ピカソ・トリガー/殺しのコード・ネーム

ピカソ・トリガー/殺しのコード・ネームの画像・ジャケット写真

ピカソ・トリガー/殺しのコード・ネーム / スティーブ・ボンド

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「ピカソ・トリガー/殺しのコード・ネーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

異才、アンディ・シダリス監督が贈るエロティックアクション。ピカソ・トリガーをコードネームに持つ犯罪組織のボスが狙撃される。しかし、それはFBIに対する罠だった。

「ピカソ・トリガー/殺しのコード・ネーム」 の作品情報

作品情報

製作年: 1988年
製作国: アメリカ
原題: PICASSO TRIGGER

「ピカソ・トリガー/殺しのコード・ネーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

スパイ・エンジェルス

ピカソ・トリガー エネミー・ゴールド指令

Playboyのセクシー・ランジェリー

ピカソ・トリガー リーサル・エンジェルス

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

おバカムービー此処に極まる ネタバレ

投稿日:2006/12/10 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いやぁー懐かしいですね、コレ。レンタルビデオが時代の最先端だった頃、つまり十数年前?にレンタル店に有りましたよ、このフナイのシリーズ(もう、無いだろうな)。今では「木曜洋画劇場」の定番とも言えます。監督のAndy Sidarisを始めとするシダリス一家(他に奥さんや息子と作ってる)、別名ハリウッドの「あばしり一家」とも呼ばれる彼らの作る映画は何時もワン・パターン。本作は記念すべき?第1作目です。ええ、ストーリーなんて始めから無いに等しく又憶える必要も有りません。因みに彼らの作品には一定のルールがあって「大柄で巨乳の金髪ギャル(死語)が主演」「相手役の男も大柄で(なぜか)バズーカの似合うボディビルダー選ぶ」「劇中でヘリコプターを爆破する」「ついでにジープも爆破する」「ロケはハワイかラスベガスで撮る」この彼らのルールを当てはめれば、何だってPICASSO TRIGGER シリーズに早変わり(笑)。まあシリーズと言っても何の脈絡もありませんけどね・・・。一言で言うならハリウッド版のVシネマって感じでしょうか。しかし正直、よくこんなんでF.B.Iから抗議が来ないものだと違う心配をしてしまうほどハチャメチャです。まあお約束のエロ・シーンも有りますが過大な期待は禁物です。日本人には到底馴染めそうに無い感じのお姉さまが出てくるので(笑)、ここは素直にバカ映画として楽しむのが一番です。それでも当時の学生には刺激的だった様な気がします。今このレビューは残していたβテープを元に書いてますが、いやDVDだとキツイかもしれませんね(こう言うのに限って高画質だったりする)。脱力感満載の本シリーズですが、一部で熱狂的ファンが居るのも事実。しかし世の評価はWarnerが現在発売してる、その価格\980が如実に表してると思いますけどね・・・。まあ「洋モノ」がお好きな方はお試しあれ!。私も捨てるお金が有るなら、こんな映画作ってみたいですね。

因みにタイトルのPICASSO TRIGGERとは、「この世で最も残忍な魚」の事らしい。まあ、どうでもいいけどね。

このレビューは気に入りましたか? 24人の会員が気に入ったと投稿しています

それなりに

投稿日:2008/05/17 レビュアー:こうさま

評価65点(100点満点)
シリーズものはやはり第一作から見ないといけないと思いシリーズ第一作を見て見ました。1998年の作品で12作目まで製作されています。ドーナ・スビアーが最初から続けて登場しています。まともに評価すると、ストーリーもたいしたことないし、アクションシーンも特筆するところもないし、ということになつてしまいますが、金髪巨乳美女が大暴れするという痛快娯楽お色気作品としてご覧になると腹も立ちません。別にハラハラドキドキするわけではないので肩も凝りませんし、少々筋がわからなくなつてもなんということはありません。男優陣も筋肉ムキムキ連中が登場し美女達とラブシーンを演出します。これを見ていると日本女性の楚々とした美しさが改めてわかるような気がします。とかなんとん言いながらもう1−2作ぐらいは見てしまうかも。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

わかりきったどんでん返し ネタバレ

投稿日:2010/05/04 レビュアー:サッチー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

B級の割には
セットその他でお金はかかってる

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

気楽に楽しめた

投稿日:2007/06/23 レビュアー:ただの老人

僕の評価は3と4の間。人物が多く、皆同じようで、敵か味方か分かりづらい。
でも、B級映画を見慣れているせいか、案外に映像がまともで登場人物にも不満はない。細かいことは考えず、気楽に鑑賞できる。
欲を言えば「ベイウォッチ」のように水着のシーンがあれば良いなと。
シリーズの残りも見てみたい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ピカソ・トリガー/殺しのコード・ネーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

おバカムービー此処に極まる

投稿日

2006/12/10

レビュアー

masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いやぁー懐かしいですね、コレ。レンタルビデオが時代の最先端だった頃、つまり十数年前?にレンタル店に有りましたよ、このフナイのシリーズ(もう、無いだろうな)。今では「木曜洋画劇場」の定番とも言えます。監督のAndy Sidarisを始めとするシダリス一家(他に奥さんや息子と作ってる)、別名ハリウッドの「あばしり一家」とも呼ばれる彼らの作る映画は何時もワン・パターン。本作は記念すべき?第1作目です。ええ、ストーリーなんて始めから無いに等しく又憶える必要も有りません。因みに彼らの作品には一定のルールがあって「大柄で巨乳の金髪ギャル(死語)が主演」「相手役の男も大柄で(なぜか)バズーカの似合うボディビルダー選ぶ」「劇中でヘリコプターを爆破する」「ついでにジープも爆破する」「ロケはハワイかラスベガスで撮る」この彼らのルールを当てはめれば、何だってPICASSO TRIGGER シリーズに早変わり(笑)。まあシリーズと言っても何の脈絡もありませんけどね・・・。一言で言うならハリウッド版のVシネマって感じでしょうか。しかし正直、よくこんなんでF.B.Iから抗議が来ないものだと違う心配をしてしまうほどハチャメチャです。まあお約束のエロ・シーンも有りますが過大な期待は禁物です。日本人には到底馴染めそうに無い感じのお姉さまが出てくるので(笑)、ここは素直にバカ映画として楽しむのが一番です。それでも当時の学生には刺激的だった様な気がします。今このレビューは残していたβテープを元に書いてますが、いやDVDだとキツイかもしれませんね(こう言うのに限って高画質だったりする)。脱力感満載の本シリーズですが、一部で熱狂的ファンが居るのも事実。しかし世の評価はWarnerが現在発売してる、その価格\980が如実に表してると思いますけどね・・・。まあ「洋モノ」がお好きな方はお試しあれ!。私も捨てるお金が有るなら、こんな映画作ってみたいですね。

因みにタイトルのPICASSO TRIGGERとは、「この世で最も残忍な魚」の事らしい。まあ、どうでもいいけどね。

それなりに

投稿日

2008/05/17

レビュアー

こうさま

評価65点(100点満点)
シリーズものはやはり第一作から見ないといけないと思いシリーズ第一作を見て見ました。1998年の作品で12作目まで製作されています。ドーナ・スビアーが最初から続けて登場しています。まともに評価すると、ストーリーもたいしたことないし、アクションシーンも特筆するところもないし、ということになつてしまいますが、金髪巨乳美女が大暴れするという痛快娯楽お色気作品としてご覧になると腹も立ちません。別にハラハラドキドキするわけではないので肩も凝りませんし、少々筋がわからなくなつてもなんということはありません。男優陣も筋肉ムキムキ連中が登場し美女達とラブシーンを演出します。これを見ていると日本女性の楚々とした美しさが改めてわかるような気がします。とかなんとん言いながらもう1−2作ぐらいは見てしまうかも。

わかりきったどんでん返し

投稿日

2010/05/04

レビュアー

サッチー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

B級の割には
セットその他でお金はかかってる

気楽に楽しめた

投稿日

2007/06/23

レビュアー

ただの老人

僕の評価は3と4の間。人物が多く、皆同じようで、敵か味方か分かりづらい。
でも、B級映画を見慣れているせいか、案外に映像がまともで登場人物にも不満はない。細かいことは考えず、気楽に鑑賞できる。
欲を言えば「ベイウォッチ」のように水着のシーンがあれば良いなと。
シリーズの残りも見てみたい。

1〜 4件 / 全4件