1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. 最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方の画像・ジャケット写真

最高の人生の見つけ方 / ジャック・ニコルソン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

472

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「最高の人生の見つけ方」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人の共演で贈るハートフル・ストーリー。監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナー。家族を愛するまじめで心優しい自動車整備士のカーターと、一代で莫大な富を築いた傲慢で孤独な実業家のエドワード。そんな対照的な初老の男2人は、ひょんなことから同じ病室に入院、揃って余命6ヵ月の宣告を受けてしまう。そんな時、カーターはかつて恩師から教わった死ぬまでに叶えたいリスト“バケット(棺桶)リスト”を書き出してみるのだった。それを見たエドワードはこのアイデアを気に入り、バケットリストを実行しようと、2人で病院を抜け出し人生最後の旅に出るのだが…。

「最高の人生の見つけ方」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

THE BUCKET LIST

「最高の人生の見つけ方」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ダニー・ザ・ドッグ

マイアミ・ホット・リゾート

ディパーテッド

スパイナル・タップ

ユーザーレビュー:472件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

471〜472件 / 全472件

想像力、イマイチ? ネタバレ

投稿日:2008/10/24 レビュアー:reset

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

総合評価 ★★★★☆

たぶん、この映画の中で余命を宣告された男たちの実現された夢は、日本の「小金持ち」なら誰でも実現できる???

世界旅行、スカイダイビング、サーキット走行、etc・・・。

少なくとも10億ドルの資産を持つ男の発想としては、ちょっと乏しいような・・・。

致命的な病気になりました、死の宣告を受けました、好きなことをしました、死にました。

意地悪な言い方をすれば、それだけの映画。

確かに観終わった直後は「良い映画を観たなあ」という気になったけど、少し時間を置くと、そんな感想が浮かんできてしまう。

世の中には、死の宣告を受けても、なす術もなく死んでゆく人たちのほうが圧倒的に多いだろうことを考えると、手放しで「この人たち」の死に、手放しで共鳴できない・・・。

ただし、ジャック・ニコルソンが脳手術を受けるあたりは、映画ファンとしては感涙モノの仕掛けだとは思うが。

それでも、もし自分に病気の親がいたら、勇気づける目的でぜひ見せてあげたくなる作品であることは間違いない。

この映画も2007年。新作かあ・・・。

僕の目が歳とともに素直じゃなくなったのか、

それとも時代と共に感動の質が浅くなったのか、

あるいは感動の質が変化しつつあるのか、

個人的に、ジャック・ニクルソン氏に直接訊いてみたくなった、

そんな作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

評判よりも良かったですよ

投稿日:2008/10/21 レビュアー:晴れパンダ

最初は「男の理想だな」と思ったのですが、最後まで見ると女性の私でも感動できました。

入院したときは、あんな大金持ちの人と相部屋になりたいものです(笑)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

471〜472件 / 全472件

最高の人生の見つけ方

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:472件

想像力、イマイチ?

投稿日

2008/10/24

レビュアー

reset

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

総合評価 ★★★★☆

たぶん、この映画の中で余命を宣告された男たちの実現された夢は、日本の「小金持ち」なら誰でも実現できる???

世界旅行、スカイダイビング、サーキット走行、etc・・・。

少なくとも10億ドルの資産を持つ男の発想としては、ちょっと乏しいような・・・。

致命的な病気になりました、死の宣告を受けました、好きなことをしました、死にました。

意地悪な言い方をすれば、それだけの映画。

確かに観終わった直後は「良い映画を観たなあ」という気になったけど、少し時間を置くと、そんな感想が浮かんできてしまう。

世の中には、死の宣告を受けても、なす術もなく死んでゆく人たちのほうが圧倒的に多いだろうことを考えると、手放しで「この人たち」の死に、手放しで共鳴できない・・・。

ただし、ジャック・ニコルソンが脳手術を受けるあたりは、映画ファンとしては感涙モノの仕掛けだとは思うが。

それでも、もし自分に病気の親がいたら、勇気づける目的でぜひ見せてあげたくなる作品であることは間違いない。

この映画も2007年。新作かあ・・・。

僕の目が歳とともに素直じゃなくなったのか、

それとも時代と共に感動の質が浅くなったのか、

あるいは感動の質が変化しつつあるのか、

個人的に、ジャック・ニクルソン氏に直接訊いてみたくなった、

そんな作品でした。

評判よりも良かったですよ

投稿日

2008/10/21

レビュアー

晴れパンダ

最初は「男の理想だな」と思ったのですが、最後まで見ると女性の私でも感動できました。

入院したときは、あんな大金持ちの人と相部屋になりたいものです(笑)

471〜472件 / 全472件