フランティック

フランティックの画像・ジャケット写真

フランティック / エマニュエル・セニエ

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「フランティック」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

パリで開かれた学会に出席した米人医師とその妻。しかし、妻が突然何者かに誘拐されてしまったことから、医師は言葉の通じないパリを奔走し、妻の行方を追う……。H・フォード主演〈・ポランスキー監督のサスペンス作品。

「フランティック」 の作品情報

作品情報

製作年: 1988年
製作国: アメリカ
原題: FRANTIC

「フランティック」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

今そこにある危機

エディット・ピアフ 愛の讃歌

ロンサム・ダブ

ファイアートラップ

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

えっ? ホントに 医者? (笑)

投稿日:2011/03/22 レビュアー:エコエコアザラク

学会で訪れたパリで妻が失踪。慣れない異国で、夫の探索は苦労の連続。一体、妻は何処へ? 誘拐か? それとも蒸発なのか? スーツケースの取り違えが関係しているのか!!?

ハリソン・フォードにロマン・ポランスキー監督とくれば、イヤでも期待が膨らんできます。タイトルもいいですね。公開当時、話題作として注目されてたし、ワクワクしてましたよ。
しかし、肝心の本編は、あんまり面白くなかったです。(笑 これのどこが一級サスペンスなのかな??
シナリオ展開にハラハラドキドキできず、途中でダレてきました。無駄なシーンも多いような気がします。
それにしても主人公は、本当に医者ですか? 実は元・刑事だった医師という設定なら理解できますが(笑

確かにフランス人は冷たいらしい。でも自国民にも冷たいそうです。フランス人から聞いたことあります(笑
でも英語はけっこう通じるはずなんだけどな・・・まあ映画だから仕方がないです。いっそのことイスラム圏の設定のほうが、面白かったかも♪
掴みはいいけど、全体的に中途半端な印象です。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

パリで妻が消えた

投稿日:2021/09/05 レビュアー:kazupon

監督:ロマン・ポランスキー(1988年・米・120分)
原題:FRANTIC(取り乱した、狂乱した、死にもの狂いの…)

学会に出席するため、アメリカ人医師リチャード・ウォーカー(ハリソン・フォード)と妻サンドラ(ベティ・バックリー)は、パリを訪れた。
ホテルに着き、サンドラはスーツケースを開けようとするが、鍵が合わない。
そう。空港でスーツケースを取り違えてしまったのだ。
リチャードは空港に連絡し、妻のスーツケースが戻るよう段取りをした。
リチャードがシャワーを浴びている間に、事件は起きた。妻が忽然と姿を消してしまったのである。
ホテル到着時に対応したフロント係に問い質すと、妻は口ひげの男に肩を抱かれて出て行ったと言う。
男が無理矢理、女を車に押し込んで走り去るのを見たという目撃者も現れた。
その男は何者なのか?妻は一体どこに?
パリ警察に通報するも、妻と男の関係を疑う様なニヤニヤの対応に、リチャードがキレると警察が逆ギレ。
リチャードは自ら妻の捜索を開始する。

観始めて直ぐ、VHSで(かなり昔)視聴済みだと気が付いた。
なので、結末は何となく覚えていたので、今回はリチャードの頑張りと、間違えたスーツケースの持ち主ミシェル(エマニュエル・セニエ)に注目して観た。
事件の発端が、スーツケースにあることは容易に想像がつくし、リチャードがそのスーツケースをこじ開けてみたのは当然だ。

パリ警察の不親切さと、行動的(無鉄砲)な医師と、運び屋の女(何を運ばされたのかは、ラストまで伏せられている)と、女を追う男たちがすれ違い、入り乱れてサスペンスの様相となる。
しかし、面白かったのは妻が忽然と姿を消した序盤だけだった。
時々、思い出したように挿入される学会仲間の医師たちとの遭遇や会話―リチャードと一緒にいるミシェルを見る目のイヤラシさ(奥さんにはナイショだろ?って目付きもあり)には、緊迫感が萎えてしまう。
警察も顔負けの捜査力を発揮するが、どうも鈍クサイ。
ミシェルが易々と歩いた屋根の上をリチャードは滑り落ちそうになり、TVのアンテナに掴まるがスーツケースの中身をぶちまけ、滑らない様に裸足になれば靴が滑り落ちてしまう。
ミシェルは、身の危険を感じる展開になっても報酬の回収に拘る強かさだ。
個人的な感想で申し訳ないけれど、ミシェルが体をクネクネさせて踊るダンスにウケた。(笑)
その彼女を見るリチャードの当惑し切った顔にも笑ってしまった。
日本でいえば、火サス程度の娯楽作と思ってご覧になるのが宜しいかと・・・

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

異国の地で思わぬ迷宮に迷い込んで

投稿日:2021/06/12 レビュアー:hinakksk

  監督がポランスキーというからには、通常のサスペンスとはちょっと(大いに?)違っている。フランティック(狂乱した)という言葉を具現化して、その混迷した迷宮に主人公を陥れる映画だ。観ている方も、次第にその迷宮に迷い込んだ気分になって、くらくらと眩暈がしてくる。仕掛けは、ミステリーの仕掛けというより、すべて主人公を当惑させ狂乱させて冷静さを失わせるように仕組まれている。例えば、到着したばかりの異国のホテルで、シャワーを浴びている夫に確認もせず、普通は妻が無言のまま部屋を出て行ったりはしないだろう。バスルームのドアを開けて、一言夫に伝えれば済むことだ。

 忽然と妻が失踪し、男たちが女性を車に押し込んでいたという目撃証言があるのだから、目撃者と一緒に警察に行けばいいものを、ひとりで行って徒労に終わる。医師の国際学会で来ているのだから、それなりの人物に相談できるはずなのに、言葉も通じない状況のなか、僅かな手掛かりを頼りに、ひとりで彷徨い歩く。必死だけれど、孤立無援で、不安や絶望や焦燥に駆られるばかり。
 
 それなのに、死体を発見しても警察には連絡しないし、ホテルの部屋が荒らされてもその事実を隠す。やがて、事件に係りのあるミシェルという若い女性と知り合い、彼女とともに、妻の行方を捜し、真相を突きとめようとするのだが、ミシェルは報酬を得ることが最優先で、彼女をどこまで信頼できるのか、はなはだ怪しい。事態はどんどん混迷を深めながら、最後はついに派手な撃ち合いにまで至る。

 そもそもは、空港で妻がトランクを取り違えられたことから始まっていて、事件自体は合理的に解決しており、サスペンスとして破綻しているわけではない。ただ、言葉も通じない異国の地で、突然姿を消した愛する妻を捜して、フランティックに迷宮を彷徨う悪夢のような出来事を描いているという印象のほうが強い。翻弄されるハリソン・フォードは意外に適役。

 オープニングは、夜明けで、空港からパリに向かう車の流れを描いており、エンディングは対照的に、夕闇のなか、パリから空港への車の流れを描いていて、とても洒落ている。パリのゴミ収集車の場面までお揃いになっているとか、タイヤのパンクが波乱を予兆しているとか、全体に演出は細部へのこだわりが感じられる。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

見て感動はしないが、損はない映画

投稿日:2007/07/21 レビュアー:BEEFジャーキー

 *物語は、至って普通の家庭を持つアメリカ人の男性が、妻同伴で学会に出席するため、パリに到着したところから始まる。(職業が医者であるため、普通よりは裕福な家庭ではあるが……。)
 ホテルにチェックインした後、妻が突然いなくなってしまう。頼んだルームサービスも食べずに??フランス語が話せる妻と、全く話せない夫…、男性と一緒にホテルを出た妻…、道路に落ちていた妻のブレスレット……果たして妻は駆け落ちなのか、誘拐なのか…!?いつもと違ったことといえば、空港でとり間違えた妻のスーツケース…これが妻の失踪と関係しているのだろうか?

 *感想としては、医者である夫を演じるH.フォードが疑うことなく誘拐だと信じる夫婦愛がよく描かれていると思う。話せないフランス語にとまどいいらだつ気持ちもよく伝わってくる。残念なのは、医者という職業設定なのに、やけに機転がききすぎる所と犯罪者に対する恐怖心が感じられないところが、腑に落ちない。おまけに悪党役の人たちは威圧感や怖さが全くないし…。映画を見終わった後の爽快感はあるので、見て損はない映画だと思う。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

エマニュエル・セイナー

投稿日:2006/02/24 レビュアー:レビュアー名未設定

妻がいなくなってしまい、どこにいるのだろうと思いながらずっと見ました。火曜サスペンス風でした。パリの警察ってのんびりしてるのかなーとか思いました。ハリソンフォードやエマニュエル・セイナーがかっこよかったのが救いかも。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全25件

フランティック

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

えっ? ホントに 医者? (笑)

投稿日

2011/03/22

レビュアー

エコエコアザラク

学会で訪れたパリで妻が失踪。慣れない異国で、夫の探索は苦労の連続。一体、妻は何処へ? 誘拐か? それとも蒸発なのか? スーツケースの取り違えが関係しているのか!!?

ハリソン・フォードにロマン・ポランスキー監督とくれば、イヤでも期待が膨らんできます。タイトルもいいですね。公開当時、話題作として注目されてたし、ワクワクしてましたよ。
しかし、肝心の本編は、あんまり面白くなかったです。(笑 これのどこが一級サスペンスなのかな??
シナリオ展開にハラハラドキドキできず、途中でダレてきました。無駄なシーンも多いような気がします。
それにしても主人公は、本当に医者ですか? 実は元・刑事だった医師という設定なら理解できますが(笑

確かにフランス人は冷たいらしい。でも自国民にも冷たいそうです。フランス人から聞いたことあります(笑
でも英語はけっこう通じるはずなんだけどな・・・まあ映画だから仕方がないです。いっそのことイスラム圏の設定のほうが、面白かったかも♪
掴みはいいけど、全体的に中途半端な印象です。

パリで妻が消えた

投稿日

2021/09/05

レビュアー

kazupon

監督:ロマン・ポランスキー(1988年・米・120分)
原題:FRANTIC(取り乱した、狂乱した、死にもの狂いの…)

学会に出席するため、アメリカ人医師リチャード・ウォーカー(ハリソン・フォード)と妻サンドラ(ベティ・バックリー)は、パリを訪れた。
ホテルに着き、サンドラはスーツケースを開けようとするが、鍵が合わない。
そう。空港でスーツケースを取り違えてしまったのだ。
リチャードは空港に連絡し、妻のスーツケースが戻るよう段取りをした。
リチャードがシャワーを浴びている間に、事件は起きた。妻が忽然と姿を消してしまったのである。
ホテル到着時に対応したフロント係に問い質すと、妻は口ひげの男に肩を抱かれて出て行ったと言う。
男が無理矢理、女を車に押し込んで走り去るのを見たという目撃者も現れた。
その男は何者なのか?妻は一体どこに?
パリ警察に通報するも、妻と男の関係を疑う様なニヤニヤの対応に、リチャードがキレると警察が逆ギレ。
リチャードは自ら妻の捜索を開始する。

観始めて直ぐ、VHSで(かなり昔)視聴済みだと気が付いた。
なので、結末は何となく覚えていたので、今回はリチャードの頑張りと、間違えたスーツケースの持ち主ミシェル(エマニュエル・セニエ)に注目して観た。
事件の発端が、スーツケースにあることは容易に想像がつくし、リチャードがそのスーツケースをこじ開けてみたのは当然だ。

パリ警察の不親切さと、行動的(無鉄砲)な医師と、運び屋の女(何を運ばされたのかは、ラストまで伏せられている)と、女を追う男たちがすれ違い、入り乱れてサスペンスの様相となる。
しかし、面白かったのは妻が忽然と姿を消した序盤だけだった。
時々、思い出したように挿入される学会仲間の医師たちとの遭遇や会話―リチャードと一緒にいるミシェルを見る目のイヤラシさ(奥さんにはナイショだろ?って目付きもあり)には、緊迫感が萎えてしまう。
警察も顔負けの捜査力を発揮するが、どうも鈍クサイ。
ミシェルが易々と歩いた屋根の上をリチャードは滑り落ちそうになり、TVのアンテナに掴まるがスーツケースの中身をぶちまけ、滑らない様に裸足になれば靴が滑り落ちてしまう。
ミシェルは、身の危険を感じる展開になっても報酬の回収に拘る強かさだ。
個人的な感想で申し訳ないけれど、ミシェルが体をクネクネさせて踊るダンスにウケた。(笑)
その彼女を見るリチャードの当惑し切った顔にも笑ってしまった。
日本でいえば、火サス程度の娯楽作と思ってご覧になるのが宜しいかと・・・

異国の地で思わぬ迷宮に迷い込んで

投稿日

2021/06/12

レビュアー

hinakksk

  監督がポランスキーというからには、通常のサスペンスとはちょっと(大いに?)違っている。フランティック(狂乱した)という言葉を具現化して、その混迷した迷宮に主人公を陥れる映画だ。観ている方も、次第にその迷宮に迷い込んだ気分になって、くらくらと眩暈がしてくる。仕掛けは、ミステリーの仕掛けというより、すべて主人公を当惑させ狂乱させて冷静さを失わせるように仕組まれている。例えば、到着したばかりの異国のホテルで、シャワーを浴びている夫に確認もせず、普通は妻が無言のまま部屋を出て行ったりはしないだろう。バスルームのドアを開けて、一言夫に伝えれば済むことだ。

 忽然と妻が失踪し、男たちが女性を車に押し込んでいたという目撃証言があるのだから、目撃者と一緒に警察に行けばいいものを、ひとりで行って徒労に終わる。医師の国際学会で来ているのだから、それなりの人物に相談できるはずなのに、言葉も通じない状況のなか、僅かな手掛かりを頼りに、ひとりで彷徨い歩く。必死だけれど、孤立無援で、不安や絶望や焦燥に駆られるばかり。
 
 それなのに、死体を発見しても警察には連絡しないし、ホテルの部屋が荒らされてもその事実を隠す。やがて、事件に係りのあるミシェルという若い女性と知り合い、彼女とともに、妻の行方を捜し、真相を突きとめようとするのだが、ミシェルは報酬を得ることが最優先で、彼女をどこまで信頼できるのか、はなはだ怪しい。事態はどんどん混迷を深めながら、最後はついに派手な撃ち合いにまで至る。

 そもそもは、空港で妻がトランクを取り違えられたことから始まっていて、事件自体は合理的に解決しており、サスペンスとして破綻しているわけではない。ただ、言葉も通じない異国の地で、突然姿を消した愛する妻を捜して、フランティックに迷宮を彷徨う悪夢のような出来事を描いているという印象のほうが強い。翻弄されるハリソン・フォードは意外に適役。

 オープニングは、夜明けで、空港からパリに向かう車の流れを描いており、エンディングは対照的に、夕闇のなか、パリから空港への車の流れを描いていて、とても洒落ている。パリのゴミ収集車の場面までお揃いになっているとか、タイヤのパンクが波乱を予兆しているとか、全体に演出は細部へのこだわりが感じられる。

見て感動はしないが、損はない映画

投稿日

2007/07/21

レビュアー

BEEFジャーキー

 *物語は、至って普通の家庭を持つアメリカ人の男性が、妻同伴で学会に出席するため、パリに到着したところから始まる。(職業が医者であるため、普通よりは裕福な家庭ではあるが……。)
 ホテルにチェックインした後、妻が突然いなくなってしまう。頼んだルームサービスも食べずに??フランス語が話せる妻と、全く話せない夫…、男性と一緒にホテルを出た妻…、道路に落ちていた妻のブレスレット……果たして妻は駆け落ちなのか、誘拐なのか…!?いつもと違ったことといえば、空港でとり間違えた妻のスーツケース…これが妻の失踪と関係しているのだろうか?

 *感想としては、医者である夫を演じるH.フォードが疑うことなく誘拐だと信じる夫婦愛がよく描かれていると思う。話せないフランス語にとまどいいらだつ気持ちもよく伝わってくる。残念なのは、医者という職業設定なのに、やけに機転がききすぎる所と犯罪者に対する恐怖心が感じられないところが、腑に落ちない。おまけに悪党役の人たちは威圧感や怖さが全くないし…。映画を見終わった後の爽快感はあるので、見て損はない映画だと思う。

エマニュエル・セイナー

投稿日

2006/02/24

レビュアー

レビュアー名未設定

妻がいなくなってしまい、どこにいるのだろうと思いながらずっと見ました。火曜サスペンス風でした。パリの警察ってのんびりしてるのかなーとか思いました。ハリソンフォードやエマニュエル・セイナーがかっこよかったのが救いかも。

1〜 5件 / 全25件