暴走機関車の画像・ジャケット写真

暴走機関車 / ジョン・ヴォイト

暴走機関車 /アンドレイ・コンチャロフスキー

平均評価点: 

予告編を検索

全体の平均評価点: (5点満点)

25

DVD

旧作

お届け率:100%

解説・ストーリー

巨匠・黒澤明の描いた脚本を基に映画化されたアクション大作。猛吹雪の中を150キロのスピードで暴走する巨大4連機関車。闘争の途中で乗り合わせてしまった脱獄囚2人と女性乗務員は、鉄道管制本部でも止めることのできないこの機関車から脱出できるか?<BR>「DVDNAVIGATOR」より<BR><BR> 巨匠・黒澤明が書いた脚本をもとに「マリアの恋人」のA・コンチャロフスキーが映像化したサスペンス・スリラー。アラスカの監獄から二人の囚人が脱走。執拗に追う冷酷な所長の追撃の中、彼らは貨物列車に乗り込み、まんまと逃走に成功したかに見えた。が、それも束の間、機関士の死亡によって列車は止める手立てがないまま加速を続ける……。<BR>「allcinema ONLINE」より<BR>「allcinema ONLINE」より

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「暴走機関車」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

巨匠・黒澤明の描いた脚本を基に映画化されたアクション大作。猛吹雪の中を150キロのスピードで暴走する巨大4連機関車。闘争の途中で乗り合わせてしまった脱獄囚2人と女性乗務員は、鉄道管制本部でも止めることのできないこの機関車から脱出できるか?<BR>「DVDNAVIGATOR」より<BR><BR> 巨匠・黒澤明が書いた脚本をもとに「マリアの恋人」のA・コンチャロフスキーが映像化したサスペンス・スリラー。アラスカの監獄から二人の囚人が脱走。執拗に追う冷酷な所長の追撃の中、彼らは貨物列車に乗り込み、まんまと逃走に成功したかに見えた。が、それも束の間、機関士の死亡によって列車は止める手立てがないまま加速を続ける……。<BR>「allcinema ONLINE」より<BR>「allcinema ONLINE」より

「暴走機関車」 の作品情報

作品情報

製作年:

1985年

製作国:

アメリカ

原題:

RUNAWAY TRAIN

「暴走機関車」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

アルマゲドン2020

キラー・アーティスト 氷の死体

エイリアン・インベージョン

エアポート’02

ブレイクアウェイ

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

歯は大事にしよう

投稿日:2004/08/30 レビュアー:裸足のラヴァース

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

もうどうにも止まらない・・・

投稿日:2010/04/09 レビュアー:エコエコアザラク

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

極寒のアラスカで死の暴走機関車(後編) ネタバレ

投稿日:2019/11/16 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(前篇から続く)そしてマニーはひとつの決断をする。
刑務所所長からは、クズだ、ロクデナシだと罵倒されるばかりだが、俺にも希望があった。
運命に流されるまま、(この走る列車の進む方向のままに)朽ち果てるのは俺の心が許さない。
刑務所で閉じ込められ。機関車でも閉じ込められる。先には「死」しかないこの状況。
マニーは渾身の力で電気系統(連結器)を外すと、所長を道連れに先頭車の屋根に登った。
(これによりバッグとサラは無事を得る。)男マニーは意志ある死を選択した。
事故死ではなく、挺身なのだ。
屋根に仁王立ちになったマニーの姿を映して、カメラは雪原にかすむ機関車を追い、ラストとなる。

「新幹線大爆破」も面白かったし、「カサンドラクロス」も「アンストッパブル」もドキドキハラハラした。
この「暴走機関車」は、主要人物の少なさやアラスカの風景もあって
どこか寂しい悲壮な感じはあるけども、男の生きざまを描いて胸に迫る。印象深い作品である。

さて、この映画の脚本は黒澤明が書いたもので監督自身がアメリカで製作する予定であったが、アメリカ側のスタッフと決定稿を巡ってミゾが生じ、お流れになった。
キネマ旬報1967年インタビュー記事から引用します。(一部抜粋)

「映画というものは作品の中でメッセージを説明口調で言うものではないと思う。
ここが最も大きな食い違いでした。登場人物のキャラクターをこういうふうに直したいというキャロル氏の意見はりっぱなものでした。しかし、根本的な部分で引っかかりがありシナリオが延々と伸びてしまった。
実際に機関車が3分で走る時間に起こる事は3分で描くべきです。そこに20分のエピソードを詰め込むのはありえない。
機関車が暴走を始める、何が原因かわからなくとも、どうしたらいいのかというスリルでスタートさせるべき。
人間の絡まり合いを描いてから事故が起きるという考え方とは違う。」

出来上がったコンチャロフスキー版作品は、アメリカの意向が通った作品に見える。
黒澤明の意向とはかけ離れた作品なのかもしれない。(それでも原案として尊重されてる)
しかし、ミゾが埋まらないからこそ、断念したわけだ。
黒澤明の撮った「暴走機関車」を観たかった。それは生まれる事なく死した。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

極寒のアラスカで死の暴走機関車(前編) ネタバレ

投稿日:2019/11/15 レビュアー:くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

刑務所脱獄ものや銀行強盗逃走ものは大好きで、下水道通過シーンも何度も見ている私だが、今回のシーンが一番ゾッとした。時間は短いし、汚いシーンがそんなにあるわけではないのだが、突入前に体に汚いグリースを塗りまくり、その上からサランラップを巻く。
壮絶なシーンを予感させた。そして薄暗い画面から聞こえる「うわ、死にそうだ、気持ち悪い」「まだか!○○○を掴んでしまった・・!」こちらまで吐きそうだった。
配管の流れとともに、雪の濁流に放り出された時は、本当にホッとした。
しかし、ここはまだ脱走の序盤にすぎなかった。

1985年アメリカ映画。「暴走機関車」タイトルにBased on the idea oh AkiraKurosawaと紹介。1966年に黒澤明が書いた脚本を原案として映画化したもの。(あくまで原案として。詳細は後編にて)

アラスカ州の刑務所。所長はマニー(ジョン・ボイド)を「野獣」と呼ぶ。
まさに野獣の巣の如く、刑務所は紙くずに火が舞い、ガラスは割れ、吠えわめく囚人たちでいっぱいだった。
マニーは洗濯物係の囚人バック(エリック・ロバーツ)と共に、下水を通って刑務所から脱走するのに成功した。
極寒の雪の中、二人は駅に着く。マニーが「あれに乗って逃げよう」と指差す方には、
見よ、漆黒の4両連機関車が!車体に氷が張り付き、車輪は雪まみれ、
すばやく2両めに忍び込んだ二人は息をひそめる。

だが、何ということだろう、発車してすぐに機関士が心臓発作で車外に転落。
機関士のいない列車は、暴走し始める。そしてブレーキを焼き切って制御不能となった。
このまま時速150キロで進めば、老朽化した橋で転落、魔の急カーブで脱線、化学工場と
正面衝突といういくつもの危険が待っていた。対向列車と衝突という事態には、管理センターの指示で
対向車が側線に避けたが、最後尾の車両が間に合わず、暴走列車の正面と衝突大破した。
鉄の塊が醜くへばりついて、ひしゃげた顔の暴走列車。

そこへなんと、機関助手だという女性が登場、これがなんとレベッカ・デモーネィ!
(まさかのスッピンそばかすネェちゃんに、この人がこののちあの美貌とな)
それで彼女の言う事にゃ、止めようがないのでセンターは廃線に引き込み行き止まりで脱線させるつもりだと。
そうなりゃみんな死にますよ〜!死ぬほかないですよ〜!
なぜか、ハンサムなエリックに「怖いから抱いてて」としがみつくネェちゃんでした。
だが、方法がないわけではない。この絶体絶命でマニーはある決心をする。
(後編に続く・後編は「なぜ黒澤明は断念したか。」他)

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

吹雪の中、暴走する列車に乗リ込んだ脱獄犯。ラストは感動しました ネタバレ

投稿日:2012/06/09 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

真冬のアラスカの刑務所から三度目の脱獄をしたマニー(ジョン・ヴォイト)とマニーを神のように崇める若者バック(エリック・ロバーツ)は、地下の下水道を通り川に出て駅に辿り着いた。
二人は貨物列車に乗り込むが、発車してまもなく運転士が気分が悪いのか列車から降りたと同時に心臓発作で死亡した。しかし、列車は停止することなくそのまま走り続けた。
マニーとバックはそんなこととは知らず吹雪の中猛スピードで暴走する列車に次第に恐怖を感じるが、飛び降りることは出来ないし、列車を止めることも考えるが思うようにいかない。
今まで気絶していたと言う機関車助手の女性が現われ列車内は3人になる。また刑務所所長がヘリに乗り執拗に追って来る。とにかくマニーは自分が捕まえるとまるで狂気を曝け出す。
ラストには意外なシーンが待っていました。・・・凶悪犯ではあるが内面には人間らしい心もしっかり持っていたし、男らしい勇気ある人だととても感動しました。

★舞台が極寒で吹雪の中と言うことでロケも相当寒く大変だったと思います。役者さんたちの頑張りに拍手を贈りたいと思いました。
それと、4両編成で走る暴走機関車ですが、今にも壊れそうなみすぼらしいブリキの列車のような感じですが、そんな姿、特に顔(?)には、とても魅かれました。
オープニングからラストまで一気に観てしまいました。お薦めの作品です。。。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全25件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

歯は大事にしよう

投稿日

2004/08/30

レビュアー

裸足のラヴァース

もうどうにも止まらない・・・

投稿日

2010/04/09

レビュアー

エコエコアザラク

極寒のアラスカで死の暴走機関車(後編)

投稿日

2019/11/16

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(前篇から続く)そしてマニーはひとつの決断をする。
刑務所所長からは、クズだ、ロクデナシだと罵倒されるばかりだが、俺にも希望があった。
運命に流されるまま、(この走る列車の進む方向のままに)朽ち果てるのは俺の心が許さない。
刑務所で閉じ込められ。機関車でも閉じ込められる。先には「死」しかないこの状況。
マニーは渾身の力で電気系統(連結器)を外すと、所長を道連れに先頭車の屋根に登った。
(これによりバッグとサラは無事を得る。)男マニーは意志ある死を選択した。
事故死ではなく、挺身なのだ。
屋根に仁王立ちになったマニーの姿を映して、カメラは雪原にかすむ機関車を追い、ラストとなる。

「新幹線大爆破」も面白かったし、「カサンドラクロス」も「アンストッパブル」もドキドキハラハラした。
この「暴走機関車」は、主要人物の少なさやアラスカの風景もあって
どこか寂しい悲壮な感じはあるけども、男の生きざまを描いて胸に迫る。印象深い作品である。

さて、この映画の脚本は黒澤明が書いたもので監督自身がアメリカで製作する予定であったが、アメリカ側のスタッフと決定稿を巡ってミゾが生じ、お流れになった。
キネマ旬報1967年インタビュー記事から引用します。(一部抜粋)

「映画というものは作品の中でメッセージを説明口調で言うものではないと思う。
ここが最も大きな食い違いでした。登場人物のキャラクターをこういうふうに直したいというキャロル氏の意見はりっぱなものでした。しかし、根本的な部分で引っかかりがありシナリオが延々と伸びてしまった。
実際に機関車が3分で走る時間に起こる事は3分で描くべきです。そこに20分のエピソードを詰め込むのはありえない。
機関車が暴走を始める、何が原因かわからなくとも、どうしたらいいのかというスリルでスタートさせるべき。
人間の絡まり合いを描いてから事故が起きるという考え方とは違う。」

出来上がったコンチャロフスキー版作品は、アメリカの意向が通った作品に見える。
黒澤明の意向とはかけ離れた作品なのかもしれない。(それでも原案として尊重されてる)
しかし、ミゾが埋まらないからこそ、断念したわけだ。
黒澤明の撮った「暴走機関車」を観たかった。それは生まれる事なく死した。

極寒のアラスカで死の暴走機関車(前編)

投稿日

2019/11/15

レビュアー

くまげらの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

刑務所脱獄ものや銀行強盗逃走ものは大好きで、下水道通過シーンも何度も見ている私だが、今回のシーンが一番ゾッとした。時間は短いし、汚いシーンがそんなにあるわけではないのだが、突入前に体に汚いグリースを塗りまくり、その上からサランラップを巻く。
壮絶なシーンを予感させた。そして薄暗い画面から聞こえる「うわ、死にそうだ、気持ち悪い」「まだか!○○○を掴んでしまった・・!」こちらまで吐きそうだった。
配管の流れとともに、雪の濁流に放り出された時は、本当にホッとした。
しかし、ここはまだ脱走の序盤にすぎなかった。

1985年アメリカ映画。「暴走機関車」タイトルにBased on the idea oh AkiraKurosawaと紹介。1966年に黒澤明が書いた脚本を原案として映画化したもの。(あくまで原案として。詳細は後編にて)

アラスカ州の刑務所。所長はマニー(ジョン・ボイド)を「野獣」と呼ぶ。
まさに野獣の巣の如く、刑務所は紙くずに火が舞い、ガラスは割れ、吠えわめく囚人たちでいっぱいだった。
マニーは洗濯物係の囚人バック(エリック・ロバーツ)と共に、下水を通って刑務所から脱走するのに成功した。
極寒の雪の中、二人は駅に着く。マニーが「あれに乗って逃げよう」と指差す方には、
見よ、漆黒の4両連機関車が!車体に氷が張り付き、車輪は雪まみれ、
すばやく2両めに忍び込んだ二人は息をひそめる。

だが、何ということだろう、発車してすぐに機関士が心臓発作で車外に転落。
機関士のいない列車は、暴走し始める。そしてブレーキを焼き切って制御不能となった。
このまま時速150キロで進めば、老朽化した橋で転落、魔の急カーブで脱線、化学工場と
正面衝突といういくつもの危険が待っていた。対向列車と衝突という事態には、管理センターの指示で
対向車が側線に避けたが、最後尾の車両が間に合わず、暴走列車の正面と衝突大破した。
鉄の塊が醜くへばりついて、ひしゃげた顔の暴走列車。

そこへなんと、機関助手だという女性が登場、これがなんとレベッカ・デモーネィ!
(まさかのスッピンそばかすネェちゃんに、この人がこののちあの美貌とな)
それで彼女の言う事にゃ、止めようがないのでセンターは廃線に引き込み行き止まりで脱線させるつもりだと。
そうなりゃみんな死にますよ〜!死ぬほかないですよ〜!
なぜか、ハンサムなエリックに「怖いから抱いてて」としがみつくネェちゃんでした。
だが、方法がないわけではない。この絶体絶命でマニーはある決心をする。
(後編に続く・後編は「なぜ黒澤明は断念したか。」他)

吹雪の中、暴走する列車に乗リ込んだ脱獄犯。ラストは感動しました

投稿日

2012/06/09

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

真冬のアラスカの刑務所から三度目の脱獄をしたマニー(ジョン・ヴォイト)とマニーを神のように崇める若者バック(エリック・ロバーツ)は、地下の下水道を通り川に出て駅に辿り着いた。
二人は貨物列車に乗り込むが、発車してまもなく運転士が気分が悪いのか列車から降りたと同時に心臓発作で死亡した。しかし、列車は停止することなくそのまま走り続けた。
マニーとバックはそんなこととは知らず吹雪の中猛スピードで暴走する列車に次第に恐怖を感じるが、飛び降りることは出来ないし、列車を止めることも考えるが思うようにいかない。
今まで気絶していたと言う機関車助手の女性が現われ列車内は3人になる。また刑務所所長がヘリに乗り執拗に追って来る。とにかくマニーは自分が捕まえるとまるで狂気を曝け出す。
ラストには意外なシーンが待っていました。・・・凶悪犯ではあるが内面には人間らしい心もしっかり持っていたし、男らしい勇気ある人だととても感動しました。

★舞台が極寒で吹雪の中と言うことでロケも相当寒く大変だったと思います。役者さんたちの頑張りに拍手を贈りたいと思いました。
それと、4両編成で走る暴走機関車ですが、今にも壊れそうなみすぼらしいブリキの列車のような感じですが、そんな姿、特に顔(?)には、とても魅かれました。
オープニングからラストまで一気に観てしまいました。お薦めの作品です。。。

1〜 5件 / 全25件

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

暴走機関車