ダイナー

ダイナーの画像・ジャケット写真
ダイナー / ミッキー・ローク
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

6

  • DVD
ジャンル:

「ダイナー」 の解説・あらすじ・ストーリー

時は59年の12月、既に20代の半ばにさしかかるが、未だ大人になり切れぬ男たちの群像を描く古き良きアメリカの挽歌。ダイナーに集う若者たちが、レヴィンソンによる自然な台詞を与えられ、ローク、ベーコンを始めとする現ハリウッドの中堅どころが鮮やかな芝居をみせる。舞台は監督の故郷であるボルチモア。

「ダイナー」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: DINER

「ダイナー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダイナーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR56562 2005年09月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

語り口の上手さ

投稿日:2006/02/15 レビュアー:勝王

バリー・レヴィンソンの初監督作ですが、語り口の上手さに圧倒されます。たくさんの人物を交通整理する鮮やかさは、達人の手さばきのようです。ミッキー・ロークなど今は有名になった俳優たちの若手のころが見られるのも楽しいです。公開当時、最初は誰が誰だか分からなかった登場人物たちが、すぐに生き生きと個性を輝かせていくのは、魔法のようでした。「アメリカン・グラフィティ」よりもこちらの方がよく出来ていると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

青春映画ってこんなに退屈だったっけ?

投稿日:2010/04/30 レビュアー:Kavi

ディカプリオの「あのころ僕らは」もそうだけど、
青春映画って、ダラダラしてて退屈。

監督の青春時代を脚色して映画化したとかって、
インタビューにあったけど、
キャラクターは立ってるけど、ダラダラしてる感じが否めない。

私が青春をとうに過ぎてて、共感できないから?

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

テンポが遅すぎる。ネタバレ

投稿日:2007/05/19 レビュアー:kururiku4

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ベーコンが、好きだから、期待して借りたが、おおはずれ。
俳優は、皆良いのに、観客に各俳優の背景が見えないので、全体のストーリーも見ていて、分かりずらい。そのため、テンポも遅く感じて、見る気がどんどん無くなってきた。やっと最後まで見たが、ナンだったんだ、と言う感じで見終わった。
見るものが無くなって、よほど暇な人向けです。
ケビン、ベーコンファンは、見ない方が、良いと思います。ベーコンは、良い演技をしていたが、見終わってナンだったんだ、としか思えない。
星、1つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男同士の青春かな〜

投稿日:2006/03/02 レビュアー:レビュアー名未設定

私個人の意見としてはかなり好きです。そんなに暴力とかエログロでもないし、爽やかです。男同士で結婚や人生について考える、というような感じです。古き良きアメリカですね〜〜古いアメ車がいっぱいでてきて、これが好きな私はここでもうお気に入り映画になりました。テーマは、男の友情と人生、だと思いました。最後はホロッときて終わります。わかりやすいし、おすすめです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

個人的記録用感想

投稿日:2014/10/30 レビュアー:snap

シンガーソングライターの南佳孝が1986年にリリースしたアルバム、ラスト・ピクチャー・ショー 
映画をイメージコンセプトにしたこのアルバムに収録された13曲のタイトルは映画のタイトルと同名になっていて、映画の内容やイメージと同じテーマを曲と詩で表現している。
作詞は松本隆

その中のどの映画も見た事が無い。
見た事は無いが、どの曲も映画のイメージを彷彿とさせる。

ツタヤに入会し、これらの映画を全て見てみようと私的な企画を立てた。
歌詞カードの中で触れられている映画作品も含む事にした。

ミーン・ストリートに続く2作目の鑑賞

ミーンストリートを直前に見ていたので、車の形状がガラッと変わっているのが興味深い。
50,60年代の車は味があって面白い。
現代は20年前の1994年の車と比べて、外見的にはこれほどの劇的な変化は無いのに。

物質社会の豊かさを象徴している車と、ダイナー。
ダイナーの厨房のバネ式の食器の収納が物語る。

夜明けのダイナーの外観を撮ったシーンが印象に残った。

ミッキー・ロークはここから出てきたのかと初めて知った。

ストーリー的には退屈だが一時代を垣間見る事が出来る作品。



このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

ダイナー

月額課金で借りる

都度課金で借りる