ブレスレス

ブレスレスの画像・ジャケット写真

ブレスレス / リチャード・ギア

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ブレスレス」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「勝手にしやがれ」をJ・マクブライド監督でリメイクした作品。チンピラ青年のギアと知りあったフランスからの留学生モニカは、その強引さに惹かれ、いつしか彼と奔放なセックスに溺れる。彼女との生活を夢見る青年は一攫千金のチャンスに飛びつき、無軌道な悪の道をひた走る……。

「ブレスレス」 の作品情報

作品情報

製作年: 1983年
製作国: アメリカ
原題: BREATHLESS

「ブレスレス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

キング・オブ・マーヴィン・ガーデン 儚き夢の果て

コットンクラブ

顔のないスパイ

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

勝手にしやがれ・勝手にしちゃった ネタバレ

投稿日:2009/04/10 レビュアー:ひきむすび

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

舞台はアメリカ
やくざなフランス男をベガス気どりのアメリカ男に、
アメリカ人留学生をフランス人留学生に置き換えたなら。
ゴダールの「勝手にしやがれ」が ものの見事に壊れるのをみました。

「勝手にしやがれ」は ときに 軽々しく荒っぽく刹那的に繋ぎ(動)
ときにゆるりと時が過ぎるに任せ(静)
躍動感 生命力 若さそんなものを感じさせてくれていた気がします。
どこで止めても美しくて セリフのひとつひとつも良かったですしね。

さて ジャンプカットを無くしたこの作品では全体に同じようなリズムでことが運びます。
事件を起こした時 リチャードギアが裸で馬鹿をやっているとき
彼女が大学で勉強をしているとき(テストでした)
こうしてまったいらにして眺めていると リチャードギア(役名は忘れちゃった)の
馬鹿さ加減が際立つんですね。画がひとつひとつ凡庸なのも眠気を誘います。

この映画で描きたかったもうひとつの「勝手にしやがれ」ですが
アメリカ人によるアメリカ人が喜ぶエンディングになっています。(多分)
けれど・・・なんて言うか
レディーファーストの国の女の子の描写なんですよね。
「ハニー♪」「シュガー♪」「マイ・スウィート・ハート」そう呼びながら
中身を全然認めていないというか。
お人形さんや子供のような扱いでイライラします。
本家のパトリシアは 知的で可愛くて自分勝手で冷酷
最高の締めくくりでしたけどね。

ゴダールの凄さを実感させてくれる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

バレリーカプリスキーだけで

投稿日:2011/07/18 レビュアー:ジョーコッカー

ホシ5つ メチャ可愛い

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ブレスレス

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

勝手にしやがれ・勝手にしちゃった

投稿日

2009/04/10

レビュアー

ひきむすび

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

舞台はアメリカ
やくざなフランス男をベガス気どりのアメリカ男に、
アメリカ人留学生をフランス人留学生に置き換えたなら。
ゴダールの「勝手にしやがれ」が ものの見事に壊れるのをみました。

「勝手にしやがれ」は ときに 軽々しく荒っぽく刹那的に繋ぎ(動)
ときにゆるりと時が過ぎるに任せ(静)
躍動感 生命力 若さそんなものを感じさせてくれていた気がします。
どこで止めても美しくて セリフのひとつひとつも良かったですしね。

さて ジャンプカットを無くしたこの作品では全体に同じようなリズムでことが運びます。
事件を起こした時 リチャードギアが裸で馬鹿をやっているとき
彼女が大学で勉強をしているとき(テストでした)
こうしてまったいらにして眺めていると リチャードギア(役名は忘れちゃった)の
馬鹿さ加減が際立つんですね。画がひとつひとつ凡庸なのも眠気を誘います。

この映画で描きたかったもうひとつの「勝手にしやがれ」ですが
アメリカ人によるアメリカ人が喜ぶエンディングになっています。(多分)
けれど・・・なんて言うか
レディーファーストの国の女の子の描写なんですよね。
「ハニー♪」「シュガー♪」「マイ・スウィート・ハート」そう呼びながら
中身を全然認めていないというか。
お人形さんや子供のような扱いでイライラします。
本家のパトリシアは 知的で可愛くて自分勝手で冷酷
最高の締めくくりでしたけどね。

ゴダールの凄さを実感させてくれる作品でした。

バレリーカプリスキーだけで

投稿日

2011/07/18

レビュアー

ジョーコッカー

ホシ5つ メチャ可愛い

1〜 2件 / 全2件