武士道残酷物語

武士道残酷物語の画像・ジャケット写真
武士道残酷物語 / 中村錦之助
全体の平均評価点:
(5点満点)

16

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「武士道残酷物語」 の解説・あらすじ・ストーリー

『喜劇日本のお婆ちゃん』の今井監督が描く残酷時代劇。サラリーマンの飯倉は、凄惨な過去が記してある、先祖が残した日誌を偶然見つける…。自らを犠牲にして主君に仕える日本人の精神構造を、江戸時代から現代までの7編のオムニバスで綴っている。

「武士道残酷物語」 の作品情報

製作年: 1963年
製作国: 日本
受賞記録: 1963年 ベルリン国際映画祭 金熊賞

「武士道残酷物語」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

武士道残酷物語の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
123分 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRTD02308 2004年02月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
2枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

しょぼくれ錦ちゃんの切腹祭りネタバレ

投稿日:2008/08/24 レビュアー:TETSUYA

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

宮本武蔵や破れ傘刀舟の、あの猛烈に強いイメージのある中村錦之助が、本作では、情けないまでに時代や社会に翻弄され、切腹しまくる。
日本人の精神構造を綴った深遠なテーマを重厚に描いているが、オムニオバスすべての主人公を錦之助が演じることにより、「おいおい、また死んじゃうのかよ」と不謹慎な笑いが込み上げて、しまいには好きで切腹しているかのような気配さえ漂わせる変態な仕上がり具合だ。マゾヒスティックな人間をサディスティックに見つめた、巨匠今井正監督が残した偉大なるカルトシネマ。真剣な深刻さのぶり返しから生まれる予想外の大爆笑は、しっかりと作り込まれた作品だからこそ成せる業です。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今井監督とマゾヒズム

投稿日:2008/01/09 レビュアー:tomato

今井監督は左翼思想家として戦時中思想犯として長きにわたり獄中生活を余儀なくされています。戦後その創作活動は一気に爆発します「青い山脈」「また合う日まで」「どっこい生きている」「やまびこ学級」「ああ、ひめゆりの塔」等そのヒユ−マンな作風の中の底辺にこれでもか、これでもかと登場人物を苦境に追いやっていく一種マゾヒステックなまでの作風を感じます。それがもっとも良く表れているのが本作のような気がします。個人が属する社会が与える個人が個人たらんため以前について回る人間としての宿命と惨劇、これは人間である限りついて回る輪廻のように思われました。
個人が多量の情報を得、埋没している現代にこそこれら今井監督の作品はマッタク色あせることなく「人間」を描き付けているような気がします。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

武士道復活のきざし

投稿日:2004/06/02 レビュアー:ペリカンビーン

最近書店の店頭にも『武士道』の書籍が並んでおりますが、本編は江戸時代から昭和の時代までを背景に中村錦之助の演技力で見せてくれました。ただ自己否定の連続なのでちょっと気が滅入るかも知れませんが、観る人の解釈で面白さが違ってくると思います。時代劇ファンなら一見の価値ありでは…。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ほんとかいな!?

投稿日:2007/01/08 レビュアー:しゅう

武士社会の不条理を描いた「切腹」という作品にレビューを書いたので、ちょっと共通点がありそうなこちらにも一言。
イントロダクションにもあるとおり、七代にわたる不幸(?)な歴史をオムニバスで綴った作品ですが、暗いよ。落ち込みますよ。決して娯楽映画ではないですよ。
己を犠牲にして主君や国家に仕える武家の社会を2時間、これでもかこれでもかと、描いています。DVDジャケットには“忠義の二文字に操られた被虐の歴史・・七代の血が訴える、ニッポン武士道の真相”とありますが、ほんまかいな!?と思うほどえげつない話のオンパレード。
ヒロインを中村錦之助がやっているので、迫真に迫った演技は見ものだけど、その分ガツーンときた。
この真相、にわかには信じがたいけど、もしかして・・と思うのは俺もやっぱり日本人だから!?
ま、ありきたりの娯楽品、くだらんTV番組に飽き々々してる方、一度どうぞ。
あそうだ、映画としての出来栄えは切腹とは比べものになりません。こちらはオムニバス形式をとっているので、テーマ訴求のインパクトに欠けるのは仕方ないかもです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

サムライを無条件に礼賛できない

投稿日:2020/08/04 レビュアー:Alterego

リアリズムに徹した演出が素晴らしい。封建的な犠牲の精神が現代にもそのまま残っている様が見事に描かれている。令和残酷物語は続いている。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全16件

武士道残酷物語

月額課金で借りる

都度課金で借りる