金環蝕

金環蝕の画像・ジャケット写真
金環蝕 / 仲代達矢
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
ジャンル:

「金環蝕」 の解説・あらすじ・ストーリー

ダム建設をめぐる政界の黒い霧と、総裁の座を争う血みどろの戦いを繰り広げる政治家たちを描いた政界内幕ドラマ。石川達三の同名小説を、山本薩夫監督が豪華キャストで映画化したパワー溢れる大作。昭和39年5月12日、第14回民政党大会で、現総裁の寺田政臣は、同党最大派閥の酒井和明を破り、総裁に就任した。選挙での多数派工作に要した資金は両候補とも10億円をはるかに越えた。早速、寺田陣営は資金の補填に奔走、やがて、ダム工事の入札に絡む工作を請負い5億円を捻出する……。

「金環蝕」 の作品情報

製作年: 1975年
製作国: 日本

「金環蝕」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

金環蝕の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
155分 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DABR0038 2004年05月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

迫力のある政界内幕ドラマ

投稿日:2004/06/07 レビュアー:fumisato

 政界の裏側を描いた映画でこれほど迫力のある映画は今までに見たことがない.29年前に劇場で見て,面白かったのでもう一度見たいと思っていた.TVで放映されたこともあったが,コマーシャルと省略で,集中できなくて迫力がなかった.
 しかし,今回借りてよかった.
 原作を読んで,その映画を見ると,たいていは見劣りするものだが,この映画は原作を読んでいても面白い数少ない映画ではなかろうか.
 金融腐蝕列島という映画があったが原作の面白さに比較して映画はいまいちだった.
 汚職腐敗には,当然のごとく金と女性が絡んでくるのだが,事実は小説より奇なりで,現実はもっとどろどろしていて,感情を隠して,スマートであろう.この感情を露にして見せるのがフィクションの醍醐味であり,面白さだと思う.
 NHKドラマの「事件記者」の主要なメンバーを構成していた往年のタレントが出演していて,懐かしさも感じた.
 山本薩夫は他にも石川達三の原作を映画化しているようであり,4,50年前の映画だがDVD化されていたらレンタルして欲しい.

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

奇怪な宇野VSエリート仲代

投稿日:2010/05/29 レビュアー:kuato

金貸業を営む宇野の怪演が興味深い。対する名門出の仲代はかなりの2枚目で女子からモテモテの設定であるはずなのだが、仲代の検討違いの役作りのせいでちっとも魅力が出ていないのは残念だった(逆にキモイ)。
三國のだめ政治家の演技ははまっていて驚く。
汚い政界の内幕は現代にも通じており、特に買収されてしまった大手マスゴミ同士の会話が最悪。当時からマスゴミを信じていない山崎豊子という作家の大きさを知る。すごい。
この汚れたマスゴミとは対象的に、独自で新聞を作る熱血ジャーナリスト青年を登場させているあたりも、作者自身のマスゴミへの怒り(記者魂は買収されて偏った報道しかしないこと)が相当のものであることを伺わせる。
ラストまでどうなるのかハラハラしどおしの傑作。政界の最悪さを理解するためにも!これは絶対におすすめです。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いまも昔も政治は汚い

投稿日:2005/05/16 レビュアー:じゃじゃまる

いかに政治献金というものを捻出するのか、どのようにして汚職か行われていくのか、どのようにしてそれをもみ消していくのか、それが如実に描かれている社会派映画です。
しかし、いまから30年前だというのに、いまもちっとも政治の内容が変わってないし、この当時でも億単位のお金が動いていたのかと思うと政治不信が募るばかりです。
マスコミのだらしなさにもいまと共通してますね。

宇野重吉がいい。仲代達矢のしたり顔の政治家もすばらしい。
高橋悦二(故人)も若いなぁ〜〜。

いまはこのような映画はスポンサーもつかないし、多分圧力もかけられて作られる事はないでしょうね。
そういう意味でも貴重な映画で、ぜひ見てもらいたい作品です。
庶民の無力さも感じられる映画ですが。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

社会派監督の面目躍如

投稿日:2010/05/09 レビュアー:アマデウス

「白い巨塔」で医学界を斬り、「華麗なる一族」で金融界を斬り、この作品で政界に斬り込まんとす・・・と予告では意気軒昂だったが物語としては未消化。実際の政局に明確な物語性がないのだからこの結末も仕方ないと思える。政官財癒着の黄金期に、豪華キャストを実在の政治家に重ね合わせながら、政商・黒幕が跋扈した裏側を見せようとした勇気は社会派監督の面目躍如といったところではある。いっぽうで女性の描かれ方は現代とのギャップがもっとも感じられる。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

20世紀ではシリアス社会派も21世紀ではお笑いコント

投稿日:2007/01/05 レビュアー:

中学生の時に小説を読んでおもしろかったのを思い出し、
借りてみました。

シリアスな社会派ドラマ・・のつもりで借りたのに、
あまりにも時代が古すぎて、
しょうがないんだけど、演出や音楽や立ち振る舞いが
どれもこれもコントにしか見えなくて、
最後まで笑ってばかりのままエンドロールになってしまいました。

ルビーの指輪のパパの出っ歯キャラは、
どおおお見たってコントです。
当時は、経済界と政界の癒着のどろどろを徹底描写!
ってな感じだったんでしょう。
いや、小説ではシリアスでした。
たぶん、今読んでも、時代背景なんかはともかく、
それらしく読めると思います。
ただ、映像にしちゃうと、
わたしは笑いが先にきてしまってだめでした。
お笑いとしては面白かった。

でも、作ってる側は当然お笑いのつもりはみじんもないはずだから、
意図とは、ずれてますよね。
ただ、わたしもあくまでもシリアスな社会派ドラマ、
のつもりで借りたんですけどね。

あの、会社で踊ってるシーンとか、ステレオタイプな
お色気おんな(ひとりじゃないんだもん)とか、
あぶらぎったおやじのエロ場面とか、
21世紀となってはお笑いにしか見えない。
ごっつの見過ぎでしょうか。

今をときめく2世の親世代が、ぞろっとそろってます。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

金環蝕

月額課金で借りる

都度課金で借りる