北の螢

北の螢の画像・ジャケット写真
北の螢 / 仲代達矢
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
ジャンル:

「北の螢」 の解説・あらすじ・ストーリー

北海道開拓時代の過酷な労働に従事した囚人たちとその上官、彼らを取り巻く女たちの愛憎劇。監督は五社英雄、脚本は高田宏治、撮影は森田富士郎がそれぞれ担当した。阿久悠がスーパーバイザーとして参加している。<BR> 明治16年、北海道開拓における道路建設のために囚人たちによる強制労働が行われており、石狩平野の樺戸集治監(刑務所)では、鬼の典獄と言われた月潟が采配を振るっていた。そこへ、ゆうという女が現れる。月潟は国の役人の視察の際に賄賂を送り、ゆうを慰みに遣わせた。その見返りとしてゆうが要求したことは、服役中の愛人・男鹿孝之進の赦免であった。男鹿は接見に来たゆうに、月潟を殺すように命じる。数日後、男鹿は刺客に襲われて重傷を負ってしまうのだが…。

「北の螢」 の作品情報

製作年: 1984年
製作国: 日本

「北の螢」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

北の螢の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
123分 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DRTD02255 2007年05月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

権力の権化になった男とその男を愛してしまった女の話ネタバレ

投稿日:2008/09/15 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


この作品は作品の内容より森進一が歌う主題歌が記憶に残っています(^^;。主役が仲代達矢、岩下志麻、脇役に成田三樹夫、夏木マリ、監督は五社英雄監督と聞けばそれだけで見たくなる作品です。内容が面白い物であろうがなかろうがそれだけで僕は見たくなった作品です(^^;。濡れ場が多いとの酷評も聞いたことがありますが、五社作品から濡れ場をとったら作品の魅力は半減します。個人的には五社監督は女の情念を描かせたら天下一品だと思っています。この作品でも色々な女たち、それぞれの女たちの情念をうまく描いているように思えます。作品に描かれる人間ドラマが魅力の五社作品、その人間ドラマの中に男と女の情念が渦巻く関係が描かれていくのはとても見応えがあります。五社監督ならではの重厚な迫力のある雰囲気を持った作品に仕上がっていたと思います。

作品の内容は「明治政府は北海道開拓のために囚人を使って開拓させていた。そして石狩川上流の樺戸集治監が開設された。その集治監の典獄(責任者)である月潟(仲代達矢)はまるで独裁者のように辺り一帯を支配していた。彼に逆らえば死が待っているのみである。そんな時、一人の女が拾われ集治監へと運ばれてくる。名は「ゆう(岩下志麻)」。ゆうは囚人である男鹿(露口茂)に会う為にやってきたのであったが、月形に惚れてしまうのであった・・・。」とこれだけ書いてもわからないかもしれません(^^;。簡単に言うと独裁者が好きかってしていたことにより恨みを買い、政府にも疎まれ好きになった女と共に墜ちていくというストーリーなのです。権力にしがみつく男とその男に惚れついて行く女の悲劇的な生き様を五社作品独特の映像美で描いています。

この作品に期待するのは俳優さん方の演技です。もちろん僕は男ですから濡れ場シーンも好きですが、俳優さん方の演技を見る方がとても見応えがあります。仲代達矢、岩下志麻、夏木マリ、成田三樹夫、早乙女愛等々、挙げればきりがありません。それほど豪華キャスティングとなっています。仲代達矢さんは五社作品には欠かせません。独裁者をやらせたら天下一品です。そして表では強がる男、しかし、女の前では弱い面も見せるというある意味男らしい月潟を見事に演じています。彼の演技の持つ独特の雰囲気はいったい何なのでしょう?間の取り方が独特で非常にズシッと重たい演技は彼ならではなのではないでしょうか?そして月潟を補佐する副典獄の役を成田三樹夫が演じています。彼は太鼓持ちを演じさせたら天下一品です(^^;。僕は彼の大ファンで亡くなった時は本当にショックでした。主役を喰える存在感の大きい脇役は彼しかいません。今現在、脇役といわれる俳優さん方の中で成田さんのような名脇役を見つけることは残念ながら出来ません。今作でもらしさが爆発しています。この役は彼以外に考えられません。そして岩下志麻さん。彼女といえば「極妻」をすぐに思い出しますが、個人的には自立した強い女性というイメージをもっています。しかし、この作品では彼女にしてはとても大人しい部類に入る役だったのではないでしょうか?彼女がとても可愛くみえたのです(笑)。どうしても「極妻」での啖呵をきるイメージが強すぎてそう感じてしまったのかも知れません(^^;。でもとても綺麗でした。鬼竜院華子の生涯の時のような恐ろしさは全く感じられませんでした。その存在感はやっぱりさすがです。そして彼女に負けずと劣らないのが夏木マリさんの怪演です(^^;。彼女にぴったりの役かも知れませんね(^^;。その存在感は圧倒的でした。彼女も主役を喰えるだけの脇役だと思います。さすがですね。そして早乙女愛も好きな男をどこまでも追いかける女をその豊かな胸をさらけ出しながら印象的に演じていました。これ以外にもたくさんの有名俳優さん方が出演されています。それを見るだけでも楽しめました。

俳優さんの演技は素晴らしいものの、あの熊に襲われるシーンはちょっとどうかなぁ〜?と思いましたが他の人はどう思ったのか気になるところです(笑)。あのヒグマ、まるで怪獣のようでしたよ(笑)。ストーリーの中に熊の話しがよく出ていたのでどこかで出てくるのかもと思っていたらキッチリと登場しました。でももう少し熊ではなく別の何かで違う演出してもよかったような気がします。僕はあのシーンで少しひいてしまいました(^^;。最近の邦画にこの五社作品のような重厚な作品が少なくなった・・というよりなくなってしまった様な気がしてなりません。味のある邦画の登場を期待してやみません。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

盛りだくさんでした。

投稿日:2007/05/26 レビュアー:ジャスミンティー

監督は五社英雄、仲代達也、岩下志麻そうそうたる方々。
こんなメンバーじゃあ期待しちゃいますよね。
おまけに流れる歌は森進一。

画面にあってるのかは疑問だけども…

『ほ〜ほ〜たる飛んで行け。恋しい〜男の〜♪』
いやぁ、久しぶりに聞くといいですねぇ。。。さすがに。

雪の中の撮影で見るからに凍りつきそう。
そんなところで懐かしい早乙女愛ちゃんは脱いじゃうんだから
この映画、すごっ!

最大の見せ場は○○チャンだったのかな?
とにかく、なんでもありの映画ですが、
確実に大人向け…
あんなこと、こんな事あああ〜大変!!

結局は愛の物語だったんだけどねぇ。。。
とにかく凄い…見て下さい。

★★★☆☆

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ホ〜、ホ〜、ホ〜タル翔んで行け〜♪

投稿日:2013/03/03 レビュアー:哲郎

私は雪景色というのがあまり好きではない。
冬が嫌いということもあるが、どうもあの大地を覆い尽くした寒々とした風景がいやなのだ。
なので、だいぶ昔に観たこの映画も、終始続く酷寒の地のグレーな絵がいやで二度は見たくないと思っていたのだが...
最近BSテレビで放送されたのを知って、懐かしさに妙に惹かれてしまったのだ。

私がこの映画で真っ先に思い出すのは森進一が歌ったあの主題歌だ。
私は演歌はあまり好きではないが、この歌はよく覚えている。
劇中でも流れるが、YouTubeで聴いてみようと検索すると、驚いたことに実に多くの演歌歌手が歌っているのだ。
なかでこれはすごいと聴き入ってしまったのが藤圭子さんのカバー。その声や歌い方が曲の内容・イメージに実によく合っており、森進一さんよりも味があって、彼女のほうがオリジナルじゃないかと思うくらい。
藤圭子さんは岩手県生まれで、北海道の旭川育ちとのこと。なるほど、かつてテレビで見ていたときのイメージどおり、寒い凍てつく大地で育った北国の女という感じが確かにして、この「北の蛍♪」も彼女のために作られたんじゃないかとさえ思えてくる。
あれ?映画のレヴューじゃなくて、演歌のレヴューになっちまった。

映画の方はもう五社監督だし、仲代達矢はじめベテラン俳優勢ぞろいで重厚感たっぷり。
北海道開拓史の過酷な一面を男女の愛憎劇を軸に描いているのだが、北の大地の厳しさばかりが続いて、なんか鬱々とした気分が抜けない。それを、しばしば挿入される濡れ場で和らげているような作りなのだが、もう少しストーリーを工夫してすっきりとした感動のラストを描けなかったか...
女優陣のなかですばらしいのは岩下志麻。妖艶な美女ぶりが光っていて、他の女優とは明らかに格の違いを見せつけられる。
私の年齢では、彼女は「極道の妻たち」の姉御役のイメージが強いけれども、あの役は彼女の女優歴のなかではサブではないか。
彼女が邪馬台国の卑弥呼を演じた作品があるようだが、確かにヒミコのイメージなどはぴったり。機会があれば観てみたいね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

暗い・・・

投稿日:2008/02/04 レビュアー:ruiko

真夜中に見たら本当に悲しくなりました。
なんて暗い世界なのでしょう。。。

たいした罪を犯したわけでもないのだろう人たちが、
あそこまでひどい最後をとげなくてはならないのでしょうか?
そしてその男たちにすがって少しでも近くに、と
ひどい環境下に身を置く女。。。

ああ、悲しすぎます。。。五社映画。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

全く、、、

投稿日:2010/01/13 レビュアー:スカイパーフェクト

もっとましな映画造られねえのかよ、それなりにお金かけてんのによう、これだから日本の映画は駄目なんだよ、全く、、、ふざけんじゃねよ、こんなひどい映画はじめてよう、、、出演者もよくこんなひどい作品を納得したものですね、、、豪華キャストの名が泣きますよ、、、もう、彼らの作品は遠慮しちゃいますよ、百年の恋もさめるとはこんなことでしょうか、、、(うんざり)

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

北の螢

月額課金で借りる

都度課金で借りる