装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル

装甲騎兵ボトムズ ビッグバトルの画像・ジャケット写真

装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル / 高橋良輔

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

『蒼き流星SPTレイズナー』や『ガサラキ』の高橋良輔原作によるリアルロボットアニメのOVA第2弾。惑星クエント消滅後、キリコたちは放浪を繰り返し、ニュートラルシティのア・コバへ流れ着いていた。そこでゴウトは昔馴染みのチェロキーと再会して…。

「装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル」 の作品情報

作品情報

製作年: 1986年
製作国: 日本

「装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

星空キセキ

太陽の牙ダグラム THE MOVIE COLLECTION

ゴルゴ13 劇場版

けろっこデメタン セレクション

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

絵がきれい〜

投稿日:2007/05/18 レビュアー:よしパパ

TV版も並行して見直してますが、このOVAは絵がと〜ってもきれいでそれだけでも見る価値ありですね。
1時間という枠ではストーリー的にはこの程度でしょうが、ATの動きも絵も、またまた人の絵もきれいですし、満足満足。
TV版はリアルタイムでも見てましたがOVAは最近見たばっかりで、こういうのもあったんですね〜

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

最強の兵士とは? ネタバレ

投稿日:2009/07/06 レビュアー:trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

OVAの2作目です。多くのロボットゲーム「フロントミッション」「アーマードコア」シリーズ等にあった賭け試合のルーツがここにあります。本当にロボットで戦争をするようになったら、人間こういうこと絶対すると思うんですけど、ガンダムの世界にはありません。MSとATの値段の差でしょうか?まあ、MSは核融合炉積んでるから爆発したら観客もろとも死んじゃうだろうけど。

最強の兵士をつくるコンセプトでPS(パーフェクトソルジャー)を開発するわけですが、ゴルゴ13でも同じような話ありましたね。反射神経、筋力、精神力などがすべて一流でもそれを生かす、柔軟性、適応力が必要なわけで、敵役が「レッドショルダーを殺す」と恨みに拘った時点で負けです。キリコがすごいのは勝つためにあっさりと自分のATを乗り捨てるわけで、まあ、死なない生命体だから負けないとしても、普通、自分の機体のりすてないですね。

TVシリーズみてないから、キリコとフィアナの因縁がよくわからないのですが、その手の話より、「ペールゼンファイルズ」のようなミリタリー色の強い話がみたいなあ。「吸血部隊 レッドショルダー」の凄さもあまり伝わってこないです。次回作「野望のルーツ」にあるのかな?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

いいですねぇ。。 ネタバレ

投稿日:2008/04/27 レビュアー:Bricco

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

バララントPSもどきニーヴァ用に作られたATエクルビス。
昔々のオラタココンテストでも出品のあった、
えらく格好良い奴ですよ。
ペールゼン側PS用ストライクやブルーティッシュドッグとの
バトルやたったらどうなるだろうと期待を抱かせる程の出来。
上下に激しく機動出来るところはパイロットが完璧ならこちら
が上でしょうな。
ところで、このOVAではキリコがレッドショルダー除隊後、
初めてスコタコの肩を赤く塗ります。
イプシロンがPSとして覚醒した、
ザ・ラストレッドショルダー編においてバイマンハガードが、
「こいつの肩は赤く塗らねぇのか」といってキリコをはじめ
チーム全員から顰蹙を買った事を思い出します。
吸血部隊を憎悪している事が判るシーンだったのですが、
まぁ、愛するフィアナの為にジジリウムを手に入れる為と
あらば選択する余地が無かったのでしょう。
しかし、装甲を削るだけ削ったスコタコでのバトリング、
ここは見所です。
ローラダッシュとターンピックを活用した職人技的
回避機動はさすがキリコ。
常人なら何回も即死してそうな場面で良く持ちこたえますね。
作品自体は古い物ですが、ボトムズファンなら見ても損はなし。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

見ましたが、ちょっと不満...

投稿日:2011/07/24 レビュアー:TongPoo

TV版がすごいストーリだったので、どうなのかと期待したら、ワンシーンをすこし掘り下げただけの話でがっかりしてしまった。
これが次作への布石なのだろうか?、でもこの路線は、TVのときと同じような、だまされているんだろうか?

ボトムズはやっぱり、「何がどうなってるの?」ってわけがわからんのがいいんだな。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだかなー… ネタバレ

投稿日:2007/04/02 レビュアー:kow

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

TV、OVAを通じて異彩を放つ一編 ATらしからぬデザインとか、ロシア製RVみたいな名前の敵役の破綻具合なんかに『ボトムズ』という世界との違和感を感じるんだろう、多分

ワイズマン滅亡・クエント星崩壊から再戦までの間の話
『レッドショルダー』と並びボトムズを代表するモチーフ、『バトリング』がお題 TVではウド編でちょっと触れただけだけど、これで一本お話ができるよ、きっと ああ、『青の騎士』見たいなあ 『孤影』のあとにやらないかなぁ、10年後くらいに
例によってキリコとシャッコがATを組み上げる 二人のATに対する考え方、こだわりが見られて対比が面白い

違和感はあるけど、面白い話ではある ハリウッド映画みたいに、あーおもしろかった、で終わって繰り返し見たくなるほどではないが…

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

装甲騎兵ボトムズ ビッグバトル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

絵がきれい〜

投稿日

2007/05/18

レビュアー

よしパパ

TV版も並行して見直してますが、このOVAは絵がと〜ってもきれいでそれだけでも見る価値ありですね。
1時間という枠ではストーリー的にはこの程度でしょうが、ATの動きも絵も、またまた人の絵もきれいですし、満足満足。
TV版はリアルタイムでも見てましたがOVAは最近見たばっかりで、こういうのもあったんですね〜

最強の兵士とは?

投稿日

2009/07/06

レビュアー

trygun

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

OVAの2作目です。多くのロボットゲーム「フロントミッション」「アーマードコア」シリーズ等にあった賭け試合のルーツがここにあります。本当にロボットで戦争をするようになったら、人間こういうこと絶対すると思うんですけど、ガンダムの世界にはありません。MSとATの値段の差でしょうか?まあ、MSは核融合炉積んでるから爆発したら観客もろとも死んじゃうだろうけど。

最強の兵士をつくるコンセプトでPS(パーフェクトソルジャー)を開発するわけですが、ゴルゴ13でも同じような話ありましたね。反射神経、筋力、精神力などがすべて一流でもそれを生かす、柔軟性、適応力が必要なわけで、敵役が「レッドショルダーを殺す」と恨みに拘った時点で負けです。キリコがすごいのは勝つためにあっさりと自分のATを乗り捨てるわけで、まあ、死なない生命体だから負けないとしても、普通、自分の機体のりすてないですね。

TVシリーズみてないから、キリコとフィアナの因縁がよくわからないのですが、その手の話より、「ペールゼンファイルズ」のようなミリタリー色の強い話がみたいなあ。「吸血部隊 レッドショルダー」の凄さもあまり伝わってこないです。次回作「野望のルーツ」にあるのかな?

いいですねぇ。。

投稿日

2008/04/27

レビュアー

Bricco

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

バララントPSもどきニーヴァ用に作られたATエクルビス。
昔々のオラタココンテストでも出品のあった、
えらく格好良い奴ですよ。
ペールゼン側PS用ストライクやブルーティッシュドッグとの
バトルやたったらどうなるだろうと期待を抱かせる程の出来。
上下に激しく機動出来るところはパイロットが完璧ならこちら
が上でしょうな。
ところで、このOVAではキリコがレッドショルダー除隊後、
初めてスコタコの肩を赤く塗ります。
イプシロンがPSとして覚醒した、
ザ・ラストレッドショルダー編においてバイマンハガードが、
「こいつの肩は赤く塗らねぇのか」といってキリコをはじめ
チーム全員から顰蹙を買った事を思い出します。
吸血部隊を憎悪している事が判るシーンだったのですが、
まぁ、愛するフィアナの為にジジリウムを手に入れる為と
あらば選択する余地が無かったのでしょう。
しかし、装甲を削るだけ削ったスコタコでのバトリング、
ここは見所です。
ローラダッシュとターンピックを活用した職人技的
回避機動はさすがキリコ。
常人なら何回も即死してそうな場面で良く持ちこたえますね。
作品自体は古い物ですが、ボトムズファンなら見ても損はなし。

見ましたが、ちょっと不満...

投稿日

2011/07/24

レビュアー

TongPoo

TV版がすごいストーリだったので、どうなのかと期待したら、ワンシーンをすこし掘り下げただけの話でがっかりしてしまった。
これが次作への布石なのだろうか?、でもこの路線は、TVのときと同じような、だまされているんだろうか?

ボトムズはやっぱり、「何がどうなってるの?」ってわけがわからんのがいいんだな。

なんだかなー…

投稿日

2007/04/02

レビュアー

kow

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

TV、OVAを通じて異彩を放つ一編 ATらしからぬデザインとか、ロシア製RVみたいな名前の敵役の破綻具合なんかに『ボトムズ』という世界との違和感を感じるんだろう、多分

ワイズマン滅亡・クエント星崩壊から再戦までの間の話
『レッドショルダー』と並びボトムズを代表するモチーフ、『バトリング』がお題 TVではウド編でちょっと触れただけだけど、これで一本お話ができるよ、きっと ああ、『青の騎士』見たいなあ 『孤影』のあとにやらないかなぁ、10年後くらいに
例によってキリコとシャッコがATを組み上げる 二人のATに対する考え方、こだわりが見られて対比が面白い

違和感はあるけど、面白い話ではある ハリウッド映画みたいに、あーおもしろかった、で終わって繰り返し見たくなるほどではないが…

1〜 5件 / 全5件