タップ

タップの画像・ジャケット写真

タップ / グレゴリー・ハインズ

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「タップ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

刑務所帰りの落ちぶれたタップ・ダンサーが、かつての友人・恋人・師匠らの助力を得て再びダンサーとしてカムバックするまでの物語。G・ハインズが様々なバリエーションのタップ・シーンを披露する。

「タップ」 の作品情報

作品情報

製作年: 1989年
製作国: アメリカ
原題: TAP

「タップ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ステラが恋に落ちて

エグゼクティブ・デシジョン

ハロウィン

メジャー・ペイン

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

おじぃに乾杯

投稿日:2007/10/04 レビュアー:こむすび

昔見たっきりでしたが、久しぶりにおじぃたちのダンスが見たくなってレンタルしました。3階で踊るおじぃたち、あれは即興でしょうか、すごいなんてもんじゃない。私自身タップなんてやったことないけど、見ているだけでぞくぞくします。絶対にあの中には入れないんだろうなという暗黙のルールがある気がします。あのシーンだけでも何度も見てしまいました。最高にかっこいい。おじぃだからこそ余計にかっこいいのかもしれない。

1階2階はタップスタジオ、でもその上は特別な場所なんです。そこで繰り広げられるお話。ストーリーもすてき。リトル・モーには泣かされっぱなしです。ラストの彼の一言と、あの表情がたまらなくにくいです。あー是非見てください。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

工事現場で集団タップ!

投稿日:2007/04/29 レビュアー:横浜のタマ

ステッキ放ってタップ踏むサミー・デイヴィスJrが懐かしいですね。義眼がチャーミングでかつての黒人特有な哀しみが漂う表情がなんとも味がありました。主演のグレゴリー・ハインズなんて堂々としちゃって周囲がかすむもの、もちろんそうあるべきで最近の黒人タレントの輝きは好きことだとおもいます。
古いビルの狭い屋上で「チーク・トゥ・チーク」に合わせて踊るグレゴリー・ハインズとスザンヌ・ダグラスが見事なダンスでかつ愛らしかったです。自ら言っているようにブラック・フレッド(アステア)&ジンジャー(ロジャース)でした。タップの神様アステアとロジャースの『トップ・ハット』の中の超有名で華麗そのもののダンス・ナンバー「チーク・トゥ・チーク」への自負をこめつつのオマージュなのでした。
ラストのショウタイムでのタップの音はすごいよ、ちゃんと仕掛けはあるのですがそれは観てのお楽しみということで。

『オーケストラの妻たち』(1942年)に一曲のみのタップ・ダンスナンバーに強烈な印象を残したニコラス・ブラザーズの弟?ハロルドが当時と同じステップで踊っていたのには驚きました、年齢不詳もいいとこですよね。
彼は『オーケストラの妻たち』ではタップ踊りながら壁かけあがりバック転も披露していました。『タップ』でも若者が挑戦しているのですが『雨に唄えば』のドナルド・オコナーのようにはうまくなかったです。昔の人のほうが技ありでしょうか。
グレゴリー・ハインズの厚みのあるタップはすごかったですよ、でも数年前に彼は亡くなっているのだそうです、合掌。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

おじいさんたちのダンスシーンだけでも見てほしい

投稿日:2009/04/03 レビュアー:キャビア


 グレゴリー・ハインズって人は、タップダンスがとても上手なうえに、歌も演技もできる得難い才能をもつ人ですが、彼の本当の功績は、黒人が踊るタップダンスを世界に広めたことなんだと誰かに聞いたことがあります。
 とにかく人柄がいいそう。この映画に出ている気難しそうなおじいさんたちも、彼が声をかけたからこそ出演したんじゃないでしょうか。
 
 このおじいさんたちが、とにかくすごい。一見ヨイヨイなのですが、踊る跳ねる飛ぶすべる。なにこれ早送り?もしくはCGか特殊メイクで老けさせてるんじゃ?と疑うほどのハイテンションなタップダンスを見せてくれます。カッコイイ!
 このDVDは、このシーンを見るためだけに借りてもいいと思います。何度も何度も繰り返し見ました。あまりの素敵さに感激して、彼らのことを少し調べてみました。

スティーヴ・コンドス 1918-1990 コンドス兄弟の弟。白人の人。
サンドマン・シムス 1918-2003 「俺のダンスを盗みやがって」
ハロルド・ニコラス 1921-2000 ニコラス兄弟の弟。音楽を止めさせた人。
バニー・ブリッグス 1922-? 白髪のやさしそうな人。
サミー・デイヴィスJr. 1925 -1990 モー。この映画公開の翌年に亡くなっていたのか・・・
ジミー・スライド1927-2008 床の上をすべっていた人。靴の裏に車輪がついているに違いない。
アーサー・ダンカン ?-? 白いパンツの人。生年わからず。でもきっと一番若い。

 みんな「神」とか「巨匠」と呼ばれていたタップダンサーばかり。ちなみにグレゴリー・ハインズ1946-2003は当時43歳。彼が見出した天才タップダンサー、セヴィアン・グローヴァーはこれが映画デビュー作で15歳。若い! この後数年したら立派なおヒゲ&ドレッドに成長するのかと思うと感無量です。

 余談ですが、ずいぶん前、この映画に出てくるグレゴリー・ハインズやセヴィアンをはじめ、新旧のタップダンサーが出演していた「タップダンス イン アメリカ」というテレビ番組を見たことがあります。あれもう一回見たいなあ。映画「コーラスライン」でサプライズを歌ったグレッグ・バージも出演していました。彼がまたサイコーで・・・!

 あの番組を見ていなければ、タップダンスを見るのを今ほど好きになっていなかったと思います。口を半開きにして手をブラブラ動かしながら足先を小刻みに動かすのを見てなにが楽しいんだ?と思ったままだったはず。この映画も、タップダンスって何が楽しいの?と不思議に思っている方がもしいらしたら、ぜひ見ていただきたい作品です。タップダンスって、ほんとに楽しい、見ていてウキウキするダンスだと思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

天才の技

投稿日:2006/02/05 レビュアー:レビュアー名未設定

年を取ってさらに味の出たサミーデイビスjr.の神技タップ。このシーンだけでお釣りが来る映画だ。何度見てもうならされる。
主演のG・ハインズがタップの頂点に登るまでの展開に重なるオールドジャズも聞きごたえがある。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

弛まぬ精進

投稿日:2007/05/04 レビュアー:タラちゃん

良い作品です!
G・ハインズのタップも、もちろん良いですが、G・ハインズ演ずる主人公の父親の友達という設定になっている老ダンサーたちのダンスが素晴らしかったです。
老ダンサーの方々、実際に設定通りのお年でしょうが、全く歳を感じさせない美しいダンスで、日頃の弛まぬ精進を感じました。昔取った杵柄も、日々磨いていないと世界の人々に披露できるようなプロの踊りはできないと思います。
レビューを書いている今も、プロダンサーとしての彼らの矜持への感動を反芻しています。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

タップ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

おじぃに乾杯

投稿日

2007/10/04

レビュアー

こむすび

昔見たっきりでしたが、久しぶりにおじぃたちのダンスが見たくなってレンタルしました。3階で踊るおじぃたち、あれは即興でしょうか、すごいなんてもんじゃない。私自身タップなんてやったことないけど、見ているだけでぞくぞくします。絶対にあの中には入れないんだろうなという暗黙のルールがある気がします。あのシーンだけでも何度も見てしまいました。最高にかっこいい。おじぃだからこそ余計にかっこいいのかもしれない。

1階2階はタップスタジオ、でもその上は特別な場所なんです。そこで繰り広げられるお話。ストーリーもすてき。リトル・モーには泣かされっぱなしです。ラストの彼の一言と、あの表情がたまらなくにくいです。あー是非見てください。

工事現場で集団タップ!

投稿日

2007/04/29

レビュアー

横浜のタマ

ステッキ放ってタップ踏むサミー・デイヴィスJrが懐かしいですね。義眼がチャーミングでかつての黒人特有な哀しみが漂う表情がなんとも味がありました。主演のグレゴリー・ハインズなんて堂々としちゃって周囲がかすむもの、もちろんそうあるべきで最近の黒人タレントの輝きは好きことだとおもいます。
古いビルの狭い屋上で「チーク・トゥ・チーク」に合わせて踊るグレゴリー・ハインズとスザンヌ・ダグラスが見事なダンスでかつ愛らしかったです。自ら言っているようにブラック・フレッド(アステア)&ジンジャー(ロジャース)でした。タップの神様アステアとロジャースの『トップ・ハット』の中の超有名で華麗そのもののダンス・ナンバー「チーク・トゥ・チーク」への自負をこめつつのオマージュなのでした。
ラストのショウタイムでのタップの音はすごいよ、ちゃんと仕掛けはあるのですがそれは観てのお楽しみということで。

『オーケストラの妻たち』(1942年)に一曲のみのタップ・ダンスナンバーに強烈な印象を残したニコラス・ブラザーズの弟?ハロルドが当時と同じステップで踊っていたのには驚きました、年齢不詳もいいとこですよね。
彼は『オーケストラの妻たち』ではタップ踊りながら壁かけあがりバック転も披露していました。『タップ』でも若者が挑戦しているのですが『雨に唄えば』のドナルド・オコナーのようにはうまくなかったです。昔の人のほうが技ありでしょうか。
グレゴリー・ハインズの厚みのあるタップはすごかったですよ、でも数年前に彼は亡くなっているのだそうです、合掌。

おじいさんたちのダンスシーンだけでも見てほしい

投稿日

2009/04/03

レビュアー

キャビア


 グレゴリー・ハインズって人は、タップダンスがとても上手なうえに、歌も演技もできる得難い才能をもつ人ですが、彼の本当の功績は、黒人が踊るタップダンスを世界に広めたことなんだと誰かに聞いたことがあります。
 とにかく人柄がいいそう。この映画に出ている気難しそうなおじいさんたちも、彼が声をかけたからこそ出演したんじゃないでしょうか。
 
 このおじいさんたちが、とにかくすごい。一見ヨイヨイなのですが、踊る跳ねる飛ぶすべる。なにこれ早送り?もしくはCGか特殊メイクで老けさせてるんじゃ?と疑うほどのハイテンションなタップダンスを見せてくれます。カッコイイ!
 このDVDは、このシーンを見るためだけに借りてもいいと思います。何度も何度も繰り返し見ました。あまりの素敵さに感激して、彼らのことを少し調べてみました。

スティーヴ・コンドス 1918-1990 コンドス兄弟の弟。白人の人。
サンドマン・シムス 1918-2003 「俺のダンスを盗みやがって」
ハロルド・ニコラス 1921-2000 ニコラス兄弟の弟。音楽を止めさせた人。
バニー・ブリッグス 1922-? 白髪のやさしそうな人。
サミー・デイヴィスJr. 1925 -1990 モー。この映画公開の翌年に亡くなっていたのか・・・
ジミー・スライド1927-2008 床の上をすべっていた人。靴の裏に車輪がついているに違いない。
アーサー・ダンカン ?-? 白いパンツの人。生年わからず。でもきっと一番若い。

 みんな「神」とか「巨匠」と呼ばれていたタップダンサーばかり。ちなみにグレゴリー・ハインズ1946-2003は当時43歳。彼が見出した天才タップダンサー、セヴィアン・グローヴァーはこれが映画デビュー作で15歳。若い! この後数年したら立派なおヒゲ&ドレッドに成長するのかと思うと感無量です。

 余談ですが、ずいぶん前、この映画に出てくるグレゴリー・ハインズやセヴィアンをはじめ、新旧のタップダンサーが出演していた「タップダンス イン アメリカ」というテレビ番組を見たことがあります。あれもう一回見たいなあ。映画「コーラスライン」でサプライズを歌ったグレッグ・バージも出演していました。彼がまたサイコーで・・・!

 あの番組を見ていなければ、タップダンスを見るのを今ほど好きになっていなかったと思います。口を半開きにして手をブラブラ動かしながら足先を小刻みに動かすのを見てなにが楽しいんだ?と思ったままだったはず。この映画も、タップダンスって何が楽しいの?と不思議に思っている方がもしいらしたら、ぜひ見ていただきたい作品です。タップダンスって、ほんとに楽しい、見ていてウキウキするダンスだと思います。

天才の技

投稿日

2006/02/05

レビュアー

レビュアー名未設定

年を取ってさらに味の出たサミーデイビスjr.の神技タップ。このシーンだけでお釣りが来る映画だ。何度見てもうならされる。
主演のG・ハインズがタップの頂点に登るまでの展開に重なるオールドジャズも聞きごたえがある。

弛まぬ精進

投稿日

2007/05/04

レビュアー

タラちゃん

良い作品です!
G・ハインズのタップも、もちろん良いですが、G・ハインズ演ずる主人公の父親の友達という設定になっている老ダンサーたちのダンスが素晴らしかったです。
老ダンサーの方々、実際に設定通りのお年でしょうが、全く歳を感じさせない美しいダンスで、日頃の弛まぬ精進を感じました。昔取った杵柄も、日々磨いていないと世界の人々に披露できるようなプロの踊りはできないと思います。
レビューを書いている今も、プロダンサーとしての彼らの矜持への感動を反芻しています。

1〜 5件 / 全8件