秋津温泉

秋津温泉の画像・ジャケット写真
秋津温泉 / 岡田茉莉子
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
ジャンル:

「秋津温泉」 の解説・あらすじ・ストーリー

藤原審爾の原作を『ろくでなし』の吉田喜重が監督と脚本を手掛けて映画化した青春ロマンス。昭和20年の夏。岡山県のある温泉場の娘・新子は周作という男を偶然自殺から救う。以来、ふたりの間には複雑な関係が生まれる。

「秋津温泉」 の作品情報

製作年: 1962年
製作国: 日本

「秋津温泉」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

秋津温泉の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9903 2006年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

水面ネタバレ

投稿日:2008/10/19 レビュアー:ひきむすび

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

岡田茉莉子という人はとても華のあるひとだ。

スラリと伸びた四肢
くるくる変わるその表情に釘付けになる

世間知らずの生意気娘はやがて
先行きの知れぬ旅荘の女将へ
そして捨て置かれた女へと
彼女はどんどん変貌する

彼女の佇まいは既に映画だと思える

それにしても水面の美しいこと
底知れぬ淵 せせらぎ 急流と
話がゆれる度に 水面が揺れる
この水面に支えられた映画とも思える


素晴らしい部分がたくさんあります。
見所もたくさんあります。
けれど私はお腹いっぱい。
あのメロディが流れる度に「またか・・・」と
げんなりしてしまいました。ごめんなさい。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そうだ、秋津に行こう

投稿日:2008/10/01 レビュアー:TETSUYA

運命的な青春の出会いを果たした十七歳の男女の、その後の十七年を、素晴らしすぎるロケーションで綴った、吉田の決定的な代表作。
その出会いが鮮烈為るが故に、墜ちていく男と女。一番大切な存在のはずなのにすれ違う二人。汚れてみたところで、燻り続ける青春の燃えかす。青春に囚われ、青春から逃れ、また繰り返す青春。それをつまり、ロマンスと云うのかもしれない。そしてロマンスの結末はいつもほろ苦い。青春の終わりの季節のように。このほろ苦さは、成瀬の「浮雲」以来だ。
それにしても圧倒的なのは、やはり絵画のような美しい四季の映像と岡田茉莉子だ。まるで桑田佳祐のような若き長門裕之に物足りなさを感じても、十分に堪能できる傑作である。心がほろ苦くなったら、奇跡のように美しい架空の街、秋津にまた帰ろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

岡田茉莉子さんが美しい

投稿日:2008/02/08 レビュアー:ミッチー

まずタイトルバック。
「岡田茉莉子 映画出演百本記念作品」
続いて企画「岡田茉莉子」である。

この映画が公開されたとき岡田茉莉子は29歳。
20代の女優が映画の企画をするとは驚きだ。

これは、岡田茉莉子さんを美しく撮るためにつくった映画だと思う。
カメラアングル、構図、照明、すべてが凝っているのだ。
吉田喜重監督の奮闘ぶりがうかがわれる。
好きな女優を主演にして映画を撮れるのだから幸せな人だ。

そしてもう一つが自然の美しさ。
四季折々の風景が美しい。
特に春の桜と冬の雪のシーンは絶景である。

共演者は、ダメ男をやらせたら右に出る者がないと思われる長門裕之。
作家志望だが芽が出ず、義兄の成功をねたんで「俺はあんな通俗小説は書かん!」とほざくが、この男は、結局何も書けないだろう。

ダメ男と勝ち気な女の組み合わせは、あの名作「浮雲」と一緒だ。
最後に女が死んで男が泣くところまで同じである。

邦画ではだらしない男がもてる映画が多いが、現実はどうなんだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

岡田茉莉子の魅力ネタバレ

投稿日:2006/04/25 レビュアー:siosion

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

岡田茉莉子さんは「人間の証明」のブルジョア女社長のイメージが強かったけど、この作品では「母の再婚で田舎旅館の跡取り娘になった」という役どころ。17歳、21歳、34歳と演じ分けています。とくに、娘時代のハツラツとした姿が魅力的。

「なんで、こんなダメダメ男を?」と思ってしまいがちですが、新子さんは「自殺志願の文学青年・周作」への不毛な愛によって、戦争が生み出した不本意な運命の中に、生きる活力を得たのでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

すべては茉莉子のために

投稿日:2009/01/30 レビュアー:ムーン

岡田茉莉子さん映画出演100本記念作品。

衣装も岡田茉莉子さんが担当しています。おそらく自分が着たい着物を選んだんでしょう。

ただ、歩き方がいかん。和服を着たときの歩幅じゃない。
緋牡丹のお竜さんだって、立ち回りの時しかあんなに裾を翻して大股歩きはしませんよ。

若さが弾けてる感じを出したいのは解るんですが、それなら最初から洋装にした方が良かった。

岡田茉莉子さんは、洋のひとでしょう。それがはっきりと判ったのは、二度目にいやいや抱かれるシーン。顔の真上から、スタンドのライトで浮かび上がった顔のシルエットは、安井曽太郎画伯が描いたパジャントの石膏デッサンにそっくり。

そうか、これが生きているパジャントなのかと、妙に納得しました。

吉田監督はこの撮影で、どんな逆光でもレフを当て、岡田茉莉子さんの顔を美しく撮ろうとしています。アングルは少し斜め下。後ろは斜め上。方と首筋のラインを強調して、サクラやもみじの渓流を歩かせる。
演技指導なんてそっちのけ、惚れてるの見え見え。

この時代の文学の流行は、長門裕之さんみたいなダメ男がはやったんでしょうか。
長門さんはこういう役がホントに上手。腹が立つくらい板に付いてます。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

秋津温泉

月額課金で借りる

都度課金で借りる