お葬式の画像・ジャケット写真

お葬式 / 山崎努

お葬式 /伊丹十三

平均評価点: 

予告編を検索

全体の平均評価点: (5点満点)

26

DVD

旧作

お届け率:75~99%

解説・ストーリー

俳優・伊丹十三の記念すべき監督デビュー作にして大ヒットを記録した傑作コメディ。突然、妻の父がなくなったことで初めてお葬式を出すことになった一家の途方に暮れるさまと、お葬式に集まった多彩な人々の生態をアイロニーを交えてユーモラスに描く。俳優の夫婦である井上佗助と雨宮千鶴子は、二人でCF撮影中に千鶴子の父の訃報を聞く。さっそく家族で父のいた別荘へ向かった佗助だったが、お葬式を出すのは初めてとあって、何もかも勝手が分からないことばかりだった……。

作品情報

製作年:

1984年

製作国:

日本

キャスト・スタッフ

DVD

旧作

お届け率:75~99%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「お葬式」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

俳優・伊丹十三の記念すべき監督デビュー作にして大ヒットを記録した傑作コメディ。突然、妻の父がなくなったことで初めてお葬式を出すことになった一家の途方に暮れるさまと、お葬式に集まった多彩な人々の生態をアイロニーを交えてユーモラスに描く。俳優の夫婦である井上佗助と雨宮千鶴子は、二人でCF撮影中に千鶴子の父の訃報を聞く。さっそく家族で父のいた別荘へ向かった佗助だったが、お葬式を出すのは初めてとあって、何もかも勝手が分からないことばかりだった……。

「お葬式」 の作品情報

作品情報

製作年:

1984年

製作国:

日本

「お葬式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

Life on the Longboard ライフオンザロングボード

雁の寺

火曜サスペンス劇場 松本清張スペシャル 一年半待て

模倣犯

空中ブランコ

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

説明しすぎの感が・・・ ネタバレ

投稿日:2007/05/26 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 どうでもいいことですが、この作品では特に、宮本信子がドリカムの吉田美和に見えてしまいます・・・。

 公開当時に、この作品が大ヒットした理由がよくわからないんですよね。確かに、タブーとされる葬式を題材とし、なおかつ題名も「お葬式」と、そのものずばりなので話題性はあったのでしょう。
 しかし、この数年前には筒井康隆が「荒唐無稽文化財奇ッ怪陋劣ドタバタ劇−冠婚葬祭葬儀編」という戯曲を発表しているので(大笑いしながら読みました)フロンティアといえるほどでもなし・・・。

 伊丹十三の初監督作品と言うことで注目されていたと言うことでしょうか?思いつきで書いた脚本は、どことなく中途半端で、斬新な試みという点では、次作の「タンポポ」のほうが観るべきモノがあったかもしれません。
 「タンポポ」を見終わると無性にラーメンが食べたくなるということはありますが、この作品を観て、お葬式について、今一度考えると言うことはないでしょう。(もちろん、無性に葬式を出したくなるわけもありません)

 無駄なエピソードがあちらこちらにちりばめられることによって、散漫な作品になってしまっているという印象は否めませんし、やはり映画というモノは脚本にしても、演出にしてもある程度の時間をかけて、練り混んでいかなければ良い作品はできないと言うことでしょう。
 ごくまれに発想自体が素晴らしくて面白い作品に仕上がっている例外もありますが、その場合もしっかりとプロットを組み立てた方が、もっと面白い作品になったかもしれませんし。

 本作でも、葬式という、通常厳格な儀式であり、笑いとは無縁なシチュエーションの中に、滑稽な部分を見いだし、笑いを作り出す発想は良いのですが・・・。

 二代目桂枝雀という上方落語家が、(私は天才だと思っていますが)
「笑いとは、緊張の緩和。緊張が緩和に移行する途中の痙攣の別名である」
と主張していました。緊張が強ければ強いほど、その緩和には大きなパワーが生まれ、笑いも大きいのだと。そういう意味で言えば、葬式というセレモニーは、笑いへと向かうためのとても大きな力を蓄えているとも言えるのです。
 実際、日本の葬式における儀礼は、滑稽と思えるモノがかなりありますし、伊丹監督は良い素材を見つけながら、調理の段階で生焼けのものにしてしまったのでしょうか。
 伊丹監督も、桂枝雀も自殺という人生の終焉を選びました。天才には、私たち凡人には理解しがたい苦悩があるのでしょうか。もったいないと思います・・・。

 誰か、もう一度この素材を上手に料理してくれるシェフたる監督はいませんかね?

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

多彩な出演者が一番の見所かも ネタバレ

投稿日:2006/01/06 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

確か四方田犬彦だったの思うのだけれど、この映画のことを蓮實理論を駆使して作られた引用の織物だといった評価を読んだ記憶があったので、果たしてどんなものかと思ったが奇を衒ったものでもなければ、後の作品のようなベタベタのウケ狙いでもなく、そしてもちろん理論などを取り立てて感じさせることもない、それなりのごく普通の映画だった。私程度の映画的な知識と素養では何がどう引用されているのか確定的なものは見つけ出せなかったが、でも始めから30分程度までの葬式のゴタゴタがいよいよ始まる前までは明らかにハリウッドを意識した作りが成されいた。ここで言うハリウッドとは言うまでもなく50年代までの黄金時代のハリウッドのことだ。そしてこの部分がこの映画において最も素晴らしかったと思う。理論的なものを感じさせなかったとは言うものの、インテリ伊丹十三が作った作品であるから、それも雑誌「モノンクル」などを手掛け知識人俳優として権勢を振るっていた時期に作られた作品だから様々な趣向が凝らされており、カメラワークやフレーミングなどは半ば展覧会的ですらあったと思う。でもそうした姿が本格的に現れてから以降は、冒頭部分の引き締まった感じがとたんに緩んでしまい結果的に凡庸な作品になってしまったと思う。もし。冒頭30分のペースとトーンでそのまま進んでいれば、独自性こそなかっただろうが非常にカッチリとしたかなりの作品になっていたと思うのでちょっと残念だ。
またこの作品にはいろいろな俳優が出ていて、そこが結構愉快だった。恐らく「スィート・ホーム」の作成に既に入っており伊丹十三との蜜月関係の絶頂期にあった黒沢清、(制作時には)まだ大学に在学中で新進気鋭の俳優としての活躍が始まっていた利重剛、状況劇場のトップスターを退いたばかりの小林薫といった若手俳優や藤原鎌足や笠智衆、吉川満子と言った往年の名優達、さらには井上陽水や高瀬春菜のお尻など種々雑多な人びとがたくさん出ており、その人選と人脈にはさすがだなと感じさせるものがあった。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

作り込みすぎ

投稿日:2006/10/07 レビュアー:勝王

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

「 やあ、いらっしゃい 」

投稿日:2012/10/25 レビュアー:ロキュータス

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

当時はタブーを破った映画だったのでしょうか

投稿日:2021/09/29 レビュアー:kazupon

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全26件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:26件

説明しすぎの感が・・・

投稿日

2007/05/26

レビュアー

こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 どうでもいいことですが、この作品では特に、宮本信子がドリカムの吉田美和に見えてしまいます・・・。

 公開当時に、この作品が大ヒットした理由がよくわからないんですよね。確かに、タブーとされる葬式を題材とし、なおかつ題名も「お葬式」と、そのものずばりなので話題性はあったのでしょう。
 しかし、この数年前には筒井康隆が「荒唐無稽文化財奇ッ怪陋劣ドタバタ劇−冠婚葬祭葬儀編」という戯曲を発表しているので(大笑いしながら読みました)フロンティアといえるほどでもなし・・・。

 伊丹十三の初監督作品と言うことで注目されていたと言うことでしょうか?思いつきで書いた脚本は、どことなく中途半端で、斬新な試みという点では、次作の「タンポポ」のほうが観るべきモノがあったかもしれません。
 「タンポポ」を見終わると無性にラーメンが食べたくなるということはありますが、この作品を観て、お葬式について、今一度考えると言うことはないでしょう。(もちろん、無性に葬式を出したくなるわけもありません)

 無駄なエピソードがあちらこちらにちりばめられることによって、散漫な作品になってしまっているという印象は否めませんし、やはり映画というモノは脚本にしても、演出にしてもある程度の時間をかけて、練り混んでいかなければ良い作品はできないと言うことでしょう。
 ごくまれに発想自体が素晴らしくて面白い作品に仕上がっている例外もありますが、その場合もしっかりとプロットを組み立てた方が、もっと面白い作品になったかもしれませんし。

 本作でも、葬式という、通常厳格な儀式であり、笑いとは無縁なシチュエーションの中に、滑稽な部分を見いだし、笑いを作り出す発想は良いのですが・・・。

 二代目桂枝雀という上方落語家が、(私は天才だと思っていますが)
「笑いとは、緊張の緩和。緊張が緩和に移行する途中の痙攣の別名である」
と主張していました。緊張が強ければ強いほど、その緩和には大きなパワーが生まれ、笑いも大きいのだと。そういう意味で言えば、葬式というセレモニーは、笑いへと向かうためのとても大きな力を蓄えているとも言えるのです。
 実際、日本の葬式における儀礼は、滑稽と思えるモノがかなりありますし、伊丹監督は良い素材を見つけながら、調理の段階で生焼けのものにしてしまったのでしょうか。
 伊丹監督も、桂枝雀も自殺という人生の終焉を選びました。天才には、私たち凡人には理解しがたい苦悩があるのでしょうか。もったいないと思います・・・。

 誰か、もう一度この素材を上手に料理してくれるシェフたる監督はいませんかね?

多彩な出演者が一番の見所かも

投稿日

2006/01/06

レビュアー

parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

確か四方田犬彦だったの思うのだけれど、この映画のことを蓮實理論を駆使して作られた引用の織物だといった評価を読んだ記憶があったので、果たしてどんなものかと思ったが奇を衒ったものでもなければ、後の作品のようなベタベタのウケ狙いでもなく、そしてもちろん理論などを取り立てて感じさせることもない、それなりのごく普通の映画だった。私程度の映画的な知識と素養では何がどう引用されているのか確定的なものは見つけ出せなかったが、でも始めから30分程度までの葬式のゴタゴタがいよいよ始まる前までは明らかにハリウッドを意識した作りが成されいた。ここで言うハリウッドとは言うまでもなく50年代までの黄金時代のハリウッドのことだ。そしてこの部分がこの映画において最も素晴らしかったと思う。理論的なものを感じさせなかったとは言うものの、インテリ伊丹十三が作った作品であるから、それも雑誌「モノンクル」などを手掛け知識人俳優として権勢を振るっていた時期に作られた作品だから様々な趣向が凝らされており、カメラワークやフレーミングなどは半ば展覧会的ですらあったと思う。でもそうした姿が本格的に現れてから以降は、冒頭部分の引き締まった感じがとたんに緩んでしまい結果的に凡庸な作品になってしまったと思う。もし。冒頭30分のペースとトーンでそのまま進んでいれば、独自性こそなかっただろうが非常にカッチリとしたかなりの作品になっていたと思うのでちょっと残念だ。
またこの作品にはいろいろな俳優が出ていて、そこが結構愉快だった。恐らく「スィート・ホーム」の作成に既に入っており伊丹十三との蜜月関係の絶頂期にあった黒沢清、(制作時には)まだ大学に在学中で新進気鋭の俳優としての活躍が始まっていた利重剛、状況劇場のトップスターを退いたばかりの小林薫といった若手俳優や藤原鎌足や笠智衆、吉川満子と言った往年の名優達、さらには井上陽水や高瀬春菜のお尻など種々雑多な人びとがたくさん出ており、その人選と人脈にはさすがだなと感じさせるものがあった。

作り込みすぎ

投稿日

2006/10/07

レビュアー

勝王

「 やあ、いらっしゃい 」

投稿日

2012/10/25

レビュアー

ロキュータス

当時はタブーを破った映画だったのでしょうか

投稿日

2021/09/29

レビュアー

kazupon

1〜 5件 / 全26件

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@ABのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • B上記@Aのほか、当社が不定期で実施する期間限定キャンペーンにおいて、キャンペーン開始時に、当社が定める参加条件を満たした方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。(但し、上記Bの対象者に限り、新作もレンタル対象となる場合があります)
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

お葬式