ピンク・パンサー2

ピンク・パンサー2の画像・ジャケット写真
ピンク・パンサー2 / ピーター・セラーズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
ジャンル:

「ピンク・パンサー2」 の解説・あらすじ・ストーリー

中近東ルガシュ国の博物館から、世界最大のダイヤ“ピンクパンサー”が盗まれるという事件が発生、現場に残された手袋から、犯人は怪盗ファントムであることが判明した。ルガシュ警察は、ファントムとゆかりの深いクルーゾー警部の出馬を要請する……。パリ警視庁のクルーゾー警部が再びファントムと対決。

「ピンク・パンサー2」 の作品情報

製作年: 1975年
製作国: イギリス
原題: THE RETURN OF THE PINK PANTHER

「ピンク・パンサー2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ピンク・パンサー2の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
113分 日本語 英語 ポルトガル スペイン語 中国語 1:ドルビーデジタル/モノラル/英語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UNRD03370 2008年06月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

2なのか3なのかネタバレ

投稿日:2008/06/11 レビュアー:ロートルマニア

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 シリーズとしてはかなり変則的な作品です。
 第1作の「ピンクの豹」で怪盗ファントム(D・ニーブン)と対峙したクルーゾー警部は、実は脇役としての扱い。主役はファントムと王女(C・カルディナーレ)でした。
 それが、警部の度を超したドジぶりに人気が出て、クルーゾーの単独主役としてスピン・オフ的に製作されたのが、「暗闇でドッキリ」。当然この作品にはピンク・パンサーもファントムも出てきません。
 そしてその人気故に再々度登場となったのが本作で、ファントムが再登場(役者はC・プラマーに変更)していますから、実質的にはこれが確かにシリーズ第2作。タイトルは正確なんですね。
この後は「ピンク・パンサー3」へと続くのですが、残念ながらシリーズ中で本作が一番出来がよろしくない。
 洒落た犯罪コメディとして実に粋な第1作、不条理コメディの傑作であります「暗闇でドッキリ」、そしてナンセンスどたばたコメディの快作である第4作「ピンク・パンサー3」に挟まれて(決してお話しがつまらないというわけではありませんが)どうにも冴えない印象しか残っておらず、公開時の映画評もおしなべて低いものでした。
 その原因は、クルーゾーがバカをやらかすたびに、他の登場人物達が冷ややかな視線で彼の行動を冷静に眺めるという、突き放した演出にあるようです。その破天荒な言動で猪突猛進しては周囲を恐慌に陥れるクルーゾーではなく、KYよろしく独り相撲を取って周囲から浮き上がっているだけの哀れなクルーゾーでは観客の共感は得られません。
 その反省からか、第4作では徹底して唯我独尊を貫き通し、ひたすら世間と警察をひっ掻き回すクルーゾーに戻していますが、最近リメイクされた「ピンクパンサー」では、何を間違えたか、本作のクルーゾー像を再現してしまいましたね。
 リリースの順番がどういう基準で決められているのか判りませんが、早いところ第1作、第4作を提供してもらいたいものです。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お約束を裏切らない 抱腹絶倒の ボケ倒し

投稿日:2010/12/18 レビュアー:ロキュータス

(ネタバレあり)

前2作はテレビの洋画番組で知っていてお気に入り。
10年以上の時を経てヘンリー・マンシーニのあのテーマ音楽、リチャード・ウィリアムズのタイトル・アニメのオープニングで、公開時リアルタイムで観たぼくは、一気にお約束感(シリーズものの娯楽映画には必須と思います。)に包まれました。

それにしても、クルーゾー警部演じるピーター・セラーズの怪演はいうまでもありませんが、ブレイク・エドワーズの脚本と演出もボケ倒す、ボケ倒す。(笑) 繰り返しは笑いのセオリーだけど、おいおいと言うほどボケ倒す。  ベタなボケ好きのぼくにはたまりません。
周囲とのトンチンカンなやりとりと、触れるものすべて壊してしまうクルーゾーwww。
タクシーのネタww、プールのネタww。
ハーバート・ロム演じるドレフュスのライターとピストル・ネタwwそして壊れていく展開 ♪。
バート・ウォーク演じる召使ケイトー(CATO カトーじゃないんですね)とのカラミww。60年代のギャグの踏襲ですが、70年代シリーズではブルース・リー・ブームの後だけになおさらネタとして有効でした。

笑いというものには毒気があるものですが、特にクルーゾーのというかピーター・セラーズの狂気やドタバタのボケ倒しが後味の悪さにならないのは、一方でリットン卿夫妻のシーンなどのスマートさとバランスが取れていて、洒脱で洗練されたセンスのよさを感じさせるからですね。
この後の『 私を愛したスパイ 』はコミカルなテイストとなっており、007シリーズは明らかに影響を受けて路線変更しました。
またクルーゾーのセリフと中東の暗黒街のボスが「太っちょ」であることなど『 カサブランカ 』のもじりになってます。

全世界で1億ドル以上の興行収入を上げた大ヒットの笑劇です。

ブレイク・エドワーズ監督。夫人はジュリー・アンドリュース。
あえて指摘しておきますと、この作品のケイトーでは笑えるけど、『 ティファニーで朝食を 』でミッキー・ルーニーが演じた男や『 ブラインド・デート 』を見ると、ブレイク・エドワース作品に描かれる日本人はどっかトンチンカンでコッケイな描写が多いのも確か。 戦中世代だからでしょうか。
ともあれピンク・パンサー・シリーズや『 グレート・レース 』など楽しいコメデイ、『 ティファニーで朝食を 』『 酒とバラの日々 』など文芸作も手がけた職人肌の名監督でした。
12月15日死去 88歳でした。    ご冥福をお祈りします。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ピンク・パンサー2 ネタバレ

投稿日:2010/07/11 レビュアー:DJ_TIK

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ピンク・パンサー2

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

間違えて借りたのですが…ネタバレ

投稿日:2009/10/21 レビュアー:さすらいのウィン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

えっと…初めてやらかしました。レンタルミス。

『ピンクパンサー2』って二作品あるんですね(汗)
家族の希望で借りたのですがずいぶんレトロなのをご所望だ…と思ったら間違ってました。でも家族の冷たい視線に耐えながらも私はしっかり鑑賞しました。

普通によかったです。あっ言い訳じゃないですよ(汗)

ちょっと『Mr.ビーン』系なのかな、とあんまりMr.ビーンでは笑えない私は期待していなかったのですがそこまでシュールな作品ではなかったです。

主人公クルーゾーは生真面目だけどちょっとお間抜けというかズレている人物。でもそのキャラクターが立っていてよかったです。特徴的な顔もなかなか味わいがありました。

話はルガシュ国の博物館に厳重に展示されていたピンク・パンサーという宝石が怪盗ファントムを名乗る人物に盗まれたことから始まります(これがまたちょっと手が込んでいるのか微妙なのか分からない技で盗まれます)

その解決にはるばるフランスから呼び寄せられたフランス人探偵のクルーゾー。かつて大きな事件を解決したことがあるのだろう…たぶん(1を観ていないのでこのへんは想像)でも彼のお間抜けぶりを見て、彼の能力に疑問をもつルガシュ国の要人たち。

一方、怪盗ファントム(リットン卿)の方はピンク・パンサー盗難事件に自分は関与していなかったもののそうは思わない警察や闇の住人達に狙われ、疑いを晴らすために動き出します。そこにファントムの美しい妻も怪しく絡み…

このファントムの妻ですが小悪魔的で美しかったです。疑いようもない美人で観てて楽しかったです。単に顔が私の好みなだけかもしれませんが、へヘッ

クルーゾーの方もファントム同様、ブレーキの故障・銃・爆弾…と何度も命を狙われますがなんとなくかわします、彼(汗)そして彼を強烈に嫌う上司が出てきますがこれは彼が関わると全てがメチャメチャになるからだと分かります。この上司の弾けぶりが面白かったです。実際にあると気の毒だけど。

私は作中、どちらかというと古典的なシーンで笑いました。
ズボンが脱げるとか(笑)

最後は意外な人物によって解決します。
死人が出ないのでコメディですがほんわかできた作品でした。

興味がある方にはオススメです。
あの聞き覚えのある音楽とキャラクターはこの映画からだったんですね(…合ってるかな)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

懐かし〜。クルーゾーとケイトの絡みは大爆笑

投稿日:2009/05/19 レビュアー:やっちゃん

ピーター・セラーズが亡くなってからテレビにオンエアされる事も無くなり、何度見たいと思ったことか。ビデオにとっておいたがβなのでデッキが故障してそれまでになっていたので、とても懐かしく、爆笑させていただきました。新作もいいけど、こういうものもレンタルだからこその良さなんでしょうね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

ピンク・パンサー2

月額課金で借りる

都度課金で借りる