1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. ブレードランナー 最終版

ブレードランナー 最終版

ブレードランナー 最終版の画像・ジャケット写真

ブレードランナー 最終版 / ハリソン・フォード

全体の平均評価点:(5点満点)

55

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ブレードランナー 最終版」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

リアルな近未来象を描きカルト的人気を得た「ブレードランナー」。それから10年後に公開となった本作は、リドリー・スコット自身が“これが本当にやりたかった事だ”と語る完全版。植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。

「ブレードランナー 最終版」 の作品情報

作品情報

製作年:

1992年

製作国:

アメリカ/香港

原題:

BLADE RUNNER: THE DIRECTOR’S CUT

「ブレードランナー 最終版」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ベスト・フレンズ・ウェディング

ナイトホークス

ラストキングダム 10番目の王国

エイリアン:コヴェナント

ユーザーレビュー:55件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全55件

私の映画への旅は、ここから。 ネタバレ

投稿日:2006/07/06 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私のsupremeな作品。
映像・音楽・原作・脚本・美術・衣装、どれをとっても一級品
主演はSFは懲り懲りと言っていたのを強引にキャスティング
ハリソンが適役だったか否か、今でも語り継がれる事に・・・
しかし、他の配役はパーフェクトなのは異論が無いところ?
「2つで充分ですよ」の人も含めてね。

この作品、「初版公開版」と「ハードコア版」が有って
さらに「完全版」も有り、本作の「最終版」に至ります。
私は全てのレーザーディスクを持っていますが、これの為に
未だにプレーヤーが現役で。(両面再生、デジタル対応仕様)
版権の関係で絶版ですが、ホント真剣に何とかして欲しい
と心の底から思います。
劇場版は、Harrison Fordのモノローグつき
ハード版は、レーティングの関係で削除した残酷シーンを追加
完全版は、評価が真っ二つに分かれる“ユニコーン”が登場
最終版は、あっ これはご覧いただければ言い訳で。
私は「完全版」支持者です。
これを観た上で「最終版」は納得できると思います。
ジャンルはSFかもしれませんが、どちらかと言えば
ハードボイルドがお好きな方にお薦めしたい作品、なのかも。
Ridley Scott監督が言っていた
「一度公開されてしまえば、作品とは一人歩きをするものだ」
その通りだと思います。

因みに、「初版公開版」のラストに出てくる青空のシーンは
監督が追加撮影を拒否した為、あの「シャイニング」の冒頭の
映像を実はそのまま使用しています。
お手持ちの方は比べて見ては?

このレビューは気に入りましたか? 24人の会員が気に入ったと投稿しています

この映画を見ずしてSF映画を語る無かれ。

投稿日:2005/01/10 レビュアー:JUCE

リドリー・スコットの映像美が集約された作品。
どれほど数多くの映像作家達がこの映画に影響を受けていることか。

ディックの原作とはかなりストーリーも違っていて、原作のイメージを追いかけると「アレッ」と思うかもしれない。
主人公のイメージも違うが、アメリカンヒーロー的な超絶的な力を持つ男ではなく、弱い部分をたくさん持つ主人公の姿は日本人のセンスにあっている。

今まで見た映画の中では間違いなく10本の指に入る作品。
私のお気に入りです。

このレビューは気に入りましたか? 24人の会員が気に入ったと投稿しています

順番を待ってらっしゃる皆さんに、お知らせですぅ〜!!

投稿日:2008/10/16 レビュアー:素敵な声で抱きしめて

在庫数の少ないこちらで、ずっと待ってらっしゃる皆さんに、お知らせです!

実は、僕も、JUCEさまのレビューで教えていただいたんですが、「ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版」は、「ブレードランナー クロニクル」という作品のDVDの中に、同じものが収録されてるんです。
ちなみに、「ブレードランナー クロニクル」には、懐かしい「劇場版」(日本語吹替えアリ)も、収録されてます。お得でしょ。

「ブレードランナー クロニクル」なら、在庫数も多いですし、きっと、すぐレンタル出来ますよ。
お引越しして、いらっしゃい(^_-)-☆

詳しいことは、JUCEさまの「ブレードランナー クロニクル」のレビュー(掲載日:2008/07/21)をご覧くださいね(^.^)♪

皆さんのレビュー&コメント、楽しみにしてまぁ〜す(*^O^*)

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

この映画を面白いと思えない私はアカンのでしょうか?

投稿日:2011/10/27 レビュアー:飛べない魔女

何と、初めての鑑賞(たぶん)
好評価で絶賛されている方が大多数の中で
大きな声では言えませんが
全く楽しめなかった私です。

何がそんなにみなさんの気持ちを駆り立てるのか、さっぱり???でした。
最近のハイテンポな映画に慣れてしまったせいなのか
まだるっこいストーリー展開にはちょっと眠気さえ・・・(泣)

人間と同じに作られ、感情さえ与えられて、奴隷同然、寿命短しでは
レプリカントだってそりゃぁ怒りますわね。
ラストも意味不明なんですけど(;^_^A

ところで、ブレードランナーで検索するといろいろ出ているのですね。
私はTSUTAYAの”名画シリーズ”コーナーのところで借りたので、
実際私の観たブレードランナーがどれなんだかさっぱりわかっていません(;^_^A
取り合えず感で、この最終版だったのではないかと思うのですが・・

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

電気羊の夢を見ないヒトへ。

投稿日:2007/05/29 レビュアー:ぴよさん

議論の余地があったり、解釈が分かれる映画に巡り会う事は、むしろ嬉しい。
『ブレード・ランナー』は公開当時も、また各種バージョンが発表された時も、観た者の内で評価が別れ、侃々諤々の議論となった「嬉しい映画」だ。
新しい観客にとっても、余計な先入観無しに観てもらって、色々な感想を持てばいいと思う。

『ブレラン』(略したくないけど)は見事なまでに、「リドリー・スコットの映画」だ。ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』は非常に堅実なSF小説で、これを忠実に映像化していたら、案外普通の作品になっていたと思う。(『少数報告』のように)
 当時は監督リドリー・スコットが、(完成されてなかったが故に)最もその才能を爆発させていた頃だった。だけど当時、『エイリアン』も『ブレラン』も、劇場はガラガラ。えてして、そんなもん。

その彼が「自分の解釈」で、ディックの作品世界を創造し直した。とことん陰鬱で、厭世感に満ちた街…視覚効果のダグラス・トランブル御大、美術のシド・ミード。両名の仕事、恐るべし。ヴァンゲリスのスコアも、他作品では、映像より目立ったり、乖離する事さえあったけど、本作ではもう「この映像には、あの音楽」としか考えられない。誰が欠けても成立し得ない、完璧なスタッフ陣だった。


この世界の中で、むしろ生命力を感じるのはレプリカントの方だ。それは彼らだけが、自らの生命を強烈に意識しているが故だ。『ブレラン』の主人公は、ルトガー・ハウアー演じるレプリカントだと(特にオリジナル版では)言えるほど、その存在感は飛び抜けている。レプリカントの苦悩を描く事で、逆に「じゃあ人間は、何故人間なのか?」との疑問も思い起こさせる。希望も苦痛も失った人間が、はたして人間と言えるのか。デッカードの思いは、そのとば口に立っているのだ。

この映画が、他のその手の映画と、どう違ってどう特別なのかは、観て判断して貰うしかない。バッティ(ルトガー)の最後の行動を、どう判断するか。デッカードは何を思い旅立ったのか。

あなたの解釈もまた、正解の内の一つだと思う。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全55件

ブレードランナー 最終版

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:55件

私の映画への旅は、ここから。

投稿日

2006/07/06

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私のsupremeな作品。
映像・音楽・原作・脚本・美術・衣装、どれをとっても一級品
主演はSFは懲り懲りと言っていたのを強引にキャスティング
ハリソンが適役だったか否か、今でも語り継がれる事に・・・
しかし、他の配役はパーフェクトなのは異論が無いところ?
「2つで充分ですよ」の人も含めてね。

この作品、「初版公開版」と「ハードコア版」が有って
さらに「完全版」も有り、本作の「最終版」に至ります。
私は全てのレーザーディスクを持っていますが、これの為に
未だにプレーヤーが現役で。(両面再生、デジタル対応仕様)
版権の関係で絶版ですが、ホント真剣に何とかして欲しい
と心の底から思います。
劇場版は、Harrison Fordのモノローグつき
ハード版は、レーティングの関係で削除した残酷シーンを追加
完全版は、評価が真っ二つに分かれる“ユニコーン”が登場
最終版は、あっ これはご覧いただければ言い訳で。
私は「完全版」支持者です。
これを観た上で「最終版」は納得できると思います。
ジャンルはSFかもしれませんが、どちらかと言えば
ハードボイルドがお好きな方にお薦めしたい作品、なのかも。
Ridley Scott監督が言っていた
「一度公開されてしまえば、作品とは一人歩きをするものだ」
その通りだと思います。

因みに、「初版公開版」のラストに出てくる青空のシーンは
監督が追加撮影を拒否した為、あの「シャイニング」の冒頭の
映像を実はそのまま使用しています。
お手持ちの方は比べて見ては?

この映画を見ずしてSF映画を語る無かれ。

投稿日

2005/01/10

レビュアー

JUCE

リドリー・スコットの映像美が集約された作品。
どれほど数多くの映像作家達がこの映画に影響を受けていることか。

ディックの原作とはかなりストーリーも違っていて、原作のイメージを追いかけると「アレッ」と思うかもしれない。
主人公のイメージも違うが、アメリカンヒーロー的な超絶的な力を持つ男ではなく、弱い部分をたくさん持つ主人公の姿は日本人のセンスにあっている。

今まで見た映画の中では間違いなく10本の指に入る作品。
私のお気に入りです。

順番を待ってらっしゃる皆さんに、お知らせですぅ〜!!

投稿日

2008/10/16

レビュアー

素敵な声で抱きしめて

在庫数の少ないこちらで、ずっと待ってらっしゃる皆さんに、お知らせです!

実は、僕も、JUCEさまのレビューで教えていただいたんですが、「ディレクターズカット/ブレードランナー 最終版」は、「ブレードランナー クロニクル」という作品のDVDの中に、同じものが収録されてるんです。
ちなみに、「ブレードランナー クロニクル」には、懐かしい「劇場版」(日本語吹替えアリ)も、収録されてます。お得でしょ。

「ブレードランナー クロニクル」なら、在庫数も多いですし、きっと、すぐレンタル出来ますよ。
お引越しして、いらっしゃい(^_-)-☆

詳しいことは、JUCEさまの「ブレードランナー クロニクル」のレビュー(掲載日:2008/07/21)をご覧くださいね(^.^)♪

皆さんのレビュー&コメント、楽しみにしてまぁ〜す(*^O^*)

この映画を面白いと思えない私はアカンのでしょうか?

投稿日

2011/10/27

レビュアー

飛べない魔女

何と、初めての鑑賞(たぶん)
好評価で絶賛されている方が大多数の中で
大きな声では言えませんが
全く楽しめなかった私です。

何がそんなにみなさんの気持ちを駆り立てるのか、さっぱり???でした。
最近のハイテンポな映画に慣れてしまったせいなのか
まだるっこいストーリー展開にはちょっと眠気さえ・・・(泣)

人間と同じに作られ、感情さえ与えられて、奴隷同然、寿命短しでは
レプリカントだってそりゃぁ怒りますわね。
ラストも意味不明なんですけど(;^_^A

ところで、ブレードランナーで検索するといろいろ出ているのですね。
私はTSUTAYAの”名画シリーズ”コーナーのところで借りたので、
実際私の観たブレードランナーがどれなんだかさっぱりわかっていません(;^_^A
取り合えず感で、この最終版だったのではないかと思うのですが・・

電気羊の夢を見ないヒトへ。

投稿日

2007/05/29

レビュアー

ぴよさん

議論の余地があったり、解釈が分かれる映画に巡り会う事は、むしろ嬉しい。
『ブレード・ランナー』は公開当時も、また各種バージョンが発表された時も、観た者の内で評価が別れ、侃々諤々の議論となった「嬉しい映画」だ。
新しい観客にとっても、余計な先入観無しに観てもらって、色々な感想を持てばいいと思う。

『ブレラン』(略したくないけど)は見事なまでに、「リドリー・スコットの映画」だ。ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』は非常に堅実なSF小説で、これを忠実に映像化していたら、案外普通の作品になっていたと思う。(『少数報告』のように)
 当時は監督リドリー・スコットが、(完成されてなかったが故に)最もその才能を爆発させていた頃だった。だけど当時、『エイリアン』も『ブレラン』も、劇場はガラガラ。えてして、そんなもん。

その彼が「自分の解釈」で、ディックの作品世界を創造し直した。とことん陰鬱で、厭世感に満ちた街…視覚効果のダグラス・トランブル御大、美術のシド・ミード。両名の仕事、恐るべし。ヴァンゲリスのスコアも、他作品では、映像より目立ったり、乖離する事さえあったけど、本作ではもう「この映像には、あの音楽」としか考えられない。誰が欠けても成立し得ない、完璧なスタッフ陣だった。


この世界の中で、むしろ生命力を感じるのはレプリカントの方だ。それは彼らだけが、自らの生命を強烈に意識しているが故だ。『ブレラン』の主人公は、ルトガー・ハウアー演じるレプリカントだと(特にオリジナル版では)言えるほど、その存在感は飛び抜けている。レプリカントの苦悩を描く事で、逆に「じゃあ人間は、何故人間なのか?」との疑問も思い起こさせる。希望も苦痛も失った人間が、はたして人間と言えるのか。デッカードの思いは、そのとば口に立っているのだ。

この映画が、他のその手の映画と、どう違ってどう特別なのかは、観て判断して貰うしかない。バッティ(ルトガー)の最後の行動を、どう判断するか。デッカードは何を思い旅立ったのか。

あなたの解釈もまた、正解の内の一つだと思う。

1〜 5件 / 全55件