理由なき反抗

理由なき反抗の画像・ジャケット写真
理由なき反抗 / ジェームス・ディーン
全体の平均評価点:
(5点満点)

39

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「理由なき反抗」 の解説・あらすじ・ストーリー

ジェームズ・ディーン主演による彼の代表的作品。酔った17歳の少年ジムが警官に捕まった。その晩に起こった集団暴行事件の容疑者として警察に連行された彼は、そこで美しいジュディと、まだ子供のようなプラトーと知り合う。間もなく二人は帰宅を許され、ジムも温情ある少年保護係のレイ主任の取りはらいで帰ることができたが、この三人の出会いは、やがて彼らの持つやり場のない苛立ちを露呈する事件へと結びついてゆく……。

「理由なき反抗」 の作品情報

製作年: 1955年
製作国: アメリカ
原題: REBEL WITHOUT A CAUSE

「理由なき反抗」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

理由なき反抗 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
141分 日本語・英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR14069 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全39件

豊かな物語

投稿日:2006/08/23 レビュアー:よふかし

 昔はジャームス・ディーンの映画として観て、遺された三作のなかではいちばん地味だなあと思っていました。長じてニコラス・レイの作品として見直すと印象は変わりました。

 お金持ちの反抗期少年の話で、現代にはもっとひどい話があるのでインパクトがない、つまりは古いとするレビューはそのとおりなのだとも思うのですが、映画は表層の物語を追うだけではない、もっと違った見方もあるのではないでしょうか。
 ナタリー・ウッドの赤いコートがはっとさせる冒頭の見事な警察署のシーン。三人の主人公、それぞれの保護者、警察官も合わせればかなりの登場人物です。いくつかの間仕切りで分かれた部屋をカメラはカットバックしたり、行きつ戻りつしながら、三者三様の家庭状況を紹介してしまいます。すいすいと観てしまいますが、この複雑な状況をこんなにすっきり見せられることがやはりすごいのではないでしょうか。
 別の一例です。中盤のチキンラン、ここではスタートの合図をするナタリー・ウッドの伸びやかな肢体と、悦びに満ちた表情がとても印象的です。彼女は緊張しているのではなく、ほとんど性的な悦びを感じていることが見てとれます。それは父親にキスしようとして引っぱたかれるシーンでも同じですが、この少女は性的に非常に不安定な時期にある。そのことを、映画は台詞としてはひとつも説明しませんが、観客には分かってしまう。
 やや一本調子ながらウッドの演技が素晴らしく、色彩感覚に優れ、闇も深い映像と、レイの演出もまた実に素晴らしいから、台詞にない物語が観るものに理解できるです。
 サル・ミネオ演じる少年の心の闇、ディーンの苛立ち。それらを鮮明に描くため、大人たちは少年少女からの視線でステレオタイプに戯画化されていますが、実に効果的です。
 たしかに今となってはなんということない物語、それでも刻々と変わっていく少年少女の感情、激情(これこそレイの主題でしょう)を克明に描いていることに気がつくと、きっと豊かな物語が見えてくると思うのです。85点。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「パーティー・ガール」を知ってる?ネタバレ

投稿日:2006/08/24 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「クライム・クリスマス」で女の子が プレゼントをパーティーガールと呼んで喜ぶシーンがあります 何の関係もありませんがニコラス・レイの「暗黒街の女」の原題が「パーティー・ガール」です ギャングに利用される初老の弁護士に扮したロバート・テイラーの愛の物語に涙する 大好きな映画なのですが それがわかったよふかしさんが「理由なき反抗」で応えているのでしょう

50年代ハリウッドでスタジオ・システムが崩壊しだしたとき それは傷ついた映画を擬人化すれば 映画が自意識を持ち始めた時期とも言え その時の最初の映画作家の一人が 夜の映画作家ニコラス・レイと言えます 双葉十三郎のような最高のシネマをリアルタイムで見てきた評論家達には よくわからない映画群でありいぶかしく見えてしまうそれは事態なのでした 逆に今の若者には暗く古臭い映画に見えるでしょう その映画史の陰りのようなものは「理由なき反抗」では 空っぽのプール 死のレース 夜のプラネタリュームなどに表されているかもしれません

冒頭の警察署では的確な演出が見られて見事なのですが 少し高い椅子の上にディーンが その下左右にサル・ミネオとナタリー・ウッドが配され このパパママ僕のエディプス三角形が この映画の主題をたった一つのショットで捉えていて 今見ると驚くべき斬新さです 奇妙な構成の物語で ディーンは父に反抗する息子ではなく 父を求めるサル・ミネオに応えるに 真剣に全身で受け止める父を演じることになってしまうのです そしてその息子(サル)を死によって喪ってしまう時に その苦い覚醒の中で初めて 17歳の若者に父との和解が訪れるのですが これほど深く感動的な和解のシーンは 映画史の中でも稀なものと思います

ジェームス・ディーンの死後 4日目にこの映画は公開され アメリカの若者の熱狂的な支持を受けることになります

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカ人にはこれが名作なんですね

投稿日:2006/09/22 レビュアー:エイちゃん

AFIはこれをランクインさせてエデンの東はランク外、変だと思いません?Jディーンファンとしてもこれは変です。エデンの東より一歩も二歩も下だと思います。赤ジャンはかっこいいけど

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

非行少年が本当に望んでいるもの

投稿日:2003/01/02 レビュアー:須々木 A太

 死を賭すサバイバルゲームに生き残り相手を死に追いやったジムは、父親に警察に自ら出頭することを懇願するが、聞き入れてもらえない。
 家を出た同じ境遇の少年と少女とともに無人の館に忍び込み、つかの間の幸せを楽しむが、復讐にあった少年が発砲事件を犯し近くのプラネタリウムへ逃げ込んでしまう。
 警察に包囲される中、ジムは二度と発砲しないようにあらかじめ弾奏を引き抜いておくがが、それも虚しく射殺されてしまった。
 父親は優柔不断のためにく予想もしない方向に事件が発展したことを悔い、初めて息子と理解しあうようになった。
 50年も前アメリカでは裕福な中で起きる少年の非行問題はこのような映画ができるほど深刻だったのでしょう。しかし今は報道される機会が少ないから解決されているのでしょう。
 今の日本はどうなんだ。少年の非行事件は絶えないね。小家族制の中で親の経済的なエゴ、(子を持つことすら社会的に有利)、が追求されてしまった結果ではないでしょうか。大家族とは言わないまでも、子供が労働力や家計の担い手として期待された頃はこんな話はあまり無かった筈です。子供を持つことは手段ではなくて目的なのです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジェームズ・ディーン=生き急ぐ若者の《カリスマ》

投稿日:2016/03/06 レビュアー:カマンベール

ジェームズ・ディーンの不慮の事故死は、
相手方の一方的過失・・・だと言います。

でも結果的に『理由なき反抗』を撮影終えて、
直後の事故死・・・彼は『理由なき反抗』の中に
永遠に保存されてしまいました。
映画が『伝説』になった瞬間・・でした。

ジェームズ・ディーンは類い稀な美貌でした。
赤いブルゾン、その中には真っ白なTシャツ、そしてリーバイスの
濃紺のジーンズ。
この映画は、彼のファッション、煙草をくわえる仕草、
上目遣いの甘えた表情!!
口を開けて見惚れてしまいますが、
ポエズン(毒薬)のように若者を虜にして、
扇動する魔性の少年・・・だということを
忘れてはイケマせん。

彼の命を賭ける『チキン・レース』
臆病者と呼ばれたく無いという理由で、
仲間が崖から転落死します。

弟分のブレイトウは家から拳銃を持ち出し、
殺人を犯し、逃亡先では、ジム(ジーンズ・ディーン)を撃とうとして、警官に射殺されます。

なぜか若者のエネルギーは『負』の方向へ向かうことが多いです。
理性では分かっていても、
愚かな行動に走ってしまいます。
それが若さのどうしても通らなければならない
『通過儀礼』てしようか?

ジムの未熟な生き方・・・彼は罪を償います。
どんな男になって社会に戻ってくるのでしょう?

なんの罪もない真摯に俳優業の入り口にいたジェームズ・ディーン。

彼の運命は24歳で幕を閉じてしまいました。
けれどJDの若さ、美しさ、伝説は・・・
永遠に冷凍保存されて、行き続けています。
これからもずうっと……

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全39件

理由なき反抗

月額課金で借りる

都度課金で借りる