リトル・マーメイド

リトル・マーメイドの画像・ジャケット写真
リトル・マーメイド / サミュエル・E・ライト
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

34

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 映画賞受賞作品
  • シリーズ
ジャンル:

「リトル・マーメイド」 の解説・あらすじ・ストーリー

童話としてはスタンダードな人魚姫の素材をディズニー風ミュージカルにアレンジして描いた作品。

「リトル・マーメイド」 の作品情報

製作年: 1989年
製作国: アメリカ
原題: THE LITTLE MERMAID
受賞記録: 1989年 アカデミー賞 作曲賞
1989年 ゴールデン・グローブ 音楽賞
1989年 LA批評家協会賞 アニメーション賞

「リトル・マーメイド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リトル・マーメイド スペシャル・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
84分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語/(ディズニー・ホーム・シアター・ミックス)
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語/(ディズニー・ホーム・シアター・ミックス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDG5178 2006年10月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
129枚 18人 9人

リトル・マーメイドのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】リトル・マーメイド 3D(ブルーレイ)

  • 旧作

89年に米国で初公開され、アカデミー賞2部門を受賞したディズニーの名作アニメを初【Blu-ray 3D】化。愉快な仲間たちと暮らす海の王国の人魚姫・アリエルは、ある嵐の夜、人間の王子・エリックと出会い恋に落ちるが…。

収録時間: 字幕: 音声:
83分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/7.1ch/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG1475 2013年10月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 1人 0人

【Blu-ray】リトル・マーメイド(ブルーレイ)

  • 旧作

童話としてはスタンダードな人魚姫の素材をディズニー風ミュージカルにアレンジして描いた作品。

収録時間: 字幕: 音声:
83分 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/7.1ch/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBG1474 2013年10月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 3人 3人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:34件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全34件

『始めなきゃ、始まらない』

投稿日:2008/05/03 レビュアー:vanilla coke

おすすめ度★★★★★

ディズニー・クラシックス第28作。

ディズニー長編として、またミュージカル映画として大好きなこの作品が、いま東京ディズニーリゾート25周年にちなんだ『ディズニー・アートフェスティバル』の一環としてシネマイクスピアリにて再上映されています。
映画館では観たことがなかったので、貴重な機会と思いすぐに観に行きました。吹替え版のみの上映だったのが少し残念でしたが、やはり素晴らしかったです(^^♪

『オリビアちゃんの大冒険』『オリバー』で黄金期の基礎を十分に固め、名実ともにディズニーアニメーションの復活を果たした金字塔的な作品。
魅力的なキャラクターといい、すばらしい音楽といい、凡作で終わらない要素にあふれています。

この後続々とヒットを飛ばすこととなるアラン・メンケンのミュージカル・ナンバーはとりわけ素晴らしく、このまま舞台化されても何の違和感もない名曲ぞろい。
特に・・・
♪パート・オブ・ユア・ワールド
♪アンダー・ザ・シー
♪キス・ザ・ガール
♪哀れな人々
の4曲は本当に最高(^^)

それまで停滞していたディズニーアニメの殻を突然破ったこの作品は、映画のキャッチコピーでもある『始めなきゃ、始まらない』、をまさに体現してみせたのだと思います。


レビューには関係のない私事で恐縮なのですが、
先日、恐らくひとりの方が私のレビューに対して37票もの『気に入った!』投票をしていただきました。いままでヘタなレビューを備忘録がわりに地味に投稿していましたが、読んでいたただいて本当にうれしかったです。
本当にありがとうございました。
もし、映画の趣味が似ているために投票していただけたのならことさら嬉しいです(^^)

この場をお借りしてお礼申し上げます。



このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ミュージカルの復活

投稿日:2007/09/30 レビュアー:べっち

  新生ディズニーアニメ云々で気合の入った一本であるが、ミュージカル映画としてもとても重要な位置にあると思う。

  ミュージカルとは、とまじめに論じ始めたらキリがなくなるので、ここでは「アチキにとってのミュージカルとは」。

  ミュージカルって、SFと並んでいかにも映画らしい要素だと思う。
  なにしろ普通に会話してたと思ったら歌いだして、更には踊りだして、そんなのありえねぇぇぇ、ってね。だって、映画って、一言でいえば「大嘘」のことでしょ。だったら観てるあいだくらい現実を忘れて、テッテテキに騙されていたいじゃん。

  ただどうも時代とともに、ミュージカルも辛気臭くなってきて、現実を反映して、みたいなものじゃないとだめ、みたいな・・・・ 確かに「サウンド・オブ・ミュージック」のころからそういう雰囲気はあった。でも、やっぱあれはナチ云々よりも「歌の力」の話だし、独裁から逃れることよりも自由を求める力強さが前面に出ていた。
  ともあれ、どうも新作ミュージカル映画ってのを、いまひとつ窮屈に感じていた。「フェーム」「フラッシュダンス」「フットルース」、個々の作品としては素敵だけど、王道ミュージカルとは路線が違っていた。

  「いわゆるミュージカル」はもうできないのかなぁ。

  そう思っていたところに「リトルマーメイド」である。
  オープニングからしてイイ。大空からワンカットで波たつ帆船の上まで、そりゃアニメだから簡単にできるさ、そういうかもしれないが、その映像センス、そして表現する技術がなければこれは現実のものとはならない。
  お話はみんな知っているアレ、でも大きな脚色をほどこしている。原典が比較的シンプルで、また、プーさんなどと違い原作ファンなどに気を遣わなくて済んだことも勝因だろう。

  音楽がイイ、一曲一曲単体でもいいのだが、やはり映像を前提として構成されている。ミュージカル映画のための音楽、歌。

  単純だがメリハリの利いたストーリー、ポップなものから荘厳なものまでバリエーション豊かな楽曲、華麗な踊り、鮮やかな映像・・・・ そう、ミュージカル映画に期待する贅沢さにあふれていた。


  ミュージカルの、そして映画の楽しみの原点だと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DANCE WITH YOU

投稿日:2011/03/09 レビュアー:ビンス

ストーリー良し。
トータルタイム良し。
テンポ良し。
歌良し。
曲良し。
キャラクター良し。
なんてったってアリエルがカワイイ。
はちきれそうな若さと。
汚れを知らない心と。
輝くばかりの笑顔と。
聞き惚れる歌声。
キレイでかわゆくて、ピュア。
彼女の幸せを願わずにはいられなくなる。
魅力たっぷりの女性。
魅力のブレンドが絶妙です。

しかし、人魚の物語をこんなにステキに描けるのは素晴らしい。
それはアニメーションだからでしょうか。
個人的には人魚って、そんなにステキな生き物だとは思わない。
要は半魚人。
この場合、半人魚って言ったほうが相応しいか。
上半身がいくらキレイだとしても、魚ですからねぇ。
ウロコだらけですからねぇ。
きっとオイニーも結構なものなのでは・・・
なんて白けることを思ってしまいます。
それが、このアニメーションだと、そういったことを感じさせない。
気にならない。
ディズニーの力なのか・・・
単にアニメーションだからなのか・・・
人魚の下半身も、ウロコまみれなデザインじゃないからイイですね。
この物語を観る前に、ディズニー・シーでアリエルのショーを観ました。
その素晴らしさに感動。
その感動をさらに膨らましてくれるのが、この物語。
あそこはこんな感じだったのね・・・
おー!セバスチャン!出てた!出てた!
魔女!魔女!
などなど・・・・
またショーを観たくなります。
悪役の魔女の憎たらしさがイイ。
恋してしまったから・・・・
犠牲を払ってでも手に入れたい愛・・・・
そんな展開も大好きです。
最後はちゃんとハッピーエンド。
油断してると泣きますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いつも「発情」しているピチピチの御嬢さん^^ネタバレ

投稿日:2009/05/11 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本来なら悲劇で終結する「人魚姫」をディズニー特有の明るさと脳天気さでティーン向けに製作した娯楽作です。
リトルショップオブホラーズ(リメイク)で異才を放ったアランメンケンの明るく邪気の無い音楽が物語の進行とキャラクターに躍動感と「命」を与えています。
色々な意味でエポックな作品であり、この作品の成功が無ければ現在まで永延と続くディズニー長編アニメの製作は無かったかも知れないと言う話です。
ディズニー最後の「セルアニメ(ディズニークラシックス)」と言う点からも、この作品は評価出来るかも知れない。
内容はティーンに「女の子」向けなので常にアリエルが発情して見えるのが玉に傷ですが、恋に生きる能動的な少女の冒険をラストまで楽しく鑑賞出来ます。
私はディズニーシーの「アリエル空中舞踏団^^」が好きなのでプラチナエディションを購入してしまいました。
既に40年以上前にマーメイドの企画が有ったと言うのには驚きです。
家族揃って笑顔になれる作品ですが、男の子向けではないかもです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まじょのバカヤロウ。

投稿日:2015/07/09 レビュアー:みみあて

娘が観ながら
「まじょのバカヤロウ!」って100回くらい言ってました。
観終わったあとも、どうにも怒りがおさまらない様子でした。
たしかに、魔女こわすぎ。


リトルマーメイドの世界がすきです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全34件

リトル・マーメイド