ガッチャ!の画像・ジャケット写真

ガッチャ! / アンソニー・エドワーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ガッチャ!」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『サンダーバード』のアンソニー・エドワーズ主演によるアクションサスペンス。サバイバルゲーム好きの青年が、ヨーロッパで美女とのトラブルに巻き込まれる。

「ガッチャ!」 の作品情報

作品情報

製作年:

1985年

製作国:

アメリカ

原題:

GOTCHA!

「ガッチャ!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

エルム街の悪夢

コネクション マフィアたちの法廷

ビジョン・クエスト/青春の賭け

レボリューション 6

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

リンダ・フィオレンティーノの低い声 ネタバレ

投稿日:2007/07/24 レビュアー:いつも眠たい馬

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

よくあるハイスクール(大学生だけど)ものと考えたらよさそう。
やっぱりこんなもんでしょうかね、といったところだが良いところもある。
主人公のラテン系のお友達がカルロスと名乗りガールハントをするあたりから、主人公がサーシャと名乗る女性と知り合いデートを重ねるあたりまでの会話は結構楽しく、そしてリンダ・フィオレンティーノ、マスクもいいがそれにも増してその低い声が魅力的。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

DISCASさん、★2つは辛いんぢゃないの・・・

投稿日:2005/07/26 レビュアー:レビュアー名未設定

じつはこれ、けっこう面白いとおもいますよ。
大スターも出てこないし、20年前の映画だけど、脚本がしっかり
しているせいなのか、早送りもせずに最後まで鑑賞することが
できます。★3つはあげても良いと思うけど・・・

しかし、まさか主役の若者が今はサンダーバードのブレインズ
博士に変身していたとわ 笑 ヒロイン役のリンダ・フィオ
レンティーノがまだ若くて、その独特のボーイッシュな声と
ともに魅力的でした。

このDVD、他の一部の表記では4:3のスタンダードサイズとなって
いますが、現物はちゃんとふつうのビスタサイズです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

なぜか印象的 ネタバレ

投稿日:2008/06/24 レビュアー:ケイアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この映画、ずいぶん前、本当に何十年前に見た映画なんですが、すごく印象に残ってるんです。それは東ベルリンから西側に出てくる場面の緊張感、当時は今と違って、東に行くには、ビザがいったし、私も学生時代にヨーロッパを旅したときも、行くのが怖くてとうとう行けずじまいだったところです。それもこの映画の緊張感がどこかに残っていたかもしれないのです。実はなんてことない場面かもしれないし、この映画自体も、それほどがちがちのスパイ映画ではなく、ちょっと大雑把なつくりかもしれません。だって、あんな美人が近づいてきたら、どうみても怪しいだろうし、それがすぐに恋人みたいになるわけないし。また街中でそれも大学で、銃をおおっぴらに撃つロシア人もいないだろう。
 なんだけれど、私はこの映画は好きです。LAの大学でガッチャなんて気楽なシューティングゲームをやってる学生が、パリで怪しいけれどきれいな(ほんとにきれい)女性に誘われ、東ベルリンでこれまた怪しげなフィルムを渡され、スパイの片棒を担がせられるという話です。軽いと思っていたらベルリンのシーンでは今では考えられない、共産圏の不気味さがちょこっと味わえます。ベルリン、今思えば、行っとけばよかった。
 リンダ・フィオレンティーノ、きれいな人です。声は低音。チェコなまりが素敵です。この人が、「アンフォーゲタブル」の女医さんだと気がつきませんでした。ほんと、この映画では怪しくて、美しいです。これは、この女優が魅力的だからよく思える映画でもあります。主演の俳優はたいしたことないですから。だからよかったのかも。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

追っかけ、やってます ネタバレ

投稿日:2006/05/19 レビュアー:ジョージマッケンジー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

時々、ERの追っかけをやってます。つまり、ERの役者さんの出ている映画などを観ます。
ジョージ・クルーニーは、ピースメーカーとか、オー・ブラザーとか、いろいろ。
ジュリアナ・マルグリースは、グリッド。
そして、アンソニー・エドワーズは、サンダーバード、フォゴットゥン。
いやいや、こんな若い(ふさふさの)アンソニー・エドワーズが観られるとは感激です!

アンソニー扮するジョナサンは、見た目はパッとしないし、金持ちのボンボンでお人好し、ちょっと幼稚でどんくさい、だけど素直で一途で純粋だから、サーシャ(リンダ)が結局は惚れてしまうという気持ち、よく分かります。
テンポがいいし、ロケも素敵。なかなか、観てお得な一本でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ガッチャ!

投稿日:2005/10/28 レビュアー:MASALUCKY

懐かしいっすね・・20年振りに観ました。
その間にアンソニー・エドワーズは、「トップ・ガン」〜「ER」ときて「サンダーバード」にも出てたんですか・・。
実は観る前、チョット怖かったんです。20年前に観た時は面白くて、凄く気に入って・・でも、今観たらどうなんだろうって。
余計な心配でした。今観ても十分に楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

ガッチャ!

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

リンダ・フィオレンティーノの低い声

投稿日

2007/07/24

レビュアー

いつも眠たい馬

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

よくあるハイスクール(大学生だけど)ものと考えたらよさそう。
やっぱりこんなもんでしょうかね、といったところだが良いところもある。
主人公のラテン系のお友達がカルロスと名乗りガールハントをするあたりから、主人公がサーシャと名乗る女性と知り合いデートを重ねるあたりまでの会話は結構楽しく、そしてリンダ・フィオレンティーノ、マスクもいいがそれにも増してその低い声が魅力的。

DISCASさん、★2つは辛いんぢゃないの・・・

投稿日

2005/07/26

レビュアー

レビュアー名未設定

じつはこれ、けっこう面白いとおもいますよ。
大スターも出てこないし、20年前の映画だけど、脚本がしっかり
しているせいなのか、早送りもせずに最後まで鑑賞することが
できます。★3つはあげても良いと思うけど・・・

しかし、まさか主役の若者が今はサンダーバードのブレインズ
博士に変身していたとわ 笑 ヒロイン役のリンダ・フィオ
レンティーノがまだ若くて、その独特のボーイッシュな声と
ともに魅力的でした。

このDVD、他の一部の表記では4:3のスタンダードサイズとなって
いますが、現物はちゃんとふつうのビスタサイズです。

なぜか印象的

投稿日

2008/06/24

レビュアー

ケイアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 この映画、ずいぶん前、本当に何十年前に見た映画なんですが、すごく印象に残ってるんです。それは東ベルリンから西側に出てくる場面の緊張感、当時は今と違って、東に行くには、ビザがいったし、私も学生時代にヨーロッパを旅したときも、行くのが怖くてとうとう行けずじまいだったところです。それもこの映画の緊張感がどこかに残っていたかもしれないのです。実はなんてことない場面かもしれないし、この映画自体も、それほどがちがちのスパイ映画ではなく、ちょっと大雑把なつくりかもしれません。だって、あんな美人が近づいてきたら、どうみても怪しいだろうし、それがすぐに恋人みたいになるわけないし。また街中でそれも大学で、銃をおおっぴらに撃つロシア人もいないだろう。
 なんだけれど、私はこの映画は好きです。LAの大学でガッチャなんて気楽なシューティングゲームをやってる学生が、パリで怪しいけれどきれいな(ほんとにきれい)女性に誘われ、東ベルリンでこれまた怪しげなフィルムを渡され、スパイの片棒を担がせられるという話です。軽いと思っていたらベルリンのシーンでは今では考えられない、共産圏の不気味さがちょこっと味わえます。ベルリン、今思えば、行っとけばよかった。
 リンダ・フィオレンティーノ、きれいな人です。声は低音。チェコなまりが素敵です。この人が、「アンフォーゲタブル」の女医さんだと気がつきませんでした。ほんと、この映画では怪しくて、美しいです。これは、この女優が魅力的だからよく思える映画でもあります。主演の俳優はたいしたことないですから。だからよかったのかも。

追っかけ、やってます

投稿日

2006/05/19

レビュアー

ジョージマッケンジー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

時々、ERの追っかけをやってます。つまり、ERの役者さんの出ている映画などを観ます。
ジョージ・クルーニーは、ピースメーカーとか、オー・ブラザーとか、いろいろ。
ジュリアナ・マルグリースは、グリッド。
そして、アンソニー・エドワーズは、サンダーバード、フォゴットゥン。
いやいや、こんな若い(ふさふさの)アンソニー・エドワーズが観られるとは感激です!

アンソニー扮するジョナサンは、見た目はパッとしないし、金持ちのボンボンでお人好し、ちょっと幼稚でどんくさい、だけど素直で一途で純粋だから、サーシャ(リンダ)が結局は惚れてしまうという気持ち、よく分かります。
テンポがいいし、ロケも素敵。なかなか、観てお得な一本でした。

ガッチャ!

投稿日

2005/10/28

レビュアー

MASALUCKY

懐かしいっすね・・20年振りに観ました。
その間にアンソニー・エドワーズは、「トップ・ガン」〜「ER」ときて「サンダーバード」にも出てたんですか・・。
実は観る前、チョット怖かったんです。20年前に観た時は面白くて、凄く気に入って・・でも、今観たらどうなんだろうって。
余計な心配でした。今観ても十分に楽しめました。

1〜 5件 / 全5件