1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 邦画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. 明治侠客伝 三代目襲名

明治侠客伝 三代目襲名

明治侠客伝 三代目襲名の画像・ジャケット写真

明治侠客伝 三代目襲名 / 鶴田浩二

明治侠客伝 三代目襲名 /加藤泰

平均評価点: 

予告編を検索

全体の平均評価点: (5点満点)

6

DVD

旧作

お届け率:100%

解説・ストーリー

加藤泰監督、鶴田浩二主演の仁侠映画。喧嘩祭りで賑わう大阪で、木屋辰一家の2代目が刺される。対立する唐沢組の仕業と分かっていながらも確証が掴めない中、代貸の浅次郎は不在の親分に代わり、一家の采配を握るが…。藤純子、津川雅彦ほか共演。

作品情報

製作年:

1965年

製作国:

日本

キャスト・スタッフ

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「明治侠客伝 三代目襲名」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

加藤泰監督、鶴田浩二主演の仁侠映画。喧嘩祭りで賑わう大阪で、木屋辰一家の2代目が刺される。対立する唐沢組の仕業と分かっていながらも確証が掴めない中、代貸の浅次郎は不在の親分に代わり、一家の采配を握るが…。藤純子、津川雅彦ほか共演。

「明治侠客伝 三代目襲名」 の作品情報

作品情報

製作年:

1965年

製作国:

日本

「明治侠客伝 三代目襲名」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

女渡世人 おたの申します

大日本帝国

山河燃ゆ 完全版

油断大敵

あしたのジョー

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

エモーショナルな傑作 ネタバレ

投稿日:2007/08/29 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いまさら何を書こうかの傑作。
 冒頭のむせ返るような祭の熱気の中の、たたみかけるような暗殺シーンから魅せられる。加藤泰の構図はほんとうに面白い。極端なローポジションやそこからの仰角、引いた固定画面に続いての極端な寄り。ヒチコックやデ・パルマみたいな、テクニカルな洋画に親しんでいる人も、きっと楽しめると思う(藤山寛美が仁義を切るカットなんてフォードみたいだとも思った)ので、若い人にも観てほしい。
 加藤泰の魅力は、その個性的な話法が単なる見た目の面白さ・美しさにとどまらず、登場人物たちの迸るような感情、そのぶつかり合いを見事に表現していることだと思う。
 お互い好きあっている鶴田浩二と藤純子、だが事情があっていっしょにはなれない。いっそ自分を連れすべてを捨てて逃げてとすがりつく藤純子に、鶴田は「それはできない」と答えるしかない。この魅力的な場面のほとんどは、よく考えれば異様なことに、シネスコの横長画面で向き合うふたりの顔のアップだけで構成されてしまう。首から上だけどころか、ふたりの所作によってはその顔すら画面外に切れてしまう瞬間もあるのだ。しかしその捉え方がかえって、ふたりの切迫感や激情を豊かに伝えて、胸に迫るものにしているのだと思う。
 終盤、仇敵をおいかけておいかけて、鶴田はついに飛び込んだ家の中で後ろからドスで刺す、その刹那、いまはその仇敵の情婦となっている藤を眼前に見出す。瞬間、燃え上がるふたりの情念のようなものが画面から感じられた。見事である。90点。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

鶴田浩二は加藤泰を嫌っていたそうですが・・・

投稿日:2013/04/07 レビュアー:さえぴょん

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

檻のなか ネタバレ

投稿日:2008/08/06 レビュアー:kobarou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 任侠映画であって、そうではない、いわばジャンルの拘束をこえ、加藤泰が加藤泰いがいのなにものでもないことを誇っているこの恋愛映画へ、よふかしさんによる素晴らしいレビューがひとつのみとは、まさしく美しい関係というほかない。だれももうここにしるすべきではない。駄文、贅言はなおさらおことわりだ。わたしにだってそのていどの美意識と、それを保守する節度はもっている。『明治侠客伝 三代目襲名』のレビュー欄を無言で去ったなんにんもの声が、申し送りがきこえる。
 だがそんなものくそくらえだと、わたしはいうのだ。嫉妬というならそうよんでくれ。さしずめわたしは、薄幸で純情可憐な芸妓藤純子と、人の情と我慢をしる侠客鶴田浩二の、売りもの買いものをこえた無償の関係、それは親の死に目にあわせてくれたゆきづりの男への精一杯の感謝にと、故郷のおみやげにじぶんでもいできた、みずみずしく柔らかな手触りの桃、それは娼妓でありながらもまだ未熟に震えおののいている性をそっと男へ手渡そうとする、初々しい誘惑の身ぶりでもあって、男もそれをたしかに感受する、両手いっぱいにふたつの桃をうけとる夕景の土手の美しい場面が象徴していようその恋情へ、金と暴力でわってはいる愚連隊安部徹のような行為となろう。かまうものか、恋愛は最低限、三角関係を要するものだ。愛するふたりは第三項を排除すべくとびきりの情熱をえる。わたしがそんな役どころであるならば、ここに二人めとして書くことは言い訳ではなく、本質的でというべきだ。
 だが映画のふたりの恋愛は、そんな俗情をこえて崇高である。運命的といってよい。つまり、結ばれることが許されない運命に渾身であらがう(ことで運命に殉ず)といういみで。鶴田は藤へ親の死に目にあわせてやることで、じしんの親(分)の死に目にあいそびれる。任侠に生きるものとしてそれは痛恨事だ。藤との恋愛は侠客としての試練となり、けじめという二者択一をせまる。鶴田の三代目襲名披露と、藤の安倍への落籍の道中がクロス・カッティングされるのは条理である。ふたりがはじめて結ばれる妓楼での一夜、つるされた衣装や壁紙で艶やかに色彩がおどる一室の窓には頑丈な格子がはまっている。まさに檻のなかに閉じこめられたかのような、いや庇護されているかのようなふたりの恋情は、初手から檻=運命の歯車のなかにいるのだ。かくてその夜、親分嵐寛が死ぬ。そしてよふかしさんがみごとに描写されている、土手での情念が横溢せる別れの場面となる。フレームという枠が、体ごとぶつけて鶴田へせまる藤のうごきで右へ左へとゆれる。藤純子は渾身で枠=檻からでようとする。鶴田もたじろぐ。だが枠はきえることはない。つねに残酷に現前する。フレームのない映画はない。一夜での檻がふたりを祝福した表裏として、こんどはふたりをわかつのだ。
 運命劇の事の顛末は、任侠映画のラストである殴り込みの形式をかりることになろう。任侠に生きる男鶴田にとって、悪業をなす大木、安部への一家への制裁はそういうものあった。だが単身敵方の巣へのりこみ、闇雲に斬ってすて、おっておいつめた先が、他人の女となった藤純子の目の前なのだった。妻の目前で夫たる安倍徹へドスを突き刺す。任侠に生きるもののトドメなどではもはやなく、その瞬間、純然たる痴情としての殺人となる。藤の絶句する表情には恐怖と恍惚。線路のうえで捕縛されひかれゆく鶴田の背に、ついに藤はすがりつき、唇をはわせるのだ。
 そう藤純子はもはや羞じらいをこめて手渡される桃ではない。鶴田のよき客分藤山寛美が、藤の身の上をおもんばかって安部の家へこっそりたずねたとき、狼狽した藤のもつ籠からこぼれおちる真っ赤なトマトのごとく、触れなば膜をやぶいてしたたる熟した存在へとへんじている。このラストショットの藤純子は、お竜の女任侠の抑制されたエロティズムをはるかにこえている。
 そのとき、ふたりは夜闇のみえぬ檻のなかにいる。一本の線路のうえ。ふたりは道行きをなす。情欲とともに、車輪の轟音と煙幕がほとばしる。檻とあらがったふたりは、刹那、枠そのものと一体となって力強く、容赦なくすすむ、そのものどもはもはや映画というほかない一個の生き物。

 いや、わたしは安部徹ではありたくない。藤純子を無理遣りとはいえ熟した女にした男ではあるが、鶴田=よふかしさんに一殺されるのは躊躇だ。ねがわくは、鶴田と藤を結びつけた藤山寛美でありたい。拳銃遣いのかれの、掌にマッチ箱をかくして煙草に火をつけるアクションがまったくみごとだ。いったいなぜかれを主役にした任侠映画が撮られなかったのだろう。かれのみごとな粋さはわが文とは無縁だが、よふかしさんの美しいレビューへのこの横車をいっしゅの露払いとして、さらなるレビューをこの加藤泰の最高傑作のためによびかける。  
 

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

驚くべき映像美。

投稿日:2015/02/19 レビュアー:MIGHTY MOE AND JOE

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

今見るとこの頃のやくざ映画はほんと―にワンパターンですね。

投稿日:2023/01/23 レビュアー:mn

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

エモーショナルな傑作

投稿日

2007/08/29

レビュアー

よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いまさら何を書こうかの傑作。
 冒頭のむせ返るような祭の熱気の中の、たたみかけるような暗殺シーンから魅せられる。加藤泰の構図はほんとうに面白い。極端なローポジションやそこからの仰角、引いた固定画面に続いての極端な寄り。ヒチコックやデ・パルマみたいな、テクニカルな洋画に親しんでいる人も、きっと楽しめると思う(藤山寛美が仁義を切るカットなんてフォードみたいだとも思った)ので、若い人にも観てほしい。
 加藤泰の魅力は、その個性的な話法が単なる見た目の面白さ・美しさにとどまらず、登場人物たちの迸るような感情、そのぶつかり合いを見事に表現していることだと思う。
 お互い好きあっている鶴田浩二と藤純子、だが事情があっていっしょにはなれない。いっそ自分を連れすべてを捨てて逃げてとすがりつく藤純子に、鶴田は「それはできない」と答えるしかない。この魅力的な場面のほとんどは、よく考えれば異様なことに、シネスコの横長画面で向き合うふたりの顔のアップだけで構成されてしまう。首から上だけどころか、ふたりの所作によってはその顔すら画面外に切れてしまう瞬間もあるのだ。しかしその捉え方がかえって、ふたりの切迫感や激情を豊かに伝えて、胸に迫るものにしているのだと思う。
 終盤、仇敵をおいかけておいかけて、鶴田はついに飛び込んだ家の中で後ろからドスで刺す、その刹那、いまはその仇敵の情婦となっている藤を眼前に見出す。瞬間、燃え上がるふたりの情念のようなものが画面から感じられた。見事である。90点。

鶴田浩二は加藤泰を嫌っていたそうですが・・・

投稿日

2013/04/07

レビュアー

さえぴょん

檻のなか

投稿日

2008/08/06

レビュアー

kobarou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 任侠映画であって、そうではない、いわばジャンルの拘束をこえ、加藤泰が加藤泰いがいのなにものでもないことを誇っているこの恋愛映画へ、よふかしさんによる素晴らしいレビューがひとつのみとは、まさしく美しい関係というほかない。だれももうここにしるすべきではない。駄文、贅言はなおさらおことわりだ。わたしにだってそのていどの美意識と、それを保守する節度はもっている。『明治侠客伝 三代目襲名』のレビュー欄を無言で去ったなんにんもの声が、申し送りがきこえる。
 だがそんなものくそくらえだと、わたしはいうのだ。嫉妬というならそうよんでくれ。さしずめわたしは、薄幸で純情可憐な芸妓藤純子と、人の情と我慢をしる侠客鶴田浩二の、売りもの買いものをこえた無償の関係、それは親の死に目にあわせてくれたゆきづりの男への精一杯の感謝にと、故郷のおみやげにじぶんでもいできた、みずみずしく柔らかな手触りの桃、それは娼妓でありながらもまだ未熟に震えおののいている性をそっと男へ手渡そうとする、初々しい誘惑の身ぶりでもあって、男もそれをたしかに感受する、両手いっぱいにふたつの桃をうけとる夕景の土手の美しい場面が象徴していようその恋情へ、金と暴力でわってはいる愚連隊安部徹のような行為となろう。かまうものか、恋愛は最低限、三角関係を要するものだ。愛するふたりは第三項を排除すべくとびきりの情熱をえる。わたしがそんな役どころであるならば、ここに二人めとして書くことは言い訳ではなく、本質的でというべきだ。
 だが映画のふたりの恋愛は、そんな俗情をこえて崇高である。運命的といってよい。つまり、結ばれることが許されない運命に渾身であらがう(ことで運命に殉ず)といういみで。鶴田は藤へ親の死に目にあわせてやることで、じしんの親(分)の死に目にあいそびれる。任侠に生きるものとしてそれは痛恨事だ。藤との恋愛は侠客としての試練となり、けじめという二者択一をせまる。鶴田の三代目襲名披露と、藤の安倍への落籍の道中がクロス・カッティングされるのは条理である。ふたりがはじめて結ばれる妓楼での一夜、つるされた衣装や壁紙で艶やかに色彩がおどる一室の窓には頑丈な格子がはまっている。まさに檻のなかに閉じこめられたかのような、いや庇護されているかのようなふたりの恋情は、初手から檻=運命の歯車のなかにいるのだ。かくてその夜、親分嵐寛が死ぬ。そしてよふかしさんがみごとに描写されている、土手での情念が横溢せる別れの場面となる。フレームという枠が、体ごとぶつけて鶴田へせまる藤のうごきで右へ左へとゆれる。藤純子は渾身で枠=檻からでようとする。鶴田もたじろぐ。だが枠はきえることはない。つねに残酷に現前する。フレームのない映画はない。一夜での檻がふたりを祝福した表裏として、こんどはふたりをわかつのだ。
 運命劇の事の顛末は、任侠映画のラストである殴り込みの形式をかりることになろう。任侠に生きる男鶴田にとって、悪業をなす大木、安部への一家への制裁はそういうものあった。だが単身敵方の巣へのりこみ、闇雲に斬ってすて、おっておいつめた先が、他人の女となった藤純子の目の前なのだった。妻の目前で夫たる安倍徹へドスを突き刺す。任侠に生きるもののトドメなどではもはやなく、その瞬間、純然たる痴情としての殺人となる。藤の絶句する表情には恐怖と恍惚。線路のうえで捕縛されひかれゆく鶴田の背に、ついに藤はすがりつき、唇をはわせるのだ。
 そう藤純子はもはや羞じらいをこめて手渡される桃ではない。鶴田のよき客分藤山寛美が、藤の身の上をおもんばかって安部の家へこっそりたずねたとき、狼狽した藤のもつ籠からこぼれおちる真っ赤なトマトのごとく、触れなば膜をやぶいてしたたる熟した存在へとへんじている。このラストショットの藤純子は、お竜の女任侠の抑制されたエロティズムをはるかにこえている。
 そのとき、ふたりは夜闇のみえぬ檻のなかにいる。一本の線路のうえ。ふたりは道行きをなす。情欲とともに、車輪の轟音と煙幕がほとばしる。檻とあらがったふたりは、刹那、枠そのものと一体となって力強く、容赦なくすすむ、そのものどもはもはや映画というほかない一個の生き物。

 いや、わたしは安部徹ではありたくない。藤純子を無理遣りとはいえ熟した女にした男ではあるが、鶴田=よふかしさんに一殺されるのは躊躇だ。ねがわくは、鶴田と藤を結びつけた藤山寛美でありたい。拳銃遣いのかれの、掌にマッチ箱をかくして煙草に火をつけるアクションがまったくみごとだ。いったいなぜかれを主役にした任侠映画が撮られなかったのだろう。かれのみごとな粋さはわが文とは無縁だが、よふかしさんの美しいレビューへのこの横車をいっしゅの露払いとして、さらなるレビューをこの加藤泰の最高傑作のためによびかける。  
 

驚くべき映像美。

投稿日

2015/02/19

レビュアー

MIGHTY MOE AND JOE

今見るとこの頃のやくざ映画はほんと―にワンパターンですね。

投稿日

2023/01/23

レビュアー

mn

1〜 5件 / 全6件

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

明治侠客伝 三代目襲名