ベスト・キッド3 最後の挑戦

ベスト・キッド3 最後の挑戦の画像・ジャケット写真
ベスト・キッド3 最後の挑戦 / ラルフ・マッチオ
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ベスト・キッド3 最後の挑戦」 の解説・あらすじ・ストーリー

人気シリーズの3作目。主人公ダニエルと彼の師であるミヤギは2人で盆栽の店を開こうとしている。しかしそこに1作目で打ち破った“コブラ会”が、彼らをもう一度空手トーナメントに出場させるべく執拗に迫る。あくまで戦いを拒み続ける二人だがやがて罠にはまり……。

「ベスト・キッド3 最後の挑戦」 の作品情報

製作年: 1989年
製作国: アメリカ
原題: THE KARATE KID PART III

「ベスト・キッド3 最後の挑戦」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ベスト・キッド3/最後の挑戦の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD11756 2003年06月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

稽古をサボったな!ダニエルサ〜ン!

投稿日:2011/12/25 レビュアー:はらぺこ

デブデブに太ったダニエルさん、そして都合がよいほどに武道を教えてくれないミヤギサンが、この第3作目にして既にネタ切れっぽさを如実に現しているわけで。

まぁ、とは言え、見た目が派手なアクションばかりでイケイケのメリケン風情に、盆栽を通じて日本人の心と、武道の精神を伝えることが出来ているので、よろしかったんではないでしょうか。
日米文化の交流を感じるのも、この作品の面白さの一つと言えましょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ノリユキ・パット・モリタさんのご冥福をお祈りします。

投稿日:2007/03/10 レビュアー:干し草

 TVの紀行番組などでフランスの庭を訪ねると、必ずといっていいほど『ボンサイ』の話になりますよね。この作品以前に盆栽について熱く語る外国人なんて、見たことがありませんでしたよ。
 第一作はよくまとまっていますが、変種のカンフーモノ、という評価を拭いきれませんでした。第二作はちょっと除けときますね。この第三作では盆栽について、大自然と生命への畏怖を植え込みを使って象徴的に表した日本文化だ、と紹介しました。アメリカにちょっとコミカルな『ボンサイブーム』を巻き起こすとともに、盆栽の精神性に気づかせる機会をも生みました。作品でも終盤のラルフ・マッチオの背中の紋に、日本式の精神文化を集約させています。

 作品の中でまじめに文化論に取り組んだせいで、映画としては少し勢いがそがれています。しかしこのような取り組みはめぐりめぐってアメリカ人が「ラストサムライ」を受け入れる下地になっているのです。第二作のころのアメリカ人の意識を考えれば、まったく、天と地ほどの差です。
 映画による異文化コミュニケーションの歴史をはかる意味でも、このシリーズは見ておいて損はありません。第一、単純におもしろいですから。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちゃんと蹴れネタバレ

投稿日:2004/07/05 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ストーリーはいいのですが、サンドバックをけれない主人公に絶望。空手の型だけでは勝てないのでは?
格闘技的に無理あり。
「アイキ」で加藤晴彦がボクサーの役をしたのと同様に無理あります。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

途中まではダース・ベイダーと一緒です

投稿日:2011/03/05 レビュアー:Yohey

このシリーズは、うさんくさいおっさんミヤギサンがまぁ、なにやら意味深なことをやって根性なしのダニエルくんを育てていくという物語。

今回は、なんでそんなことを真剣にするんだろう?と思ってしまうような悪のカラテ道場があらわれて、ダニエルくんを苦しめる。そして、ダニエルくんをダークサイドへと導いていくのだ。なんのために??ミヤギサンが腹がたつから・・・

しかし、ダニエルくん、ダースベイダーとは違う。まぁ、ダークサイドに向かう理由があんまりないので、やっぱりフォースに導かれてジェダイの騎士になりました。

まっ、そういう物語です。そんなには悪くないです。時代を感じていいんじゃないでしょうか、幼稚な演出もまぁ、ありってことです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

娯楽性はクリアしている

投稿日:2007/08/09 レビュアー:

アクションは相変わらず子供だましなのだけど
映画としてはおもしろい。
3作通して見たが、
この主人公は強そうには思えない(実際につよくないだろなあ。アクションの演技でさえこなせない人なんだから)。
だから、なんとなく
カラテは神秘的に強いという間違ったイメージを
アメリカ人に植え付けてしまった感がある。
見る分には楽しいのだけれど。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

ベスト・キッド3 最後の挑戦