フットルースの画像・ジャケット写真

フットルース / ケヴィン・ベーコン

全体の平均評価点:(5点満点)

49

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「フットルース」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ケヴィン・ベーコン主演の青春ドラマ。ロックもダンスパーティも禁じられているアメリカ中西部のある小さな町に、都会から一人の青年が転校してくる。彼は自分たちの自由を取り戻すべく、仲間を集めて大人たちへの逆襲を開始するが……。ケニー・ロギンスの歌う主題歌が大ヒット。 JAN:9999203458867

「フットルース」 の作品情報

作品情報

製作年:

1984年

原題:

FOOTLOOSE

「フットルース」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ターン・イット・アップ!

愛のメモリー

ラジオ・デイズ

ウィズ・ユー

ユーザーレビュー:49件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全49件

堪らんね、この青臭さが。 ネタバレ

投稿日:2010/02/11 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私の青春時代の思い入れの作品を挙げろと言われれば
間違いなく本作を挙げるでしょう、次点は『ストリート・オブ・ファイヤー』です。(笑)

そんな訳で感情移入しまくりのレビュー、いや紹介になりそうです(笑)
ストーリーは都会育ちの少年が田舎の閉鎖的な風習に風穴を空けるというものです
『フラッシュダンス』から本作への流れでジャズダンスやブレイクダンスが
世界的なブームに成ったんですよね、そういえば風見慎吾カッコ良かったです(笑)
そして本作の目玉は、なんと言っても名曲揃いの楽曲です
実は全ての曲が本作のために書き下ろされたもので素晴らしい出来です
映画サントラでこれ以上の出来のものは未だに出会ったことがないです
もうLPが擦り切れる程聞いたのを思い出します
中でも『ケニー・ロギンス』はサントラの帝王の地位を本作で獲得し
『トップ・ガン』までは、まさに彼の独壇場だったのが懐かしいです
当時、ダイヤモンドを散りばめた一億円のレスポールだったかな?が話題でした。(笑)

すいません、全然内容に触れてないですね(苦笑)
楽曲だけでなく、俳優陣も素晴らしい演技を見せてくれています
ケヴィン・ベーコンはソフトパンク(当時流行った)に刈り込み
練習の後が伺える切れのあるダンスと身体能力を披露しています
そんなケヴィン扮するレンが田舎町で犯罪や不良化の温床と禁止されている
ロックとダンスを街中を巻き込み復活させるまでを描いています
私が個人的に大好きなシーンがあります
ラスト直前、町が活気を取り戻しレン達が開催するパーティー会場を眺める
ジョン・リスゴーとダイアン・ウィースト扮するムーア夫婦が静かに抱き合うシーンです
特にダイアン・ウィーストの言葉を発しない演技は素晴らしいです
その後のオスカー受賞も頷ける、なんとも言えない表情を見せてくれます
そして今見ればかなり恥ずかしい?ラストのダンスシーンですが(笑)
『フットルース』から名曲『パラダイス』への流れは余韻と共に
爽やかな感動を呼んでくれることだと思います。

完全な思い入れレビューになりましたが
今の若者達が観ればどう思うのでしょうか、「ダサッ」の一言なのかな(苦笑)
ですが是非世代問わず観てもらいたいですね
皆さんが爽やかな風を感じてもらえれば幸いです。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

懐かしい音楽ばかりで、のりのりになります!

投稿日:2006/06/07 レビュアー:飛べない魔女

80年代に青春してた人たちにはたまらない音楽の集約ではないでしょうか!
ケビンファンなのに、なんとこの映画初めてみちゃいました。
音楽は全部知ってた!!!!
映画の内容は。。。まあ、よくある学園もので、特に特筆することもないのですが、音楽はすっごい楽しめますよ。
あと、始まり方がすっごいおしゃれ!20年以上前の映画とは思えないステキな靴がいっぱい出てきます。
若いケビンはキュートです!!

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

ケヴィン・ベーコンのダンス!これにつきる(笑)

投稿日:2005/01/08 レビュアー:RUSH

何とも懐かしい作品である。当時ブレイクダンスやマイケル・ジャクソンのムーン・ウォークが大流行していた頃のダンス映画である。この作品の前年に「フラッシュダンス」が大ヒットしていたがその二番煎じっぽかった作品である。しかし、この作品の方がおもしろい。

シカゴという都会に住んでいたレン(ケヴィン・ベーコン)が保守的で厳格な田舎町に引っ越してきてからのお話である。ロック、ポルノ、セックス、ダンスは邪悪なものとする厳格な牧師(エリエルの父)の努力でその保守的な考えたかが町民に行き渡っているこの町の様子を見たレンはカルチャーショックを受ける。そして次第に彼は不良少年と見なされ、彼は何も悪くはないのに麻薬をやっているとかどこぞの畑を荒らしたとか悪い噂ばかりが広まっていき、町の問題児扱いされてしまう。ところが高校生というエネルギーが有り余っている若者たちはレンを中心に大人達から押しつけられた教えを次々破っていく。そしてレンはプロム(ダンスパーティ)を開く事を考え始める。協力者、敵対者どちらも出てきて開催までの幾多の困難が彼らを襲うのだが・・・。

ケヴィンのダンス姿なんてもう見れないでしょ?(笑)。この作品だけだと思う。今では強烈な悪役でその存在感が光るいい俳優さんになった感があるが、彼にも若い頃があったのかと思わせてくれる(笑)。彼の怒りにまかせたダンスシーンや、お堅い町の責任者達の前で演説するシーンは今でも記憶に残っているし何度見てもいい。青春映画とダンス映画の良い所を足したような作品だった。

この作品も「フラッシュダンス」同様サントラがかなりヒットした記憶がある。ケニー・ロギンスが歌う主題歌フットルースはヒットした記憶が残っている。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

踊りたい気持ちが咎められることなんてない

投稿日:2010/06/27 レビュアー:蒼生


『レッスン!』を観たら、この作品を観たくなってしまいました。
ほぼ共通点ないですけど。

TVかレンタルで、むかーし、一度観たことあるのですが
ストーリーの細かい記憶はなく、
青春ラブコメだと思ってました。それでもいいやと思ったんですけど。

違いました。
青春だし、ラブもコメも少しずつあるけど
結構テーマのあるストーリーでした。

大人の偏見、硬いアタマに反抗するんじゃなく
ちゃんと正面から立ち向かう。その姿勢がいいです。

でも、やっぱりよかったのは、懐かしい曲がテンコ盛りなことです。
流れる曲ほぼインチキ英語で歌いながら踊れますから。

この感覚は同じ世代の人にはきっとわかっていただけると思います。

ほんとに気持ちよかったです。
ラブとコメが少ないことも含めて。

個人的には『FootLoose』より
『I‘mfree』のほうが好きなので
この曲が何回も使われていることも嬉しかったです。

CD買えばいいんじゃないか?
(それ以上のものは使いこなせません)
というツッコミはナシでお願いします。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

名脇役 ネタバレ

投稿日:2007/07/28 レビュアー:べっち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

巻頭、ダンスシューズのドアップ・真横から
 次の靴、次へ・・・
  靴だけが踊って、軽くテンポをとって
   ビート、切れのいいテーマ曲
    そして次の一足、また次へ・・・

  このオープニングで一気に画面に取り込まれちゃったよね。
  ケビン・ベーコンかっこ悪いってレビューが多いけど、公開当時はあの笑顔がカワイイっていう女の子、結構アチキの周りにはいたけどなぁ。

  お話は単純。ダンスを認めないっていう窮屈な町にやってきた転校生が、プロムでダンパをやろうってんでがんばりました・・・以上。
  ただそのありきたりなお話をきちんと鑑賞に堪えるものにしたのが、ジョン・リスゴー演じる牧師さんとその奥さんを演じたダイアン・ウィースト。

  牧師さんとしちゃ、ダンスなんて若者の堕落を助長するだけのもの(その背景にはいろいろあるんですが、そこは観てのお楽しみ)。といって別にがちがちの堅物ってわけでもない、ただ町の人々の、とりわけ子供たちの精神的守護者である自負があって・・・
  ところがよからぬものは排除しようって思う一部の急進的な大人は、図書館で「有害図書」を集めて火にくべてしまう。焚書。これを見て牧師さんは怒るよりも悲しみに呆然となる・・・「本に罪があるのか・・・ 罪はあなた方の心の中にあるのに・・・」と。

  ここんとこのリスゴーさん、とっても良い。ここから彼の葛藤が始まって、最後まで表向きはパーティーを認めないわけですが、子供たち(って言っても高校生ね)の隣町で会場を借りるという裏技を黙認して・・・

  パーティーの夜、向こうに会場が見える道端。牧師さんは聞こえてくる音楽に当惑顔、自分の判断は正しかったのか。奥さんがそっと寄り添う。静かに抱きしめあう二人・・・
 「まあ、あなた
  ・・・・わたしたち、おどっているわ・・・」

  ええのぉ、ここが見たくて頭から観てるんだよなぁいつも。このシーンのチャーミングなこと、こりゃでも最初から見ないととっぷりと浸れないのよねぇ。

  ダイアン・ウィーストはほかの映画じゃぶっ飛んだ役なんかも多いだけに、余計この奥さん役の深さが際立つ。とても表情が豊かなんだよなぁ。

  もちろん音楽、ダンスもいいんだけど、こうしたサイドストーリーがきちんとできているところがまた魅力。

  映画を観た! っていう満足感があります。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全49件

フットルース

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:49件

堪らんね、この青臭さが。

投稿日

2010/02/11

レビュアー

ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私の青春時代の思い入れの作品を挙げろと言われれば
間違いなく本作を挙げるでしょう、次点は『ストリート・オブ・ファイヤー』です。(笑)

そんな訳で感情移入しまくりのレビュー、いや紹介になりそうです(笑)
ストーリーは都会育ちの少年が田舎の閉鎖的な風習に風穴を空けるというものです
『フラッシュダンス』から本作への流れでジャズダンスやブレイクダンスが
世界的なブームに成ったんですよね、そういえば風見慎吾カッコ良かったです(笑)
そして本作の目玉は、なんと言っても名曲揃いの楽曲です
実は全ての曲が本作のために書き下ろされたもので素晴らしい出来です
映画サントラでこれ以上の出来のものは未だに出会ったことがないです
もうLPが擦り切れる程聞いたのを思い出します
中でも『ケニー・ロギンス』はサントラの帝王の地位を本作で獲得し
『トップ・ガン』までは、まさに彼の独壇場だったのが懐かしいです
当時、ダイヤモンドを散りばめた一億円のレスポールだったかな?が話題でした。(笑)

すいません、全然内容に触れてないですね(苦笑)
楽曲だけでなく、俳優陣も素晴らしい演技を見せてくれています
ケヴィン・ベーコンはソフトパンク(当時流行った)に刈り込み
練習の後が伺える切れのあるダンスと身体能力を披露しています
そんなケヴィン扮するレンが田舎町で犯罪や不良化の温床と禁止されている
ロックとダンスを街中を巻き込み復活させるまでを描いています
私が個人的に大好きなシーンがあります
ラスト直前、町が活気を取り戻しレン達が開催するパーティー会場を眺める
ジョン・リスゴーとダイアン・ウィースト扮するムーア夫婦が静かに抱き合うシーンです
特にダイアン・ウィーストの言葉を発しない演技は素晴らしいです
その後のオスカー受賞も頷ける、なんとも言えない表情を見せてくれます
そして今見ればかなり恥ずかしい?ラストのダンスシーンですが(笑)
『フットルース』から名曲『パラダイス』への流れは余韻と共に
爽やかな感動を呼んでくれることだと思います。

完全な思い入れレビューになりましたが
今の若者達が観ればどう思うのでしょうか、「ダサッ」の一言なのかな(苦笑)
ですが是非世代問わず観てもらいたいですね
皆さんが爽やかな風を感じてもらえれば幸いです。

懐かしい音楽ばかりで、のりのりになります!

投稿日

2006/06/07

レビュアー

飛べない魔女

80年代に青春してた人たちにはたまらない音楽の集約ではないでしょうか!
ケビンファンなのに、なんとこの映画初めてみちゃいました。
音楽は全部知ってた!!!!
映画の内容は。。。まあ、よくある学園もので、特に特筆することもないのですが、音楽はすっごい楽しめますよ。
あと、始まり方がすっごいおしゃれ!20年以上前の映画とは思えないステキな靴がいっぱい出てきます。
若いケビンはキュートです!!

ケヴィン・ベーコンのダンス!これにつきる(笑)

投稿日

2005/01/08

レビュアー

RUSH

何とも懐かしい作品である。当時ブレイクダンスやマイケル・ジャクソンのムーン・ウォークが大流行していた頃のダンス映画である。この作品の前年に「フラッシュダンス」が大ヒットしていたがその二番煎じっぽかった作品である。しかし、この作品の方がおもしろい。

シカゴという都会に住んでいたレン(ケヴィン・ベーコン)が保守的で厳格な田舎町に引っ越してきてからのお話である。ロック、ポルノ、セックス、ダンスは邪悪なものとする厳格な牧師(エリエルの父)の努力でその保守的な考えたかが町民に行き渡っているこの町の様子を見たレンはカルチャーショックを受ける。そして次第に彼は不良少年と見なされ、彼は何も悪くはないのに麻薬をやっているとかどこぞの畑を荒らしたとか悪い噂ばかりが広まっていき、町の問題児扱いされてしまう。ところが高校生というエネルギーが有り余っている若者たちはレンを中心に大人達から押しつけられた教えを次々破っていく。そしてレンはプロム(ダンスパーティ)を開く事を考え始める。協力者、敵対者どちらも出てきて開催までの幾多の困難が彼らを襲うのだが・・・。

ケヴィンのダンス姿なんてもう見れないでしょ?(笑)。この作品だけだと思う。今では強烈な悪役でその存在感が光るいい俳優さんになった感があるが、彼にも若い頃があったのかと思わせてくれる(笑)。彼の怒りにまかせたダンスシーンや、お堅い町の責任者達の前で演説するシーンは今でも記憶に残っているし何度見てもいい。青春映画とダンス映画の良い所を足したような作品だった。

この作品も「フラッシュダンス」同様サントラがかなりヒットした記憶がある。ケニー・ロギンスが歌う主題歌フットルースはヒットした記憶が残っている。

踊りたい気持ちが咎められることなんてない

投稿日

2010/06/27

レビュアー

蒼生


『レッスン!』を観たら、この作品を観たくなってしまいました。
ほぼ共通点ないですけど。

TVかレンタルで、むかーし、一度観たことあるのですが
ストーリーの細かい記憶はなく、
青春ラブコメだと思ってました。それでもいいやと思ったんですけど。

違いました。
青春だし、ラブもコメも少しずつあるけど
結構テーマのあるストーリーでした。

大人の偏見、硬いアタマに反抗するんじゃなく
ちゃんと正面から立ち向かう。その姿勢がいいです。

でも、やっぱりよかったのは、懐かしい曲がテンコ盛りなことです。
流れる曲ほぼインチキ英語で歌いながら踊れますから。

この感覚は同じ世代の人にはきっとわかっていただけると思います。

ほんとに気持ちよかったです。
ラブとコメが少ないことも含めて。

個人的には『FootLoose』より
『I‘mfree』のほうが好きなので
この曲が何回も使われていることも嬉しかったです。

CD買えばいいんじゃないか?
(それ以上のものは使いこなせません)
というツッコミはナシでお願いします。

名脇役

投稿日

2007/07/28

レビュアー

べっち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

巻頭、ダンスシューズのドアップ・真横から
 次の靴、次へ・・・
  靴だけが踊って、軽くテンポをとって
   ビート、切れのいいテーマ曲
    そして次の一足、また次へ・・・

  このオープニングで一気に画面に取り込まれちゃったよね。
  ケビン・ベーコンかっこ悪いってレビューが多いけど、公開当時はあの笑顔がカワイイっていう女の子、結構アチキの周りにはいたけどなぁ。

  お話は単純。ダンスを認めないっていう窮屈な町にやってきた転校生が、プロムでダンパをやろうってんでがんばりました・・・以上。
  ただそのありきたりなお話をきちんと鑑賞に堪えるものにしたのが、ジョン・リスゴー演じる牧師さんとその奥さんを演じたダイアン・ウィースト。

  牧師さんとしちゃ、ダンスなんて若者の堕落を助長するだけのもの(その背景にはいろいろあるんですが、そこは観てのお楽しみ)。といって別にがちがちの堅物ってわけでもない、ただ町の人々の、とりわけ子供たちの精神的守護者である自負があって・・・
  ところがよからぬものは排除しようって思う一部の急進的な大人は、図書館で「有害図書」を集めて火にくべてしまう。焚書。これを見て牧師さんは怒るよりも悲しみに呆然となる・・・「本に罪があるのか・・・ 罪はあなた方の心の中にあるのに・・・」と。

  ここんとこのリスゴーさん、とっても良い。ここから彼の葛藤が始まって、最後まで表向きはパーティーを認めないわけですが、子供たち(って言っても高校生ね)の隣町で会場を借りるという裏技を黙認して・・・

  パーティーの夜、向こうに会場が見える道端。牧師さんは聞こえてくる音楽に当惑顔、自分の判断は正しかったのか。奥さんがそっと寄り添う。静かに抱きしめあう二人・・・
 「まあ、あなた
  ・・・・わたしたち、おどっているわ・・・」

  ええのぉ、ここが見たくて頭から観てるんだよなぁいつも。このシーンのチャーミングなこと、こりゃでも最初から見ないととっぷりと浸れないのよねぇ。

  ダイアン・ウィーストはほかの映画じゃぶっ飛んだ役なんかも多いだけに、余計この奥さん役の深さが際立つ。とても表情が豊かなんだよなぁ。

  もちろん音楽、ダンスもいいんだけど、こうしたサイドストーリーがきちんとできているところがまた魅力。

  映画を観た! っていう満足感があります。

1〜 5件 / 全49件