暴走機関車

暴走機関車の画像・ジャケット写真
暴走機関車 / ジョン・ヴォイト
全体の平均評価点:
(5点満点)

23

  • DVD
ジャンル:

「暴走機関車」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠・黒澤明の描いた脚本を基に映画化されたアクション大作。猛吹雪の中を150キロのスピードで暴走する巨大4連機関車。闘争の途中で乗り合わせてしまった脱獄囚2人と女性乗務員は、鉄道管制本部でも止めることのできないこの機関車から脱出できるか?<BR>「DVDNAVIGATOR」より<BR><BR> 巨匠・黒澤明が書いた脚本をもとに「マリアの恋人」のA・コンチャロフスキーが映像化したサスペンス・スリラー。アラスカの監獄から二人の囚人が脱走。執拗に追う冷酷な所長の追撃の中、彼らは貨物列車に乗り込み、まんまと逃走に成功したかに見えた。が、それも束の間、機関士の死亡によって列車は止める手立てがないまま加速を続ける……。<BR>「allcinema ONLINE」より<BR>「allcinema ONLINE」より

「暴走機関車」 の作品情報

製作年: 1985年
製作国: アメリカ
原題: RUNAWAY TRAIN

「暴走機関車」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

暴走機関車の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
111分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KIBR5074 2004年01月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

歯は大事にしよう

投稿日:2004/08/30 レビュアー:裸足のラヴァース

ようするに ロバート・オルドリッチの「北国の帝王」が
いかに素晴らしかったかを証明することになってしまっただけの映画

たしかJ・ヴォイトはこれのために 「楢山節工」の坂本スミ子と同じに歯を抜いちゃったんじゃないか アホや
歯だけはいい おいらに嗤われたはずだ 昔

あそれと ジョフ・マーフィー監督 セガール主演「暴走特急」(タイトルあってるかな?)もこれより全然いいから お知らせ

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もうどうにも止まらない・・・

投稿日:2010/04/09 レビュアー:エコエコアザラク

二人の脱獄犯、一人の女、制御不能の機関車・・たったこれだけの登場人物と舞台で、これほど重厚な人間ドラマとアクションとサスペンスが作れるんだ!! と感心しました。

ひたすら白い雪原を走り続ける黒い機関車の映像はモノクロ風景のような世界観で、先の見えない終点への絶望感を漂わせます。スピードが増すにつれ、とてつもない迫力と恐怖感を醸しだして暴走する機関車の描写も秀逸です。
そんな車内で繰り広げられる、暴走との攻防、人間模様。
そして・・最後に選択するのは、希望への出発か? 自由なる終点か? ・・やっぱり黒澤さん凄いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

吹雪の中、暴走する列車に乗リ込んだ脱獄犯。ラストは感動しましたネタバレ

投稿日:2012/06/09 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

真冬のアラスカの刑務所から三度目の脱獄をしたマニー(ジョン・ヴォイト)とマニーを神のように崇める若者バック(エリック・ロバーツ)は、地下の下水道を通り川に出て駅に辿り着いた。
二人は貨物列車に乗り込むが、発車してまもなく運転士が気分が悪いのか列車から降りたと同時に心臓発作で死亡した。しかし、列車は停止することなくそのまま走り続けた。
マニーとバックはそんなこととは知らず吹雪の中猛スピードで暴走する列車に次第に恐怖を感じるが、飛び降りることは出来ないし、列車を止めることも考えるが思うようにいかない。
今まで気絶していたと言う機関車助手の女性が現われ列車内は3人になる。また刑務所所長がヘリに乗り執拗に追って来る。とにかくマニーは自分が捕まえるとまるで狂気を曝け出す。
ラストには意外なシーンが待っていました。・・・凶悪犯ではあるが内面には人間らしい心もしっかり持っていたし、男らしい勇気ある人だととても感動しました。

★舞台が極寒で吹雪の中と言うことでロケも相当寒く大変だったと思います。役者さんたちの頑張りに拍手を贈りたいと思いました。
それと、4両編成で走る暴走機関車ですが、今にも壊れそうなみすぼらしいブリキの列車のような感じですが、そんな姿、特に顔(?)には、とても魅かれました。
オープニングからラストまで一気に観てしまいました。お薦めの作品です。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

俺は自由だ!予測不能なラストシーンの崇高さ

投稿日:2019/12/03 レビュアー:hinakksk

 文字のみのシンプルなクレジットで、静かに控えめに始まる。が、冒頭は、極寒のアラスカにある、とても人の住む所とは思えないような環境のストーンヘブン刑務所。野獣の如く地を這うように生きる刑務所シーンから、命の極限を試される暴走機関車を経て、最後は凍るような真っ白な雪の世界で悲劇の高みへと昇華していく。この落差と振幅の大きさが、凄みを感じさせるほど素晴らしい。

 もうすでに2回脱獄している札付きの終身刑囚のマニーが、彼を崇拝する若いバックを伴って3回目の脱獄を敢行する。彼を人間のクズと蔑視し憎悪するランキン所長は、宿敵のようにどこまでも彼を追いつめていく、という脱獄のプロットと、機関士を欠いた4両編成の機関車が、3人の人間を乗せたまま、止める術なく猛スピードで雪原を暴走するという、ふたつのプロットが並行しながら、やがてひとつに統合される。単なるアクション映画に終らず、重厚な人間ドラマ。崇高なまでのエンディングが輝きを放っている。最後に引用されているシェイクスピアの台詞は大げさではなく、この作品にとてもよく似合う。マーニーの哀しみが心に響くかのよう。

  「どんな野獣にも多少あわれみの心がある。それも持たぬ私は
  野獣でさえない。」(『リチャード3世』)

  

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

極寒のアラスカで死の暴走機関車(後編)ネタバレ

投稿日:2019/11/16 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(前篇から続く)そしてマニーはひとつの決断をする。
刑務所所長からは、クズだ、ロクデナシだと罵倒されるばかりだが、俺にも希望があった。
運命に流されるまま、(この走る列車の進む方向のままに)朽ち果てるのは俺の心が許さない。
刑務所で閉じ込められ。機関車でも閉じ込められる。先には「死」しかないこの状況。
マニーは渾身の力で電気系統(連結器)を外すと、所長を道連れに先頭車の屋根に登った。
(これによりバッグとサラは無事を得る。)男マニーは意志ある死を選択した。
事故死ではなく、挺身なのだ。
屋根に仁王立ちになったマニーの姿を映して、カメラは雪原にかすむ機関車を追い、ラストとなる。

「新幹線大爆破」も面白かったし、「カサンドラクロス」も「アンストッパブル」もドキドキハラハラした。
この「暴走機関車」は、主要人物の少なさやアラスカの風景もあって
どこか寂しい悲壮な感じはあるけども、男の生きざまを描いて胸に迫る。印象深い作品である。

さて、この映画の脚本は黒澤明が書いたもので監督自身がアメリカで製作する予定であったが、アメリカ側のスタッフと決定稿を巡ってミゾが生じ、お流れになった。
キネマ旬報1967年インタビュー記事から引用します。(一部抜粋)

「映画というものは作品の中でメッセージを説明口調で言うものではないと思う。
ここが最も大きな食い違いでした。登場人物のキャラクターをこういうふうに直したいというキャロル氏の意見はりっぱなものでした。しかし、根本的な部分で引っかかりがありシナリオが延々と伸びてしまった。
実際に機関車が3分で走る時間に起こる事は3分で描くべきです。そこに20分のエピソードを詰め込むのはありえない。
機関車が暴走を始める、何が原因かわからなくとも、どうしたらいいのかというスリルでスタートさせるべき。
人間の絡まり合いを描いてから事故が起きるという考え方とは違う。」

出来上がったコンチャロフスキー版作品は、アメリカの意向が通った作品に見える。
黒澤明の意向とはかけ離れた作品なのかもしれない。(それでも原案として尊重されてる)
しかし、ミゾが埋まらないからこそ、断念したわけだ。
黒澤明の撮った「暴走機関車」を観たかった。それは生まれる事なく死した。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全23件

暴走機関車

月額課金で借りる

都度課金で借りる