ロビンとマリアン

ロビンとマリアンの画像・ジャケット写真
ロビンとマリアン / ショーン・コネリー
全体の平均評価点:
(5点満点)

5

  • DVD
ジャンル:

「ロビンとマリアン」 の解説・あらすじ・ストーリー

獅子王リチャードと共に十字軍遠征に赴いていたロビン・フッドが20年ぶりに故郷シャーウッドの森に帰って来た。依然として権力をふるうノッティンガムの代官との確執や、かつての仲間たちとの交流を交えながら、尼僧となっている恋人マリアンとの恋の顛末をロマンティックに描きあげた異色編。

「ロビンとマリアン」 の作品情報

製作年: 1976年
製作国: アメリカ
原題: ROBIN AND MARIAN

「ロビンとマリアン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロビンとマリアンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/英語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD10103 2005年11月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

歳とってもオードリーは素敵でした

投稿日:2006/03/03 レビュアー:忙中有閑

今は亡きリチャード・ハリス演ずる獅子王リチャードも歳を取ると単なる頑固で野蛮な権力の亡者と化し、伝説の英雄ロビンフッド(ショーン・コネリー)も実は老いてまで己の武辺と勝手な正義感に酔っていただけの無骨者で、こんなバカ男ばかりの時代に愛に生きようとする女(マリアン;オードリー・ハプバーン)はこうするしかないじゃない、とでも言いたげな結末が結構コワい。歳を取ったオードリーを見たくなくて避けていたこの映画を観る気になったのは自分が歳を取ったからだが、この映画のテーマ自体が正に「老醜」であり、そのやり切れなさを救っているのがやはりオードリーの魅力(ショーン・コネリーの人の良い笑顔も)であるところは、製作者の狙いは当たったと言うべきだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

寂しい。

投稿日:2006/01/22 レビュアー:田舎のおばちゃん

若くてキラキラしていた頃のショーン・コネリーとオードリー・ヘプバーンではありません。
20年ぶりに再会した40過ぎの男女の恋愛を見せてくれますが、こんなに好きでいられたら素敵ですね。
伝説の英雄ロビン・フッドも年を取るのです。
代官とロビンの闘いが痛々しい。
ニコル・ウィリアムソンがロビンの相棒役を好演しています。
リチャード・ハリスもロバート・ショウも、今は無き俳優で残念です。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

しんみりと良いです

投稿日:2006/05/02 レビュアー:レビュアー名未設定

とにかく登場人物がことごとく壮年以上で、個人的には、今後の日本の高齢化社会をどんなスタンスで生きるかについて、ちょっと思いをはせることになりました。
そういえば以前「コクーン」という痛快な映画がありましたが、ああいった傾向ではなく、皆がたんたんと年齢なりの演技をしています。

ショーンコネリーと時代モノといえば、「薔薇の名前」を思い浮かべるのですが、あの作ほどは力が入っていないかもしれません。
しかし青年までのロビンフットではなく、初老のロビンフットという着眼点がよいです。あまり抑揚のない映画ではありますが、ショーンコネリーとヘプバーンが好きな人なら満足できる、異色の一作と思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

老獪な義賊

投稿日:2010/07/07 レビュアー:はち

生きることに最後まで執着した、晩年の義賊ロビン・フッドを
描いた作品。
晩年を描いているので、ラストの展開は想像に難くないが、
年老いても魅力的な(年老いた部分も抜かりなく)人柄、
長年変わらぬ宿敵など物語はとても王道。
アクションというよりも、ラブストーリーなのでは?

ロビン・フッドといえば弓の名手だけど、戦いでロビンが弓を
用いることが無いのが残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

年をとっても

投稿日:2010/02/26 レビュアー:ポポ

年をとってもショーンコネリーはカッコいいし、オードリーヘップバーンは愛くるしいです。見ていて『国破れて山河あり』とか、男性は夢想家とか、いつも犠牲になるのは女性かな、とか、次々と心に浮かんで来ました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

ロビンとマリアン

月額課金で借りる

都度課金で借りる