アメリカの夜の画像・ジャケット写真

アメリカの夜 / ジャクリーン・ビセット

全体の平均評価点: (5点満点)

38

アメリカの夜 /フランソワ・トリュフォー

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

映画賞受賞作品

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「アメリカの夜」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

フェラン監督(F・トリュフォー)による映画が、ニースで撮影される。ノイローゼ気味のハリウッド女優や気難しい男優、妊娠がバレた新人など、問題あるスタッフをかかえて、監督の撮影もなかなかはかどらない……。タイトルの“アメリカの夜”とは、夜のシーンを昼間に撮るため、カメラにフィルターをつける撮影の技法のこと。

「アメリカの夜」 の作品情報

作品情報

製作年:

1973年

製作国:

フランス/イタリア

原題:

LA NUIT AMERICAINE/DAY FOR NIGHT

受賞記録:

1973年 アカデミー賞 外国語映画賞
1973年 NY批評家協会賞 作品賞

「アメリカの夜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

リリー

ナインイレヴン 運命を分けた日

トータル カウリスマキ 4 ラヴィ・ド・ボエーム/コントラクト・キラー

ヒドゥン・フェイス

終電車

ユーザーレビュー:38件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全38件

女は魔物 ネタバレ

投稿日:2007/03/16 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 トリュフォー版の『8 1/2』とも言われていますが、映画制作の舞台裏の楽しさは、皆さんが書かれている通りです。いつ観ても、日々現場で繰り広げられるドタバタに笑いを誘われ、ラストで撮影を終えた皆が去っていく、宴のあとにちょっと寂しくなる、上質なコメディ(といっていいかな)です。
 優秀なるスクリプター、ナタリー・バイの登場する場面はすべて大好きで、ヒロイン役ともいえるジャクリーン・ビセットより輝いていると思うのは、僕だけでしょうか。河原で小道具係のベルナールを誘うところ、情事のあと撮影現場に慌てて駆け込んでくるときの仕種、眼鏡を外していてホテルの部屋を間違ってしまうとことなどなど。
 ジャン=ピエール・レオーの演じる俳優アルフォンスは口癖のように、「女は魔物でしょう? そうでしょう」と言い立て、そのかいあってか見事にリリアーヌに捨てられてしまいます。女性陣には「赤ん坊」と馬鹿にされていて、どうにも処世術からは程遠い問題児アルフォンスは、トリュフォー=レオーの生み出したアントワール・ドワネルを彷彿とさせます(というより、このアルフォンスがドワネルの鏡像でもあることは、後年のドワネルもの最終作『逃げ去る恋』で明らかになります)。
 僕がいちばん大好きで、いつもいつも笑ってしまうのは、ふられたアルフォンスを心配して、皆がホテルの廊下に集まっていると、バスローブを着たアルフォンスがゆらりと登場、真剣な眼差しで言うことは、
「女を買いに行きたいんだ」
 というところ。そういえば、ドワネルも奥さんが出て行ったあと娼館に出かけていっていましたが、ここではレオーのどこかバランスの悪い体型、真剣そのものの表情と眼差し、周囲の緊迫感、それを突き破る台詞、とても心が躍る幸せな映画の瞬間でもあるのです。
 そしてもうひとつ、この後だったか、監督フェランに扮したトリュフォーその人が、よく似たレオーに向かって「僕たちは映画に生きるしかないんだ」と諭すシーン。ここでは僕は、いつもしんみりとしてしまうのです。85点。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

H(アッシュ)なお話

投稿日:2005/07/13 レビュアー:裸足のラヴァース

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

映画製作に関わる人の情熱が伝わってきます ネタバレ

投稿日:2009/06/01 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは、映画を愛する人に捧げられた、映画なのでしょうね。
映画作りの、大変さ、楽しさ、意外さなどが散りばめられていて面白いのです。

ニースのスタジオで、ハリウッド女優を招いてのフェラン監督(F・トリュフォー)の新作「パメラを紹介します」の撮影が始まります。
作品の中で描かれるのは、夫の父親と急に恋に落ちてしまう若い人妻パメラ(J・ビゼット)を主人公にしたドラマです。
カメラは、地下鉄から上がって来た青年(J・ピエール・レオ)を追っていき、ある男と出会い、平手打ちを食らいます。
そこで「カット」という声で、映画の撮影だと分かります。
ただ単にそれだけのシーンなのに、多くの人が関わり、人を動かすというのが大変だということがよく分かります。

この作品に出て来る俳優、スタッフも撮影中に様々な出来事が起こり、停電によってフィルムが駄目になったり、出番をほったらかしで女を追いかける男優など、ドラマのような人間模様がどこまでフィクションなのか、真実なのか見境が付かない状況です。

トリュフォー監督自身が監督役で出演している、映画撮影を描いたこの作品は、映画の作る人の思いが伝わってくる作品です。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

映画に愛をこめて

投稿日:2007/04/07 レビュアー:BIN

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

映画創りに乾杯♪ ネタバレ

投稿日:2008/05/29 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画を創るのって本当に大変なこと。
全て順調、計画通り・・・なんてことは期待できないんですね。

「パメラ」という映画を創っているスタッフたちの
ドタバタを描いたこの作品。
トリュフォー監督も出演して、大サービスなんですね。

途中、ロマンスあり、破局あり、女優の妊娠、俳優の突然の死
などなど、いろいろなハプニングやトラブルを乗り越え
映画は完成へと向かっていく。

実際の映画創りにも起こりそうで、楽しい。
ふふふ・・・と自然に笑ってしまいます。

実際の映画のメイキングより、楽しいんじゃないかしら?
スタッフたちの右往左往する様や、困難をどう切り抜けていくのか・・・
興味深く鑑賞させていただきました。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全38件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:38件

女は魔物

投稿日

2007/03/16

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 トリュフォー版の『8 1/2』とも言われていますが、映画制作の舞台裏の楽しさは、皆さんが書かれている通りです。いつ観ても、日々現場で繰り広げられるドタバタに笑いを誘われ、ラストで撮影を終えた皆が去っていく、宴のあとにちょっと寂しくなる、上質なコメディ(といっていいかな)です。
 優秀なるスクリプター、ナタリー・バイの登場する場面はすべて大好きで、ヒロイン役ともいえるジャクリーン・ビセットより輝いていると思うのは、僕だけでしょうか。河原で小道具係のベルナールを誘うところ、情事のあと撮影現場に慌てて駆け込んでくるときの仕種、眼鏡を外していてホテルの部屋を間違ってしまうとことなどなど。
 ジャン=ピエール・レオーの演じる俳優アルフォンスは口癖のように、「女は魔物でしょう? そうでしょう」と言い立て、そのかいあってか見事にリリアーヌに捨てられてしまいます。女性陣には「赤ん坊」と馬鹿にされていて、どうにも処世術からは程遠い問題児アルフォンスは、トリュフォー=レオーの生み出したアントワール・ドワネルを彷彿とさせます(というより、このアルフォンスがドワネルの鏡像でもあることは、後年のドワネルもの最終作『逃げ去る恋』で明らかになります)。
 僕がいちばん大好きで、いつもいつも笑ってしまうのは、ふられたアルフォンスを心配して、皆がホテルの廊下に集まっていると、バスローブを着たアルフォンスがゆらりと登場、真剣な眼差しで言うことは、
「女を買いに行きたいんだ」
 というところ。そういえば、ドワネルも奥さんが出て行ったあと娼館に出かけていっていましたが、ここではレオーのどこかバランスの悪い体型、真剣そのものの表情と眼差し、周囲の緊迫感、それを突き破る台詞、とても心が躍る幸せな映画の瞬間でもあるのです。
 そしてもうひとつ、この後だったか、監督フェランに扮したトリュフォーその人が、よく似たレオーに向かって「僕たちは映画に生きるしかないんだ」と諭すシーン。ここでは僕は、いつもしんみりとしてしまうのです。85点。

H(アッシュ)なお話

投稿日

2005/07/13

レビュアー

裸足のラヴァース

映画製作に関わる人の情熱が伝わってきます

投稿日

2009/06/01

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは、映画を愛する人に捧げられた、映画なのでしょうね。
映画作りの、大変さ、楽しさ、意外さなどが散りばめられていて面白いのです。

ニースのスタジオで、ハリウッド女優を招いてのフェラン監督(F・トリュフォー)の新作「パメラを紹介します」の撮影が始まります。
作品の中で描かれるのは、夫の父親と急に恋に落ちてしまう若い人妻パメラ(J・ビゼット)を主人公にしたドラマです。
カメラは、地下鉄から上がって来た青年(J・ピエール・レオ)を追っていき、ある男と出会い、平手打ちを食らいます。
そこで「カット」という声で、映画の撮影だと分かります。
ただ単にそれだけのシーンなのに、多くの人が関わり、人を動かすというのが大変だということがよく分かります。

この作品に出て来る俳優、スタッフも撮影中に様々な出来事が起こり、停電によってフィルムが駄目になったり、出番をほったらかしで女を追いかける男優など、ドラマのような人間模様がどこまでフィクションなのか、真実なのか見境が付かない状況です。

トリュフォー監督自身が監督役で出演している、映画撮影を描いたこの作品は、映画の作る人の思いが伝わってくる作品です。

映画に愛をこめて

投稿日

2007/04/07

レビュアー

BIN

映画創りに乾杯♪

投稿日

2008/05/29

レビュアー

ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画を創るのって本当に大変なこと。
全て順調、計画通り・・・なんてことは期待できないんですね。

「パメラ」という映画を創っているスタッフたちの
ドタバタを描いたこの作品。
トリュフォー監督も出演して、大サービスなんですね。

途中、ロマンスあり、破局あり、女優の妊娠、俳優の突然の死
などなど、いろいろなハプニングやトラブルを乗り越え
映画は完成へと向かっていく。

実際の映画創りにも起こりそうで、楽しい。
ふふふ・・・と自然に笑ってしまいます。

実際の映画のメイキングより、楽しいんじゃないかしら?
スタッフたちの右往左往する様や、困難をどう切り抜けていくのか・・・
興味深く鑑賞させていただきました。

1〜 5件 / 全38件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

アメリカの夜