながら30有余年。
やっと観ることができて涙々でございます。
初期のエピソード満載で、懐かしくてたまりません。
主題歌がテレビ放送されていたものと同じです。
岩鬼なかなかにハマってましたな〜。
川谷殿馬って、ナンボ東映やいうても無茶ちゃいまっかこれ。
全国のドカベンフリークだった皆さん。こ〜れはある意味必見です。
今観たほうが面白いという部類の映画なのかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

全員高校生

投稿日:2007/10/28 レビュアー:ふでら

あのドカベンの実写なのですが、メインストーリーは柔道部時代。しかも登場する高校生が永島敏行、川谷拓三をはじめみんな高校生に見えない東映な人たち。さらに原作者水島新司は自分がコレをやりたいために撮った野ではないかと思えるほどスクリーンせましと役者相手に本気でノック。
ストーリーを楽しむより野球バカを味わう作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

けっこう面白い!

投稿日:2013/02/21 レビュアー:よっすぃ

原作とアニメは名作の部類でしょうが、この実写版に関しては
名作とまでは言えなくても「好感のもてる佳作」といったとこでしょうか…
安易に作った実写版ではないと思いました、広い心でドカベン作品全体の
バリエーションのくらいに思って観るなら楽しめます
キャストの皆さまもなかなか好演してありますが
キャプテンウルトラだけは妙な違和感がありましたが
それも含めて楽しめました!

一番面白かったのは「予告篇」だったりします。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

退屈

投稿日:2011/04/27 レビュアー:nana

私は70年代の映画が大好きで、どうしても評価が甘くなってしまうのですが、この映画はちょっと酷いかなと。
「ドカベン」を見に行く子供にとって期待するのは「野球の試合」だと思いますが、この映画はほとんどなく
クライマックスも「試合」でのカタルシスを期待していたのですが、まさかあんなクライマックスとラストだとは
想像していませんでした。
あくまで個人的な感想ですが、この時代の東映のクオリティーの低さに当時少年であった私はがっかりと後悔の
連続でした。
テレビで「新巨人の星」が始まり、しばらくして東映で映画として公開されたので見に行ったところ、なんと放送
されたテレビをそのまま上映して「だまされた!」と泣きそうになった思い出があります。
それに比べて東宝の映画は低予算であってもクオリティーが高かったと思います。

今でこそこういう映画を愛せるようになりましたが、思い入れのない方は見る時間無駄だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

ドカベン

月額課金で借りる

都度課金で借りる