その男、凶暴につき

その男、凶暴につきの画像・ジャケット写真
その男、凶暴につき / ビートたけし
全体の平均評価点:
(5点満点)

35

  • DVD
ジャンル:

「その男、凶暴につき」 の解説・あらすじ・ストーリー

ビートたけしが北野武名義で初監督を果した記念的作品。当初、ビートたけし主演、深作欣二監督で進められていた企画だったが、スケジュールが折り合わずたけしがメガフォンをとることになった。暴力的な異端刑事の我妻が麻薬組織の真相を探る為、組織や殺し屋たちと繰り広げる闘いを描く。北野はこの初監督作品ですでに、この後描かれる作品の持つ虚無的な暴力描写を確立。北野作品の軌跡を追う上でも重要な作品。

「その男、凶暴につき」 の作品情報

製作年: 1989年
製作国: 日本

「その男、凶暴につき」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

その男、凶暴につきの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR1420 2006年03月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 4人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全35件

北野武の才能を遺憾なく感じさせる鮮烈のデビュー作

投稿日:2006/03/27 レビュアー:parole

北野武のデビュー作『その男、凶暴につき』は、とても処女作とは思えない凄みを湛えている。一般的にはその際立った凶暴性が話題にされることが多い作品だが、それ以上にぶっきらぼうで硬質な描写がこの作品の特質であり本質だと言えるだろう。情感を欠いた即物的な描写は、少なくともこの作品においてはロベール・ブレッソンに肉薄していると言いうるかも知れない。

しかしながら、こんな作品を処女作としてものにしてしまった北野武には改めて感服を感じる。役者としてテレビや映画への出演こそあったものの、恐らくはシネ・フィルとしての経験など無かったと思われるのに、小津と見紛うような正面からの切り返しを小津とは異なった意味合いで堂々と用いているし、まるでフォードがジョン・ウェインにそうさせたかのような重みで自らが歩く様を反復的にカメラに収めている。見てはいないはずのものを涼しい顔をして引用してしまうところが、彼の天才たる所以なのだろう。


どうでもいいことだけど「79年に、大竹まこと、きたろう、斉木しげるの3人で結成されたシティボーイズ・・・」というイントロダクションの説明文は、当然のことながら間違いです(笑)[2006年3月27日現在]

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

デビュー作にはその人の原型が詰まっている

投稿日:2011/03/06 レビュアー:さっちゃん

 監督、北野武のデビュー作であります。本作には北野武という人の原型が詰まっているというのがレヴュアーがこの後、彼の作品をいくつか観てきて感じていることであります。
 この作品を初めて観たときに感じたのは、無造作に投げ出された暴力、身も蓋も無い暴力です。冒頭で、刑事であるにも拘わらず、ホームレスを襲った高校生をボコボコにしてしまう描写に正直、快感を覚えたことを告白します。 
 ある意味、ピカレスク・ロマンにも通じる潔さを持った作品だと思います。多分、大方の日本人には受けが悪い作品でしょう。家でもレヴュアー以外には人気がありません。多分、主人公に感情移入することが困難というか、感情移入することをあえて拒んでいるようなところがあるのが原因だと思います。
 しかし、良く切れる剃刀のような演出に一旦、ハマると癖になるのが北野作品ではないかと思います。そういう意味でカンヌで物議を醸した『アウトレイジ』にも期待を持って、予約に入れてあります。多分、届いてもレヴュアー以外は観ないと思いますので、早く起きた朝にでも一人で観るつもりです(笑)。
 あの唐突なラストにしても、思い切り良く断ち切った感じでレヴュアーとしては気に入っています。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★★★★ 排除の美学の始まりネタバレ

投稿日:2007/05/31 レビュアー:ガラリーナ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

深作監督が急遽降板して…と言われている本作だけども、そこから一体どこまで北野色に変えることが可能だったのだろう。この徹底的に乾いた暴力描写と、物語の排除という北野スタイルがすでに本作で確立されているのを見るに北野武の中で作りたいものがくすぶり続けていたのは、間違いなかろうと思う。代打に備えて、十分にバットを振ってきたということだろうか。

まず主人公吾妻という人物に関しては、ほとんど詳細を語られることはない。しかし、静かな日常にもたらされる突発的な暴力を通して浮かび上がるのは吾妻の絶対的な孤独感である。また、サティの音楽に合わせて歩道橋を登ってくる吾妻の登場シーンが実に印象的。しかも、この登場シーンからすでに死の予感が漂っている。後輩の菊地がラストで同じように歩道橋を上がってきて、吾妻をオーバーラップさせる見せ方なんて、とても代打とは思えない旨さがある。

物語の排除の最たるものは吾妻の友人岩城が麻薬の密売人になったいきさつを全く見せないところだろう。その核心は、吾妻と岩城が喫茶店で話している姿をガラス越しに映す、という数秒のワンカットで過ぎ去る。警察内部に麻薬を回している人物がいること、しかもその張本人が主人公吾妻の友人であるという2点において、物語上大きな起伏が出る場面である。こういう物語のターニングポイントを、無言のワンカットで済ませてしまうという大胆ぶり。そして、続けて岩城の死体。岩城のいきさつが何も語られないからこそ、突如現れるこの「死」のイメージが強烈に刺さってくる。

そして、凶暴と言うよりも静けさの際だつ演出の中に、時に浮かび上がるホモセクシュアル的匂い。黒幕仁藤と仁藤のためなら何でもする殺し屋清弘との関係はもちろん、清弘と主人公吾妻においても追いつ追われつの関係性の中でふたりの魂は互いを惹きつけ合っていることを想像させる。もちろん感情的な演出は全くないため、そのような匂いをかぎ取る私の感じ方は監督の意図からは外れているのかもしれない。それでも、ストーリーとは別のイメージが自分のアンテナに引っかかってくるというのは、おそらく排除された物語を埋めながら映画を見ているからに他ならないからだと思う。

このデビュー作において「お笑い芸人ビートたけしが作ったんだから、わかりやすい映画のはずだ」という人々の勝手な思いこみは根底から覆された。この時広がった拒否反応は未だにくすぶっている。「お笑いの人が作る映画=面白くてわかりやすい」という勝手な認識と「北野作品=わかりづらい映画」という後付けの認識がいつもねじれを起こしているように感じる。しかし我々は映画作家、北野武の作った映画をただ受け止めるだけだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ビートたけしから北野武

投稿日:2009/05/18 レビュアー:ラジオ頭

急遽監督をやったとは思えないぐらい、完成度が高く、第一作から北野ワールド全開です。

所々、笑いも入れてるんですが、それが映画の足を引っ張っているんじゃなく、緊張と緩和というか、寧ろ引き立てています。この辺が巧いですね。

しかし、この頃のたけしさん、ものすごい目が鋭いですね。
何か、色んなものを背負っているというか、色んなものを見てきたような。

あと、目が鋭いといえば、白竜! あれは、ミュージシャンの目やないですね。

この二人が、刑事と殺し屋なんですから、面白くないわけないでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ナイフを手掴み!

投稿日:2006/04/06 レビュアー:横浜のタマ

初めてこの作品に出会ったとき、ついに邦画にも硬質なバイオレンスを描ける監督が現れたと興奮しました。
邦画を観ていて私が最も嫌いなのは日本人なら解かるだろうという湿った甘え(描写の怠慢)がちらつくことなのですが、北野の作品にはその甘えがないのです。
だからこそ日本の枠をはみ出た監督になりえたのでしょう。
「ダーティーハリー」や「フレンチコネクション」(古くてゴメン)で味わえる愉しい緊張感や乾いた暴力がやっと邦画に出現したのです。
公開からもう17年も経っているのに今回もまたドキドキしながら観ました、凄いな。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全35件

その男、凶暴につき

月額課金で借りる

都度課金で借りる